韓国における一般的な慰安婦像問題に対する認識と問題意識
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

韓国における一般的な慰安婦像問題に対する認識と問題意識

2017-01-11 23:24
  • 20
  • 8

さて、本日は一連の慰安婦像問題に関連し、韓国内でこの問題がどう考えられているのかや、この問題に関しての韓国の誤算についてなどを書きます。


一連の慰安婦像問題に関連し、現在韓国では韓国的価値観における「易地思之」という考え方や「約束の概念の違い」、自己の優越性や正当性は他者の劣等性によって証明されるとする考え方によって、「日本が問題を起こしている」という認識が大勢となっている。


また、こうした背景から韓国内ではこの件で韓国側の態度に否定的な意見を持つことが事実上タブー視されるようになってきており、更に「主観的・絶対的正しさ」に基いて「アメリカは韓国を助ける」と想定していたが、それが全く逆の結果になりそうだと気付き、激しい動揺と「(不当な扱いを受けているという認識から)頑なな態度」が加速している。


韓国はこの状態であるため、この問題で「日本の態度を批判する」以外の選択肢が無く、かといって国際社会の支持を取り付けることが出来なければこれ以上何をすることも出来ず、今後は「日韓友好論者の支援で日本側を折れさせる」という方向へ持っていく可能性が高い。


※一部を除き、引用記事が日本語の場合には文中にリンク用アドレスとタイトルのみ表記、韓国語のものやリンク切れで参照不能な記事のみ文末にまとめて本文を引用します。
※本文中のリンクは引用の元記事、或いはインターネットアーカイブやウェブ魚拓(別サイト)へのリンクです。


1:韓国的価値観だからこその反応


まずはこちらの記事から


専門家"「少女像」国際裁判所付託必要...勝訴の可能性高い」
聨合ニュース(韓国語) 2017/01/10
http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2017/01/10/0503000000AKR20170110089400014.HTML

(ソウル=聯合ニュース)イ・サンヒョン記者=釜山日本総領事館前慰安婦少女像の設置で日韓外交葛藤が増幅される中、国際法的対応を考慮しなければならないという専門家の主張が出てきた。

イ・ギボン峨山政策研究院研究委員は10日のブログに掲載した文章で、「韓国政府は日本政府に向かって少女像問題の国際裁判所付託を提案する必要がある。少女像の設置が大韓民国の国際法違反として結論が出される可能性はほとんどない。」と明らかにした。

この研究委員は、まず、「2015年の「慰安婦合意」で、私たちの外交長官は「日本政府が韓国少女像について公館の安寧を憂慮する点を認知し、関連団体との協議の下に適切に解決されるように努力する」と述べた」としながら「大韓民国政府が関連団体との協議などを通じて問題を解決するために最善を尽くして努力したにもかかわらず、少女像が設置されたとすれば、法的責任は存在しなくなる。」と指摘した。

彼はまた、「接受国は公館の安寧を妨害したり、品位の損傷を防止するために、すべての適切な手順を踏む特別な義務を負う」という内容の「外交関係に関するウィーン条約第22条2項」にも大韓民国の国際法違反が認められにくいと見た。

彼は「すべての適切な手順を踏む義務」は公館の品位が損なわれる可能性の程度に応じて、程度が可変である義務」とし「大韓民国政府は、日の丸が燃やされないようにするもっと大きな注意義務を与えられているが、少女像設置については、必ず設置されないようにする程度の義務を与えられていないことを意味する。」と強調した。

この研究委員は、「現在の安倍の挑発的な言及は、日本政府内で国際法的争点を整理しないまま表現された政治的または外交的修辞に過ぎない」とし「日本が国際裁判所付託提案を受けると、大韓民国政府は、勝訴の可能性が著しく高い国際裁判を実行すればよい。」と主張した。

彼はまた「もし大韓民国政府が少女像の問題を国際裁判所で解決しようとする場合、特に米国はこれに対して大いに歓迎するだろう」と付け加えた。


この記事なのですが、色々と日本人から見ると不可解な部分が多いでしょうが、最も重要な部分はこの記事の通りだと仮定した場合、私達の一般的な常識の範囲で考えると「関連団体との協議の下に適切に解決されるように努力する」が具体的にどのような行為を指すのかを説明しないといけなくなるはずであることです。


