• 【マスコミ問題】マスコミの行いが注目された年

    2018-07-21 21:4791

    さて、本日はマスコミ不信の拡大によってマスコミ業界の様々な問題が周知され拡散されるようになった2007年の出来事についてとなります。

    元記事
    2007年、愛知長久手立て篭もり事件とマスコミの非常識な取材姿勢
    2007年、震災避難所に盗聴マイクを仕掛けた日本テレビ


    注意
    ・この動画は「マスコミ問題」を扱っています

    ・「マスコミ問題」ですので、イデオロギーや属性等は一切関係ありません

    ・「特定の国との特別な関係」は問題の枝葉です、主問題は業界の体質です

    ・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たらど
    う思うか」という客観性を常に持ちましょう。

    ・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください

    ・キャラ崩壊あり

    ・動画の拙い部分は生暖かく見守ってください、そのうちなんとかします





    youtube版
    https://youtu.be/2ovI4gReLOM


    以下は動画のテキスト版となります。


    レイム マリサ
    ゆっくりしていってね。


    マリサ
    さて、今回はマスコミ問題なので私が解説していくぜ。


    レイム
    今回って2007年の出来事よね、タイトルはどういう意味なの?


    マリサ
    これな、2002年から始まったネット上でのマスコミ不信って、元々は「韓国と癒着した結果」と思われていたのが、電凸の登場などで徐々に「それが問題の本質じゃない」と知られ始めたのが2006年までだろ?


    レイム
    ああ、そういえばそうだったわね。


    マリサ
    それで「マスコミ業界の体質の問題」という事が徐々に気付かれるようになってきてな。
    この頃になると、それまであまり注目されていなかったマスコミによる様々な迷惑行為や非常識行為が、ネット上でだんだんと注目されその情報が多くの人に共有されるようになってきたんだぜ。

    ※電凸
    もともとは2ちゃんねるハングル板発祥で、マスコミへなどへの「問い合わせ」を代行するスレッドだったが、徐々に参加する人が増えていき2ちゃんねる各板に出張所が登場、マスコミの問題を世間に周知する切っ掛けとなった。


    レイム
    それが2007年頃ってこと?


    マリサ
    まあ、一部それ以前から問題にはされてはいたんだが、毎日の「ネット君臨」の件とかあって完全に「一般人vsマスコミ」って構図になり初めたことで、それまであまりマスコミ問題に注目していなかった人まで注目するようになったからな。


    レイム
    注目する人が増えて余計に目立つようになったって事?


    マリサ
    まあそんなところだな。
    それじゃあ本編へ行くぜ。


    長久手立て篭もり事件


    レイム
    長久手立て篭もり事件って?


    マリサ
    これは5月17から18日にかけて、愛知県の長久手町(現長久手市)で元暴力団員によって引き起こされた拳銃武装立てこもり事件だぜ。


    レイム
    随分物騒な事件ね。
    でもこれとマスコミにどんな関係があるの?


    マリサ
    事件としては、警察官に1名の殉職者と1名の負傷者を出したかなりの凶悪事件だったんだが、問題はこのときにマスコミがとんでもない非常識行為をやってな、ネット上でかなりのバッシングを受けたんだぜ。


    レイム
    「かなり」って強調してるけど何をしたの?


    マリサ
    まずこのときの中継画像をみてくれ。







    レイム
    建物の上にいるのは警察の狙撃手?どういう事?


    マリサ
    ようするにな、このとき複数のテレビ局が犯人を包囲した警察官たちを「生中継」したんだぜ。


    レイム
    ちょっと待って。
    犯人は銃で武装していたのよね?
    警察官の配置を生中継したら、もしそれを犯人が見ていた場合警察官が危ないじゃない。


    マリサ
    そう、犯人が銃で武装していたから、下手したらテレビで配置位置を把握して警官が狙撃されていてもおかしくなかったんだぜ。


    レイム
    呆れた。
    これじゃテレビ局が犯人の手助けをしているようなものじゃない、何を考えているのよ。


    マリサ
    無茶苦茶だろ?
    ちょっと考えればどんなに危険な事か解るはずなのに、「スクープ欲しさ」にこんな事をしでかしたわけだ。


    レイム
    相当批判されたでしょうね。


    マリサ
    当然だぜ。
    それでな、これだけでもかなりとんでもないんだが、マスコミは当時ほかにも非常識行為をしていたんだぜ。


    レイム
    まだ何かやったの?


    動画はyoutubeには「愛知長久手立てこもり外伝~マスゴミ喫煙マナーノーカット編~」というタイトルで、ニコニコでは「愛知長久手立てこもり事件外伝~マスゴミ喫煙マナー・ノーカット編~」というタイトルで撮影者がアップしています。


    マリサ
    こっちは人の命とかは関係ないが、この件に限らず当時から現在までマスコミの行いとして問題になっている事例だな。


    マリサ
    まず問題行為を撮影した動画のキャプチャー画像を見てくれ。


    youtube版
    愛知長久手立てこもり外伝~マスゴミ喫煙マナーノーカット編~

    ニコニコ版
    愛知長久手立てこもり事件外伝~マスゴミ喫煙マナー・ノーカット編~


    レイム
    ん?座り込んでいる人がタバコのポイ捨てしてるところ?
    背景を見る限りこれってマスコミが取材をしているところよね。


    マリサ
    そうだぜ。
    そしてこのポイ捨てして帰って行く人物は共同通信の記者なんだそうだが、記者が去っていった後でカメラが周囲を見回すとタバコの吸殻があちこちに落ちてるだろ?


    レイム
    うわ!酷いわねこれ。
    でも最初の記者は捨てているところがあるけど、他は落ちているだけだから記者達が犯人とは断定できないんじゃない?


    マリサ
    まあ、それはそうなんだけどな。
    でもそれだからって問題ない事にはならないし、2002年頃からタバコのポイ捨てが全国的に問題にされていて、色んな自治体でポイ捨て禁止の条例や呼びかけが行われていた最中にこれだぜ。


    レイム
    まあ、相当批判されたでしょうね。


    マリサ
    されたぜ。
    というかどっちの件も電凸がかなりあったんだが、マスコミはこうした批判や苦情を全部無視したんだぜ。


    レイム
    そりゃ信用を失うわね。


    不祥事が次々と発覚


    マリサ
    でな、こういう非常識行為への批判って2006年頃から徐々に増えだしていて、以前動画にした「TBS初音ミク事件」とか、近いうちに動画にする「TBS不二家捏造報道問題」などもその流れで出てきていたから、批判がTBSに集中していたかのように見えるんだが、実は他もかなり問題行為が発覚して批判されていたんだぜ。


    レイム
    他にはどんなのがあったの?


    マリサ
    例えばこの事例とかな。

    別の自衛隊ヘリ、報道ヘリとニアミスか 墜落事故現場
    朝日新聞 2007年04月04日00時05分
    http://web.archive.org/web/20070408101848/http://www.asahi.com/national/update/0403/TKY200704030325.html

    鹿児島県徳之島上空で3月31日朝、陸上自衛隊のヘリコプター墜落事故の救難活動をしていた航空自衛隊那覇救援隊所属のヘリコプターが、別のヘリコプターと異常接近(ニアミス)したとして、空自ヘリの機長が3日、国土交通相に報告した。
    もう一方の機はユーロコプターEC135型で、運航者は不明としているが、NHKの取材用ヘリの可能性もあるとみられる。国交省航空・鉄道事故調査委員会は事故に準じる航空重大インシデントとして、事故調査官3人を4日、関係先に派遣する。

     航空自衛隊は鹿児島県の徳之島空港近くで救難活動中の自衛隊ヘリが小型ヘリと異常接近(ニアミス)したとして3日、国土交通省に報告した。ヘリは、3月30日に徳之島で墜落した陸上自衛隊のヘリを捜索していた。同省航空・鉄道事故調査委員会は、事故につながる恐れが
    あるトラブルとして同日、3人の調査官を現地に派遣した。

     国交省によると、3月31日午前7時5分ごろ、航空自衛隊那覇救難隊所属のヘリコプター「レスキューヒーロー78」が徳之島空港の北東約7.4キロ、高度約330メートルを飛行中、やや上方の右側から小型ヘリが接近してくるのを確認した。左に旋回したところ、小型ヘリが右旋回し急接近。最接近時は高度差約3-6メートル、水平距離で約190-370メートルだった。

     当時の視界は約10キロで、有視界飛行をしていた。小型ヘリに警告を出したが、応答はなかったという。小型ヘリは白でEC135型機とみられる。事故調は相手機がマスコミのヘリである可能性もあるとみて調べている。


    マリサ
    2007年4月の事なんだが、鹿児島県の徳之島沖で自衛隊のヘリが墜落してな、航空自衛隊那覇救援隊所属のヘリコプターが救助活動をしてる時に、報道ヘリがいきなり急接近してきて衝突しそうになったんだぜ。


    レイム
    ちょっと、これ下手したら最悪の事態になっていたって事じゃない。
    どこがやったの?


