• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2018/08/21
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「子どもには何歳からアニメ、ゲームなどを与えるべき?」
    • 2018/08/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「いつの時代も、人間は「賢い機械」に簡単に騙される」
    • 2018/08/23
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【ゼミ室通信】なつかしのロボットアニメ『聖戦士ダンバイン』のオープニングを解説します」
    • 2018/08/24
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「オイルショックがきっかけだった、タカラ「ミクロマン」の大躍進」
    • 2018/08/25
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「質問:歳を重ねてマンガを読むのがしんどくなってきました」
    • 2018/08/28
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「人生相談:嫌われる勇気を持つにはどうすればいいですか?」
    • 2018/08/29
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ハウルの動く城』は、クラリス視点だけで書いた『カリオストロの城』」
    • 2018/08/31
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『シン・エヴァンゲリオン』が行き着く先は『火の鳥』?」
    • 2018/09/04
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「マンガは、人類が創り出した最大の娯楽物」
    • 2018/09/07
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「20年後、シンギュラリティは本当に起こるの?」
    • 2018/09/14
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「プロットがわかれば、『ハウルの動く城』は100倍楽しめる!」

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ「幻となった細田守版『ハウルの動く城』」

    2018-08-20 07:007時間前
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/08/20

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2018/08/12配信「『ハウルの動く城』は、宮崎駿にとって“初の恋愛映画”であり、ジブリにとって“初の敗戦作品”だった!」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2018/08/12の内容一覧

    幻となった「細田守版ハウル」

     もともと、『ハウルの動く城』というのは、細田守初監督作品として作られるはずだったんですよね。
     その「細田版ハウル」のコンテというのが、いくつか残っています。
    (パネルを見せる)
     ここには「Aパート」と書いてあるんですけど、実は、この細田版のハウルの絵コンテは、全体の3分の2くらいまで完成してたそうです。
     ところが、そこまで進んでいた段階で……ここが、よくわからないところなんですけど。細田さん本人が言うには「降ろされた」と言うし、宮崎駿が言うには「スタッフが勝手に解散しやがった」言う。鈴木さんに至っては、言葉を濁すという、よく事情がわからない中で、細田版ハウルの製作は終わってしまいます。

     僕はやっぱり、この細田版のハウルというのがどんなものだったのか興味があったので、残っているコンテとかを引き伸ばしてみたんですけど。
    (パネルを見せる)
     細田版では、舞台が現代だったんですよね。現代の車がソフィーの店の前に停まっています。
     そして、ソフィーが「メガネっ娘」なんですね。「仕事をしてる最中はメガネをかけていて、あれこれ自分の生き方に悩んでいる」みたいな描写があるんですよ。
     「これはこれで悪くない」というか、「案外、舞台を現代にした方が面白かったかもしれないな」って思うんですよね。

     僕、今回の放送の予告として、メルマガとかに「『ハウルの動く城』はジブリ初の「敗戦処理」」って書いたんですけど。これ、どういうことかと言ったら、この作品って、ヨーロッパで受けが悪かったんですよ。
     当時、フランスでは『千と千尋の神隠し』を中心とした大規模な美術展をやっていたんです。その美術展にはお客さんもいっぱい入りました。この時に『ハウルの動く城』の宣伝を行って、その後に公開したんですけど。
     ところが、『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』での大評判に比べて、『ハウルの動く城』っていうのは、フランスを始めとするヨーロッパでは、やや受けが悪かった。あくまでも「やや」なんですけどね。
     その理由は何かというと「なぜ日本の話をやってくれないんだ? ハヤオ・ミヤザキの作品は現代の日本というのが見れてすごく良いのに、なぜ、こんなヨーロッパのモノマネ世界を舞台にするんだ?」と思われたからなんですよ。こんなふうに言われた宮崎さんは、やっぱり悔しかったみたいなんですけど。
     その一方で、細田版のコンテを見てみると、ちゃんと現代の世界観になっているんですよね。なので、そこら辺も含めて「細田さんが監督をやっていたら、評価も影響も今とは違ったのかな?」と思います。

     宮崎さん自身も、ヨーロッパを舞台にすることには、すごく迷いがあったそうです。
     例えば、一番最初に主人公のソフィーという女の子が街に出かけるシーンがあるんですけど、彼女が街を歩く時、どう動かすべきかということに悩んだそうなんですよ。
     実は、19世紀末から20世紀初頭のヨーロッパの女の人というのは、表を歩く時に、絶対に肩も腕も動かさず、下半身だけ動かしてスススっと歩くんですよね。でも、そうやって動かすと、主人公のソフィーが、なんだか必要以上にツンと構えた印象になってしまう。
     その結果、宮崎さんも悩んだ末に、ソフィーが歩く時にも現代日本人の女の人みたいに普通に両手を動かして歩くようにしたんですけど。そしたら、やっぱり、そこら辺について「宮崎駿は19世紀ヨーロッパをわかってない」とか、いろいろ言われることになって、宮崎さんも悔しかったそうです。