しかし、上記の記事ではその最も肝心な部分が説明されていないので本来は意味がありません。


また記事では、「公館の品位が損なわれる可能性の程度に応じて、程度が可変である義務」とし、日の丸が燃やされないようにする等の努力をしているのだから、「少女像設置については、必ず設置されないようにする程度の義務を与えられていないことを意味する。」という理論立てとなっています。


これに関しても、要するに「もっと酷いことにならないようにしているのだからこれくらいは大目に見ろ」と言っているだけであり、とてもじゃないですが「本来は」公館の品位や威厳が損なわれないようにする義務が守られているとはいえません。


ではなぜ上記記事があのような結論になっているのかといえば、以前も記事で紹介した「契約や約束に関する概念の違い」や「易地思之の概念」「他者の劣等性によって自己の優越性や正当性が証明される」という価値観が関係しています。


参照記事
戦後70年談話と韓国人の易地思之という概念
日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
韓国人が日本人から嫌われる根本的原因


以前の記事でも書いたように、日本と韓国では「約束」の概念が大幅に異なっており、彼らの価値観では約束とは「相手の話を聞いた」程度の認識であり、その認識であるため後から都合が悪ければ(仕方の無い理由があるのだから)「内容を変更してもかまわない」と考えるのが一般的です。


また、易地思之の概念では、「相手は常にこちらの事情や気持ちを考えなければいけない」という考え方であり、この考え方では理論上は存在しますが実質的には「自身が相手の気持ちや事情を考える」という発想がありません。
つまり自分がその件でどう感じるかが全てです。


更に、彼らの価値観では自身の正しさや優越性は「いかに相手が劣等であるか」で決定されるという特殊な考え方があるため、自己の「正しさ」を主張する場合や実感する場合、持論がどう「正しいのか」よりも「相手がどれだけ劣等か」が重視されます。


上記の記事にこれらを当てはめると色々と謎が解けてきます。


記事中で「大韓民国政府が関連団体との協議などを通じて問題を解決するために最善を尽くして努力したにもかかわらず、少女像が設置されたとすれば、法的責任は存在しなくなる。」としているのが「理由」になります。


つまり、自分達はこれだけ努力したのだから相手はその事情を考慮しないといけない=易地思之であり、また努力をした上での結果だからやむをえない事情があり、「大韓民国の国際法違反が認められにくい」という結論になっているのです。


そしてそのうえで、これら事情を考慮せず韓国を攻撃する日本のほうが問題であり、だからこそ「韓国政府は日本政府に向かって少女像問題の国際裁判所付託を提案する必要がある」と劣等性の指摘を行い、そこから自己の「正しさ」を導き出しているわけです。


こうして上記の記事では韓国独特の価値観やルールによって、「韓国は問題ないが日本は問題だ」という結論に至っているわけですが、今回の慰安婦像の件では他の事例でも同様のプロセスで「正しさ」が確定されているため、現在の韓国では慰安婦像問題における韓国側の態度に異論を挟むことが出来ません。


このような背景から、流石に韓国政府は不味いとは考えているようですが、はっきりと「移動させろ」と主張することが出来ず、責任を釜山東区に転嫁しようとして拒否されたり、腰が引けた状態で「政府や該当の自治体、市民団体などが知恵を集められるよう期待する」という投げやりな態度を取っています。


外交部の釜山少女像移転要求に、釜山東区庁長「自分でやれ」 ハンギョレ新聞 2017.01.10
釜山の少女像 韓国政府が重ねて「適切な場所」に言及 聨合ニュース 2017/01/10


「正しさ」が日本の劣等性や「(韓国的価値観による)やむをえない事情」によって確定してしまっているので、不味いと解っていてもこれ以上の反応はできないわけです。


そしてむしろ韓国では、この「正しさ」を背景として「韓国政府が弱腰だ」という意見が大きくなってきており、最早「状況を改善する」どころか「更なる悪化を防げるかどうかすら怪しい」状態になってきています。


安倍首相「10億円出した」…公式反論もできない韓国外交部(1) (2) 中央日報 2017年01月09日
日本大使を呼んで「抗議」ではなく「面談」したと発表した外交部 東亜日報 January. 07, 2017


