• このエントリーをはてなブックマークに追加
7月22日選挙前の金曜日私の実家に『公安警察』がやってきました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

7月22日選挙前の金曜日私の実家に『公安警察』がやってきました

2013-07-22 13:53


    皆さん、こんにちは。衆議院議員の『みんなの党』大熊利昭です。

    今日はちょっと変わった話題についてお話をしたいと思います。

    先週金曜日の午前中ですが、参議院選挙の投票日の2日前、私の実家の方に「『公安警察』だ」という方が2人でいらっしゃいました。その1ヶ月くらい前に私の母親が不用意に“ある団体”の署名をしてしまったらしいのですが、その名簿を元に『公安警察』がまわってきました。いろいろと話を聞くのはよいのですが、結局のところ「あさっての選挙に行くのですか?」「行かない方がいいですよね」と、そういった趣旨の質問をして帰っていった、というような証言だったのです。

    これは、あきらかに『公職選挙法』に觝触しますし、あるいは“国民が持っている選挙権・公民権”この権利に関わるような重大な問題だというふうに思っています。国会議員は『国会連絡室』を経由して、役所に照会を求めることができるのですが、先ほど警察庁の『国会連絡室』へ「こういった公安行政をやっているのですか?」「これは違法な行政ではないですか?」ということでしっかり報告するように求めて、電話を切りました。

    この後どういった報告が来るのか、またご報告したいと思います。
    以上です。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。