     この細田版のハウル、せめてコンテ集だけでも表に出してほしいんですよね。
     だけど、ジブリとしては、徹底的に封印するつもりらしくて、出てこないんですよ。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【イベント・メディア情報】林修先生の「友人不要論」は正しいのか?!橘玲の『幸福の「資本」論』をもとに解説!」

    2018-08-19 07:00
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/08/19

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    今日は、岡田斗司夫のイベント・メディア情報をお届けします。

    【ニコ生】『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』

    今夜のニコ生ゼミは、いろんな質問に答えるQ&Aの回です。
    ニコ生に対するご意見、ご要望、ご質問など、何でも受け付けます。
    お便り募集中、まだ間に合います!

    また、今ネットで、”林修先生の友人不要論”が話題になっています。

    本当にそうなのか。
    橘玲の『幸福の「資本」論』をもとに、岡田斗司夫が解説します。

    橘玲は、人間関係を、愛情空間、友人空間、貨幣空間の三つのシーンに分けて解説します。

    愛情空間は、相手の幸せが自分の幸せになる関係。(家族や恋人)
    友人空間は、一緒にいて楽しい関係。(いつも一緒につるむ友だち)
    貨幣空間は、貨幣を介する関係。(相手にお金を払う関係)

    この定義のうち、友人空間と貨幣空間を使うと、“林修先生の友人不要論”がエレガントに解説できるとのこと。

    お楽しみに!


    ちなみに、前回のニコ生岡田斗司夫ゼミ#243
    岡田斗司夫ゼミ 岡田斗司夫ゼミ 8月12日「『ハウルの動く城』は、宮崎駿にとって“初の恋愛映画”であり、ジブリにとって“初の敗戦作品”だった!」の内容は

    00:00 『ハウルの動く城』参考図書
    04:53 細田版コンテ
    15:05 『カリオストロの城』をクラリスの視点だけで見たら
    21:35 全体見取り図
    34:00 ストーリー
    39:26 プロット
    54:20 りんご(隣国)の旗

    00:00 愛国心
    08:30 キムタク起用の理由
    12:25 ソフィーの本質
    19:04 ソフィーのえぐさ
    27:44 ハウルのクズっぷり
    38:53 ソフィーの気持ち
    47:09 ソフィーが魔女である映像
    54:13 まとめ

    【イベント】公式オフ会 8/18(東京)、8/24(大阪)

    DMM オンラインサロン『岡田斗司夫ゼミ室~オタク話から評価経済まで〜』の公式オフ会(岡田斗司夫参加)は下記の予定です。

    東京公式オフ 08月18日(土) 16時~
    大阪公式オフ 08月24日(金) 18時~

    サロン会員は、どなたでも無料で参加できます。
    今からのお申込みでも間に合います!

    【YouTube無料動画】

    以下の岡田斗司夫ゼミ(表放送)が無料公開されました。

    【ニコニコニュース】

    以下の記事が、8/16にニコニコニュースORIGNALに掲載されました。

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「アメリカ人にとって「よい戦争」だった第二次世界大戦と、エノラ・ゲイ」

    2018-08-18 07:00
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/08/18

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2014/11/02配信「原爆投下のエノラゲイに揺れるアメリカと『その問題、経済学で解決できます。』」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2014/11/02の内容一覧

    エノラ・ゲイと『よい戦争』

     もともとニューヨークだけ行くつもりだったのが、どうしてもスミソニアン博物館に行きたいというふうに思ったので現地でホテル、キャンセルしてワシントンの切符とってというふうなことをやって、いやぁーやっぱり今ね、スマホあるからすごい楽だよ。

    (中略)

     で、やっぱりね、エノラ・ゲイが見たかったんだよね。
     エノラ・ゲイっていうのは、日本に原爆を落とした、広島に原爆を落とした飛行機で、もともとこれはもう15年くらい前になるのかな、スミソニアン博物館、いわゆるワシントンのホワイトハウスの近くにあるスミソニアン博物館の本館に置かれる予定だったんだよね。
     ちゃんとこれまでモスボール保存というのがされてて、我々を平和に導いてくれた、平和の象徴としての飛行機としてエノラ・ゲイをスミソニアン博物館に入れようとしてたんだ。
     その時にはエノラ・ゲイのパイロットとか、原爆を落とすと判断した当の将軍とかの功績をたたえるプレートまで用意してたんだ。
     当たり前だけども、在米日系人、つまり日本人の二世三世たちとか、あと日本人たちが猛烈に抗議したわけだよね。
     「ちょっと、いい加減にしろ」と。「エノラ・ゲイによって、広島にどれくらいの被害があったのか、わかってんのか」「だいたい、原子爆弾の投下というのは人道的に問題があるじゃねえか」というふうなことを言ったんだけども、ここがアメリカの庶民感覚との温度差がすごいんだよな。
     っていうのは、アメリカって、原子爆弾の投下に関しては、なんだろうな、もちろん、一部の有識者とか意識高い人はべつなんだけども、庶民感覚でいえば全然悪いことと思ってないんだよね、それは日本人差別でも何でもなくて、「原爆落とさなければ、日本人は徹底的に戦ったに違いない」って、その恐怖心があるわけだよ。