    マリサ
    記録が残っている朝日の記事では「NHKかもしれない」とあやふやになっているが、後にNHKと確定しているぜ。


    レイム
    とんでもないわね…
    というか、自衛隊ヘリが警告したのに無視ってどういうつもりなのかしら。
    悪質すぎでしょ。


    マリサ
    他にもこんな事が発覚しているぜ。

    避難所にテレビ局が発信器付きマイク 柏崎市、厳重抗議
    産経新聞 2007年7月21日
    http://www.sankei.co.jp/shakai/jiken/070721/jkn070721013.htm(リンク切れ)

    柏崎市は21日、新潟県中越沖地震の取材に当たっていた日本テレビ系列局のスタッフが、避難所のテントに発信器付きマイクを設置していたと発表した。スタッフ側は「隠す意図はなかった」としている。

    同市によると、マイクが設置されたのは市内の学校敷地内に張られた炊き出し用のテント。同日午後4時ごろ、スタッフが中央部分の支柱にビニールで覆って張り付けられたICレコーダーのような機械をいじっていたのを、炊き出しの職員が見つけて注意。スタッフは「ダメなんですか」と言って取り外した。機械には約7センチのアンテナが付いていたという。

    同校では同日午後、住民からの要望で、市側が一時的に報道各社に取材の自粛を要請。各社が取材を自粛していた時間帯だった。


    マリサ
    2007年7月に新潟で発生した地震でな、日本テレビ系列中京テレビのスタッフが、炊き出し用のテントに発信機付きマイクを無許可で設置してな、市のスタッフに見つかって厳重抗議を受けたって事例だぜ。


    レイム
    これ、完全に盗聴じゃない。
    災害現場に何をしに来ているのよ、しかも住民から取材自粛要請があった最中にこれって悪質すぎでしょ。


    マリサ
    そう、日テレ側は「隠す気は無かった」としているんだが、取材自粛要請を受けている状態で無許可のマイク設置って、どう考えてもこっそり盗聴しようとしていた事がバレバレなんだぜ。


    マリサ
    しかもな、この件その後日テレの社長が有耶無耶にしてもみ消してしまっているんだぜ。
    こんな風に。

    日本テレビ定例会長社長記者会見
    2007年7月23日
    http://www.ntv.co.jp/info/press/pdf/press57.pdf

    (一部抜粋)
    記者:土曜日に新潟県中越沖地震の取材で、避難所のテントに生中継用の集音マイクを取り付けた件で、柏崎市が中京テレビに抗議文を送ると発表しましたが、どう受け止めていますか。

    久保社長:私どもでは、系列局を含めて現地に応援取材態勢を組んでいます。直接的には取材班の一員である中京テレビと柏崎市役所との間で、現場での誤解から生じたことと理解しています。いずれにしても、これが当初柏崎市が発表した隠しマイクだったとか、実際は生中継の集音用のマイクだとかという前に、私ども報道に当たる者としては、どんなことでも細心の注意で取材に当たらなければいけないということだと思っています。

    私どもの気持ちとしては、様々な教訓がこれまでの災害報道についてはありますので、被災地の現状を、できるだけ映像、音声を含めて広く全国の皆さまにお伝えして、救援活動や、復興・復旧の活動が早く進むことを願って報道しているわけです。もちろん現地の中継担当者もそういう思いでの行動の一端だとは思いますけれども、被災者の皆さま方のおかれている状況を考えると、そういう点では細心の注意をしていかなければいけないという非常に大きい教訓だったと受け止めています。
    すでに、柏崎市役所と現場とでは、お互いに大変に誤解があった、説明不足であった等については、理解が成立していると聞いています。



    マリサ
    「現場での誤解」とか「どんなことでも細心の注意で取材に当たらなければいけないということだと思っています」とか「柏崎市役所と現場とでは、お互いに大変に誤解があった、説明不足であった等については、理解が成立していると聞いています」とか言ってそれで終わらせてしまったんだぜ。


    レイム
    ねえマリサ。


    マリサ
    なんだ?


    レイム
    もしかしたら私の理解力が足りないだけかもしれないんだけど、この人が何を言っているのか解らないのだけど。


    マリサ
    安心してくれ、私から見ても意味不明だぜ。


    レイム
    こんなのでそれ以降全く追及されなかったってこと?


    マリサ
    そうだぜ。
    まさに業界の庇い合い体質だろ?
    他の業界がこんな記者会見開いたら会社潰れるまで叩くし、議員がやったら辞任するまで叩くのにな。


    マリサ
    他にもこんなのがあるぜ。


    レイム
    まだあるの????


    マリサ
    あるぜ、これを見てくれ。

    約束破り日テレ反省の色なし 「不適切取材映像」再び放送 
    J-CAST 2007/2/16
    https://www.j-cast.com/2007/02/16005564.html

    宮崎県のマグロはえ縄漁船「幸吉丸」が当て逃げされた事故で、宮崎大学医学部は日本テレビ取材班が同大付属病院に入院中だった船長の是沢幸広さんへのインタビューを病室で行ったことについて日テレに抗議した。日テレは謝罪したが、その後もこの映像が放送され、宮崎大側は困惑している。

    宮崎大学医学部総務課によると、日テレ取材班は2007年2月12日夜、同事故で入院していた林洋平カメラマンの友人であることを理由に「見舞い」として病棟に入ったが、林カメラマンとは別の病室にいた是沢さんに面会するとともに、取材を行ったという。日テレは、この内容を翌日に放送した。同大は、各報道機関に病室内での取材活動禁止を通知していた。

    「回答を差し控えさせていただきます」と日テレ

    その後、日テレ以外の報道機関から指摘があったことから、同大医学部は07年2月13日に日テレに抗議を行い、取材した内容を今後放送しないよう要請。日テレ側は「取材については申し訳ない、放送についても日テレ側が責任を持つ」と謝罪したという。
    しかし、日テレは07年2月15日朝の「ズームイン!!SUPER」でもこの取材内容を再び放送しており、同大には他局からの問い合わせが相次いでいる。同大医学部総務課はJ-CASTニュースに対し、

    「(日テレは)放送については遠慮していただきたいと思います」

    とコメントした。

    日テレが規制を守らず取材したにもかかわらず、独占取材映像として放映し続けているとして他局からの指摘が同大病院に相次ぎ、同大は困惑している。さらに、宮崎県内では日本テレビの一部の放送しか視聴できず、他局からの指摘で放送の事実を知るのだという。
    J-CASTニュースは、この取材内容が実際に放送されたのか、謝罪は行ったのかなどを日本テレビに問い合わせたが、総合広報部から書面で返ってきたのは、

    「貴殿からの2月15日付質問書については、回答を差し控えさせていただきます。 以上」

    という一文だけだった。約束など反古にしても、答える必要はないという無責任な姿勢がありありだ。


    マリサ
    宮崎県のマグロはえ縄漁船「幸吉丸」が、鹿児島県奄美市の海運会社「マルエーフェリー」所属の「フェリーたかちほ」に当て逃げされて沈没した事件なんだが、幸吉丸の船長が入院していた宮崎大付属病院は、各報道機関に病院内での取材活動禁止を通知していたんだぜ。


    マリサ
    でもな、記事にもあるように日テレが「見舞い」を装って船長を取材してな、これが大問題になって病院側が抗議して「取材した内容を今後放送しないよう」要請してな、日テレはこの時点で一応謝罪したんだぜ。


    マリサ
    それでだ、謝罪したにも関わらずなぜか日テレはその取材映像をまた放送してな、宮崎大付属病院には他のテレビ局から問い合わせが殺到するって事態になったんだぜ。


    レイム
    これ、日テレは「取材については申し訳ない、放送についても日テレ側が責任を持つ」とか言ってたみたいだけど、よくよくこの釈明見ると「使わない」とは言ってないわね。
    殆ど詐欺みたいな手口だけど。


    マリサ
    そうなんだぜ。
    しかもだ、この件をJ-CASTが日テレに指摘するとな 「貴殿からの2月15日付質問書については、回答を差し控えさせていただきます。 以上」 と開き直ったんだぜ。


    レイム
    もう無茶苦茶ね、これ他のマスコミはちゃんと追求したの?


    マリサ
    申し訳程度に取材活動禁止要請を破った事を報じただけで、抗議後も映像を放送していた等の続報を報じたのはJ-CASTとかの一部のネットメディアだけだぜ。


    レイム
    また「庇い合い」したってこと?


    マリサ
    まあ、そう取られても仕方がないわな。


    不信が不信を呼ぶ


    マリサ
    それでな、最初のほうで言ったけど、電凸の登場と毎日新聞の「ネット君臨」以来マスコミの不祥事に注目する人が増えてきていてな、その結果今回紹介したような事例もネット上で大きく問題にされたって背景があるわけだぜ。


    レイム
    まあ、問題起こして抗議されても無視したり開き直ったり、同業他社が殆ど問題にしなかったり、そんな事が続いてたらそりゃ信用されなくなるわよね。


    マリサ
    そう、この時期まさにマスコミ不信がマスコミ不信を呼び込む状態になっていて、業界の「自分(同業)に甘く他人に厳しい」マスコミ業界のダブスタが広く知られた結果、それが以前のTBS初音ミク事件とかが大きく注目される要因にもなっていたんだぜ。


    レイム
    結局、以前からマリサが言っているように問題を起こす事そのものよりも問題を起こした後の事後処理が最悪だった事がより不信を大きくしたって事なのね。


    マリサ
    そうだぜ。
    今回紹介した事例だって、どれもマスコミは批判に開き直ったりもみ消したりを繰り返していたわけだろ?これじゃ嫌われて当たり前なんだぜ。


    レイム
    それから10年以上経つけど、マスコミ業界は少しは変わったの?これだけ批判されたわけだし。


    マリサ
    何も変わってないぜ。
    当時から現在まで、立場を利用して業界は原因を批判側に転嫁し続けているぜ。
    最近もこんな記事が朝日系のAERAに掲載されていたな。

    「ネトウヨ」とは誰のことなのか? 彼らが“マスゴミ”と呼ぶ理由
    AERA.dot/朝日新聞
    https://dot.asahi.com/dot/2018071700064.html?page=3
    (非常に長いので一部抜粋)

     私なりに解釈すれば、「非マイノリティ」というのは、名目上はマジョリティ(多数派)だが実体としてはマイノリティ(少数派)であるひとびとのことだ。「在日特権」の語に象徴されるように、「『弱者』を装って利権をほしいままにするマイノリティ(外国人)のために、自分たちマジョリティ(日本人)が『弱者=被害者』になっている」という倒錯した意識がネトウヨの特徴だ。

