• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「CD不法投棄問題から考える「アイドルって何だ?」」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「CD不法投棄問題から考える「アイドルって何だ?」」

2017-11-15 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2017/11/15

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2017/10/29配信「『ブレラン2049』『キングスマン』などこの秋の映画11本を一挙紹介!!」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2017/10/29の内容一覧

    AKB48のCD不法投棄問題

     じゃあ、次は 「AKBのCD不当投棄問題」というのをちょっと話してみようかな。
     『ワイドナショー』っていう、日曜の朝やっているワイドショーがあるんだけども。その中で、AKBの指原が、福岡の山中に不当投棄されたCDに関して話してたんだよね。
     もともと、「福岡の山の中でAKBのCD600枚くらいが不法投棄されていた」という事件があったんだ。結果、犯人と見られる32歳の男性が書類送検されて、それが報道された。
     なんで、書類送検までされたのかというと、山に不法に投棄したからなんだけど。これについて、「CDは燃えるゴミとして出せるということを知らなかった」なのか、もしくは「ゴミとして捨てるのがツラかったから、山の中に置いてきちゃった」のか、どっちかはわからないよね。
     指原は、それに対して「正直、すごくショックです。握手権がついているとはいえ、曲を届けたいという気持ちがあります。私達の中でもちゃんと考えていかないといけない」というふうにコメントをしていて。
     松本人志は「こうした問題の再発防止のためには、『CDを不法投棄してはいけないよ』みたいな曲を作ったら?」みたいなことを返して、ちょっとした笑いに持って行ってたんだけど。

     でも、このニュースに対するネットのコメントがめちゃくちゃ厳しかったんだよね。
     「握手権は握手権だけで売れ!」とか、「指原はそういうことを知っているくせによく言うわ!」とか、「曲を届けたい思いがあるって言うんだったら、1枚だけあればいいじゃん。運営のやり方にお前が文句を言えよ!」とか。あと「1人1枚購入限定とかにすればいいだけだろ?」とか、「選挙1位ということは、世界で1番CDのゴミを出している指原が言えることか?」とか、「握手券に曲のダウンロードコードとかをつけて売れ!」とか、「こういう時だけは、いつもみたいな「裏のことをわかってますアピール」じゃなくて、綺麗事を言うんだな」とか。もう、本当に厳しい意見。
     そのニュースに付いたコメントを見てたら、「うわあ……」ってくらい厳しいこと書いあったんだ。

     このニュースについて、俺が面白いと思ったかというと……面白がるっていうのもね、なんなんだけども。でも、こういうコメントみたいなことは、誰でも言えるわけじゃん?
     何が面白いかというと、「アイドル」っていうのは、そもそも何かって、「スターから成り果てたもの」だと思うってところなんだ。
     かつてはアイドルというものは存在しなくて、「スター」がいたんだよ。だけど、こういうスターという人たちがいなくなって、偶像・象徴になった結果、アイドルになっちゃったんだよな。

     これと似たようなものとして、俺が知っているのは「天皇陛下」っていう存在なんだ。
     天皇とアイドルって、同じく象徴という意味を持っている。天皇は、かつては象徴じゃなくて、実権を持った、神であり、無敵の軍人だったんだ。知ってる? 無敵の軍人だったんだよ。あと、万能の支配者でもあったんだ。
     アイドルは、かつてはスターと呼ばれてて、同じく、神であって、天才だったんだよね。大衆の心の理解者だったんだよ。だから、スターが歌う曲っていうのは、心に響くわけだよな。
     天皇は、第2次大戦の後、神でなくなって、代わりに「国民の象徴」という不思議な立ち位置になったんだけども。その象徴というのは何なのかっていうのが、日本人にとって、なかなかよくわからないままだった。ただ、「どう扱ったらいいのか?」だけは、なんとなくわかっている。なので、天皇について報道されている時には、1つ1つの行動に対して「ありがたい」って言うことになっている。
     そして、象徴となったことで、戦前までの神としての天皇は絶対にやらなかった「被災地に行く」とか、「儀式をちゃんと行う」ということをやるようになってきた。徐々に徐々に、日本人と天皇の関係が出来てきたわけだ。
     スターについては、たぶん、おニャン子クラブあたりからアイドルになったんだろうけど。

     僕がこのアイドルという言葉の意味についてはっきり捉えだしたのは、AKBとスマップからなんだよ。この両者ともに、「アイドルとは何か?」を語る上で絶好の存在になっているんだよね。
     なので、この天皇とAKBとスマップとを同じフレームで考えると、「象徴とは何か?」っていう在処が見えてくる。
     例えば、俺らは安倍政権に対する文句を天皇には言わないよね。天皇の「これから、日本国民は立ち上がって欲しい」とか、「健やかに生きてほしい」みたいな発言に対して、「んなもん、安倍の政治を許しておきながら綺麗事を言うなよ!」なんて、俺達、絶対に言わないじゃん?
     それはなぜかというと、天皇の持つ象徴性について、僕らは正しいフレームで捉えているから。「それは天皇に言っても仕方ねえだろう」というふうに思うからだ。
     ところが、俺達はアイドルに関しては、運営側の文句を言うんだよな(笑)。
     それはなぜかというと、アイドルという存在が、象徴として、ぴったりはまっていないからだ。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    岡田斗司夫プレミアムブロマガ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:2017-11-18 16:02
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    次回配信予定
    • 2017/11/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「男らしさって何ですか?」
    • 2017/11/23
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【ゼミ室通信】評価経済のことは俺に聞け!岡田斗司夫に学ぶ経済のパラダイムシフト(その2)」
    • 2017/11/24
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「いじめっ子の親を刑務所に入れるのは有効?」
    • 2017/11/28
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「宇宙飛行艇に乗って空中浮遊が楽しめるドーム!?巧妙な特許詐欺師たち」
    • 2017/11/29
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「俳優が嫌がるカット割りをあえてやる『シン・ゴジラ』」
    • 2017/12/01
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「2年間引きこもっている息子に対する究極の処方箋」
    • 2017/12/08
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『シン・ゴジラ』、石原さとみを責めるのはやめて、庵野の女の趣味を笑え!」
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。