• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2017/06/27
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「来たるべき世界のキーワードは、「第一印象」「探す」「中間がなくなる」」
    • 2017/06/28
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「聖母マリア信仰は異端だった!」
    • 2017/06/29
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【ゼミ室通信】みんなと映画を見に行くオフ会、はじめました」
    • 2017/06/30
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「ニコニコを救うのはコメント職人かも?」
    • 2017/07/04
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「映画で世界を乗っ取ったアメリカ」
    • 2017/07/05
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「アニメは芸術か工芸か?」
    • 2017/07/07
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「中世暗黒時代の終わりと精神病院の誕生」
    • 2017/07/14
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「スキルやメソッドを学んでも恋愛はできない!」

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ「貧乏と貧困の違いとは何か?」

    2017-06-26 07:0019時間前
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2017/06/26

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2016/09/25配信「脱!貧困!貧乏だから不幸は間違い?貧困問題は解釈の違いを理解することで解決できる!」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。

    2016/09/25の内容一覧

    貧困と貧乏は違う、キャリコの街で見た貧困と『火垂るの墓』

     貧乏と貧困は違うんですよ。貧困というのはさっき話した『火垂るの墓』みたいな世界のこと。『火垂るの墓』のお話は、母親が入院してしまって清太と節子ですか、という二人の兄弟は親戚の家で暮らすと。でも親戚の家で仲が良くなくて、清太が飛び出して、二人で飛び出して、防空壕で暮らすと。
     防空壕で暮らすんですけど、お兄さんの清太っていうのは、今で言うコミュ障なんですね。大人の人とうまくコミュニケーションをとれないというか、たぶんお父さんが海軍の偉い人だったのでプライドが高すぎて、他の人と話をするのがあんまりできなかったんですね。なので、ご飯を食べさせてもらうとかそういうことができず、親戚の人に冷たくあたられて、ついつい外へ飛び出してしまったんですね。
     なので、自分の妹の身体の具合が悪くなった時にお医者さんに見せることはできるんだけども、お医者さんに栄養のあるものを食べさせなさいと言われた時に、栄養のあるものを食べさせろといわれてどこにそんなものがあるんだ、どうやればいいんだって心のなかで思うんですけども、お医者さんに相談できないんですね。そのまま帰ってきてしまう。
     結果的に節子は死んでしまうんですね。節子が死んだ理由は貧しくて死んだんじゃないんですね。それは映画のなかでも語られているんですけども、清太はお母さんからいざという時のために預かった銀行口座があって、そのなかに7000円入っているんですよ。
     7000円ってどれくらいの値段かというと、当時、戦後すぐに500円生活っていわれたことがあって、500円あれば、1か月暮していけるって言われたんで、現在の貨幣価値の100分の1くらいだと思ってください。つまり、7000円というのは70万円くらいの値打ち──たぶん、もうちょっとあったと思うんですけど──ぐらいの値打ちがあったので、清太は節子にご飯を食べさせることはできたし、医者に見せることが出来たくらいですから、餓死させることはなかったんですよね。
     でも、それはあとから見ている、金を払ったらものを買えることが当たり前の僕らの話であって、当時はお金はあっても、ものなんか売ってないんですね。モノを買おうと思ったら、それは物々交換であったり、もしくはどこでモノを売っているのか、知っている人だったら、行って買えるんですけども、コミュ障の清太にはそういう能力がないんですね。銀行に口座があるんですけど、これはどうやったらいいんですかって、人に頭を下げて、聞くこともできない。プライドがあってできないですし、妹がいたら、妹のためにご飯を盗んできてやろうという行動はできるんですけども、その時に、見つかった時にすみませんって殴られることはできるんですけども、妹が餓死しそうなんです、助けてください、貯金はありますみたいなことで人に頼ることもできない。
     結局、その貧困というのは、僕は『火垂るの墓』だと思うんですよ、金があるとかないの問題ではなくて、そのお金を使うことが怖くて、自分をどんどん追い込んでしまう。情弱って言ったら、今の言葉で言ったら清太はコミュ障かもしれないんだけど、どうふるまえばいいのかわからない結果、妹が死んでしまうという状況なんですね。

    (中略)