つまり、日本のいくつかのメディアが言うように日本側の態度が問題云々ではなく、彼らはそもそも慰安婦合意に根本から納得しておらず、慰安婦合意破棄と慰安婦問題での日本への攻勢=日本の劣等性の指摘=韓国の優越性の証明を韓国政府に求めているのです。


そして彼らは、このようなロジックを経て「日本による不当な圧力には対抗すべきだ」という世論を形成するに至っています。


結果韓国では、次期大統領候補全員が何らかの形で「慰安婦合意の破棄或いは再協議」を主張しており、既に「不可逆的解決」が韓国内で機能していません。


少女像設置問題 「10億円返そう」=韓国最大野党 聨合ニュース 2017/01/09
試練の韓国外交 日中からの圧力に加え北朝鮮ICBMも 聨合ニュース 2017/01/09
慰安婦:韓日関係改善、日本に反省を求める韓国大統領選有力候補者たち 朝鮮日報 2017/01/09 (1/2ページ) (2/2ページ


多少保守系などから異論は出てきていますが、上記のように既に「正しさ」が確定しているため主張は弱々しく、また下手に批判すると「親日派」として攻撃される状態であるため、現状日本が何をしようとも将来的な合意破棄は変わりません。


(※1)
漫画家ユンソイン、「少女像」嘲笑論議"初めから日本料理店の前に置こう" イルヨ新聞(韓国語) 2017.01.10


2:韓国の誤算と動揺


上記のような状態であるため、一見すると韓国は現在「非常に強気な状態」であるかのように見えます。


しかし実態は韓国内にかなりの動揺が広がっており、現在の攻撃的な世論はある意味でその裏返しから来るものです。


なぜ韓国がこの件で動揺しているのかといえば、勿論日本政府が予想外に強硬な態度にでたという事もあるのですが、他にもう一つ大きな原因があり、そこには韓国独特の考え方である「イガン(離間)ヂル」というものが関係しています。


朴槿恵、アンタは何様か! 否韓三原則で対韓不干渉を貫け【古田博司】 WiLL/yahoo 2014年1月20日
韓国の「言いつけ外交」は民族的習性のせい? iza 2014.2.15 (1/4ページ) (2/4ページ) (3/4ページ) (4/4ページ


このイガンヂルとは、詳しくはリンク先の記事を読んでもらうとして、要するに他者に対して気に入らない相手の悪口などを積極的に言って回る行為のことなのですが、先ほども書いたように韓国では「他者の劣等性=自己の正しさ」でもあるため、イガンヂルには「いかに自分が正しいかのアピールをする」という意味があります。


慰安婦問題などでも、韓国は積極的にこの「イガンヂル(自己の正しさのアピール)」を行っていたわけですが、彼らは先ほども書いたように今回の慰安婦像の件で「韓国の正しさ」をその独特の価値観によって確定させていたので、アメリカは「韓国の正しさを理解する」と想定していました。


しかし実際はその予想が覆されてしまい、次々と「(韓国人にとっての)予想外の態度」を取られてしまったのです。


慰安婦:NYタイムズ「合意を崩壊させてはならない」 朝鮮日報 2017/01/08 
駐韓日本大使の一時帰国 米国「外交官行き来は珍しくない」 聨合ニュース 2017/01/10


その動揺はかなりのもので、それを良く表す事例が丁度先日発生しています。


以下の中央日報の記事では、アメリカのバイデン副大統領が安倍首相に対して「釜山の少女像の設置に関連した日本の措置計画に対して状況の悪化を避けるように呼びかけようとした」としており、その事を日本政府や日本のメディアは都合が悪いため隠したと主張していました。


また朝鮮日報でも、「日本がバイデン副大統領の警告を都合よく歪めている」と報じていました。


バイデン米副大統領が安倍首相に話した内容を日本政府がわざと削除? 中央日報 2017年01月09日
慰安婦:謝罪・反省しない日本、米政権交代期に乗じて大攻勢 朝鮮日報 2017/01/09


しかしそもそもなぜ韓国の外交部が日本政府とアメリカ政府の電話会談の詳細を知っているのかということになるのですが、実は別の記事を読むとその真相がわかります。


安倍首相「10億円出した」…公式反論もできない韓国外交部(2) 中央日報 2017年01月09日


こちらの記事では先ほどの引用の断定的な表現と違い「外交部の関係者は「バイデン副大統領は安倍首相との電話で日本側の強硬な措置に懸念を表すことに傍点を打ったと理解しているが、日本メディアは別の方向で報道している」と憂慮した。」となっています。