     マスメディア(朝日的なるもの)を「マスゴミ」と揶揄する背景にも、この「非マイノリティポリティクス」がある。これは少年犯罪に顕著で、ネトウヨは、未成年であることを理由に加害者の人権が保護される一方で、生命を奪われた(未成年の)被害者の実名や顔写真が報じられることの理不尽さを繰り返し告発することで、自らの手で「正義」を実現しようとしているのだ。


    マリサ
    この記事では要するに、ネトウヨは「自分達の権利がマイノリティーに侵害されている」と思い込んでいて、逆ギレ的にマスコミ(朝日)を批判しているだけだと論じているぜ。
    要するに、一方的にマスコミ批判側の落ち度だと主張しているわけだな。


    レイム
    これ、朝日がおかしいだけじゃないの?
    前の卓球の件や吉田調書の件もそうだけど、批判されると開き直って批判側を脅迫したり威圧したりするような会社だし。


    マリサ
    まあ、朝日はこの辺り特に酷くはあるけどな、今回例に出した共同通信やNHKや日テレ、あと他のテレビ局や新聞社も大抵どこも同じだぜ。


    マリサ
    原因を批判者側に転嫁して「悪いのはあいつらだ」とし続けて、今も「そういうスタンス」だから当時と全く同じ問題を繰り返しているわけだぜ。


    レイム
    要するに、朝日みたいに露骨に態度に出すわけじゃないけど、開き直って原因を批判者に転嫁したり、地位を利用して問題をもみ消そうとする体質は同じって事ね。

    今回のまとめ
    ・長久手立てこもり事件でマスコミの非常識行為が「ネットのみ」でしか取り上げられなかった。
    ・当時の事故や事件で次々とマスコミの不祥事が発覚したが、同業他社が「庇い合い」とも取れる態度を取り続けた。
    ・問題行為への批判が高まると批判者に原因を転嫁し続けた結果、不信が不信を呼び込む状況になった。


    マリサ
    結局な、マスコミ業界って「なぜ批判されるのか」が全くわかっていないんだぜ。
    それでいて、他業種の人が同じように責任転嫁したり隠蔽しようとすると物凄い勢いでバッシングするだろ?


    マリサ
    そんな態度を見させられ続けたら、何をしても冷めた目で見られるようになって当たり前なんだぜ。


    レイム
    最近マスコミが「スクープ」を報じても、あまり相手にされていなくて身内で盛り上がっているだけなのもそういう事なのね。


    マリサ
    そうだぜ。
    どんなに批判されても批判側に責任転嫁して開き直るような連中の問題提起なんて、一体誰が共感するんだってことだな。


    レイム
    マスコミ業界の人達は、「画面の向こうにいるのは自分と同じように人格と判断力を持った人間だ」って事を理解できていないって事ね。


    マリサ
    そういう事が表面化し始めたのがこの2007年ってわけだ。
    そんなわけで今回の本編はここで終わるぜ。


    レイム マリサ
    ご視聴ありがとうございました。


    大口
    おつかれ~


    大口
    ところで、ちょっと最近悩みがあるんですよ。


    レイム
    何?


    大口
    おまけでたまにやる変な生き物のことなんだけどさ。


    マリサ
    レイム、ファミマのフラッペ買って帰ろうぜ。


    レイム
    マリサあればっか買ってるわよね。


    大口
    ちょ、露骨に無視しないでよ。


    レイム
    しょうがないわね、少しだけ聞いてあげるわ。


    マリサ
    その代わりフラッペおごれよ。


    大口
    それでね、変な生き物はどこまでが紹介できるボーダーラインなのかわからないんだよ。


    レイム
    どういう事?


    大口
    一応おまけはおまけでしかない以上、あんまり「グロ」な生き物は扱えないでしょ?
    そういう動画じゃないんだし。


    マリサ
    まあそうだな。


    大口
    それでね、例えば「コモリガエル」とか「サンヨウベニボタルのメス」とか、「ウロコムシ」とかそういうのがアウトなのは解るし、twitterで不適切画像認定された「カワテブクロ」さんとか、アシナシイモリの仲間の「アトレトチョアナ・エイセルティ」とかもいろんな意味でアウトなのは解る。


    マリサ
    ググったら大惨事なやつばっかじゃねーか!


    大口
    それでね、じゃあ「どこまでがセーフなのか」がわからないんだよ。


    レイム
    じゃあおまけで変な生き物扱うのやめたらいいじゃない。


    大口
    それはちょっと…


    レイム
    何がアウトで何がセーフなんて人によって違うんだから、無難なの選ぶしかないでしょ。


    大口
    そのうえで変な生き物となるとなかなか難しいんだよ。


    マリサ
    凄くどうでもいいぜ。


    レイム
    どうでもいいわね。


    マリサ
    そんなわけで今回はここで終わるぜ。


    レイム マリサ 大口
    またらいしゅ~



    お知らせ。
    このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
    そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。



    人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


    クリックで人気ブログランキングへ


    以下は当ブロマガのお勧め記事マイリストです、もしよかったらこちらもどうぞ。




    動画版マイリスト





  • 広告
  • 韓国関連で「誤解」が起き易い理由

    2018-07-18 23:55153

    さて、本日は全ての事例に当てはまるわけでは無いですが、韓国人と接触経験のある日本人が韓国的価値観を知ると「そんな人は一部だ」と感じる場合がある理由について書いて行きます。

    初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。

    ブロマガ『日韓問題(初心者向け)』を始めた理由

    注意
    ・このブロマガは「日韓の価値観の違い」を初心者向けに扱っています

    ・当ブロマガのスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

    ・相手が不法を働いているからと、こちらが不法をして良い理由にはなりません

    ・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たらど
    う思うか」という客観性を常に持ちましょう

    ・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください


    韓国関連の情報を見ていると、あまりにも日本的価値観からかけ離れた「韓国的価値観」の発想で日本人には理解しがたい主張をしている人々が多いが、たまに日本人から見ても「正論」と定義できる主張を社会的に堂々と主張し、特に弾圧を受けていない事例が存在している。


    こうした事例があるため、韓国的価値観というものがにわかに信じがたいと考える日本人が相当数いるのも事実なのだが、詳しく調べてみると単に自身の利害関係から感情的にそちらの方が受け入れやすいだけだったり、「その場で相手に合わせているだけ」であったりする事例も多い。


    また、「(日本人から見て)まともに見える」韓国人の発言には2系統あり、実際に韓国の行っている事に疑問を感じている場合と、「ナムとして排除されないために」殆ど無意識に相手(日本人)に合わせているだけの場合がある。


    ※一部を除き、引用記事が日本語の場合には文中にリンク用アドレスとタイトルのみ表記、韓国語のものやリンク切れで参照不能な記事のみ文末にまとめて本文を引用します。
    ※本文中のリンクは引用の元記事、或いはインターネットアーカイブやウェブ魚拓(別サイト)へのリンクです。



    1:一見すると違いがなく見える


    まずはこちらの記事から

    韓経:ソウル大学が反論文書 「日本原発事故でがん急増?…脱核教材は怪談レベル」
    2018年07月16日09時00分
    [ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/207/243207.html

    「弱い放射線でもDNAを傷つけて不妊や奇形児の出産、がんなどを誘発する」(×)

    「放射線有効線量100ミリシーベルト以下ではがんなど病気との相関関係はない」(O)

    ソウル大学原子力政策センターが17日、電子ブック「脱核教材を再考してみること」を出版する。全羅北道(チョルラブクド)教育庁が2015年に製作した補助教材「脱核で描くエネルギーの未来」(以下、脱核教材)に一つ一つ反論する内容が含まれている。「怪談」レベルの教材では青少年に原子力に関する誤った認識を持たせる可能性があるとの懸念からだ。環境運動家の教師らが執筆したこの脱核教材は、昨年10月、国会国政監査の時にも偏向性問題が取り沙汰されたが、現在も全羅北道内のすべての小中校で使用されている。原子力センターは代表的な偽りとして下記の5つを挙げた。

    (1)福島乳児の死亡率が増加?

    脱核教材には「2011年の福島原発事故以降、がんと白血病による死亡者が増え、乳児死亡率が急増した」と記述されている。原子力政策センターは原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)および国際原子力機関(IAEA)による調査の結果、日本で原発事故以降に放射線にさらされて死亡したり急性疾患を患ったりした人は一人もいないと強調した。

    (2)日本全域がセシウムで汚染?

    「原発事故後、東京さえも高濃度汚染地域になった。日本国土のほとんどがセシウムで汚染されたというのが専門家の推定」と脱核教材は主張した。これは事実に反するというのがセンターの説明だ。日本政府が事故当時に避難指示を与えた地域は計1150平方キロメートルで、日本全体の0.3%だった。東京は含まれていなかった。今年3月3日基準の東京の放射線量率は0.066ミリシーベルトで、むしろソウル(0.153)の半分以下だ。現在の危険地域は日本全体の0.09%に過ぎない。

    (3)弱い放射線でもDNA損傷?

    脱核教材は「弱い放射線でもDNAを損傷させて不妊や奇形児の出産、がんなどを誘発する」と強調した。センターは「成人男性の体内には7000ベクレルの放射能があり、年間約0.3ミリシーベルトほど内部被爆する」と説明した。韓国の自然放射線被爆線量も1~3ミリシーベルトに達する。UNSCEARによると、人体に影響を及ぼし始める放射線有効線量は約100ミリシーベルトだ。

    (4)原発周辺の人々に甲状腺がんが急増?

