• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2018/12/17
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「宮崎駿の証言!1954年の初代『ゴジラ』のインパクト」
    • 2018/12/18
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「未来予測特集:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の未来予測は何が違った?」
    • 2018/12/19
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「イオン推進の無人小型機が、宇宙ビジネスを壊滅させる?」
    • 2018/12/20
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「ニュースが真実かどうかなんてどうでもいい世界に僕たちは生きている」
    • 2018/12/21
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「人間を月に送った「月軌道ランデブー」という画期的アイデア」
    • 2018/12/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「マンガ特集:人間描写がすごすぎる『3月のライオン』、ウンチクが面白い『決してマネしないでください』、魔法とロボットの融合『混沌世界ボルドー』など」
    • 2018/12/25
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「米国史上最高の大統領アイゼンハワーと、スプートニクショック」
    • 2018/12/26
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「怨念と不条理を描いた、初代『ゴジラ』の怖さ」
    • 2018/12/28
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「銀行口座の残高がゼロだと、コンビニにも入れなくなる?!」
    • 2019/01/04
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『もののけ姫』は、宮崎駿による『ゴジラ』だった!」
    • 2019/01/08
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「庵野秀明が『シン・ゴジラ』の続編を作ったら、こんな話になるはず!」

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【イベント情報】【アポロ月着陸50周年記念】ロケット開発の歴史は、堀越二郎のゼロ戦から始まった!」

    2018-12-16 07:0018時間前
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/12/16

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています(2018年12月1日より新サイトに移行しURLが変更されました。これに伴い、ログイン画面も変更されています。詳しくはメール末尾の注意事項をご覧ください)
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    今日は、岡田斗司夫のイベント・メディア情報をお届けします。

    【ニコ生】『岡田斗司夫ブロマガチャンネル』

    今回のニコ生は、アポロ11号50周年企画 第三弾です。

    第一弾、第二弾では、かつてソ連という国で始まったロケット技術がアメリカに行って、ドイツがV2号ロケットを作ってという、ロケットの歴史をずーーっとやってきました。
    今回ようやく1950年代から60年代に入り、パイロットとか宇宙飛行士というのが、どういう人達なのかを語ります。

    というわけで、アームストロング船長の登場です。
    アームストロング船長は、アポロ11号で月着陸して、人類で初めて月面に第一歩をしるした、最も有名な宇宙飛行士です。
    アームストロング船長という名前は誰でも知っていますが、その割に、どんな人なのかは、ほとんど知られていないかもしれません。

    彼は、生粋のパイロットであり、かつ優秀な宇宙飛行士でした。

    パイロットと宇宙飛行士は同じだと思われがちですが、全く違う職業です。
    パイロットは、一種の職人。宇宙船の操縦士であり、勇気や男らしさを大切にするプライドがすごく高い人種です。
    宇宙飛行士はそうではなくて、まずは科学者でなければなりません。技術としてパイロット的な能力や知識も持ってなきゃいけないけれど、それ以上に優秀な科学者であることが求められます。

    現在、国際宇宙ステーションに上がっている人たちや、日本人の宇宙飛行士と呼ばれる人たちは、宇宙船搭乗員と呼ばれるべき人たちで、優秀な科学者ですが、宇宙船を操縦できません。
    というのも、宇宙船が一人乗り、二人乗りの時代は、両方の能力が必要でしたが、現在のように5人乗りとかになると、全員がパイロットである必要がなくなったからです。

    でも、アポロの時代、初めて宇宙飛行士と呼ばれた人たちは、宇宙船を操縦して宇宙に行く人たちでした。だから、全員パイロット出身で、パイロットの免許を持っていました。
    同時に優秀な科学者でもありました。
    そういう特殊な職能が必要とされた時代だったとも言えます。

    それを語るためには、宇宙船がどこから生まれてきたかを見る必要があります。
    宇宙船は、まずソユーズという宇宙船がソ連で開発され、続いてマーキュリという宇宙船がアメリカで開発された。その2種類だと僕は今まで思っていました
    でも、もう一つ、別の経路があったのです。
    それが、X15。アメリカ空軍が独自に作った、飛行機みたいな宇宙船です。

