• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 独立国家共同体(CIS)とロシア -『NEWSを疑え!』第675号(2018年4月26日号)

    2018-04-26 17:0222時間前
    100pt

    本号

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■小川和久の『NEWSを疑え!』
    第675号(2018.4.26)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【 メールマガジンが届かない場合】
    プロバイダ・メールサービス側で、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
    ・PCメールの方は迷惑メールフォルダをご確認ください。
    ・携帯電話の方はドメイン指定受信(特定受信許可・受信拒否)等ご確認ください。
    ・改善されない場合は以下『ニコニコヘルプ』のページをご覧ください。
    http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&tid=11115&event=FE0006&searchToken=1340075532021

    ──────────────────────────────────────────

    【GWの配信スケジュールにつきまして】
    4月30日(月)と5月3日(木)のメールマガジンの配信はおやすみとさせていただきます。
    次回配信は5月7日(月)になりますので何卒ご了承ください。

    ──────────────────────────────────────────

    【今回の目次】
    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
    ◇◆ 独立国家共同体(CIS)とロシア
    ◆ ゆるやかな国家連合体
    ◆ CIS諸国の多様性
    ◆ 「プーチン帝国」を支える存在に
    ◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
    ・ 米朝首脳会談の三つの落とし穴
    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
    ◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
    ・ 無人機輸出を緩和するトランプの狙い(西恭之)
    ◎編集後記
    ・ トランプ任せで拉致問題は解決するのか?

    ──────────────────────────────────────────

    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)

    ──────────────────────────────────────────

    ◇◆独立国家共同体(CIS)とロシア

    Q:2018年3月18日に行われたロシア大統領選挙で、4選を目指した現職のウラジーミル・プーチン大統領が圧勝しました。任期はあと6年です。イギリスにいた元スパイを神経剤で殺そうとした、化学兵器を使ったシリアを支援しているなど、最近、ロシアの評判がかんばしくありませんが、小川さんの考えは?

     
  • イスラエルの防空を担う米Xバンドレーダー基地 -『NEWSを疑え!』第674号(2018年4月23日特別号)

    2018-04-23 12:23
    100pt

    特別号

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■小川和久の『NEWSを疑え!』
    第674号(2018.4.23)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【メールマガジンが届かない場合】
    プロバイダ・メールサービス側で、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
    ・PCメールの方は迷惑メールフォルダをご確認ください。
    ・携帯電話の方はドメイン指定受信(特定受信許可・受信拒否)等ご確認ください。
    ・改善されない場合は以下『ニコニコヘルプ』のページをご覧ください。
    http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&tid=11115&event=FE0006&searchToken=1340075532021

    ──────────────────────────────────────────

    【今回の目次】 

    ◎テクノ・アイ(Techno Eye)
    ・イスラエルの防空を担う米Xバンドレーダー基地
    ◎編集後記
    ・露呈した日本警察の対テロ能力(小川和久)

    ──────────────────────────────────────────

    ◎テクノ・アイ(Techno Eye)

    ──────────────────────────────────────────

    ・イスラエルの防空を担う米Xバンドレーダー基地

    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)

    シリアの化学兵器関連施設に対する4月13日のミサイル攻撃を受けて、アサド政権軍が発射した地対空ミサイルについて、米軍統合参謀本部事務局長のマッケンジー海兵隊中将は翌14日、次のとおり述べた。

     
  • FLS(自由社会フォーラム)のこと -『NEWSを疑え!』第673号(2018年4月19日号)

    2018-04-19 19:30
    100pt

    本号

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■小川和久の『NEWSを疑え!』
    第673号(2018.4.19)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【 メールマガジンが届かない場合】
    プロバイダ・メールサービス側で、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
    ・PCメールの方は迷惑メールフォルダをご確認ください。
    ・携帯電話の方はドメイン指定受信(特定受信許可・受信拒否)等ご確認ください。
    ・改善されない場合は以下『ニコニコヘルプ』のページをご覧ください。
    http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&tid=11115&event=FE0006&searchToken=1340075532021

    ──────────────────────────────────────────

    【生放送延期のお知らせ】〜「ファクトチェックとは何か」出版記念鼎談〜「ポスト真実」時代のジャーナリズムはどこに向かうのか|小川和久の『NEWSを疑え!』

    ご視聴者の皆様

    平素は小川和久の『NWESを疑え!』をご視聴、ご閲覧くださいまして誠にありがとうございます。
    誠に勝手ながら、4月19日放送予定の「〜「ファクトチェックとは何か」出版記念鼎談〜「ポスト真実」時代のジャーナリズムはどこに向かうのか」につきましては、出演者の体調不良により放送が延期となりました。
    代替の放送日につきましては、決定次第告知いたします。
    お待ちいただいておりました皆様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、ご理解の程お願い申し上げます。

    今後とも小川和久の『NWESを疑え!』を何卒宜しくお願い申し上げます。

    ──────────────────────────────────────────

    【今回の目次】
    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
    ◇◆ FLS(自由社会フォーラム)のこと
    ◆ 行動する政策集団
    ◆ ときにはNSC的な役割も
    ◆ 仲良しグループはダメ
    ◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
    ・ これが日本の海洋権益を守る方法だ
    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
    ◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
    ・ 国際人道法を知らない日本のマスコミ(西恭之)
    ◎編集後記
    ・ ファクトチェックする側が間違っていたら…

    ──────────────────────────────────────────

    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)

    ──────────────────────────────────────────

    ◇◆FLS(自由社会フォーラム)のこと

    Q:朝日新聞が2018年3月2日の朝刊トップで「森友文書書き換えの疑い」と報じて以来、国会の混乱が続いています。森友学園への国有地売却・決裁文書改竄問題も、その後に出てきた自衛隊イラク派遣部隊の日報問題も、いったい行政は何をやっているんだという話になります。しかし、裏を返せば、政治家がひどく軽い存在となったことを物語っているわけですね。小川さんの考えを聞かせてください。