• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2018/04/25
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「ここがすごい!『エヴァ』『シン・ゴジラ』で見せた庵野演出の妙」
    • 2018/04/26
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【ゼミ室通信】アニメ映画『火垂るの墓』は、原作にどれぐらい忠実なんでしょうか?」
    • 2018/04/27
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『エヴァ』のオープニングは、衝撃的な物語の展開をすべて説明している」
    • 2018/04/28
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「すごい未来なんて来ない!岡田斗司夫がショックを受けた70年大阪万博」
    • 2018/05/01
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「結婚格差の本質は、年収なの?年齢なの?」
    • 2018/05/02
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「観客が勝手にキャラの感情を読み取る、『火垂るの墓』のクレショフ効果」
    • 2018/05/04
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『エヴァ』はなぜあれほどカット割りが多いのか?」
    • 2018/05/08
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「夢がなくて目標だけあるホリエモンと、目標がなくて夢だけがある岡田斗司夫」
    • 2018/05/11
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『火垂るの墓』というタイトルの意味とは?」

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ「自分と「映画IQ」の合わない映画をありがたがってもしょうがない」

    2018-04-24 07:0012時間前
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/04/24

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2015/05/31配信「『メイズ・ランナー』と『チャッピー』で判った岡田斗司夫の映画力?宇多丸さん・町山さんとはここが違う!」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2015/05/31の内容一覧

    質疑/SFのふりをしていない『メイズランナー』とパズルがはまる気持ちよさ『イニシエーション・ラブ』

    「最近見た映画は何ですか」

     あのね、最近見た映画の話なんですけども、ちょっと今思ってることがあって。
     あっ、『バカボン』も見たんだよな。
     『CHAPPIE / チャッピー』見ました。
     で、見た映画だけでいうと、『メイズランナー』見て、『CHAPPIE / チャッピー』見て、『天才バカボン』見て、あと『イニシエーション・ラブ』も見たんですよ。最近じゃないんですけど、『ゼロの未来』見て、あと『バードマン』見たんですよ。
     それで思ったんですけども、僕、映画IQ低いなあというふうに思いました。

     映画IQなんて言葉なくて今、作ったんですよね。
     あの、映画IQっていうのは、映画を見る時の頭みたいなもんで。評論家的な評判のいい映画ではなくて、エンターテイメントとして面白いやつじゃないとどうも納得できない。
     というか、これあの、どれぐらいグルメかとか、どれぐらい映画IQ高いかっていうのと、あと見てる人によってちょっと差があるんですけども。
     たとえば、フランス料理が好きでワインがすごく美味しい人っていうのグルメ批評って僕はあんまり見ようと思わないんですね。何でかって言うと、そいつらの舌と僕の舌とはチューニングが違うと。チューニングが違うものをありがたがってもしょうがないっていうふうに思うんですよ。
     なので、ワインとこの料理とのマリアージュがすごくいいっていう人のやつは、ああそうですか、そうですかとありがたく聞くんだけども、わりとスッと通って行って。そうじゃなくて、お寿司でも1人前1万円程度のお寿司がすごく美味しい人、感じる人の寿司の評論だったら、僕は自分自身の参考になると。でも、すきやばし次郎とかああいうところでないと語れるものでないっていうふうに思ってる人のやつはあんまりしょうがないと思ってるんですよ。
     同じ様に映画も、ライムスター宇田丸さんの映画批評って僕好きなんだけども、宇田丸さんの批評っていうのは本当にコアな映画マニアの批評であって、僕が面白いチューニングのなんか帯域とちょっと違うんだよね。

     僕が面白いのは、今回意外だったのが『メイズランナー』がやたら面白かったことなんだよね。
     言っちゃえば、たいしたことはない映画なんだよ。正直言えば。
     よくあるシチュエーションもので、男の子が一人エレベーターみたいなのでガーッと上げられてきたら、いきなりまわりが平原みたい、草原みたいになってて、その4方向の壁がすごい高い壁になって、その向こうが迷路になってるっていうだけの話なんだ。
     そのなかで、そいつらが何十人という若者、男ばっかりいるんだけども、そいつらがいかにその中を生き抜いていくのかっていうワンアイデアストーリー。
     それも3部作っていうふうに最初から言ってんだよな。3部作でそれの第1部なので、言っちゃえば、その面白さっていうのは『プリズン・ブレイク』とか『24』とか、あの手の映画あるじゃん。あの手の映画のスピード感がすごいあるやつだと思ってくれればいい。それを映像をたっぷり見せて作るもんだから、やたら面白いわけだよね。
     こんなものべつに言ってもネタバレになるのかな。ネタバレ全然嫌な人は今からちょっと音を消しといて。今からちょっとネタバレを話しますんで。

    (中略)

