• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2017/04/29
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【イベント・メディア情報】次回ニコ生は、『アンタッチャブル』&『ブルースブラザーズ』!」
    • 2017/04/30
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「バカで無知な私が1億円を運用するにはどうすればいい?」
    • 2017/05/01
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「どうしてアニメの制作現場はいつまで経っても貧乏なの?」
    • 2017/05/02
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「限界を迎えたアニメ業界を支えるにはどうすればいい?」
    • 2017/05/03
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「女子高生文化の本質は『カルト』だ!」
    • 2017/05/05
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「なぜ筒井康隆は、慰安婦像についてあんな発言をしてしまったのか?」
    • 2017/05/08
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「オタクは『他人承認欲求』に従って生きろ!」
    • 2017/05/09
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「思想書『進撃の巨人』を読み解くための徹底ガイド」
    • 2017/05/10
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「脈がなさそうな相手にどうアプローチしたらいい?」
    • 2017/05/12
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「フェイクニュースの根絶は原理的に不可能!」
    • 2017/05/15
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「2017年アニメ業界はゴールドラッシュになる」
    • 2017/05/16
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「恋愛はノスタルジーの対象になった」
    • 2017/05/19
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「死んでも見るべきアニメは何?」
    • 2017/05/23
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「日本ネット界の二大政党は嫌儲主義と市場経済主義」

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『シン・ゴジラ』はアニメだ」

    2017-04-28 07:0017時間前
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2017/04/28

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2017/04/02配信「氷川竜介と語り倒すアニメ界の行く末」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。

    2017/04/02の内容一覧

    『シン・ゴジラ』は「アニメ」である

    岡田:放送前に氷川さんがおっしゃってた「『シン・ゴジラ』って「アニメ」でしょ?」って話がものすごく面白くって。ちょっとそれを伺いたいんですけど。

    氷川:もちろん、庵野さんがアニメの監督をやっているっていうのはあるんだけど、世界観の構築だとか、最終的な作り方、「世界をどういうふうに見るか? あるいは見せるか?」っていう考え方が、やっぱりアニメなんじゃないですかね?
     パーツがたまたま実写の役者さんだっただけでね。

    岡田:つまり、アニメーションでいうキャラのセルの部分が、役者さんなだけであって。

    氷川:しかも今回は、役者さんという「生」が、パーツとしてすごく効率よくはまっているんで、あの密度感になってるんだと思うんですよね。
     僕は、完成するまでの手前のやつをいっぱい見ているんですけど。役者さんがアニメのセルみたいに「演技させてもらえずにセリフを喋らされているだけ」という状況に不満を持っているんじゃないのかなと、チラッと思った瞬間もあったりしたわけなんですが。
     「止めセル口パク」みたいなシーンが多いじゃないですか。

    岡田:ああ、そうか! たしかに『シン・ゴジラ』の演技って、ほとんど止めセル口パクだった。はいはい、そういうふうに言われればそうですね。

    氷川:多いでしょ? 6割7割のカットはそうなっている。普通だったらもっと間を取ったり―――。

    岡田:演技をやらせてあげますよね。

    氷川:だけど、『シン・ゴジラ』ではそうじゃなくて、これはもうソリッドに「必要な情報を必要なタイミングで必要な分だけください」っていうような作り方ですからね。

    岡田:日本のアニメが、止めセル口パクになったっていうのは、「アニメーターに演技を任せるなんて贅沢」っていうのかな? 監督側がそういうのを期待してないからですよね。

    氷川:アニメで演技をさせようとすると失敗の確率が高くなるからですよ。つまりアン・コントローラブルになるということですよね。
     そして、「コントロールしたい」っていう意識を持っているかどうかっていうのが、アニメかどうかの瀬戸際で。

    岡田:画面全部をコントロールしたいという欲望が強いと、映画作りというのは、アニメにどんどん近づいていく、と。

    氷川:だけど、一般論的に、実写の映像というのは「ライブアクション」というくらいで、ライブっていうのは「生」のことなんですね。生ものなんですよ。
     その生っていうのが何かというと、役者の持っている偶然性とか、生理とか、そういったお題の中で役者に振ったときに出てくるものっていうのを、カメラで切り取って積み重ねていって、あとで編集で編み上げるっていうのが、ライブアクションなんですよね。
     撮られたフィルムのことを「ショット(shot)」っていうでしょ。ショットってシュート(shoot)の過去分詞じゃないですか。つまり、狩猟みたいにして、生の素材を―――。

    岡田:「ジビエ」なわけですね。その場で獲れたものを活用する。

    氷川:「そういう生の素材を、編集でどうやって料理するか?」ってことになる。でも、アニメの場合は、最初っから―――。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【ゼミ室通信】顔のいい人材を集める方法を教えてください」

    2017-04-27 07:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2017/04/27

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、会員限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。

    今日は岡田斗司夫の【ゼミ室通信】をお届けします。
    DMMオンラインサロンの岡田斗司夫ゼミ室では月に1回オフ会があり、ここで質問や相談を受け付けています。

    今回はオフ会参加者の質問に岡田斗司夫が答えました。

    質問:顔のいい人材を集めるためにはどうしたらいいですか?

    質問:顔のいい従業員を集めたいです。なにかいい方法はないですか?