    脱核教材は「韓国内でも原発周辺住民の甲状腺がんの発病率がその他地域と比べて2~3倍高いという調査結果が発表された」と紹介した。これも科学的根拠が不足しているというのがセンターの説明だ。2016年がん発生地図によると、甲状腺がん発病はむしろ大都市に集中していた。検査率が高いほど発病率が上がるためだ。

    2000年国家健康診断のリストに甲状腺がんが含まれるようになって全体発生率は大幅に増加したが、原発周辺の発病率が高いという事実は確認できなかった。センターは「原発の外に放射性気体が流出する量は年間0.25ミリシーベルト」と説明した。

    (5)原発は経済的ではない?

    脱核教材は「事故のリスクおよび解体費用を欧州並に反映させると、原発は経済的ではない」と主張している。一方、センターは「韓国は事故1件当たりの損害賠償措置額を4700億ウォン(約468億円)、解体費用を6400億ウォンで計算している」とし「先進国より高い水準」と明らかにした。損害賠償措置額は、英国2080億ウォン(以下、今年3月8日の為替レート適用)、フランス1210億ウォン、米国4050億ウォン、ベルギー2350億ウォンなどとなっている。韓国の原発解体費用もフランスやスウェーデンなど(約4000億ウォン)に比べて高く策定されている。

    電子ブックの出版に参加したソウル大学原子核工学科のチュ・ハンギュ教授は「国内の原発建設および発電単価競争力は世界最高水準」としながら「感受性が豊かな青少年に誤った情報を伝達すれば国家的後遺症が大きくなるおそれがある」と懸念の色をにじませた。


    この記事では、韓国で広まっている日本の原発事故問題に関するデマをソウル大学の教授が一つ一つ反論しており、韓国内で広まっている日本への風評被害に韓国人自身が自浄作用を見せているように見えます。


    しかし、同じく明らかな原発事故の風評被害である「日本の水産物輸入制限措置」に対しては、以下のように日本への風評被害を「同じ中央日報が」拡散させたりしています。


    「福島水産物輸入禁止論争、韓国敗訴…肯定的ではない」 中央日報 2017年10月18日
    WTO、韓国の「福島産水産物の輸入禁止」に対する判断を今月中に公開 中央日報 2018年01月09日
    韓国政府 WTOに上訴=日本産水産物禁輸めぐり 聨合ニュース 2018/04/09


    要するに、日本では原発事故の影響で放射能汚染が進んでいるとして、韓国政府が日本の水産物の輸入制限措置をとり、日本がそれを科学的な根拠のない不当な措置としてWTOに提訴したわけですが、なぜか中央日報はこの件では韓国政府の措置、つまり最初の記事で突っ込みを入れていた原発事故の風評被害の拡散を助長しています。


    こうした態度は明らかに矛盾しているため、一見すると韓国内でも意見が割れており、「(日本人視点で)真っ当な人」もかなりの数いるのではないかと思わせます。


    では実際はどうかといえば、最初の記事は実は韓国の現政権与党である「共に民主党」が反原発政策を取っており、産業界と太いパイプのある韓国三大紙、特に中央日報にとって非常に迷惑なわけです。
    電気料金などが高騰しますから。


    そのうえ、反原発を主導する人々は最初の記事にもあるように日本の福島原発事故に関連して大量のデマを流し、「日本の劣等性の指摘」と同時に「原発の劣等性」の指摘を行っているため、彼らにとって反原発の人々は自分達の利益を脅かす「ナム」です。

    ※ウリとナム
    ウリ(自分達)ナム(それ以外)
    自他の境界が非常に曖昧な概念であり、彼らはウリである場合自身と全く同じ正しさと感情を共有しており、「ナム」はそれ以外、或いは正しさを理解しない劣等な相手と認識される。
    また、このウリの範囲はその時の都合で自身を中心に拡大縮小する。

    韓国人独特の「ウリ」と「ナム」という概念



    要するに彼らは「日本の原発事故で発生したデマ」を払拭したいわけでは無く、反原発の人々を攻撃しているだけです。


    ここまで書けば大体わかるでしょうが、一見真っ当で私達と同じ常識を共有しているようにみえますが、実は全く異なる発想と韓国内の利害関係から「相手の間違いの指摘」をしているだけであり、だからこそWTOの件では原発問題のデマを批判している中央日報もデマの拡散を助長するという矛盾が発生しているわけです。


    韓国の原発政策の背景がわからないと「その意見が出てきた背景」まで解らないため、事情をあまり知らない人は「なんだ、韓国にも(日本人から見て)普通の人がいるじゃないか」と勘違いしてしまいがちです。


    2:国民情緒に逆らえない


    またもう一つ「韓国的価値観など存在しない」と勘違いをしてしまう事例があり、それが国民情緒に基く強烈な同調圧力に起因する社会的背景を知らないことです。

    ※国民情緒法
    韓国では根拠や客観性よりも感情(情緒)が何より優先されるため、法や約束よりも「その時の感情」が上位に来る場合が多く、またこの「情緒」を全ての人が「等しく共有しているはず」という前提で話が進むため、この情緒に合わない態度を取ると社会的に迫害を受ける場合がある。
    そのため韓国では裁判所などが法や憲法を無視した判決をする場合があり、それを韓国人自身が皮肉った言葉。

    【日韓問題】韓国の国民情緒法



    これがあるため、韓国人の多くはたとえ明らかな矛盾があろうと、国民情緒に沿わない意見を持つと迫害対象になりえるため、大抵の場合そういう意見は支持しません。
    例えば最近だとこちらの事例がわかりやすいです。


    (※1)
    「世宗大王が作った 妓生(キーセン)制」が慰安婦の始まり」と妄言した大学教授 インサイト(韓国語) 2018-07-15


    記事は、韓国の李栄薫教授が「朝鮮の慰安婦の出発点は李氏朝鮮の王であった世宗が設立した
    妓生(キーセン)制にある」という趣旨の本を出版したところ、「世宗大王には関係ない」「親日派の妄言」として大バッシングされたという内容です。


    これなのですが、朝鮮の慰安婦のルーツが妓生にあるのは明らかで、元々朝鮮では官営の売春婦養成所(世襲)として妓生が存在しており、これを法律で廃止し娼館として民営化させたのが朝鮮総督府です。


    そのうえ慰安婦の証言の中には「貧しく親によって妓生に売られた」とするものが多数ありますし、90年代頃までは韓国内でも娼館の事を「妓生」や「キーセンハウス」と呼んでいたという背景があります。


    ですから韓国でも40代以上ならこの事実を学者が説明するまでも無く知っているはずなのですが、現在の韓国では慰安婦の定義を「日本の政府や軍の命令で軍人や官憲が直接的に行った奴隷狩り」としている都合で、「売春婦養成所」としての妓生が存在していては都合が悪いのです。


    結果、日本の道徳的劣等性を指摘するのに都合の悪い李栄薫教授の主張は「国民情緒に合わない」となり、明らかにこの事実を知っている人まで李栄薫教授を批判するという事態になっています。


    要するに、自身の記憶がどうであろうと、「全ての人が共有しているはずの正しさ」=国民情緒に後付けで記憶のほうを上書きしてしまうわけです。
    これが韓国の多数派の考え方です。


    そのうえで、李栄薫教授の意見を知った日本人が「韓国でも論争になっている、そういう人ばかりではない」と考えるようになる場合があるわけですが、そもそも李栄薫教授の主張は韓国内でかなりの少数派(現状少数派のニューライト系の中の更に少数派)です。


    李教授がそれでもこうして活動できるのは、彼は元々韓国ではかなりの重鎮でソウル大学経済学名誉教授を務めており、その社会的地位が非常に高く、だから「比較的無事」なだけです。


    そのうえ、社会的地位でなんとか踏みとどまっている李栄薫教授とは違い、社会的な地位がそれほど高くない朴裕河教授が韓国人の支持する慰安婦の定義を否定した結果、刑事告訴され有罪判決を受けました、だから破滅のリスクを負ってまで国民情緒に逆らおうとする人など殆どいないのです。


    「帝国の慰安婦」著者が控訴審で有罪 罰金約100万円=韓国 聨合ニュース 2017/10/27


    こうした背景を知らないことも「誤解」を生む土壌になります。
    韓国では一部の例外を除き国民情緒に沿わない意見を公言したら「社会的に終わる」リスクがあるのです。


    3:多数派に従う


    そして最後にもう一つ、「実際に韓国人から意見を聞いたら(韓国側の意見を)否定していた」というものがありますが、これには2系統あります。


    一つは李栄薫教授のような考えを持っており、それを韓国社会でひた隠しにして生きてきたが、韓国の外に出たり、或いは同じ韓国人がいない場所で日本人に会うなどして「本音を言った」場合です。


    先ほども書いたように、そもそも韓国内でそんな考えを持っている事がばれたら文字通り「何をされるか解らない」ため、そんなリスクをあえて負う選択をする人はもともと少ないです。


    そのうえ根本的にこうした情報は韓国内では政府レベルでの規制対象になっているため、余程外国人と交流があり、なおかつかなり情報の取り扱いに長けている人物でもない限りそこまでの考えにたどり着きません。


    かつて存在したenjoy korea日韓翻訳掲示板は、日本側から「韓国人が知ってはいけない情報」が多数投稿されたため、実際はどうあれ「韓国政府が圧力をかけて潰した」という噂が出てくるほどです。

    NAVER日韓翻訳掲示板やenjoy korea日韓翻訳掲示板では、「韓国の教科書に載っていない内容、つまり韓国で歴史教育をしている側にとって都合の悪い内容は運営によって即消される傾向があったうえに、イラクで韓国人がテロリストの人質になった事例では、韓国人達が加熱し暴走しないよう書き込みそのものを封じ込めるという事をやっていた事があります。

