• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

なぜISAC(情報共有分析センター)なのか - 『NEWSを疑え!』第638号(2017年12月7日号)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

なぜISAC(情報共有分析センター)なのか - 『NEWSを疑え!』第638号(2017年12月7日号)

2017-12-07 14:35

    本号

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ■小川和久の『NEWSを疑え!』
    第638号(2017.12.7)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    【 メールマガジンが届かない場合】
    プロバイダ・メールサービス側で、迷惑メールに振り分けられていないかご確認ください。
    ・PCメールの方は迷惑メールフォルダをご確認ください。
    ・携帯電話の方はドメイン指定受信(特定受信許可・受信拒否)等ご確認ください。
    ・改善されない場合は以下『ニコニコヘルプ』のページをご覧ください。
    http://faq.nicovideo.jp/EokpControl?&tid=11115&event=FE0006&searchToken=1340075532021

    ──────────────────────────────────────────

    【今回の目次】
    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
    ◇◆ なぜISAC(情報共有分析センター)なのか
    ◆ 日本の金融ISACの現状
    ◆ これがアメリカのISACだ
    ◆ 2003年に報告書を出したが……
    ◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
    ・ ロシアに続き「トルコ・ゲート」も浮上
    (静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
    ◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
    ・ 韓国政府見解が北朝鮮にICBMを発射させる(西恭之)
    ◎編集後記
    ・ トランプ政権は「軍隊化」するのか?

    ──────────────────────────────────────────

    ◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)

    ──────────────────────────────────────────

    ◇◆なぜISAC(情報共有分析センター)なのか

    Q:小川さんはメルマガ2017年10月19日号の編集後記で、「お粗末を絵に描いた日本のサイバー防護」と題して、日本の金融機関の半数近くが最新のサイバー攻撃に対する対応計画を持たないことに危機感を表明しています。一方でアメリカのISAC(情報共有分析センター、アイザック)に触れ、「遠からずメルマガで取り上げたい」と”溜息”まじりに書かれています。今回はISACについてお願いします。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    NEWSを疑え!
    更新頻度: 週2回(月、木曜日)
    最終更新日:2017-12-07 14:49
    チャンネル月額: ¥1,080 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。