キッチン南海 両国店(両国)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

キッチン南海 両国店(両国)

2016-10-22 06:02
    キッチン南海といえば、まず頭に浮かぶのはブラックカレーで有名な神保町の大人気店だろう。だが、実は全国各地に暖簾分けされた「南海」があり、今回ご紹介する両国の南海もそのひとつ。


    両国のキッチン南海は、総武線の両国駅の国技館側の出口から2分ほどの距離にある。簡単に道順を説明すると、まず改札口を背にして左(国技館の逆側)に進む。駅を出るとすぐ目の前にマクドナルドがあるので、通りを渡ってそちらの側に。左を向いて総武線の高架を背にして進み、チラチラと路地を気にしながら歩けば見付かるはず。

    ランチ営業しかしていない店なので、その分15時なんて中途半端な時間にも開いているという、不規則な生活をしているオレ様にとっては大変に有り難いお店でございます。


    で、この店の看板メニューといえばカツカレー(¥700)様。神保町の南海ほど真っ黒ではなく、どちらかというと濃い茶色といった色合い。



    ご飯の上に見ただけでサックリ揚がっていると解る薄めのカツが乗り、端にはたっぷり千切りキャベツ。と、ここまではいい。おそらく写真を見ただけでは特に違和感は感じないだろう。普通にビジュアルに優れたカツカレーというだけである。



    ところがどっこい、ちょっと食べ進めると異変に気付く。上の写真は、パっと見の解り易さを追求するために、キャベツを片付けてみた図なのだが、そのキャベツが敷いてあった場所から、おかわり一人前を予めよそっておいてくれた的な質量の米が現れる恐怖。これが両国南海の流儀。米の断層部分をよく観察してみると、お米がギュウギュウに詰まっている感じも見て取れると思う。

    これおかしいよな?
    普通はキャベツのゾーンはキャベツしか置かないよな?
    なんでキャベツの下から丸々一人前の米が出て来るんだ!?
    しかもルーの底からもザクザク米が発掘されるのは仕様か!?

    と、初見ではこのような混乱が起きる。

    まあ厨房でお皿にお米を盛ってる様子を見ればおかしいと気付くと思うんだけどね……。なんかもうペンキを塗りたくるように炊飯器からこれでもかと米を盛り固めるんだもの。この店の盛り付けを初めて見たとき、中途半端に余っちゃったお米をお皿に取って、別の炊飯器に移し替える作業をしてるんだと思ったほど。それがそのまま目の前に出されるっていう。

    って事はだよ、勘の良い方ならばピンと来たと思うが、このカツカレーは ”圧倒的にルーの量が少ない” のである。両国南海の初心者がまずヤラかす過ちが、米とルーの配分を間違えて、ルーが全然ないのに米がお茶碗に大盛り一膳分くらい残っちゃうという地獄である。針の山と血の池の次くらいのキツイ地獄である。

    [両国南海のカツカレー、食べ方レクチャー]

    両国に引っ越すなりハマって週三で通ったらせっかく痩せたのに見事にリバウンドしたオレ様が、両国南海童貞のお前らに食べ方をレクチャーしてやる。

    まずは考え方からだ。

    このカツカレーを一般的なカツカレーだと思ってはいけない。これはカツ+カレーという2つのオカズに、2人前のライスが付いて来たのだと考えよう。いわば、カレーライスとカツライスの合盛りなのだ。

    よって、カツを食べたら米、カレーで米と、カレーとカツを別個の物として食べ進める必要がある。これを間違えるとみるみるルーが減って行き、マヨネーズキャベツと福神漬けで米を消費するハメになるので注意すべし。

    もしルー多めでカレーを食べたいというひとは、まず米:ルー:カツを6:2:2ないしは7:1:2くらいの配分で食べ進めよう。それで終わりが見えて来たら、ちょうど好みのルージャブジャブ状態で食べられるようになっている……はず。

    また食の細いひとは、素直に注文時に「ライス少なめ」とコールしよう。ライス半分で注文して、やっと普通の一人前になるという代物だと覚えておくべき。

    てか、この米の量はやはり両国という土地柄なのだろうか。店内にはお相撲さんのサインが飾ってあるし、力士が食いに来てるところに鉢合わせた事もあるし、お相撲さん基準でこうなったのかなあ……。700円っていうとそれなりのお値段だけど、この米の量からすると激安に感じる。

    と、ここまで無駄に長い文量になりながら、まだ味について一言も書いていない事に気付いたので、慌てて食レポする。

    この店のカレーは、至って普通のちょっと辛口の美味しいカレーといった趣きなのだが、どことなく苦味や香ばしさが加わっているのがポイント。苦味といっても食べ辛くはなく、あくまでアクセントとして活きており、独特の風味と形容できると思う。オレはこの上手に苦味を立たせたバランスにハマってしまい、気付いたら週三で通ってメタボ体型に逆戻りし、嫁に白い目で見られたので、お前ら絶対に食べ過ぎ注意な。


    ■キッチン南海 両国店
    住所:東京都墨田区両国2-14-8
    電話番号:03-3632-6913
    営業時間:11:30~15:30(ご飯切れの場合は早仕舞いするはず)
    定休日:土日祝



    ~以下お知らせ~
    地域批評シリーズ7 これでいいのか東京都板橋区
    マイクロマガジン社より発売中。お値段853円(税込み)

    『Frameチャンネル』
    荒井が運営者を務めるニコニコチャンネル。歌舞伎町のBARから夜の世界の住人達が他では知り得ない話ばかり垂れ流す、オトナの情報チャンネル。
    [住所] 東京都新宿区歌舞伎町2-46-7 第3平沢ビル7F
    [料金] チャージ¥1,000 ドリンク¥500~ 自慢のフードメニュー多数
    ※職安通り沿い・西武新宿駅北口を出てすぐ・ハローワークの隣の角のビル
    [営業時間] 19時~深夜
    [オフィシャルサイト] http://framejapan.com/
    [Facebook] https://www.facebook.com/framejapan
    [Twitter] https://twitter.com/framejapan
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。