     という3部作の第1部なんだけどさ。これが新しいかどうかと聞かれるとそんな新しくないし、あと面白いかどうかと聞かれると『バードマン』とか『ゼロの未来』みたいな深読みするような余地は丸っ切りないんだよ。本当に丸っ切りないんだよ。
     丸っ切りない分、見てる最中は楽しい。だからと言って、見てる最中楽しけりゃいいのかと言ったら、これが映画IQって言ったじゃん。
     映画IQって言うのは、僕が思うに広けりゃ広いほど映画を楽しめるんだよな、本当は。
     映画IQっていうのがあってさ、僕たぶん映画IQで言うと100つうことはないと思うな。110ぐらいはあると思うよ。
     自分でいうのもなんだけど、僕110ぐらいなんだけどさ、ライムスター宇田丸さんてさ、あの人たぶんね130ぐらいあるんだよ。今これIQ高い低いって言ってるんだけども。
     岡田斗司夫の「楽しい映画」ってこれぐらいなんだよ。
     で、宇田丸さんは僕より広いと思うからね。こういうかなりIQ高いのから低いところまで。僕はあまり高すぎると逆に楽しくなくなってくる。
     たとえば1年ぐらい前に公開された、あっ、名前忘れたわ、ごめん。最近で言うと『Zアイランド』っていうの見たんだ。品川さんの映画。
     それが僕はこれは楽しくなかったと言うんだけど、あのへんがIQ100ぐらいだと思う。『龍三と七人の子分たち』はもう絶対に100切ってると思うんだよな。だから『龍三と七人の子分たち』は本当に頭が悪いんだけども、でも、これIQ100をちょっと下回るぐらいだから。

     『悪の法則』高いよ。『悪の法則』ってたぶん、ここらへんの作品だと思う。僕が楽しめる上限いっぱい一杯ぐらいなんだよ。
     だから、宇田丸さんにしてみれば、ああこれど真ん中ぐらいだ。で、『龍三と七人の子分たち』っていうのはお年寄り向けっていうのはわかるんだけど、勧善懲悪、いわゆる正しいものが勝って悪いものが負けるというような話ですごいわかりやすく作ってるので低いめに作ってるんだけど、僕はやっぱりあの辺までいくと、あんまりつまんなくなってくる。
     『天才スピヴェット』っていうのはちょっと見せ方に工夫があるだけで、ここらへんだと思う。だから、僕がギリギリ楽しい。『シベリア超特急』はこのへんだよ。はい。『パトレイバー』も低いよ。

     ただ個々の映画の映画IQっていうか、この考え方だと思って。この映画IQっていうのが映画の点数じゃないんだよ。どちらかっていうと、映画に付ける点のものではなくって、映画を見る人が何が面白いのかっていうのがわかる基準だと思って。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『火垂るの墓』冒頭5秒の謎とは?」

    2018-04-23 07:00
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/04/23

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2018/04/15配信「【追悼特集】本当は千倍怖い『火垂るの墓』から、高畑勲を読み解く!」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2018/04/15の内容一覧

    『火垂るの墓』「冒頭5秒の謎」

     『火垂るの墓』の冒頭の流れを説明します。映画が始まって一番最初のシーンを、カットごとに順繰りで説明していきますね。

    • まず、真っ暗闇の中、カメラ目線で真っ正面を向いた清太の幽霊が現れます。そして、「昭和20年9月21日夜、僕は死んだ」というふうに関西弁のイントネーションで言います。
    • 次に、清太の幽霊が見ている光景として、駅構内で死にかけている自分の姿が映ります。
    • この時点では、一応、ハアハアとまだ息をしているんですね。
    • でも、やがて崩れてしまう。
    • すると、駅員がやってきて、清太が死んだことを確認します。そして、「ああ、こいつも死んでしもうた」ということで、遺品を探っていたら、ですね、ポケットの中からなんか缶カンが出てくる。
    • 何の缶カンかわからないので、駅員がそれをポイと捨てると、捨てられた缶の中から骨が出てきて、季節外れの蛍がポワッと現れる。
    • その蛍の中から1人の女の子の幽霊が現れる。妹の節子ですね。節子はお兄ちゃんの死体を見ています。
    • 節子の幽霊がお兄ちゃんの死体に駆け寄ろうとすると、後ろから肩を叩かれて止められる。
    • 振り返ると、そこには生きていた頃の優しいお兄ちゃんがいて、2人はそのまま手を繋いで、蛍のいる草原を右から左へ歩いてフェードアウトする。
    • この、2人が通り過ぎたところに、『火垂るの墓』というタイトルが表示されます。

     まあ、ちょっと簡単に説明したんですけども、こういう大きい流れで出来ています。

     さて、実はこの「まだ生きている自分を、死んだ清太の幽霊が見つめる」というシーンには、よくよく見ると、すごい秘密が隠されているんですね。
     それは何かというと……さらに細かく、1カットずつ検証していくとこうなります。

    • まず、「昭和20年9月21日夜僕は死んだ」と正面を見つめて言う清太の幽霊。
    • そう言ってから、清太の幽霊は次に右下に視線を流します。
    • すると、駅構内の柱が映るんですけど、この時、手前に何かが映ってるんですよね。わかりますか? 
    • 柱があって、その手間に、何か物が映ってて、これがスーッと消えたと思ったら、次に、死にかけている自分がボワっと現れて、次のカットに流れるんですね。

