• このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田斗司夫プレミアムブロマガ「マイクロソフトの入社問題「富士山を動かすには?」に対する、唯一の正解とは?」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

岡田斗司夫プレミアムブロマガ「マイクロソフトの入社問題「富士山を動かすには?」に対する、唯一の正解とは?」

2018-11-09 07:00

    岡田斗司夫プレミアムブロマガ 2018/11/09

    おはよう! 岡田斗司夫です。

    今回は、2018/10/14配信「Googleに就職するとは、どういうことか?Googleがほしい人材とは何か?」の内容をご紹介します。
    岡田斗司夫アーカイブチャンネルの会員は、限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画などのコンテンツをアーカイブサイトで自由にご覧いただけます。
    サイトにアクセスするためのパスワードは、メール末尾に記載しています。
    (※ご注意:アーカイブサイトにアクセスするためには、この「メルマガ専用 岡田斗司夫アーカイブ」、「岡田斗司夫 独演・講義チャンネル」、DMMオンラインサロン「岡田斗司夫ゼミ室」のいずれかの会員である必要があります。チャンネルに入会せずに過去のメルマガを単品購入されてもアーカイブサイトはご利用いただけませんのでご注意ください)

    2018/10/14の内容一覧


    スクールバスの中にゴルフボールはいくつ入る?

     そんなGoogleに入社するために、もう1つよく出てくる採用試験の問題というのが、この「スクールバス問題」です。
     「スクールバスの中にぎっちりゴルフボールを詰めると、何個入るでしょうか?」という問題ですね。

     さっきの「ミキサー問題」は論理的思考を試す問題だったんですよ。
     それに対して、このスクールバス問題というのは違います。単純な算数の問題です。
     「そんなのわからない!」と思考停止したり、「ああ、こうですね」と答え始めても、途中で言葉が詰まっちゃうとダメ、という問題なんです。これも、ずーっと考えながら話さなきゃいけないんですよね。

     これはいわゆる「フェルミ推論」なんですよ。
     一見すると、絶対にわかるはずのないような問いに対して「この範囲からこの範囲じゃないのかな?」と答えるという問題です。

     例えば、有名なフェルミ推論に「世界中にサッカーボールが何個ありますか?」というのがあります。
     「そんなもんわかるはずがない!」と思うんですけども。よくよく考えれば「世界人口は70億だから、まあ、70億以上はないだろう」とわかる。
     次に、「サッカーボールって、何人に1人が持ってるの?」って考えたら「子供の数の4分の1くらいじゃない?」と予測できる。
     「じゃあ、70億人の人口の子供の数って、どれくらいなの? いや、サッカーボールを持っているようなヤツだから、子供と言っても14歳から下かな?」と考えて行って、最初の70億という数から切って行くと、最終的には「何億から何億の間くらい」というのがわかるんですね。

     この「何億から何億の間くらい」と考えるのがフェルミ推論です。
     つまり、まったくわからないところから、条件を限定していくことで、答えを絞っていくわけですね。
     この他にも「日本中に電信柱が何本あるのか?」とか、「ニューヨークにピアノ調律師は何人いるのか?」とか、そういう答えを出す時によく使われるんですけど。
     で、実際に調べてみたら……ニューヨークの調律師なんて調べられますよね? フェルミ推論っていうのは、もちろん、数字の扱い方のセンスにも依るんですけど、そんなに外れないんですよね。

     フェルミ推論の場合「一桁しか外れてなかったら、もう合格!」って考えるんですよ。
     例えば、フェルミ推論で出した数が10万個だったら「うーん、じゃあ、1万から100万の間だったら正解じゃないの?」と。
     これが、フェルミ推論の考え方です。

     スクールバスというのは、だいたい高さも幅も3メートルくらい。長さについては、勝手に計算しやすいように10メートルと考えると、バスの体積自体は3×3×10で、90立方メートルです。
     この90立方メートルの中にゴルフボールを詰めるわけですけど、これはあくまでもバスの体積であって、バスは床から下にはエンジンとかギアが詰まっていたり、座席があったり運転席があったり、つり革があったり、いろんな物がある。だから、体積いっぱいには物は詰まらないだろう、と。
     僕が考える場合は「こんなもん、計算しやすいように半分でいいや」と。バスの体積が90立方メートルなんだから、そのバスの中にゴルフボールが入る部分というのは、これの半分で45立方メートルくらいとします。
     「45立方メートル」といっても、後でゴルフボールで計算することになるから、「立方センチ」に換算しておいた方がいいですよね。
     立方メートルと立方センチは、100×100×100で考えるから、100万倍。つまり、4500万立方センチというのが、バスの中に詰め込める容積だと考える。
     ここまでは、まあ、算数ですよね。

