四国のげんさん(浅草橋)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

四国のげんさん(浅草橋)

2016-08-31 23:57
  • 15
最近は順調に城東地区で当たり店を掘り当てているのだが、今回紹介するお店もその内のひとつ。何がいいって、赤ん坊連れで行っても嫌がられないってのがステキ。



浅草橋駅の目の前(総武線の高架沿い)にある『げんさん』。土佐料理が看板なので、必然的にお魚メニューが多め。



四国といえばシラス。実はシラス。この日お通しで出されたシラスもそれはそれはおいしゅうございました。塩気がキマっているので、焼酎や日本酒と合わせるのに最高。



こちらは手作り感あふれるさつま揚げ。「魚食ってる!」と感じさせる逸品であり、これまた焼酎みたいな強めのお酒に合わせたいところ。



で、この店の不動のナンバーワンは間違いなく土佐造りかと。あまりにも肉厚すぎるカツオがゴロゴロ入っており、薬味もたっぷり。THE田舎料理といった趣きで、個人的にこのクオリティの土佐造りを食べられるお店って、都内には実はそれほど多くないんじゃないかと思う。これと日本酒だけで終わっても何の不満もないくらいの完成度である。



鯛の煮付け。頼んでから出て来るまで妙に時間がかかるなと思ったら、想像以上に分厚かった。こりゃ確かに待ち時間も必要でしょうよ。

で、お味の方は意外と優しい味付けで、鯛の旨味が凝縮されていらっしゃった。酒じゃなく、コレとおにぎりで〆って選択肢もアリだなあ……。

[総評]
この店は土佐造りを中心とした構成で注文を組み立てるべき。店主がひとりで調理しているため、出て来るまでにちょっと時間がかかる事もしばしば。なので、土佐造りは鉄板として、他にスピードメニューを1~2品頼んでおいた方がいい。また、長っちりになるよりは、旬の食材を使った良いところだけ摘んでハシゴするなんて使い方が幸せかも。幸いな事に浅草橋駅前には良心的な価格帯のお店や、評判の良い酒場、立ち喰い寿司など色々と選択肢があるので、前後のお店には困らないはず。

ただ、唯一欠点を指摘するとすれば、この店は色々な面が ”適当” という絵に描いたような下町酒場であり、何が恐ろしいってメニューに値段が載ってない。これは怖い。最初に入った時は土佐造りで2,000円くらい取られたらどうしようと怯えてしまったが、お会計をしてみたら1人2~3,000円見ておけば問題ないようなごく普通の価格帯だった。これならどれだけヤラかしても5,000円は行かないと思われる。

行けば解ると思うが、非常に独特な雰囲気ではあるものの、居心地は悪くないので、いっそボトルを入れちゃってもいいかも。焼酎に合う肴が山程あるので、安上がりになるしオススメ。


■日本海
住所:東京都台東区浅草橋1-10-7(※地下一階)
電話番号:03-5820-3789
営業時間:11:30~14:00(ランチ) 17時~24時
定休日:不定休?




~以下お知らせ~
地域批評シリーズ7 これでいいのか東京都板橋区
マイクロマガジン社より4月8日発売。お値段853円(税込み)

『Frameチャンネル』
荒井が運営者を務めるニコニコチャンネル。歌舞伎町のBARから夜の世界の住人達が他では知り得ない話ばかり垂れ流す、オトナの情報チャンネル。
[住所] 東京都新宿区歌舞伎町2-46-7 第3平沢ビル7F
[料金] チャージ¥1,000 ドリンク¥500~ 自慢のフードメニュー多数
※職安通り沿い・西武新宿駅北口を出てすぐ・ハローワークの隣の角のビル
[営業時間] 19時~深夜
[オフィシャルサイト] http://framejapan.com/
[Facebook] https://www.facebook.com/framejapan
[Twitter] https://twitter.com/framejapan
広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。