要するに、このバイデン副大統領の憂慮と呼ばれるもの自体が、韓国外交部の「願望でしかない」のです。


つまり、国内向けに「アメリカも韓国の側に立ち日本を非難しているのだ」と政府がプロパガンダを行わなければいけないほど、アメリカが韓国側の行動に好意的になってくれなかったことがショックだったのです。


要するに、イガンヂルによって「韓国の正しさ」をアメリカに証明したはずが、予想外に正しさが理解されなかったため韓国側はその状況が理解できず、韓国内に少なからず動揺が広がったわけです。


韓国的価値観では、相手の劣等さを指摘できれば韓国の行いの正しさが国際社会に理解されるはずであり、これまで韓国は「それが上手く行っているもの」と考えていたからです。


一見すると韓国はこの件で自信満々に見えていますが、このように内部ではアメリカなど国際社会に依存して状況を解決しようとしていただけであり、それが出来ないと徐々にわかってきたため、「単に頑なになっているだけ」という状態なのです。


3:高まる日韓友好論者への依存


今回書いたように、韓国は国内的には韓国的価値観によるロジックで世論の「正しさ」が確定し、それに反する意見はほぼ社会が許容しないという状態になっていますが、同時に韓国的価値観における「正しさの確定」が国際社会に通じず、社会的に動揺も広がっています。


そしてここで注目すべきは、こうなってくると韓国では一般的に「日本に助けを求める」という状態になることが多いのです。


そして実際、「誰なら助けてくれるのか」を彼らは既に吟味し始めています。


例えば以下の記事では、良心的日本人(例1 例2)と韓国人達が呼んでいる、私が便宜上「日韓友好論者」と呼んでいる人々のうち自民党内の日韓友好論者へ目を向けていますが、どうやら無理そうだと気付いた記事です。


慰安婦:日本政界の親韓派、連日の韓国批判 朝鮮日報 2017/01/09
岸田外相「慰安婦合意、世界の多くの国々が高く評価」…国内外からの圧力 中央日報 2017年01月10日


そして、彼らは今回の日本政府の措置に対し世論が、「評価する」50%、「評価しない」9%、「どちらとも言えない」32%という結果になっていることも知っていますので、直接世論に呼びかけるのも無理そうです。


世論調査 安倍内閣支持する55% 支持しない29% NHK 2017年1月10日


ではどうするかといえば、いわゆる親北朝鮮系の日韓友好論者への依存度が今後増えていくのです。


たとえば、朝日も含め以下のように韓国側に立ってくれるメディアは幾つもあります。


釜山の少女像 合意の崩壊を危惧する 毎日新聞 2017年1月7日

日韓関係「逆風」 改善の流れを止めるな 神奈川新聞 2017年1月7日
韓国外相、世論の険悪化懸念 少女像問題巡り駐韓大使に 朝日新聞 2017年1月7日


しかしこうしたメディアはあくまで「北朝鮮や朝鮮総連の意向の延長」として韓国側に立っているだけなのですが、韓国ではそうしたことが「韓国で国内の親北系を批判している人々さえ」なぜか問題にしていません。
完全に彼ら日韓友好論者はノーマークです。


そのため、今後は以前にも増して韓国による彼らへの依存が強くなり、またこうしたメディアも韓国の望む通りに無責任な報道を繰り返すことになるでしょう。


そして重要なのは、勿論国際社会へ向けて「日本の主張やスタンス」を周知していく事は重要ではありますが、韓国は今回書いたように自縄自縛で有効な対策が何も出来ず、ただひたすら過激な世論に流されるだけなので、実はあまり脅威ではありません。


問題は今回書いたように親北系の日韓友好論者で、彼らはメディア内にも多くまたメディアと繋がりが強い人々も多いため、日本で韓国関連のミスリードや印象操作を目的とした記事が増え、更にそれを「外国へ輸出する」動きも加速するでしょう。


今後注意していかなければいけないのはこうした人々です。
勿論、日韓の価値観の違いを理解しないまま、安易な行動に出る人々も今後増えそうなのでそちらはそちらで問題ですが、重要度ではこの親北系日韓友好論者のほうが大問題です。


