北朝鮮に侵食されつつある韓国 (その2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

北朝鮮に侵食されつつある韓国 (その2)

2017-10-04 22:21
  • 15
  • 5

さて、本日は以前書いた「北朝鮮に侵食されつつある韓国」の続報となります。


以前書いたように現在の韓国はかつての李明博政権や朴槿恵が権力をかさに違法行為を続けた結果、韓国内の親北派の逆襲に合い、逆により北朝鮮に国内を侵食されるという事態になった。


更に最近になると、文大統領の側近が意図してアメリカとの関係を悪化させるような発言をしたり、政権に近い人間が北朝鮮の核保有を容認する趣旨の発言をしたり、教育現場で公然と金日成を賛美する副教材が使用されるなど、手のつけられない状態になってきている。


そしてこの問題がより深刻なのは、このような状態でありながら現状文政権は高い支持率を維持しており、さらにその高い支持率の中心は若い層であるため、長期的に見ても現状を立て直す手段が殆どない事にある。



※一部を除き、引用記事が日本語の場合には文中にリンク用アドレスとタイトルのみ表記、韓国語のものやリンク切れで参照不能な記事のみ文末にまとめて本文を引用します。
※本文中のリンクは引用の元記事、或いはインターネットアーカイブやウェブ魚拓(別サイト)へのリンクです。



1:大手を振る親北派


まずはこちらの記事から

連日の突出発言、韓国の安全保障が抱える「文正仁リスク」
朝鮮日報 2017/09/30
1/3ページ) (2/3ページ) (3/3ページ

 文正仁(ムン・ジョンイン)大統領特別補佐(統一・外交・安全保障担当)が韓国の外交・安全保障の「不安要素」になっている、という批判が韓国政府内外から上がっている。

 文特補は「個人の発言」と主張したが、「韓米同盟が崩れようとも戦争は駄目だ」とか「北朝鮮の核を認めるべき」といった趣旨の発言は、韓米同盟に亀裂をもたらし、北朝鮮の核問題を悪化させる要因として作用している。韓国政府の公式の立場と大統領特別補佐の発言に差があるという事態が続き、外交的混乱も起こっている。「文正仁リスク」という言い回しまで生まれた。韓国の野党各党は28日、一斉に文特補の解任を要求した。しかし韓国大統領府(青瓦台)は「肯定的・否定的側面どちらもある」として、解任の計画はないことを明らかにした。
(中略)
 文特補が「事故」を起こすと大統領府や韓国政府の関係者が「後始末」に乗り出す-ということが繰り返されているが、文特補はむしろ発言のトーンを強め、回数も増えている。これについて、韓国政界では「最近、国防部(省に相当、以下同じ)の宋永武(ソン・ヨンム)長官と対立した際に青瓦台が文特補の肩を持ったことで、文特補が一層力を付けたから」とみている。文特補が宋長官の「斬首部隊運営計画」発言などを批判すると、宋長官は国会で「相手にしてはいけない人物」と反論した。すると大統領府は「思慮深く発言してほしい」と、宋長官を注意した。これを見た韓国政府・軍・政界の関係者は、一斉に「安全保障ラインの『パワーゲーム』で文特補が勝った」と見なした。

こうした状況のため、米国・日本などの各外信も、文特補の発言を韓国政府の公式の政策であるかのように報じている。ロイター通信は今月7日、文特補の「経済制裁が結局は金正恩(キム・ジョンウン)政権と北朝鮮の経済を崩壊させるだろうという仮定は間違いだった」という発言を引用しつつ、文特補のことを文在寅政権の「special advisor」(特別補佐官)だと紹介した。ソウルに駐在するある外国の報道関係者は「われわれは文大統領が文特補を通して本心を表明しているものと理解している」と語った。
(後略)

関連記事
文正仁・大統領特別補佐官の話、これ以上聞くに堪えない 東亜日報 September. 29, 2017

【社説】北の核保有は認めても韓国の戦術核は認めない対北宥和論者 朝鮮日報 2017/09/29 (1/2ページ) (2/2ページ



長い記事ですので今回の本題部分のみを抽出しますが、見てのように韓国の文正仁大統領補佐官が北朝鮮を擁護するような発言を繰り返し、しかもそれを止めるべき立場にいる文大統領自身が、文正仁補佐官を擁護するという状況になっているのです。