    また、NAVERは韓国の諜報機関である国家情報院と繋がりがあり、LINEの開発スタッフにも国家情報院の元職員がいるほど関係は深いです。
    こうした背景からそんな噂が生まれたわけです。


    つまり、上記のようなタイプは極々少数派であり、統計上は限りなくゼロに近い人々なうえに、そういう人は現在積極的に日韓友好を推進する人達には殆どの場合本音を言いません。
    「現在の韓国と友好を望んでいる」という事は、上記のような背景がある以上それだけで信用されないからです。


    そしてもう一つのタイプが「違う意見の人もいる」と日本人が錯覚する場合の多数派の事例で、これは韓国の国民情緒法に関連しています。


    先ほども書いたように、韓国では多数派の意見=国民情緒に沿わないと弾圧対象です。
    なぜなら彼らの考えでは「正しさ」とはこの世に最初から存在している唯一の答えであり、それに沿わない意見は劣等であると考えられているからです。

    ※独特の正しさの概念
    彼らの正しさの概念は独特であり、根拠を必要としない。
    また「この世には最初から一つの正しさが存在する」と考えられており、自分はその正しさを常に選択していると考える傾向にある。

    そして正しさ同士がぶつかった場合には、(曲解でも捏造でもその件と全く関係なくともなんでもいいので)相手の劣等性を指摘する事でそれを自己の正しさの担保とする。

    また相手の劣等性を指摘した時点で自身が指摘された問題は相手の問題にすり替わる。


    【日韓問題】日韓で異なる「正しさ」の概念

    【日韓問題】日韓で異なる「正しさ」の概念 後編


    これを当たり前の事として育つ殆どの韓国人にとって、自身が少数派(ナム)になる事は恐怖の対象です。
    ですからなんとしてでも「多数派(ウリ)」になろうとするのが常識的な考え方です。


    こうした習慣があるため、日本にやってきた韓国人は余程「自分が安全」と感じたり、或いは積極的に韓国人の意見を肯定する人々の前でもない限りは、多数派である日本人の前で本来の考えを隠し日本人に積極的に同調しようとします。


    韓国人と接触した日本人が勘違いする場合が多いのはこのためで、また「韓国人は集団になると態度が急変する」と言われるのもこのためです。


    生きてきた社会的な背景がまるで違うので、人との接し方そのものが日本人とは違いますし、同調圧力の度合いも日本とは比べ物にならないほど強烈なので、元々本当の意味での「自分の意見」など最初から持っていない場合が多いのです。

    余談になりますが、これがあるため韓国人の意見を聞いていると殆どの人がどこからかもって来たような「紋切り型」の意見しか主張しません。
    「反論」なども同じです、どこかで見た事のあるような意見の場合が多いです。


    先ほど紹介した李栄薫教授や朴裕河教授のような事例があるように、独自の意見を持つなどリスクにしかならないのですから、当たり前といえば当たり前なのですが。


    そしてだからこそ、こうした社会的な背景を知らない多くの日本人は、韓国人と接触した場合その背後にある「社会や価値観の違い」を知らず、「そんな人はきっと少数派だ」とか「若い人はそうではないはず」と考えてしまいがちになるわけです。



    お知らせ。
    このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
    そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。



    人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


    クリックで人気ブログランキングへ


    以下は当ブロマガのお勧め記事マイリストです、もしよかったらこちらもどうぞ。




    動画版マイリスト









    (※1)
    「世宗大王が作った 妓生(キーセン)制」が慰安婦の始まり」と妄言した大学教授
    インサイト(韓国語) 2018-07-15
    http://www.insight.co.kr/news/166519

    ニューライトの学者として数えられる作家のイ・ヨンフンが出版した、『世宗は果たして聖君か』の一節が議論の中心になった。

    去る2018年3月に出版された『世宗は果たして聖君か』では、世宗が作った『妓生(キーセン)制』が20世紀の軍慰安婦制度の歴史的ルーツという内容が書かれていた。

    この本では、中央政府と地方官衙で踊ったり歌ったり性的慰安を提供する妓生が、身分を代々世襲とする『妓生制』を世宗が作ったと説明する。

    同時に国境地帯の村に軍人を接待する妓房(妓生部屋)を設置した事が、20世紀の軍慰安婦制度の歴史的ルーツであると言及した。

    慰安婦は過去に日本が朝鮮を強制的に占領した時、幼い少女を連行して性奴隷にした事を意味する。

    日本の破廉恥な犯罪が、世宗が作った『妓生制』という制度から始まったという暗示をしているのである。

    内容を知った人々は、「これはどういう事だ」、「日本と世宗大王に何の関係が」など、否定的な反応を見せている。

    実際に作家のイ・ヨンフンは本の序文で、「韓国の近代文明は日帝がこの地を支配した期間に制度化されたと思った」とし、親日派議論を自ら招いた人物である。

    過去にも安倍を擁護するなど親日行跡を見せたため、人々の視線は一層好ましくない。
    という事で一角では、「親日派が世宗まで貶そうとしている」という批判も起きている状況である。
    世の中には完璧な人はないため、偉大な業績がある王もその側面には異なった隠された事実が存在するものと決まっている。

    また歴史という事が後世に残された者の解析であるだけに、それぞれが様々な意見を持っている事はある。
    作家と人々の解析が熾烈にぶつかっている中、残ったのは読者の判断である。
    しかし、果たして親日行為で物議を醸した作家が言う歴史が、果たして客観的な解析なのかに対しては疑問を抱くしかない。





  • 【日韓問題】韓国のパリパリ精神

    2018-07-14 21:48121

    本日は韓国人の歴史観などにも関係しているパリパリ精神についてとなります。

    元記事
    ノーベル賞と韓国のパリパリ精神

    初めて来られた方はまずこちらを先に読む事をお勧めします。

    ブロマガ『日韓問題(初心者向け)』を始めた理由

    注意
    ・この動画は「日韓の価値観の違い」を扱っています

    ・うp主のスタンスは「価値観に善悪や優劣は存在しない」というものです

    ・相手が不法を働いているからとこちらが不法をして良い理由にはなりません

    ・自身の常識が相手にとっても常識とは限りません、「他者がそれを見たら
    どう思うか」という客観性を常に持ちましょう。

    ・日常生活で注意する程度には言動に注意を心がけてください

    ・キャラ崩壊あり

    ・動画の拙い部分は生暖かく見守ってください、そのうちなんとかします






    youtube版
    https://youtu.be/CavYLKelEkA


    以下は動画のテキスト版


    レイム マリサ
    ゆっくりしていってね。


    レイム
    さて、本日は日韓問題なので私が解説していくわね。


    マリサ
    なあレイム。


    レイム
    なに?


    マリサ
    パリパリ精神ってなんだ?
    あれか、餃子の皮がパリパリで中身ジューシーってやつかっ!


    レイム
    違うけど?


    マリサ
    何だ違うのか、じゃあ帰るぜ。


    レイム
    ダメに決まってるでしょ。


    マリサ
    なんでだよ。
    餃子の皮はパリパリが正義なんだぜ、パリパリじゃない皮の餃子なんて食べる気が起きないぜ。


    レイム
    なんで餃子の話になってるのよ、「パリパリ」って韓国で「早く早く」とか「急げ急げ」って意味のある種のスラングよ。


    マリサ
    なんだそっちなのか、それならそうと早く言って欲しかったんだぜ。


    レイム
    勝手に勘違いして暴走したのはどこの誰よ。
    そんなわけでややこしくなる前に本編へ行くわね。


    パリパリ精神


    レイム
    まずね、この「パリパリ」なんだけど、ハングル表記をそのまま読むと「パルリパルリ」なのね。
    で、実際の発音はパの後に殆ど発音しない「ル」を入れるので、「パッリパッリ」と言っているように聞こえるわ。


    マリサ
    じゃあなんで「パリパリ」なんだ?


    レイム
    これがややこしくてね。
    韓国メディアがこの概念を日本語などで伝える場合、ほとんどが「パリパリ」って表記していて、朝鮮日報のみが「パルリパルリ」って表記しているのよ。
    ただし朝鮮日報でもたまに「パリパリ」の表記があるわ。


    マリサ
    ほんとにややこしいな。


    レイム
    そう、ややこしいのよ。
    でね、この動画では韓国の殆どのメディアが「パリパリ」って表記しているから、それに倣う事にするわ。


    マリサ
    まあ、とりあえず厳密には違うが便宜上「パリパリ」って表記って事でいいのか?


    レイム
    そういう事ね。
    それで、このパリパリ精神なのだけど、端的に説明すると韓国人ってその多くが日本人規準で見ると異様にせっかちでね、とにかくやたら結論を急いだり、直ぐに結果が出ないと簡単に諦めたりしてしまうのよ。


    マリサ
    なんとなくわかったが、それと日韓問題に何の関係があるんだ?