なまじメディアとして国際的な発言力があるので、状況を引っ掻き回して足を引っ張ることが可能だからです。



お知らせ
前回の記事のコメント欄で黒猫三角さんという方がコメントをされていたのですが、同様の内容がtwitterでネリナナリネさんという方からも行われており、恐らく同一人物であろうとの判断から、twitterのほうにまとめて回答と質問を行っておきました。


もし違っていた場合でも、回答と質問は同じですので黒猫三角さんはお手数ですが以下のリンクを参照し回答をお願いします。
いずれにせよ回答をお待ちしております。


回答はこちらのコメント欄でもtwitterでもどちらでも問題ありません。


https://twitter.com/nerinanarineyo/status/818935976038834177



人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事マイリストです、もしよかったらこちらもどうぞ。










(※1)
漫画家ユンソイン、「少女像」嘲笑論議"初めから日本料理店の前に置こう"
イルヨ新聞(韓国語) 2017.01.10
http://ilyo.co.kr/?ac=article_view&entry_id=225388#close_kova

漫画家のユン・ソインが少女像を嘲弄して物議を醸している。

9日、ユン・ソインは自分のFacebookに、「いっその事、我らの少女像を日本食専門店の前ごとに建てよう」と書き込んだ。

彼はまた、「少女像が寒くないようにマフラーと靴とコートは基本、ピザも注文してあげて、退屈しないようにスマートフォンも1個ずつ与え、ハンサムな少年像も横に建て、健康検診CT撮影内視鏡もしてあげよう」と少女像を嘲弄した。

ユン・ソインは、「このような銅像を百万体建てると我が民族の悲痛な恨みが癒される。そのまま早く国交を絶って攻め込もう。いや、そんなに嫌だと罵詈雑言を書きながら、なぜ戦争はできないんだ」と述べた。

引き続き彼は、「そんなもの聴聞会・国政調査にならない。今すぐ宣戦布告しよう。作戦名“少女の祈祷”、胸がジンとする」と嘲弄した。

ユン・ソインの書き込みに対してネチズンは、『少女像』を嘲弄したと不快に思った。

ネチズンは、「こういう論理がどこから来るのか分からない」、「ユン・ソインの言葉に共感する者がいるのが恐ろしい」、「ユン・ソインの極端な態度が非常に不愉快だ」などの反応を見せた。



広告
他10件のコメントを表示
×
執筆お疲れさまです。

今回の記事を読んでいると、「何が(誰が)正しいか」を基に思考することがいかに危険かがよく分かりますね。韓国は自分たちが正しい側にいれば勝手に問題が解決すると思っているようですが、本来は「問題の解決」と「正しさ」には何の関係もないのですよね。つまり、「どうすれば問題が解決するか」を基に思考し、実際に行動しなければ問題は解決しない。

しかし、韓国記事の解決策は結局のところ、国際裁判で韓国の「正しさ」をアピールすればいいというもの。これじゃあ、慰安婦問題が韓国内で解決することは永遠にないでしょう。そもそも、韓国にとって慰安婦問題は自分たちが正しい側に立つための道具でしかなく、解決すべき問題になっていない。そうなると、日本としては慰安婦問題が解決しないことを前提に、いかにこの問題で損害を被らないよう行動するかが重要ということですかね。

さしあたり、大口さんのいうところの「日韓友好論者」の主張を無力化して行くのが課題でしょうか。しかし、主張自体を止めさせるのは無理ですし、こちらの反論も無視する以上こうして実態を知る人を増やしていくしか方法がないんですよね。
1ヶ月前
×
配信お疲れ様です。
 韓国に残された手段は「日韓友好論者の支援で日本側を折れさせる」ですか、毎度のことと言えばそうですがこれに付き合うたびに朝日などの新聞社は信用と売り上げを落としていくのにどこまで付き合うつもりなんでしょうね、いくら特殊な思想に染まっているとはいえ会社なのだから稼いでなんぼのはずなのにいい加減上層部や株主辺りから方針転換を求められたりしないのか?と不思議に思ってしまいます。
 まぁ、どういう形であれ慰安婦問題が注目を浴びているときは朝日不買運動をしている自分としては美味しい期間なので利用させてもらうだけなんですがね、
1ヶ月前
×
>専門家"「少女像」国際裁判所付託必要...勝訴の可能性高い」