     「貧困と貧乏は違う」っていうのが今日の主題なんですけど、清太がいたのは明らかに貧困なんですよ。つまり、貧しくて困っている状態です。でもその困っているのが、貧しいが故ではなくて、貧しさだとか自分が弱者だとかなんにも知らない子供だっていう結果、動きがとれなくなって、本来だったら、だって7千円の貯金があったんですから、絶対に2人とも戦後の世界を生き延びれたはずなんですけども、それが見えなくなってしまっている、視野が狭くなっている状態というのが貧困の恐ろしさだと思います。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「岡田斗司夫が選ぶ歴代アニメベスト10」

    2017-06-25 07:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2017/06/25

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2017/06/18配信「歴代アニメベスト10&ゲスト:佐藤ダイン『僕に彼女が出来るまで』」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。

    2017/06/18の内容一覧

    今、日本アニメベスト10を選ぶ理由

     こういうベスト10ランキングというのは、駆け出しの評論家と僕みたいなオッサン評論家では視点が違うんですよ。
     「今からアニメ評論で食っていこう」とか、「これからアニメ評論の本をバンバン出すぜ」とか、「今、俺の人気上がってきた」と思っているようなアニメ評論家や、ちょっとアニメを語りたい文化人、アイドル、芸人さんというのは、やっぱり「今のもの」を入れたがるんですね。今の最新の作品を見て、「どうだ! こんな作品も見てるんだ! 俺って流行に遅れてないよね? 俺ってオタクの仲間だよね?」という形で「今」を過剰に入れたがる。
     それに対して、氷川竜介さんとかは違うんです。……いや、もちろん、氷川さんも最新の作品は見てるんだけども。
     最新のものを見過ぎたあまり、この間、「いい加減にしろ!」と家族に怒られたそうだけども(笑)。最近のアニメを3本立て続けに見てたら、そのどれもが同じ時期に始まった作品だったもんだから、3本とも同時に第10話に入って、一斉に「過去の因縁話」をやったそうなんですね。で、「そんな回想シーンだけの回を3つも見せられて、嫁さんと娘に怒られた」ということを、この間、氷川さんが書いてたんですけども(笑)。
     まあ、だいたい若手の評論家とか、ちょっとブイブイとイキってる感じの人は、今の作品を挙げたがる。それに対して、俺みたいなオッサン評論家は、どうしても昔の作品を挙げたがる。もう、みんなも予想してた通りの『ガンバの冒険』などを挙げたがる。
     なぜこういう作品を挙げたがるのかというと、「説教したくなる」という感覚に近いんだけど、どうしてもひとこと言いたくなってしまうから。なんかね、「自分の好みだけではいけない! 自分が受け継いだバトンを後ろの人に渡さなきゃいけない!」って感じになっちゃうんだよね。

     これは「過去の美化とか懐古主義」とは違うんだ。これはね、本当に年齢が上がっていかないとわからないことなんだろうけど。
     たぶん、体育会系の人はわかると思うんだよ。つまり、「1年生の時にはあんなに反発していた正座みたいなしきたりなのに、2年生の後半になる頃には後輩にやらせるようになるのか」に近いんだ。「ああ、これしかないんだ」とか、「自分たちが受け継いだ流れというのを絶やしちゃいけないんだ」という義務感みたいなものが出てくる。
     そして、おそろしいもので、たかだかアニメの評論程度をやっている俺らにしてみても、それは同じなんだ。

     俺らだって、当たり前だけど、基本的に昔のアニメより今のアニメの方が面白いに決まってるわけだよ。何十年も前のアニメと今のアニメを見比べたら、今のアニメの方が、スピード感があって面白いし、逆に昔のアニメをDVDで見たら、思っていたよりトロくて、タルくて、シンドいんだよね。ギアをどこかで変えないと見れないんだけど。
     それでも「これは紹介しなくちゃな」みたいな、義務感のようなものがあるんだ。
     だからこそ、こういうアニメのベスト10みたいなものをいろんな人に選ばせると、そういう温度差みたいなものが見えて面白いんだけどね。

     というわけで、まずは、こういうアニメ評論家の世代的な差があるので、そういう「布教活動」込で考えなきゃいけないところがちょっと難しい。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【イベント・メディア情報】岡田斗司夫がどんな質問にもガンガン答える一問一答大特集!」