そしてこの補佐官が特に問題なのは、先ほどの引用記事にもある宋永武国防長官との対立の中身です。


元々は文補佐官が「(斬首作戦部隊を創設するという宋長官の発言は)実に間違っている」とメディアに発言、また「(宋永武国防長官が北朝鮮の核・ミサイルへの防衛について解説すると)それは全部米国的な用語。そんな用語で作戦計画を作ったら、米国の武器ばかり買うことになる。そういう部分はかなり否定的に考えている」とも批判した事が発端です。


北朝鮮危機:韓国国防相が大統領特別補佐を批判「学者の立場で騒いでいる」 朝鮮日報 2017/09/19


要するに文補佐官は対北朝鮮の軍事オプションや核ミサイル防衛、米韓同盟について非常に批判的であり、その事を公然とメディアに発言した結果、宋国防長官がそれに反発、更に文補佐官は過去に米韓軍事演習の縮小や凍結などの発言もしていたため国防長官の立場から反論したわけです。


その結果、なぜか政府の方針ともそれほど違わないはずの宋国防長官のみが厳重注意を受けるという事態になりました。


韓国大統領府が宋永武国防相を厳重注意 軽率発言続き 産経新聞 2017.9.19


他にもこの文補佐官は親北反米的な発言が目立っており、「(韓国政府による今年7月の)南北軍事会談提案に対し、米国のティラーソン国務長官が康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官(日本の外務大臣に相当)に強い口調で抗議した」と発言をしました。


「南北軍事会談提案で米が不快感」発言を韓国外交部が釈明 朝鮮日報 2017/09/28


これは「アメリカとの協議は充分にしている」「コンセンサスは取れている」とする韓国政府の公式見解と明らかに異なっており、韓国外交部(日本の外務省に相当)が火消しに奔走するという事態になりました。


現状の韓国では、ここまであからさまに親北反米の人物が政府内に深く入り込み、米韓同盟を揺るがしかねないような発言を繰り返しても何のお咎めも無く、むしろその事を批判した側が批判されるという状態になっているのです。


2:若い世代ほど文政権を支持


更に問題なのが、現状文在寅政権は就任当初より少し支持率を落としたわけですが、なぜか20代からは大統領就任直後とほぼ変わらない高い支持率を得ている事です。


文大統領の支持率67.7% 5週ぶり上昇 聨合ニュース 2017/10/02


全体としては67.7%と就任当初より15%ほど支持率を落としているのですが、記事にもあるように20代からの支持率は82%と群を抜いているのです。


これには韓国の主だった親北団体の一つである全教組という教員組合が関わっており、90年代末頃からこの組織はどんどん力をつけ、教育の場で韓国の否定、北朝鮮の肯定を刷り込む教育を続けているのです。


その結果、こうした教育を強く受けた現在の20代30代は北朝鮮に強い親近感を持つ人々が多いのです。


だからこそ、便宜上の保守であった李政権や朴政権はこれに危機感を覚え親北派排除のために違法行為を繰り返し、現在親北派からの逆襲を受けるという事態に繋がっています。


またこのような事情から、最近は特に韓国の否定、北朝鮮の肯定・美化の傾向が強くなってきており、最近も小学生向けのマンガで金日成賛美が行われている事が発覚したようです。


【コラム】韓国社会で金日成万歳を叫ぶ自由 朝鮮日報 2017/10/01 (1/2ページ) (2/2ページ



記事によると、マンガには「故・金日成(キム・イルソン)主席とその活動を称賛し、北朝鮮の農民たちが土地の分配に感激して踊りながら「金日成将軍万歳」と叫んでいる内容」などがあるそうなのです。


このような空気の中で現在の韓国では反米親北デモが大手を振って行われ


金正恩には言及せず「トランプのせいで戦争危機」と言う人々 朝鮮日報 2017/09/28


更に北朝鮮が現在の文政権による積弊清算という名の政争を賞賛するプロパガンダまで行っており、最早現在の韓国は水面下で「北朝鮮の意のまま」に動かされているような状況なのです。