     この柱の前にあるものは何か? ということで、この3番目の部分だけを、よく見えるように引き伸ばしたのが、これです。
     実は、死にかけの自分の姿が映る前に、この柱の手前には、こういう形の物が描かれているんですね。
     この曲線的なデザインを見るに、これは戦前に作られたものじゃありません。これ、実は灰皿なんですよ。それも「現代的にデザインされた灰皿」なんですね。
     僕はこれ見た時に「ああ、やっぱりそうか!」って思ったんですけども。つまり、清太は、死んで幽霊になった後も、現代の日本に留まり続けているんです。
     『火垂るの墓』は1988年の映画なんですけど、その時点でも、清太はあの場所に居る。そして、そんな清太の幽霊が昔のことを思い出すと、そこが昔の風景に戻っていく。つまり、「清太はいまだに三宮の駅に居て、かつての記憶を思い出して苦しんでいる」ということなんですね。

     「本当にそうなのかな?」と思って、念のために『火垂るの墓』のBlue-rayのディスクの特典を見たら、ちゃんと制作当時に神戸まで行って撮ってきたロケハン写真というのが載っていたんですよね。
     そのロケハン写真をみると、柱の横に、やっぱり同じデザインの灰皿があるんですよ。
     まあ、これは劇中に描かれている柱とは別の柱なんですけど、冒頭に描かれていたのとまったく同じ灰皿があります。
     実際にモデルとなったこの柱の横に、灰皿だけを移動させたわけですね。
     このロケハン写真を見てもわかる通り、『火垂るの墓』の冒頭では、現代の駅にある灰皿を描くというようなことをやっているんです。
     つまり、『火垂るの墓』というのは、決して過去の話ではなく、現代のシーンから始まっているんです。「ラストシーンで、現代に戻ってくる」とみんな思ってるんですけど、違うんですよ。そうじゃなくて、冒頭の一番最初から現代なんですね。
     清太の霊は、いまだにあの場所に留まっていて、自分の人生最後の3ヶ月間を、何千回も、何万回も、何億回もリプレイして、苦しんでいるというお話なんです。
     みなさんがコメントに書いている通り「地縛霊」みたいなものなんですね。まあ、地縛霊というのは「その場所に縛られ続ける霊」という意味で、清太たちは電車に乗って移動するから、正確には違うんですけども。

     じゃあ、なぜ彼は、死後も、映画公開時点で43年間も、過去に囚われ続けているのか? そういった理由説明が、ここからはじまる映画なんです。
     つまり、「なぜ彼は、死んでから43年も経つのに、自分が一番ツラかった時のことを見返さなきゃいけないのか?」という理由を、これから90分掛けて説明してくれるという構造になっているんですね。
     この全体構造がわかっていると、この映画の見方ってだいぶ変わってくるんですよ。実は、この作品って「かわいそうな話」とかではなくて、「なぜ彼が、こんなにも呪われているのか?」を解き明かすという「ミステリー」になっているんですね。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【イベント・メディア情報】『サピエンス全史』を『進撃の巨人』や『風の谷のナウシカ』で読み解く!」

    2018-04-22 07:00
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/04/22

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    今日は、岡田斗司夫のイベント・メディア情報をお届けします。

    【ニコ生】『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』

    今夜は、前々から何度か予告していた『サピエンス全史』をとりあげます。
    『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』は、上巻下巻にわかれていて、かなり長く、岡田も読み通すのに苦労しているようです。

    でも、とにかく面白い。
    読み終えた人の感想を見ても、自分の人生観や世界観が揺さぶられたという人が多く、非常に高評価です。
    岡田にとっても、2Pに一回のペースで付箋をはるくらい内容の濃いおもしろい本だそうです。

    できれば、みんなにも馴染みのある『進撃の巨人』や『風の谷のナウシカ』の名シーンと照らし合わせながら、ニコ生ゼミらしい解説にしようと奮闘中とのこと。

    どうぞお楽しみに!


    ちなみに、前回のニコ生岡田斗司夫ゼミ#226
    【追悼特集】本当は千倍怖い『火垂るの墓』から、高畑勲を読み解く!は

    00:00 本当は10倍怖い『火垂るの墓』
    06:21 視聴者からのお便り
    09:01 冒頭5秒の謎
    19:40 見逃しがちな重要なカット
    24:25 クレショフ効果
    29:58 冒頭5秒がすごいパート2
    35:09 『仕事道楽』
    41:13 高畑勲は見る人に悩んでほしい
    42:55 『火垂るの墓』の意味とは

    00:00 高畑勲はブレない
    04:37 高畑勲の一番の理解者は宮崎駿
    09:44 『誰も語らなかったジブリを語ろう』
    18:17 『禁じられた遊び』
    22:50 100倍怖い『火垂るの墓』
    34:10 高畑勲の描きたかったもの
    39:50 清太がカメラ目線になった理由

    【YouTube無料公開】

    以下の岡田斗司夫ゼミ(表放送)が無料公開されました。

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。