    レイム
    これは後で詳しくやるけど、とにかく結論を急いで後先省みないって考え方が、韓国人の歴史観などに深い影響を与えているのよ。


    マリサ
    なんか良く解らんな。


    レイム
    まあ、今はわからなくてもいいわ。
    それでこのパリパリ文化を良く表した事例が最近もあるのね。
    それがこれ。

    政権によって変わる韓国の観光政策(1)
    2018年07月12日13時59分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/134/243134.html

    11日、李洛淵(イ・ナクヨン)首相の主宰で韓国の第2次国家観光戦略会議が開かれた。法務部・行政安全部・文化体育観光部など11部署の長官・次官が参加し、会議では全国243カ所の広域・基礎自治団体長と映像でつないだ。テレビ会議は「地域観光を育成し、地域発展の動力を探す」というテーマを同時に共有するための全国レベルのイベントだった。

    この日の会議は文在寅(ムン・ジェイン)政府になって開かれた2回目の観光部署合同会議だ。昨年12月18日の第1回会議で、政府は「休止符がある人生、人がいる観光」というスローガンを掲げ、李明博(イ・ミョンバク)・朴槿恵(パク・クネ)政府と観光政策の基調の違いを強調した。過去2つの政権が観光産業の量的・経済的成果に集中したとすると、文政権は人が中心の質的政策に焦点を合わせていると強調したのだ。

    第1回会議で政策方向が明らかになったので7カ月後の第2回会議では具体的な方案が出されて当然だ。訪韓外国人の数に一喜一憂しないと明らかにしたことから、訪韓外国人の78%がソウルを訪問する現実(文化体育観光部調べ、2017年)から脱する政策が提示されるべきだ。日本のようにイントラバウンド、すなわち国内観光が先に活性化してこそインバウンド、すなわち訪韓外国人数も増えるためだ〔漢陽(ハンヤン)大学観光学科イ・フン教授〕。しかし、事業を一つ一つ詳しく見ていくと、7カ月前の宣言から変わった点を見つけ出すのが困難だった。

    ◆宙に浮いた「オリンピックアリバウ道」

    政府はこの日、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開催地を冬・スポーツ観光の拠点として育成すると明らかにした。オリンピックの遺産を利用して観光商品を開発し、冬のない東南アジア観光客を対象に広報を強化するともした。

    しかし、この計画は昨年12月発表のコピー版に近い。パラリンピックが終わってから4カ月が過ぎたが、具体的な事業は何も進んでいない。五輪開催施設の今後の活用については依然として決まったものはなく、昨年五輪を控えて作った数多くの五輪遺産が消えつつある。その好事例が「オリンピックアリバウ道」だ。

    昨年10月に開通した平昌五輪の唯一の公式トレイル(ウォーキング旅コース)だ。道の名前に「オリンピック」を使うために、国際オリンピック委員会(IOC)からの公式認証も受けた。トレイルを整備するだけで予算33億ウォン(約3億円)が投じられた。しかし、現在では文化体育観光部・韓国観光公社・江原道(カンウォンド)の誰として関心がない。予算もなく運営主体もない。

    オリンピックアリバウ道コースを作った(社)江陵(カンヌン)バウ道のイ・ギホ事務局長は「関係当局の誰も関心がなく、民間団体がボランティア概念で道を案内している」とし「人々から継続して問い合わせがあるが、何もできないのでただ申し訳ない」と話した。

    第2回会議は第1回会議で発表した観光振興基本計画の推進状況を点検する場でもある。

    これについて文化体育観光部の琴基衡(クム・ギヒョン)観光局長は「一部コンテンツのうち成果が小さいものがあるかもしれないが全般的な状況は肯定的」と評価した。

    政権によって変わる韓国の観光政策(2)
    2018年07月12日14時00分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/135/243135.html

    ◆行く先々にレールバイク・吊橋

    11日、政府は韓国だけの高級観光コンテンツを「コリアユニーク(Korea Unique)」と命名し、全国で関連コンテンツを発掘すると明らかにした。伝統酒・韓服・韓屋・テコンドー・サムルノリからソウルのミシュランスターレストラン、美術館、博物館も該当すると列挙した。反面、政府は昨年12月の第1回会議で下記のような事業計画を発表したことがある。

    「『2018ブックイヤー』を機に、全国の読書祭り・独立書店などを『読書する大韓民国』として構成し、本関連の名所を訪ねる『ブックトラベル』を開発する(観光振興基本計画、15ページ)」

    今年1月の政府発表だけ信じて「ブックトラベル」事業を調べてみたことがある。「ブックイヤー」事業を主管する出版界では「ブックトラベル」は観光業務だとし、文化体育観光部の観光部署は「ブックイヤー」事業は出版業務だとした。結局、ブックイヤー事業は観光と関係がなく進められた。25年ぶりに帰ってきた「ブックイヤー」である今年は『土地』の作家・朴景利(パク・ギョンリ)10周忌であり、茶山・丁若鏞(チョン・ヤゴン)の『牧民心書』が出版されて200周年になる年だ。

    政府の期待とは違い、地域の観光コンテンツは画一化している。現在、全国には観光目的のジップラインが42カ所運営されている。レールバイクは25カ所にあり、吊橋は50カ所にもなる。一つ二つ人気を呼ぶと先を争ってまねをした結果だ。観光当局はこれらレジャー施設の現況も十分に把握できずにいる。観光振興法対象施設なのか、遊園施設法対象施設なのかも分からない。上の統計は今月初め、中央日報が韓国観光公社に依頼して集計した。

    ◆放置して消えた「海岸ヌリ道」、再び

    第2回会議で思いがけない発表があった。海洋レジャー観光活性化計画が地域観光活性化計画と共に発表された。文化体育観光部と海洋水産部はこの日、業務協約も締結した。

    海洋レジャー観光推進計画を見てみると海洋観光に関連したすべての計画が網羅されている。マリーナ・クルーズ・漁村体験・水上レジャー・離島観光などすべて提示された。

    李明博政府は持続可能な観光資源を開発するとして川を、朴槿恵政府は「韓国のユングフラウ」を作るとして山岳観光活性化をそれぞれ叫んだ。川と山がどちらも失敗したので、これからは海の番というわけか。文化体育観光部では海洋水産部の意志が強いとし、海洋水産部のハン・ギジュン海洋産業政策官は「かなり以前から海洋水産部は海洋観光事業を推進してきた」と説明した。果たしてそうだろうか。

    推進計画7ページに「海岸ヌリ道」が登場する。離島・海水浴場・海岸ヌリ道を連結した観光コンテンツを開発するという計画でだ。海岸ヌリ道は海洋水産部が2010年に作ったトレイルだ。李明博政府当時、グリーン成長のスローガンに合わせて政府部署が競争的にトレイルを作っていた時期に海洋水産部が作った唯一のトレイルだ。しかし、政権が変わり海洋水産部の担当者が変わりながら道は消えた。自ら作って自ら捨てた道をもう一度作るということだ。海洋水産部は来年までに再び予算を投じて海岸ヌリ道の活用策について研究すると明らかにした。


    レイム
    要するにその時々の政権が、前の政権で目に見える結果が出せなかったからと、政権が変わるたびに次々と観光政策を変えてしまい観光事業にまるで一貫性がなく、しかも完全に迷走して過去に政府が計画し放棄された推進計画が、今年に入ってまた登場するなんて事態になっているそうなのね。


    マリサ
    要するに、計画を打ち出してすぐに結果が出ないと様子見すらせずにいきなり放棄してしまって、長期的な観光政策が出来ないって事か?


    レイム
    そういう事。
    計画をろくに立てないでいきなりプロジェクトを開始して、すぐに目に見えた結果が出ないと途中で放棄して次を始めちゃうのよ。
    この事例はまさに「パリパリ精神」の典型例なの。
    彼らはとにかく急いで「結果のみ」を欲しがる傾向にあるのね。


    レイム
    そしてこれは「休暇」などでも顕著に現れてね。

    【コラム】海外リゾート地でも「パリパリ」、フィリピンでの韓国人判別法
    2015年11月13日11時26分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/361/208361.html

    「韓国の人~ですよね?」。先週、遅れてとった休暇の初日にフィリピンのボラカイの現地人は私の国籍をすぐに当てた。韓国人がかなり多く来るのだなと初めは笑い過ごしていた。ところがフィリピンの人々、ほかの観光客には「ニーハオ」「コンニチワ」と挨拶しながら私を見るだけで「アンニョン~ボート乗る?」と、よく分かっているそぶりだった。「フィリピンでもJTBCのニュースルームが放映されるのか?」。勘違いが天を突くころに周辺を見回して答えが分かった。熱い日差しのもとで男は長袖シャツ、女はフルメーク。さらに片手にはスマートフォン、もう片方には重いデジタルカメラ。数多くの東洋人の中で「韓国スタイル」は目立っていた。私が見てもぴったり当てることができた。

    服と装備だけが違っていたのではない。インターネット超強大国から来た観光客らしく、どこでもWi-Fiを探した。私からしてボラカイの美しい浜辺に出会った時よりも、即席で送った写真に「劣爆(劣等感爆発の略語)」という友人からのカカオトークメッセージを見て旅行に来たと実感した。ホテルや飲食店はもちろん船に乗って海の真ん中に出て行っても韓国の人々はインスタグラムを送ろうと尽力する。地元の飲食店の間に不釣り合いに建っているスターバックスやマクドナルドは、それでいつもエアコンと無線インターネットを探してきた韓国人で混みあっている。「韓国人」のようなそぶりを見せている最も決定的な場面は、せっかちだということだった。現地人の話がよく理解できなければ、その面前で韓国語でかんしゃくを起こしたりする。「少しだけ待って」と言えば腕時計を示しながら「いつ(When)?いつ?」と叫ぶのが常だ。

    韓国の「パリパリ(はやくはやく)」という習性は、フィリピンから帰ってくる時にピークを迎える。「お金をちょうだい~並んであげるから」。カティクラン空港周辺で韓国人だけを選んでひそかに提案する現地の“お使いさん”。彼らに旅行客1人あたり8000ウォン程度さえ出せば出国手続きを代わってくれる。荷物の検査、荷物手続からチケット発行までフルコースだ。韓国人の性急さが作ったこの笑えないサービスに、いつのまにか現地空港と航空会社までが結託した。お使いさんを雇わなければ空港に早く入れないようにしておいて、航空会社はお使いさん専用窓口を運営している。

    海外のリゾート地で楽しく思い出づくりをしたらそれまでじゃないかというだろうか。残念だが旅行で得たその幸福も長続きせずに「パリパリ」消えてしまう。米国ギャラップが今年初め、休暇に出かけた143カ国の1000人ずつを対象に前日の経験について尋ねた。「昨日はゆっくり休みましたか。尊重されましたか。たくさん笑いましたか。楽しいことが多かったですか」。こうした質問に対する回答に基づいて作った「肯定的経験指数」で韓国人は118位だった。フィリピンは5位だった。幸福は決してペソ(フィリピンの貨幣)の順ではなかった。休養に向かった旅の途中に疲労感だけをうずめてきた。


    レイム
    こちらの事例では、韓国人がフィリピン旅行へ行くと、異様にせっかちなので現地の人達はすぐに韓国人を判別できるうえに、休暇を終えて空港で出国手続きをする際には、出国手続きを待っていられない韓国人のために、韓国人専門の「出国手続き代行屋」までいるそうなの。


    マリサ
    何でそんなに落ち着きが無いんだよ、記事見る限り完全にカモられているじゃないか。
    ちょっとは「待つ」って事が出来ないのか?