     次に、ゴルフボールの1つの体積です。
     ゴルフボールの直径って、正確には知りませんけど、4センチか5センチくらいじゃないですか? これもフェルミ推論だから「検討」だけでいいんですよ。
     ボール1個の体積というのは「3分の4πrの3乗」なので、まあ、半径2.5センチの3分の4πrの3乗を電卓で計算して「63立方センチ」です。
     まあ、実際には、このボールの大きさについても、フェルミ推論ですから「まあ、40立方センチ以上で、80以下じゃないだろうか?」と考えるわけです。

     そして、さっきの4500万立方センチを、63立方センチで割ると「71万個くらい入る」ということになります。
     ここに、ちょっとばかしスパイスを効かせるとしたら「空間充填率」を考えるんですよ。空間充填率というのは何かというと、球形のものを入れると、どうしても隙間が空いちゃいますよね。
    (パネルを見せる)
     こんなふうに、ギッチリ入らずに、何割かしか入らないんです。
     この空間充填率というのは、覚えても損がないので覚えてるんですけども、球の場合の空間充填率は大体「7割」です。真四角のものじゃなく、球形のものを詰めるとですね、7割位しか詰まらない。
     71万4285個の7割くらいだから、だいたい50万個くらいになります。

     つまり、この「スクールバスの中にゴルフボールは何個入るのか?」という問題の答えは「だいたい50万個」となります。
     「これを口に出しながら考える」というのが、有名なGoogleの試験なんですけど。
     実際に、もっと綿密に計算しても、60万個という数字になることもあるし、45万個という数字になることもあるので、「ほぼ50万個」というのは、そんなにズレてないんですよね。

     これがGoogleの入社試験なんですけど。
     しかし、ビル・ゲイツ、マイクロソフトの入試は、これとは違うんですよ。
    (パネルを見せる)
     最初に説明した通り、この「富士山を動かすには?」というのが、有名なマイクロソフト社の入社試験の問題なんですけど。もちろん、今はもう使ってないとは思いますけどね。

     この問題、さっきの問題と何が違うのかというと、例えば、最初に紹介した答えよりも、もっと「とんち」な回答があるわけですよ。
     どんな山にも「標石」という、山のてっぺんを表す石があります。これ自体を動かしちゃえば、山は動いたことになるわけです。だって、国土地理院の定義によれば「山のてっぺんにある石が山のシンボル」なんだから、これを動かせばいいじゃん、と。
     あとは、富士山の隣にある山を「富士山」と改名しちゃえばいいよ、と。そうすれば地図上での位置は変わるでしょ、と。
     そんなとんちもあるんですけど、これではダメなんですよ。

     最初に言った通り、この問題には唯一の正解があるんです。

    (続きはアーカイブサイトでご覧ください)

    アーカイブサイトへのアクセス方法

    限定放送を含むニコ生ゼミの動画およびテキスト、Webコラムやインタビュー記事、過去のイベント動画など、岡田斗司夫のコンテンツを下記のアーカイブサイトからご覧いただけます。

     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    入会して購読

    チャンネルに入会して、購読者になれば入会月以降の記事が読めます。

    入会者特典:当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    ブログイメージ
    岡田斗司夫プレミアムブロマガ
    更新頻度: 毎日
    最終更新日:2018-11-10 21:52
    チャンネル月額: ¥2,160 (税込)

    チャンネルに入会して購読

    ニコニコポイントで購入

    当月に発行された記事はチャンネル月額会員限定です。

    次回配信予定
    • 2018/11/17
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のメタフィクション構造を分析する」
    • 2018/11/18
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「【イベント情報】【秋の読書特集】『億男』『プライベートバンカー』『ジャイロモノレール』 お金の話、趣味とは何かの話をメインに紹介」
    • 2018/11/19
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『紅の豚』徹底解説:ジーナとポルコは結局どうなったのか?」
    • 2018/11/20
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「人生相談特集:臆病な人はどうやって生きればいい?」
    • 2018/11/21
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『紅の豚』徹底解説:宮崎駿の原作マンガ『飛行艇時代』は『こち亀』!?」
    • 2018/11/22
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「未来を予測するための3大法則とは?」
    • 2018/11/23
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『もののけ姫』徹底解説:モロはなぜアシタカにサンを託したのか?」
    • 2018/11/24
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『ハルヒ』は若者にどんな影響を与えたのか?」
    • 2018/11/28
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『紅の豚』徹底解説:周囲にバレバレ、宮崎駿の秘めた恋」
    • 2018/11/30
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『紅の豚』徹底解説:最高にかっこいい!ポルコの愛機サボイア号の発進シーン」
    • 2018/12/07
      岡田斗司夫プレミアムブロマガ「『紅の豚』徹底解説:ポルコはなぜ豚になったのか?」