北朝鮮メディア「積弊清算を肯定評価」、韓国国内の対立を助長 東亜日報 October. 03, 2017


現状、日本でもいくつかのメディアや政治家が北朝鮮の意向と全く同じ主張をしたり、北朝鮮が今度の解散総選挙を「特定メディアと同じ論調で」批判したりしていますが、このプロパガンダは日本で全く成功していません。


しかし韓国では、日本で行われている事と全く同じ事が行われ、それが「若い世代の大きな支持を得て」成功してしまっているのです。
これが今の韓国の姿です。


日本の特定メディアや政治団体が躍起になるのも、こうした「韓国での成功例」があるからでしょう。



お知らせ。
このニコニコのブロマガの仕様上、コメントが新たにあった事は解るのですが「どの記事にコメントがされたのか」を確認することが困難です。
そこで、もし過去記事に質問等私が何らかの回答を必要とするコメントをされた方は、お手数ですが最新の記事かtwitter「@ooguchib」のアカウントのほうへその旨を書いていただけると助かります。



人気ブログランキングに参加中です、もしよかったらクリックをお願いします。


クリックで人気ブログランキングへ


以下は当ブロマガのお勧め記事マイリストです、もしよかったらこちらもどうぞ。




動画版マイリスト






広告
他5件のコメントを表示
×
コメントされた方々が似たような疑問を持っているようなのでまとめて書きます。

まず親北派の現在の主張というのは、大筋で2000年に金大中・金正日会談によって合意された、「韓国側の連合制案と北朝鮮側の低い段階の連邦制案の共通性を認め、その方向で統一を指向」が基礎となっています。
詳細は以下を参照してください。

金正恩氏と膝を突き合わせるという文大統領、首脳会談を語るのは時期尚早だ
東亜日報 June. 16, 2017
http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/962045/1

そのうえで「一般の韓国人」のなかで親北的な人々の考えとしては、南北の和解による緩やかな連邦制移行によって政治的・経済的な統合を段階的に進めていくというものです。
日本のネット上で過去何度か話題となった「北の安い労働力で経済発展」「北と統合して核保有国になる」といった考えも元を辿るとここからきています。

つまり、あくまで韓国内での一般レベルの親北の人々の認識としては、「北による支配」というのはほぼ想定しておらず、あくまで韓国人の想定する都合通りに北が言う事を聞き、韓国人の考える筋書き通りに統合が進み人口増加による経済発展が見込めるという「取らぬ狸の皮算用」がベースにあるわけです。

ちなみに、いわゆる「従北」と呼ばれている政治的に完全に北朝鮮に同調している人々に関しては、恐らく北が韓国を飲み込めば韓国の経済力が手に入り繁栄できると考えている節があります。

>>3
まず朝日や毎日、いくつかの地方紙の論調などを読んでいると、韓国の「ろうそく革命」とそれに伴うデモを意識し、同じ事を狙っていると取れる内容が幾つも見受けられます。
特にいわゆるSEALDsの残党などは明らかにそれを意識しています。

また、そもそも彼らは「現実を一切見ていない」ので、「諦め」とは明らかにことなるというのが私の判断です。

最後に関しては、これは「来るべくしてきた」といったところですね。
以前からその兆候はありましたし、なにより慰安婦の偶像化が今年に入り一気に加速しましたので。
2週間前
×
>>9
横から失礼いたします。
自称従軍慰安婦の人たちや慰安婦像は本来韓国国内に滞留するはずだった恨を大量に日本へ排出したある意味において本当の女神さまや女神像だったのかも知れませんね、
2週間前
×
>>9
同じ民族だから敵じゃない、だから韓国にとって都合のいい形で上手くまとまると漠然と思ってる感じですかね
独裁者が治める国がすぐ近くにいてどうも反応がのんびりしてる理由も、これなら理解できるかなぁ
韓国人じゃないし韓国で教育を受けてないからか、どうも想像しきれないですw
2週間前
×
本日の様々なコメントを読んでいて、昨日記事チェックをしていたときに読んだ記事を思い出しました。
北朝鮮自体も以下のような主張をしているんですよね。
なかなか興味深い記事なので読んでみる事をお勧めします。