    レイム
    彼らにはそれが出来ないからこんな事になっているのよ。
    しかも韓国人の場合、どんな事でもすぐに結果が出ないといきなり怒り出す人までいるのよ。


    マリサ
    忍耐力無さすぎだろ。


    レイム
    さっき餃子の話と勝手に勘違いした挙句、餃子の話じゃないと知るといきなり帰ろうとしたのは誰だっけ?


    マリサ
    さあな、誰のことだ?



    とにかくノーベル賞が欲しい


    レイム
    それでね、このパリパリ精神が最も顕著に現れているのが韓国のノーベル賞問題なのね。


    マリサ
    ノーベル賞問題?なんだそりゃ。


    レイム
    彼らはね、とにかくやたらとノーベル賞を欲しがるのよ。


    マリサ
    ノーベル賞を欲しがるって別に特殊な事じゃないんじゃないか?

    ※「恨(ハン)」とは
    自身の望みがかなわない場合に韓国人が感じる様々な感情の総称
    詳しくは過去動画「【日韓問題】韓国の「恨(ハン)」とは何?」を参照。




    レイム
    問題は「なぜ欲しがるか」でね、彼らは日本人がノーベル賞を受賞すると「なんで自分達じゃないんだ」と、非常に強く「恨(ハン)」を感じるのね。
    で、こういう反応をするの。

    ノーベル賞:なぜ韓国の科学界は日本に大差を付けられているのか
    朝鮮日報 2015/10/07
    1/3ページ) (2/3ページ) (3/3ページ

    日本「ノーベル賞ラッシュ」の秘密
    2002年に続き物理学賞受賞
    100億円以上かけて作った廃鉱実験室がノーベル賞の宝庫に
    他の研究者がしない実験にこだわる「職人気質の科学者」を全面支援

    スポーツの試合で言えば「21-0」という大差だ。6日、東京大学宇宙線研究所の梶田隆章教授(56)がノーベル物理学賞の受賞者に決まったと発表された。これで、科学分野でノーベル賞を受賞した日本人は21人になった。しかも、医学生理学賞を前日受賞した北里大学の大村智特別栄誉教授に続く、二日連続のノーベル賞受賞だ。国内総生産(GDP)に占める研究・開発(R&D)投資の割合が世界1位の韓国からはまだ一人もノーベル賞受賞者が出ていない。なぜ韓国の科学界はこれほどの大きな差を付けられて日本に後れを取っているのだろうか。

    ■150年の歴史と職人気質の合わせ技

     第二次世界大戦以降、米国は科学分野でノーベル賞受賞者を246人輩出しており、圧倒的な差で1位に立っている。日本は今回を含め21人の受賞者を出し、2位の英国(62人)、3位のドイツ(48人)に続く4位だ。

     日本の科学力の源泉は、基礎科学の歴史にあると言えるだろう。日本は1868年の明治維新を機に多くの若者を海外に送り、新しい文明を探求させた。ニールス・ボーア(1885-1962年)やヴェルナー・ハイゼンベルク(1901-76年)など、1900年代初頭にノーベル賞を受賞した著名な物理学者たちの研究室には特に日本人の「弟子」が多かった。今年のノーベル医学生理学賞を受賞した大村氏が特別栄誉教授を務める北里大学は、細菌学者の北里柴三郎(1853-1931年)の名を冠した大学だ。北里柴三郎は「近代細菌学の開祖」とされるドイツのハインリヒ・ヘルマン・ロベルト・コッホ(1843-1910年)に師事した。西江大学のイ・ドクファン教授は「日本は量子論や細菌学を欧米などと共に始めた」と話す。

    日本は西欧をまねるのではなく、独自の追撃戦略を練った。日本の得意分野は、物理分野の中でも「紙と鉛筆」さえあればいいと言われる理論物理や素粒子物理だ。1949年に日本人として初めてノーベル賞を受賞(物理学賞)した湯川秀樹(1907-81年)も素粒子物理理論を研究した。

     日本特有の職人気質(かたぎ)も一役買っている。昨年、青色発光ダイオード(LED)の発明でノーベル物理学賞を共同受賞した米カリフォルニア大学サンタバーバラ校の中村修二教授は、創業者が研究を全面的に支援してくれるという理由で年間売上300億ウォン(約30億円)に過ぎない地元企業・日亜化学工業に入社した。そして、誰もがあきらめて見限った研究に20年以上も専念した。2002年に学士の学歴でノーベル化学賞を受賞した田中耕一氏も実験が存分にできるという理由で京都の企業・島津製作所に入社した。地方大学や地方企業で、日本の「マッド・サイエンティスト(常軌を逸した科学者)」たちは、誰もしない「常軌を逸した研究」を続けた末にノーベル賞を取ったのだ。

    ■「職人気質の科学者」を全面支援

     科学界の関係者らは、今後も日本のノーベル賞ラッシュが続くと見ている。巨大な科学施設などに対し、政府や社会の全面的な支援が続いているからだ。日本の科学分野のノーベル賞受賞者21人のうち、16人が2000年以降に受賞していることからもそれが分かる。日本政府は1983年に完成したニュートリノ(中性微子)観測装置「カミオカンデ」を廃鉱に建設する際は数百億ウォン(100億ウォン=約10億円)、1995年にニュートリノ検出装置「スーパーカミオカンデ」を建設する際は約1000億ウォン(約100億円)を投入した。日本政府はそのたびに「実験が成功してニュートリノの実体が明らかになればノーベル賞が取れる」と国民に約束した。

    この実験は2つとも成功した。カミオカンデの実験を主導した東京大学の小柴昌俊名誉教授は2002年にノーベル物理学賞を受賞した。今回受賞した梶田氏は小柴氏に師事し、共にスーパーカミオカンデで実験した。初期の理論研究、持ち前の職人気質で推進した実験、そして政府の全面的な支援という三拍子が適切な時期に行われ、うまくいったのだ。

     一方、韓国の基礎科学はというと、1966年に韓国科学技術研究院(KIST)が設立されたのをきっかけに始まったと言える。それも当時は自動車・機械などいち早く成果を挙げられる産業化基盤研究に力を注いだ。韓国科学技術企画評価院のチャ・ドゥウォン研究員は「ノーベル賞をもらえるほど画期的な研究が必要だという意識が生まれたのは2000年代以降のこと」と語った。

     今も基礎科学研究院(IBS)に建設中の重イオン加速器については議論が分かれている。重イオン加速器はノーベル物理学賞受賞者を十数人輩出し、「ノーベル賞製造機」と呼ばれている。世界最大の基礎科学研究集団である独マックス・プランク研究所のマルティン・ストラットマン理事長は「韓国の科学技術は焦点が研究テーマにだけ当てられている。科学をやるのは人間だということを忘れてはならない」として、成果をすぐに出すことよりも、優れた科学者に時間と自主性を保障すれば、より多くのものが得られると助言した。

    李永完(イ・ヨンワン)科学専門記者 , パク・コンヒョン記者


    レイム
    記事にもあるように、とにかく日本を見て「なぜ自分達が取れないのか」と嘆き、ノーベル賞の数を比較し、日本を見ながら「どうやったら受賞できるのか」を考えたりしているのよ。


    マリサ
    これなんかおかしくね?
    重要なのは「どうやってノーベル賞を取るか」じゃなくて「どんな研究をするか」だろ。
    だいたい重イオン加速器を「ノーベル賞製造機」とか何を考えてるんだよ、本末転倒過ぎだろ。


    レイム
    「どういう研究をするか」という視点で見たらそうね。
    でもね、「すぐにわかり易い成果を求める」パリパリ精神のある韓国では、結果とは研究成果の事じゃなくてノーベル賞を受賞する事なの。


    マリサ
    それじゃノーベル賞を受賞できない研究は価値が無いみたいじゃないか、おかしすぎだろ。


    レイム
    でも彼らの社会ではそういう「わかり易い権威」に価値があるのよ。
    結果「ノーベル賞を取るため」にこんな事をしているわ。

    「ノーベル賞レベルの研究」 …ソウル大が100億ウォンの顕微鏡導入へ
    2013年12月09日10時51分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/198/179198.html

    ソウル大が100億ウォン(約10億円)台の最先端顕微鏡を導入する。大学内の基礎科学研究共同機器院(機器院)は2日、「調達庁を通じて競争入札を進行中」と明らかにした。
    (中略)
    ソウル大はノーベル賞レベルの研究のために装備の導入を決め、昨年4月に理工系教授を対象に装備需要調査をし、この顕微鏡を選定した。


    レイム
    記事にもあるように、ノーベル賞受賞目的で韓国最高学府であるソウル大額が非常に高価な顕微鏡を購入したり。
    この記事で批判されているように、

    【取材日記】ノーベル賞シーズンになると憂鬱なソウル大
    2014年10月15日07時49分
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/329/191329.html

    (前略)
    しかし韓国の科学政策は違う道を進むようだ。人文学部のC教授は「韓国の政策は、ノーベル賞受賞者を出すといって可能性がある学者に巨額を集める」とし「さらにノーベル賞を受賞できそうな学者を韓国に迎えようという雰囲気もある」と述べた。ノーベル賞という花を咲かせることができる基本の土壌を作るより、苗木を移して植えるということだ。ノーベル賞はその国の科学が世界的なレベルに発展したという証拠にすぎず、目標にはならない。一つの分野に没頭する研究者が増え、その研究者の熱意を後押しするシステムを構築するのがもっと重要だ。「科学に飽きた」という学生の心がまた科学に向かう時、私たちはノーベル賞を話すことができる。


    レイム
    「ノーベル賞を取れそう学者」に研究費を集めたり、外国から高い報酬を払って学者を迎え入れたりしているのよ。


    マリサ
    それなんか意味あるのか?