    回答:お金がいる方法といらない方法の2つがあります。

    岡田斗司夫の回答:

    顔のいいやつを集めるには、2つしか方法がないと思っている。

    ひとつは「顔のいいやつしか集めません。」というのを、はっきり見せる場を作る。

    そしたら勝手に顔のいいやつが集まりだす。
    スタバの店員なんかはそうだと思う。
    可愛らしい人しかいません、としておいたら、だんだん
    「スタバの店員ってなんか可愛い人ばっかり」
    「私も応募しよう」
    「誰々はダメだったみたいよ」
    とかになってくる。

     それでだんだん、そういう人が入りたがるようになってきて、自然と顔のいい人ばかりになっていく。

     あとは金を積む方法(笑)
     前者はお金いらないよね。スタバの店員は時給を上げなくても来るんだよ。
     時給を釣り上げて、書類審査があるということにして、履歴書の顔写真で選ぶことにしてもね、分母が問題だよね。
     だいたい2000人とか5000人とか応募が来るアイドルコンテストを見ても、別に上の方に可愛い子が沢山いるわけじゃない。
     だから、ひと目見て「うわっ、可愛い!」「すごいかっこいい!」という人がそんなに来るわけでもないし、いるわけでもない。

     実は見苦しくない程度の人を集めているだけで、それなりに見えるものだよ。

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    会員限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「士郎正宗の原作版『攻殻機動隊』はいったい何がすごいのか?」

    2017-04-26 07:00
    216pt

    電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2017/04/26

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2017/04/09配信「『攻殻機動隊』士郎正宗原作版、押井守アニメ版、ハリウッド実写版は何が違うのか?」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。

    2017/04/09の内容一覧

    「人間らしさ」を「ゴースト」として描いた士郎正宗の原作版『攻殻機動隊』

     攻殻機動隊とは、このケストラーの仮説を前提にした上で、士郎正宗が、これから来たるであろうネットやサイバー科学の時代を舞台にして作り上げたSFです。人間がアンドロイドを作ったり、「義体」と呼ばれる身体能力をブーストさせるような部品を作る。さらには、機械のパーツだけで人間を作ったとしても、「人間らしさ」という捉え所のないもの、科学では定義できないもの、決して再現できないものっていうのを、「ゴースト」として描いてみせたのが、士郎正宗のマンガなんですね。
     だから、このマンガの中には、「ゴースト・ダビング」という概念が出てきます。
     ロボットを作ったんだけども、どうしてもそのロボットが、人間っぽく動いてくれない。なんとなくロボットくさい。劇中では「白い血が流れているようだ」というふうに登場人物が言うんですけども。
     ロボットの血というのは、劇中では赤色ではなく白いんですね。ここら辺は、たぶん『エイリアン』という映画の中に出てくるアンドロイドからの引用だと思うんですけど、白い血が流れています。
     どんなに精巧に作ったつもりでも、ロボットというのは、なんとなく動きがぎこちなく、セリフも自然ではなくて、血が通っていない感じがする。このマンガの中に出てくる「阪華精機」という機械メーカー……これはハリウッド版の『ゴースト・イン・ザ・シェル』の悪役企業としても登場するところなんですが、その阪華精機が、より人間の魅力を持ったロボットをつくるためにやったことが、ゴーストダビングなんですね。
     生きている人間からゴーストをダビングしてロボットに移植する。するとダビングされた人間の方は死んでしまうという現象を描いています。これも生命の本質、ゴーストというのがなんなのかと士郎正宗が描いたエピソードの1つなんですけど。
     『攻殻機動隊』は、第3次第4次の世界大戦を経た後の2029年の日本で、神戸あたりの都市を舞台にしたマンガです。
     主人公は悪と戦う元軍人の「草薙素子」という強い女の人です。強いんですけども、一応、彼氏と同棲していて、人間っぽい部分もすごくあるんですよね。でも、アニメ版の攻殻機動隊しか知らない人っていうのは、彼女の人間っぽさというのをまったく知らない。士郎正宗のマンガの中で描かれている「冗談が好きで、美味しい食べ物が好きで、友達と飲みに行ったりもするし、恋バナもしたりするし、デートもするし同棲している、彼氏と出かけるときにはキスもする」というような、キャラクターがまったく知らないという。今、「えー?」というコメントが出たくらい(笑)。
     そうなんですよ。士郎正宗は『攻殻機動隊』の世界というのを、ちゃんと「普通の人間の世界」として描いているんですね。シリーズの中で、「バトー」という、目にレンズのついたキャラクターが出てきますよね。アニメ版しか知らない人は、彼についても「常に何かに耐えていて、気が荒くて乱暴なんだけども、わりと真面目でいい人」みたいに理解しているんですけども。でも、マンガの中に出てくるバトーは、「年柄年中、愚痴を垂れて、酒を飲みに行きたがってて、ロボット相手に悪ふざけをしたり、後輩のために涙を流したりするし、最初の頃は荒牧課長が大嫌いだったものだから、部長の車に爆薬を仕掛けて後で怒られたり」みたいな、ちょっと間抜けなキャラだったりするんです。マンガ版には、そういうキャラクターの魅力っていうのが詰まっているんですね。
     僕はアニメ版の『攻殻機動隊S.A.C』とか、押井さんの『ゴースト・イン・ザ・シェル』にすごい冷たい態度なんですよ。それはなぜかというと、「士郎正宗の原作の中にあったキャラクターの魅力が丸々抜けているから」なんです。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。