    今回はこのX15の話から始めようと思います。

    この話をするためには、堀越二郎がゼロ戦を作り、それのおかげでアメリカの太平洋戦略が全部変わってしまったところから語らねばなりません。

    歴史のオーパーツと呼ばれているB29は、高度5000メートルを飛ぶゼロ戦に勝つため、高度1万メートルという空気がほとんどないところから爆撃できるように開発された戦闘機です。

    高度1万メートルの上空を飛ぶためには、宇宙船同様、船内を1気圧に与圧し、完璧にエアコンが効いている必要があります。

    普通、戦闘機のパイロットは、防寒服を着て、酸素マスクとゴーグルつけて飛んでいたのですが、B29のパイロットはおかげで酸素マスクもゴーグルもなし、Tシャツ一枚だったそうです。

    そんな技術で作られた戦闘機は、プロペラはついていても宇宙船と呼んでよい存在でした。

    そのB29から、X15は生まれました。

    こんな調子で、今回のニコ生ゼミは、パワー全開でいきたいと思います。
    皆さま、しっかりついてきて頂けると嬉しいです!


    ちなみに、前回のニコ生岡田斗司夫ゼミ#260
    『シン・ゴジラ』予習編は妄想全開!続編を、庵野監督が作ると?ハリウッドが作ると?は

    表放送
    00:00 『シン・ゴジラ』予習
    03:35 『ゴジラ』初登場・宮崎駿の証言
    15:45 『ゴジラ』のリアル
    23:15 『もののけ姫』は宮崎駿のゴジラ
    31:20 さしたる用事も無かりせば
    37:37 怪獣映画のお約束
    40:23 庵野版『シン・ゴジラ』続編(妄想)
    裏放送
    52:40 庵野版タイトル
    58:44 ハリウッド版『シン・ゴジラ』続編
    01:08:58 ゴジラのフォーマット

    【新刊】『ユーチューバーが消滅する未来 ~2028年の世界を見抜く~』

    「第一印象が絶対」、「自分でかんがえるより大勢の意見から探す」、「そこそこ食える中間業はいらない」―――。
    今から10年後の2028年、私たちの暮らしは、そして世界はどう変わっているのでしょうか?

    【YouTube無料動画】

    以下の岡田斗司夫ゼミ(表放送)が無料公開されました。

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「クリエイター相談特集:これからアニメーターや物書きが生き残るには?」

    2018-12-15 07:00
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/12/15

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、過去記事から「悩めるクリエイター相談」の特集をお届けします
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています(2018年12月1日より新サイトに移行しURLが変更されました。これに伴い、ログイン画面も変更されています。詳しくはメール末尾の注意事項をご覧ください)
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    お勧め記事一覧


    質疑/これからアニメーターはどうなっていく?

    「今後、アニーメーターという存在は、どのようになっていくのでしょうか。わたしは、今後アニメーション、とくに紙で書いて動かすアニメーションが今のように存在し続けられるのか、疑問を抱いています。今は普通にアニメというものをみることができてますが、果たして20年後30年後、今のように紙で書いたアニメを多く見れるとは思いません。今はまだ素晴らしいアニメーターが活躍していますが、果たして今後、その技術が受け継がれていくのか不安です。これからアニメーターという存在はどのようになっていくのでしょうか? アニメーターの未来について返答のほどよろしくお願いします」

     紙で書いて動かすアニメーションというのは今、生きているアニメーターの世代で正直終わりだと思うんだよね。
     確かに紙でないとできない部分も多いんだけどさ、アニメ業界が経済的に限界があるというのは、みんなも知ってるよね。
     というのは、まず、僕たち自身がコンテンツを金を払ってみるという習慣がなくしてしまってるからだよな。

    質疑/京大法学部へ進むべきか、アニメを作るべきか

    「将来、何もなりたくなく、ただ行きたいというだけの理由で、京都大学の法学部へ進学すべく勉強をしていました。ですが最近、以前のような気持ちでペンを取ることが出来ないのです。幼い頃に夢見た、アニメ業界で働きたいという思いが心を染めています。これは逃げなのかもしれません。私はどうしたらよいのでしょうか? このままでは、どちらも不本意に終わってしまいそうで、怖いです」

    質疑/パクリとデザインの境界線は?