    レイム
    学術研究としてはほぼ無いわね。
    しかもね、この有様なものだから、韓国の科学政策は最初の観光事業と同じで政権や日本が「どんなノーベル賞を取ったか」で次々と変わっていくうえに、すぐに成果が出せないと簡単に飽きてしまうので一貫性も節操も無いわよ。


    マリサ
    これ、まじめに研究している人がかわいそうすぎだろ。
    まあいればだが。


    レイム
    一応いるわよ。
    そう言う人は大抵が外国へ向かうわ。


    レイム
    しかも理系はまだいいのよ、単に予算が来なかったり注目されなかったりする程度で済むから。
    歴史学とかそっち系はもっと悲惨よ、韓国人世論が気に入る歴史観に沿わない結果を出すと、暴力と恫喝による脅迫をうけて場合によっては社会的に破滅させられるのだからね。


    マリサ
    こわっ!


    日韓問題にも関係


    レイム
    そしてやっとここからが日韓問題になるわ。


    マリサ
    前フリだけでもうおなかいっぱいだぜ。


    レイム
    まだ前菜よ、ここからがメインなのに何を言ってるのよ。


    マリサ
    相変わらず日韓問題はヘビーだぜ。


    レイム
    それでね、ちょっとたとえ話をするわね。
    例えばだけど、18世紀に駿河湾で見た事のない魚がうち上がって大騒ぎになったって記録が新たに出てきたとするわね。


    マリサ
    まあ駿河湾ってすぐ目の前が深海だし、そこから珍しい深海魚でも流れ着いたんじゃないか?


    レイム
    日本人の考え方だとそうなるわね。
    過去の事例や客観的に観測可能な事実から、「ありえそうなこと」を導き出すわけね。


    レイム
    でも韓国社会の場合は違うのよ。
    パリパリ精神と独特の正しさの概念によって、「自分達が見たいもの」が事実と定義されるから、たとえばだけどこんな事になるわ。


    レイム
    駿河湾で18世紀に見た事もない魚がうちあげられた、当時の日本人が見た事がないという事は、これはきっとシーラカンスの事だ。


    マリサ
    いくらなんでもぶっ飛びすぎだろ。


    レイム
    まあまあ、まだ続きがあるから。
    発見されたのがシーラカンスという事は、シーラカンスを世界で最初に発見したのは日本人という事になる、更にここからシーラカンスの起源は日本という説も推定される。


    マリサ
    何を言っているのかさっぱり解らんが、とりあえず前提の導き方がおかしいのだけは解った。


    レイム
    要するにね、韓国的価値観では正しさに根拠が必要ないと過去動画で解説したでしょ?
    その影響で、願望がそのまま結論に直結される思考をする場合が多いのね。

    ※過去動画「【日韓問題】日韓で異なる「正しさ」の概念 前編 後編」を参照






    レイム
    そしてこの願望がパリパリ精神によって色んなステップを飛び越えていきなり事実化して、そしてそれを前提にして次々と別の枝葉に飛躍していくわけね。


    マリサ
    これじゃそもそも事実が一つもないんだが、流石にこれは極論過ぎないか?
    いくらなんでもここまで無茶苦茶とは思えないんだが。


    レイム
    マリサ、甘いわね。
    過去動画で紹介した慰安婦問題を思い出してみて。
    あれって今なんで日本と韓国がもめているかといえば、韓国が慰安婦の定義を「軍や国の命令で軍人や官憲が直接的に行った奴隷狩り」と定義して、その法的責任を日本に求めているからでしょ?


    マリサ
    ああ、確かそうだったな。


    レイム
    ああいうの、このロジックに基く思考がされているからなのよ。
    前提を願望で作り出し、その願望を元に次々と「歴史的事実」を創作してしまい、更にその創作が別の創作の歴史的事実の出発点になる、だからこんなことになっているわけ。


    マリサ
    あれが実例なのか。


    レイム
    あとは韓国起源説なんかもそうね。
    いずれ紹介する折り紙の韓国起源説なんて、現代韓国でコッカルという帽子が紙で製作されているという話と、道銑国師って人物のエピソードとして、紙が鳥に変わって飛んで着地した場所に玉竜寺を建てたって逸話を飛躍させ、更に日本に渡来した僧侶曇徴(どんちょう)のエピソードを飛躍させ、「日本の折り紙の起源」を主張しているわ。
    「絵の具や紙墨をよく作り」とあるから紙も伝えたはずだ、だからこのとき折り紙も伝わったはずだって具合にね。

    『日本書紀』巻第二十二 推古紀
    十八年春三月、高麗王貢上僧曇徴・法定。曇徴知五經。且能作彩色及紙墨、并造碾磑。蓋造碾磑、始于是時歟。

    訳:推古天皇十八年(西暦610年)春三月に、高麗王は僧の曇徴と法定(ほうじょう、ほうてい)を貢いだ。曇徴は五経に通じていた。絵の具や紙墨をよく作り、さらには碾磑[1]も作った。思うに、碾磑を作ることは、この時より始まったのだろうか。


    マリサ
    これじゃ何でもありじゃないか…

    今回のまとめ
    ・韓国ではパリパリ精神と呼ばれる考え方があり、ひたすらせっかちな人が多い。
    ・パリパリ精神により、韓国ではノーベル賞が目的化している。
    ・事実関係の検証は軽視され、とにかく見栄えのいい結論に飛びつきやすい。


    レイム
    そう、まさに「何でもあり」なのよ。
    彼らは正しさに根拠を必要としないうえに、パリパリ精神によって「拙速を尊ぶ」傾向にあるの。
    結果、地道な検証作業は軽視され、こういう願望が直結したような結論が次々と出てくるわけね。



    マリサ
    しかも過去動画で解説した慰安婦問題や旭日旗問題、竹島問題なんか見ていると解るが、こちらが根拠を提示してもまるで意味が無いわけだろ?
    こんなの話し合い自体が無理じゃないか。


    レイム
    そう、無理なのよ。
    しかも彼らがこのパリパリ精神によって「すぐに結論の出る見栄えが良い形」にばかり拘る限り、同じ事は今後も続いていくし、話し合いをしてもずっと平行線よ。


    マリサ
    なんだかなぁ。


    レイム
    そんなわけで今回の本編はここで終わるわ。


    レイム マリサ
    ご視聴ありがとうございました。


    大口
    おつかれ~


    大口
    ところで、今回の話をすると「拙速は巧遅に勝る」って話が孫子にあるって突っ込みを入れてくる人が出そうだから、この件に触れておくね。

    拙速:つたなくても速いこと
    巧遅:たくみでも遅いこ


    大口
    まず結論を最初に書くと、これいわゆるチェリーピッキングの手法だからね。


    レイム
    というと?


    大口
    孫子で書かれている事から、文脈の都合のいい部分のみを抜き出しているって事。
    要するにこれは単に「出来が悪くても迅速であるほうがよい」じゃないんだよ。


    マリサ
    実際はどんな話なんだ?


    大口
    孫子ではね、まず戦は損害が出るからしないほうが良い、理想は戦をせずに勝つことだとして、そういう意味での戦略を重視しているのね。
    そのうえで、戦を完全に回避する事など不可能なのだから、いざ戦になるのなら事が始まる前に「勝てる準備をしておけ」と念を押しているの。


    大口
    そのうえで、戦は長引けばどうやっても損失がでるから、『戦略面の準備』を念入りに行った上で、戦を長引かせるくらいなら「戦術がよくなくても迅速であるほうがよい」としているわけ。


    大口
    要するに、単に「拙速は巧遅に勝る」じゃなくて、事前段階も含めた戦略で「念入りな準備=巧遅」が出来ていれば、損害を大きくしない目的での「戦術の拙速はいいよ」って話なわけ。


    大口
    世の中にはこれを勘違いしてね、戦略段階も含めて「全体が拙速でもいい」と思い込んでいる人が結構いるんだよね。
    あくまで念入りな準備をしたうえで、長引くと損害が出る場合の「非常手段」の話であって、「そうならないようにする」のが孫子なのにね。


    マリサ
    なるほどな。
    要するにうp主の前回の衛星解説みたいな拙速はダメな例って事だな。


    大口
    な、ななななななな、何の事を言っているのかな?


    レイム
    マリサの餃子の件もね。


    マリサ
    レイムが何を言ってるかさっぱり解らんぜ。


    レイム
    まあいいわ、そんなわけで今回はここで終わるわね。


    レイム マリサ 大口
    またらいしゅ~




    お知らせ。
    このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
    そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。



    人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


    クリックで人気ブログランキングへ


    以下は当ブロマガのお勧め記事マイリストです、もしよかったらこちらもどうぞ。




    動画版マイリスト