ピジョン(森下)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ピジョン(森下)

2016-09-03 08:15
  • 1
森下(江東区)というと、昔ながらの酒場のクオリティの高さで知られた街なのだが、今回ご紹介するのはカリフォルニア料理のお店である。



カリフォルニア料理と言われても全くピンと来ないが、ロティサリーチキンやメキシコ料理が看板メニューのように感じた。

ちなみに写真は奥様が食べたがったポキ(780円)。名前だけは聞いた事があったが、食べるのは初めて。日本人が思う刺し身の味付けとは全く異なり、塩気と酸味が立っていて、そこにトマトの風味が絡んでくる感じ。ヅケみたいな印象を受けたので、韓国刺し身の味噌とエゴマって組み合わせより万人向けだと思う。

これはビールやハイボールみたいな ”チリチリ” もいいけどワインにも合うなあ。



そんでもってナチョス(680円)。これは日本人にも馴染みのあるビールのお供であり、トルティーヤチップにチーズがかかっているだけで満足してしまうオレがいる。この季節にメヒコの風を感じる味は卑怯だよなあ。



何の期待もせず何となく頼んだベーコン入りのポテサラが超旨かった。ベーコンはしっかりスモークされており、その香りとポテサラのどっしり感とがたまらないコンビネーションプレイを仕掛けて来やがるもんだから酒が足りない。



酒を追加注文したら今度はツマミが足りなくなるという定番のダメなオッサンモードに突入。慌ててししゃもスモークを頼んだら、これまた面白いようにお酒がなくなる代物だったもんだからさあ大変。

ダメだろ!このスモーキーさはダメだ!危うくまた酒が足りなくなるところだった!



お店の看板メニューであるロティサリーチキン(ハーフ・1,280円)を頼んでみた。実はいの一番に注文したのがこの子だったのだが、焼き上がりまでに30分以上掛かるとの事で、上のメニューをツマミながら今か今かと到着を待っていたのである。お陰で飲み過ぎた。他のメニューの味が卑怯過ぎた。

で、今回は夫婦2人だったので半身で我慢したのだが、このチキンは味もボリュームも素晴らしい。店員さんが切り分けてくれるのだが、それを拒否して1人1本ずつ手掴みで喰らいつきたい。焼き具合も完璧だし、塩気も丁度いいし、添え物が無くても満足してしまいそう。ちなみに玉ねぎが甘くて美味しいので、口の中をキレイにするのにピッタリ。

また、このチキンは持ち帰りも出来るので、友達が家に来る際などに電話で注文しておくと喜ばれると思う。てか荒井家では早速それを試して好評だった。ランチ営業もしているので、ランチ・ディナー・持ち帰りと、用途に合わせて3パターンの楽しみ方が出来るステキなお店である。

無理やり難点を挙げるとすれば、決してお安いお店ではないので、私のように欲望に任せて酒だ肴だと大暴れすると大変な事になる点である。 だがそれは人間性の問題なのでお店のせいではないような気がする。


■ピジョン
住所:東京都江東区新大橋3-7-3
電話番号:03-6659-6232
営業時間:11:30~14:30(ランチ) 18:00~24:00
定休日:月曜


■関連リンク
※板橋グルメマップの過去ログは ↓ 旧ブログ ↓ に山ほどございます。
http://ameblo.jp/oharan/

[著書] 日本の特別地域〈3〉東京都板橋区 (地域批評シリーズ日本の特別地域 3)
[板橋案内] 「Googleストリートビューで行く! ぶらり板橋」のまとめ

板橋区のばら
シャバゾウblog
おいしい店・うまい店・安い店
板橋的マダムな生活
地酒専門店 新井屋酒店のブログ

■番外編 「正しい板橋区の歩き方」 シリーズ
正しい板橋区の歩き方 大山編その1
正しい板橋区の歩き方 大山編その2
正しい板橋区の歩き方 大山編その3
正しい板橋区の歩き方 区役所前編 その1
正しい板橋区の歩き方 志村坂上編
正しい板橋区の歩き方 小竹向原編その1
正しい板橋区の歩き方 小竹向原編その2
正しい板橋区の歩き方 突発徒歩デート編その1
正しい板橋区の歩き方 突発徒歩デート編その2
正しい板橋区の歩き方 突発徒歩デート編その3
正しい板橋区の歩き方 ぶらり東武東上線の旅 その1
正しい板橋区の歩き方 JR板橋駅編その1
正しい板橋区の歩き方 高島平編 その1
広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。