【コラム】「わが民族同士で韓半島問題を解決できる」のか
朝鮮日報 2017/10/04
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/04/2017100400062.html
(該当部分抜粋)
北朝鮮ほど「民族」を唱える集団もない。最近北京で会ったある「対南活動家」は「北の核は、わが民族を守るため作ったもの。北の核武力と南の経済力が手を組めば、わが民族は世界最高になる」と語った。
2週間前
×
「日本で教育を受けてる韓国人でも価値観は韓国のまま」と言っていたから
韓国人は教育の効果がない人種なのかとすら思ってたが
北朝鮮に強い親近感を持つ人々が多いのは教育の成果なのか
2週間前
×
 小見出し1の終わりから8行前<韓国外交部(省に相当)長官に>米国務長官が韓国のどんな地位の人物に抗議したか分かり易い方が理解し易いと思うので、「韓国外交部長官」が日本の外務省のどのポストに当たるかを補足した方がより分かり易くなる気がします。
 小見出し2の10行目<朴世間は>誤字です。
 〃13行目<小学生けのマンガ>脱字です。

 反日教育の日本と似ている所がある気がしますね。民間防衛にもある様に侵略の定石みたいですが…。汚い事を考え付くものだと感心します(笑)
2週間前
×
>>14
あの動画の説明の意図は、地域社会の民族コミュニティーや家庭での教育の影響という意味ですので、いずれにせよ教育の結果です。

>>15
指摘ありがとうございます、修正しました。
外交部の件は盲点でしたので助かりました。
2週間前
×
>>9
レス有難う御座います。

あと、大口さんの言う「日韓友好論者」の細分化の件についてですが、他にも問題点があったのを思い出したので改めて念押ししておきますね。
単純に「良心的日本人」が「日韓友好論者」とイコールでないケースが複数あります。
まず、対象の日本人が実は重度の親北・反韓の立場で国際テロに関する北朝鮮無謬論・韓国陰謀論まで唱えている人物でありながら韓国側のリサーチ能力が甘いせいで「良心的日本人」と評価されているケースです。(日本語に堪能で日本の動向に明るい一部の「ネチズン」の間では問題化)
そういう人物が「日韓友好論者」であるはずがありません。
次に、某作家や某歌手のように自分の作品を売り込むために行く先々で安易な人気取りに走る日本人達です。
彼等の発言全体を検証してみると、言っている内容がことごとく場当たり的で一貫性も無くバラバラであり、無責任なリップサービスに終始しているのは明白で【韓国を「敵の敵」として利用しようとするタイプ】とも【多文化主義をこじらせたタイプ】とも明らかに異なります。
そのような人物も「日韓友好論者」であるはずがありません。(むしろ正反対の発言をしている記録すら存在)
2週間前
×
記事の件から外れますが、マスコミ問題で今回のノーベル賞に関する毎日新聞があまりにもアレだったのでお知らせてしておきます。

ノーベル賞:文学賞にカズオ・イシグロさん 記憶の葛藤問う 人間の弱さ描く - 毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20171006/ddn/041/040/012000c

>イシグロさんがソファから身を乗り出したのは、私が「日本では東日本大震災後、負の歴史をなかったことにし、例えばヘイトスピーチを容認するかのような排外的空気が強まっている。どう思うか」と問うた時だ。

もう前後の脈絡もへったくれも無い無関係の案件の言質が取りたいだけの誘導尋問で、しかも、極度に主観的・感情的な事実歪曲が甚だしい。

>日本では近年、第二次世界大戦で犯した加害の歴史を封印したがる勢力が伸長し、内心の自由を抑圧したり集団的自衛権を一部容認したりする動きが続いている。

事実歪曲だけにとどまらず、自分が勝手に設定した負の要素に「集団的自衛権を一部容認したりする動き」を結び付ける支離滅裂っぷり、

>「大津波と原発事故の後の日本には、強いリーダーシップは必要でしょうね。南アフリカのマンデラ氏は成功しましたが、9・11後の米国は憎悪を多く生む結果になりました。日本の現状については知識がないからコメントできません」

しかし、一切相手にせず冷静に受け流すイシグロ受賞者。
自分のイデオロギーのためにイシグロ受賞者に迷惑かけるなよ、と。
2週間前
×
>>18
返事が遅くなってしまって申し訳ないです。
その辺り、あまり細分化してしまうと逆に混乱を招きそうなんですよね。
どうするべきがまだ結論が出ません。
1週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。