一体これに何の意味があるのかよく分からない。
日本政府はウィーン条約に違反しているから売春婦像をどかせと言っているのではなく、あくまで日韓でどかす事に合意したのだから「どかせ」と言っている。
仮に国際裁判において韓国がこの件で勝訴しても、日本が「ウィーン条約に違反していようがいまいが、それとは別に日韓で撤去に同意しているのだから、韓国は撤去義務がある」と言えばそれまでなんじゃないか。
もっとも、そもそも国際裁判所で韓国が勝訴する可能性自体、無いのではないか。
1ヶ月前
×
記事配信ありがとうございます。

日本国内の報道を見ると、早速「日韓友好論者」による世論誘導が始まっているようですが、
今回の件で日本政府が執った措置に対してのみならず、話題のトランプ次期米大統領への批判においても、
以下に挙げるような同じ手法が採られているのが目に付きます。
「冷静になれ」「大人の態度が望まれる」「大人になれ」という言葉が多用されいるように感じます。
要は「こちら(保守派)から折れろ、相手(特亜やリベラル派)を優先しろ」という方向へ誘導したいということなのでしょう。

今後も日米のみならず、世界の保守派に対するリベラル陣営(世界の大手メディアはこの陣営に属す)からの批判には、
まずこの方法が用いられると思われます。
謙譲を美徳とする日本人の性格には効果がある手法でしょう。それで何度と無く韓国を始めとする「声の大きい相手」に
やり込められてきたわけですし。

しかし、今回の日韓同意の件のみならず、今後も日本はブレずに毅然として前進し「言うべきことは言う、やるべきことはやる」を
きっちりとやり続けることが必要だと思います。それこそが「大人」でしょうから。
大口さんのブログで度々ご説明いただいているよういに、韓国人から見たら「冷たい態度」と思われるくらいで行きましょう。
1ヶ月前
×
 (参照部分除く)小見出し1の終わりから23行前<こうして上記の記事では韓国独特の価値韓や>誤字です。
 小見出し2の11行目<正しいかのアピールする」>「正しいかのアピールをする」か「正しいかアピールする」が適切だと思います。

 「良心的日本人」は良心から韓国に協力していると思っているから親北系日本メディアについてスルーなんじゃないんですか?(笑)
1ヶ月前
×
>>15
指摘ありがとうございます、修正しました。

あくまで私見ですが、韓国人は良心的日本人の中に親北系がいるという事を意図して「見なかった事」にしているように見えます。
朝日などへの態度がそうしないと説明つきません。
1ヶ月前
×
イガンヂルについて、質問をさせて下さい。
韓国人の感性では、それが自分に向けられたものでなければ、イガンヂルを行う人に対して嫌悪や侮蔑といった類の感情を抱かないのでしょうか。
陰口や告げ口を行う者は、「人として(自分よりも)程度が低い」という考えが有ったとしても、自分が行う時は「然るべき理由があっての事」なので「貶められる事など無い(有ってはならない)」といった感情が優先、もしくは打ち消しているのでしょうか。
1ヶ月前
×
>>17
厳密には、自身に向けられたというより直接自身の利益になる場合は勿論、自身の不利益にならない、或いは「国民(民族)情緒」に合致していれば「正しい」として受け入れ、逆ならば「卑怯な行為」として批判します。
たとえば潘基文氏は自身を巡るスキャンダル問題に対して「足の引っ張り合いではなく政策論争を」とイガンヂル批判を訴えていますが、朴政権や日本に対してはイガンヂルを行っています。

後半に関しては、そもそも彼らの価値観では「自分は全てにおいて正しい」という大前提があるので、どんな行為であろうと内容の如何に関わらず自己の行いは無条件に正しいという前提があると考えてください。
1ヶ月前
×
>>18
返信のコメント、ありがとうございます。
陰口や告げ口に対する悪感情はあるが、それが自身の行いへの自制と自省として、強く機能していない国民性という事でしょうか。
1ヶ月前
×
>>20
そうなりますね。
そもそもそのような考え方はあくまで「客観視」という概念があってこそですので。
主観で物事を考え、あらゆる事柄を「他者が悪い」とできてしまうので、そもそも自省や自制に繋がらないわけです。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。