     ていうのは、最後はやっぱりカミカゼ・アタック、いわゆる特攻までして、自分の命を犠牲にして突っ込んでくる日本人に対してすごい恐怖心があったと。対ドイツ、対イタリア戦、第2次世界大戦でいうと、それは早々と降伏してくれたし、たとえばヒトラーも自分で自殺までして戦争が終わったわけじゃん。
     でも、日本はまったく、ドイツよりもひどい状況になってるのに、いくら都市部を爆撃しても、東京を空襲しても、大阪を空襲しても、いわゆるこっちのほうが戦争犯罪なんだけども、一般市民に対して無差別爆撃やっても、まったく降伏してくれないと。こいつら、一体どうなってるんだと。ひょっとして、俺らと刺し違えるつもりなのかと、恐怖心を抱いていたところに、原子爆弾を投下して、その原子爆弾の投下によって軍部と天皇が戦争をやめると決心して、結局降伏して戦争の幕が下りたわけだ。
     戦争が終わったというのは、アメリカの本土ではものすごくハッピーなことなんだ。で、万歳になるんだ。
     当然、アメリカに若い軍人たちが帰ってくる、いわゆる戦争に行った、わたしたちの兄、弟、息子、恋人が帰ってくるということで「よくやった、よくやった」と。ついに世界をファシストの手から護った。それはどうやって護られたのかというと、アトミック・ボム、原爆のおかげだっていうことで原爆大ブームになったんだ。
     1945年のアメリカで。
     アトミック・カクテルというのが作られて、戦争を終わらせてくれた原子爆弾に感謝、アトミック・カクテルというのをみんなで飲んで、アトミック・ダンスが流行って、その結果、膨大な数の軍人がアメリカに帰ってきて、やっと待たせていた故郷の恋人と結婚して、子どもがいっぱいできた、それがアトミック・ベビーと呼ばれている世代。
     アメリカには、今そのアトミックベビーと呼ばれている世代の人たちが、いっぱいまだいるんだよね。
     だから、そういう人たちにとっては原爆って、日本人の僕らからしたら「何で!」って思うんだけども、平和の象徴であって、正義の象徴でもあって、なによりも自分たちがこの世の中に生まれてきた根拠の一つでもある。

     アメリカの歴史の肯定的な面、いわゆるその『よい戦争』(The Goog War)っていう、スタッズ・ターケル(Studs Terkel)が書いたものすごい分厚いドキュメンタリーの本があるんだけども、『よい戦争』という本があって、これが第2次大戦の時のナチス・ドイツとか日本人と戦った前線の兵隊とか、当時、軍隊に勤めてた人とか、銃後でアメリカを支えた、戦争を終わるのを待ってたお母さんとか娘たちの膨大なインタビュー集なんだけども、それをスタッズ・ターケルがピュリッツァ賞を受賞した作品なんだけども、ノンフィクションとしてまとめるときに『よい戦争』、グッド・ウォーってタイトルつけたんだ。
     それはなんでかっていうと、アメリカ人にとって結局、いい戦争と言えるのは第二次世界大戦だけだったという考えなんだよね。
     その前の第一次世界大戦っていうのは結局、そのあとでヨーロッパを荒廃させて、ナチスドイツを生んでしまった。
     そのもう1つ前になってくる南北戦争っていうのは、アメリカにとって国を2つに分ける戦いで、やっぱり悲劇だったという印象がどこかにあるんだよ。
     独立戦争は別なんだけどさ。
     だから、アメリカ人にとっていい戦争、グッド・ウォーというのは第二次大戦を示す。
     それくらい、ベトナム戦争とかその他の戦争に対しては、いつもいつもなんか後ろめたいものを感じてるし、僕らが子どもの頃に見てたインディアンから白人がアメリカという土地を譲り受けた、もしくは奪い取ってアメリカを建国してきたというのも、もう当然のことながら、そんなこと、はなから信じてるアメリカ人なんて一人もいないわけだよね。
     なので、グッド・ウォーを最後、完全に勝利に導いた、いわゆる『ドラゴンボール』でいうと元気玉みたいなもんだよな。
     そういうものの象徴として、原爆がある。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。