    2017-06-24 07:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2017/06/24

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。

    今日は、岡田斗司夫のイベント・メディア情報をお届けします。

    【ニコ生】『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』

    次回は6月最後のニコ生ゼミということで、『岡田斗司夫がどんな質問にもガンガン答える一問一答大特集』です。

    頂いている質問の一部抜粋しつつご紹介します。

    • 先日の放送で、岡田先生がご自身の事を強化系だとおっしゃっていた事に違和感を覚えました。(中略)私は、(岡田先生は操作系、もしくは特質系かなぁと思うのですが、いかがでしょうか?

    • 岡田さんが生放送中に飲んでいる「カーズ」の水筒を見て思ったのですが、映画とかに出てくる古いガソリンスタンドの給油ノズルの先には表面に何かワイヤーのようなモノが巻いてありますがアレってなんですか?

    • 私は恋愛小説も恋愛ドラマもいまいち面白く感じないのですが、それは自分が恋愛への興味が薄い、むしろ人付き合い全般から逃避したい性格からだと思ってきました。でもそれって、ヘンですよね。リアルでは遠ざけたい殺人事件を楽しめるなら、恋愛だって楽しめるはずだと思うのです。(中略)「共感」以外の、恋愛モノの楽しみ方のヒントがあれば、教えていただけないものでしょうか。

    • 入りたい会社がようやく見つかりました。あるアニメ制作会社です。しかし、残念なことにこの会社、新卒採用を行なっていません。ディレクター職やエンジニアで募集を行なってはいるのですが、いかんせん電気電子工学科出身の私は現状、活かせるスキルが全くないといった状態です。こんな私が採用されるにはどんな方法がありますか?

    • 毎週、岡田さんが勧めてくれる小説や映画、漫画などを見ることを日々の楽しみとしているのですが、岡田さんももう還暦間際の年齢ということで、まだ二十代の私よりもほぼ確実に早くお亡くなりになると思います。(中略)このままでは、私は何を基準に作品を選んで見ていけばいいのかわからない状態になってしまいます。なので、面白い作品を見極めるコツ、または、岡田さん以外に面白いものを教えてくれる人などを教えていただきたいです。

    岡田斗司夫がどう答えるか、お楽しみに!

    ちなみに、前回の#183 岡田斗司夫ゼミ 『注目!!岡田斗司夫が選ぶ「歴代アニメベスト10!」』
    表放送
    00:00 本日のお品書き
    03:03 『夜明け告げるルーのうた』
    07:45 日本アニメベスト10を選ぶわけ
    21:16 10位『宇宙戦艦ヤマト』
    24:23 9位『ガンバの冒険』
    28:35 8位『母をたずねて三千里』
    32:00 7位『機動戦士ガンダム』
    35:40 『僕に彼女ができるまで』佐藤ダイン

    裏放送
    00:00 漫画と現実
    11:25 有限一般ゼロ和ゲーム
    14:20 6位『ダイコンⅣアニメ』
    19:17 5位『ビューティフル・ドリーマー』
    22:33 4位『天空の城ラピュタ』
    26:37 3位『オトナ帝国の逆襲』
    30:52 2位『魔法少女まどか☆マギカ』
    33:13 2位『花の詩女 ゴティックメード』
    35:35 1位『ピンポン』
    37:02 1位『おそ松さん』
    41:34 ランク外『正解するカド』
    43:47 ランク外『この世界の片隅に』

    【YouTube無料公開】

    以下の岡田斗司夫ゼミ(日本語字幕付)が 7年目記念で特別無料公開されました。

    「対談:真木太郎 『この世界の片隅に』プロデューサー初登場! この時代に監督の好きな作品を作ってもらう重要ポジションプロデューサーとは?」(2016.12.4)

    【YouTube動画リリース】

    岡田斗司夫ゼミ(表放送+裏放送)がリリースされました。視聴料各800円。

    • 岡田斗司夫ゼミ#183完全版
      「対談:佐藤ダイン 厳選! 『君の名は』『この世界の片隅に』は入るのか? 日本アニメ10選と空想と現実ぼくらに彼女はできるのか?」(2017.6.18)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。