    「某有名デザイナーの盗作が問題となっていますが、岡田さんにとってパクリとデザインの境界線はどこだと思いますか?」

    Kindle読み放題の時代の「売り方」とは?

    「Amazon Kindleの月額980円で電子書籍読み放題を始めました。私は文筆業をしていますので、出版社に負担を強いるAmazonに不信感を抱いてしまいました。しかし、消費者の立場になるとありがたいサービスでしかありません。今は数が出ることで出版社、著者にも売上がプラスになると思うんですが、この先もAmazonの言いなりになっていったら更なる負担を出版社に強いてくるのではないでしょうか?」

     ネットによってみんなが本を読まなくなるということのほうが本当の問題であって、どの本がどういう売られ方をして売上が下がるっていうのは、どちらかって言うと社内問題の気がするんですよ。
     出版業界の中の業界内問題であると思うんで、読まれている限りは色んな方法でビジネスの仕方があると思います。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
  • 岡田斗司夫プレミアムブロマガ「お金持ちになって自由を得るのは良いこととは限らない?」

    2018-12-14 07:00
    216pt

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/12/14

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2018/11/18配信「ハリウッド版『もののけ姫』はインディアン対大怪獣映画だ!お金と幸福の不思議な関係」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています(2018年12月1日より新サイトに移行しURLが変更されました。これに伴い、ログイン画面も変更されています。詳しくはメール末尾の注意事項をご覧ください)
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2018/11/18の内容一覧


    勝間和代『インディペンデントな生き方』

     勝間和代という評論家は、かつて「インディペンデントな生き方」というのを提唱したんだ。
     『インディペンデントな生き方』という本の中で、彼女は「経済的な独立によって、女性は自立出来る」と語っていた。

     「社会はいつも理不尽に、色んなことを縛ってくるんだけど、自分が経済的な独立性さえ持っていれば、その中で自由を得ることができる」と。まあ、つまり「お小遣いさえあれば、家から持ってくる弁当や、学校で充てがわれる給食以外に、パン屋に行ってパンが買えるよ」というくらいの意味なんだけど。
     「それにはまず、経済的な独立性がなければどうにもならないよ」というふうに、15年だか20年前くらい前から、勝間和代は語ってたんだけど。
     でも、こういった「お金を持って自由になることは良いことだ」という考え方が、「人間は、誰しも独立とか自由を得るために、経済的に自立しなきゃならない。そんなふうにならなきゃダメだ」という義務になっちゃったら、正直、お金なんていくらあっても足りないんですよね。

     バカに限って、「欲しいものなんて私ならいくらでも思いつきますよ! お金は必要じゃないですか!」って言うんですよ。
     でも、バカの言う「いくらでも思いつく欲しいもの」っていうのは、結局、自分が読めもしない賢そうな本とか、立派な本とかを買って図書館を作るのと同じでなんですよね(笑)。
     読めもしない本をいっぱい買って、図書館を作るということは、賢いことではないのと同様に、ろくに使いもしないガジェットや、着こなせもしないような服を山程買って、家の中をギッシリすることは、決して「豊か」ではない。
    (後ろに積まれた、大量の作っていないプラモの箱を指して)
     こんなふうに、作らないプラモデルを山のように並べることも、段々とシンドくなってきたんだけども。まあ、俺は「これは「オブジェ」として好きだから」って言ってるんだけども(笑)。
     まあ、そういうふうに考えるわけだよね。

     お金というのは、今言ったように「いろんな側面があるな」というふうに、面白がりさえすれば、怖くなくなるし使いこなせると、自分自身の経験から思います。

     あのね、俺「自由さ」っていうのは、勝間和代の言うように、経済的な自由の上に立っているんじゃなくて、面白がることだと思うんだよね。
     面白がる以外の目標をあまり持たないようにすること。面白がる以外の価値観をあんまり持たないようにすることが、実は案外、自由への近道じゃないかなと思ってるんだけど。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。