• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

総裁・大川豊 出る番組がないなら、局を作ればいい!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

総裁・大川豊 出る番組がないなら、局を作ればいい!

2014-04-02 20:44
  • 1

俺は就職試験153社落ちた男だ。
そして、自分で会社を作り、鏡で面接して、自分に内定を出した。
なので、“自分で自分に内定を出す”放送局を作った。俺はパソコンやネットは全くといっていいほどわからないが、ネットでさえ見られない芸人たちを放送することにした。
テレビでは絶対に見られない芸人たちを見て、ニコニコしてくれ。
心の免疫力が必ず上がる。

まず、最初は“恐怖の100円すっとこ”。
我々大川興業の若手育成ライブ「すっとこどっこい」は
20年以上続いているのだが、
その前に行われる「
100円すっとこ」が、何が現れるかわからない状況だ。

“デフレ芸人”“ダイソー芸人”“cando芸人”“シルク芸人”と、
激安便利日用雑貨芸人たちかと思いきや、
街道沿いの謎のリサイクルショップ前にある、手書きで
100円と書かれたワゴンセールに近い。

以前、リサイクルショップに、使用済みのカセットテープが
100円で売られていた。
“沢田研二ベスト”と背ラベルが貼ってあって、懐かしいなと思って買ってみたら、
普通の男の人がカラオケで歌っていた。
しかも、前奏部分では自己紹介が入る。
訳のわからない歌声を聞いてしまったのだが、懐かしくて一緒に歌ってしまった。
なんと不思議な出会いではないか。

だが、そんな予想もつかないような芸人たちが出ているのが「100円すっとこ」だ。
58歳で芸人デビューした大金田伏下(おおかねだふせした)さん。

33078f0d74e6fe57cffa78cade1e123e8bf41431大金田伏下さん。舞台に迷い込んだお客さんではありません。

もう
5年くらい出演し続けている。
独身で、お母さんと二人暮ししながら頑張ってきたのだが、
リストラに遭い、なぜかお笑いに目覚めた。
声が小さくて何を言っているのかわからない。
「レジ袋をかぶって“スケキヨ”ってやって、袋とってもキャーって言われました」と、
謎の芸風だ。
最近は、これから自殺しそうな人を思い留まらせるために本を書くという謎の動きもしてるそうだが、今は大金田さん自身の安否確認のためにネタミセに参加している状況だ。

 これだけでも十分すごいけど、
79歳のダンディーなおじいさんが出演したり、
ミニスカートの制服を着たキャバ嬢みたいな女の子のコンビが出てきて、
お互いの股間をまさぐりあい、
「手と手のシワを合わせて、幸せ」ならぬ、「手と手を合わせて、卵巣」なんてやっていた。

全く予想がつかない事態になっている。

今、キャバクラでもお客さんの方がキャバ嬢に気を使わなければならない状況の中、
わずか
100円で、こんなかわいい女の子が下ネタをやってくれる。
夢のようなコストパフォーマンスを提供していると言っても過言ではない。

この「
100円すっとこ」は、平日の夕方4時からスタートなのでなかなかお客さんも来づらい。
時には
30人くらい来てくれる場合もあるが、
客席が
3人で舞台上に20人と、はるかに出ている芸人の方が多いときもある。
時にはたった一人のお客さんのときもある。
投票でこの「
100円すっとこ」の優勝者を決めるのだが、
20人あまりの芸人たちがたった一人のお客さんを奪い合うのだ。
人生の投票の中でこんなに頼りにされる投票はないはずだ。


それだけじゃない。
100円すっとこには夢も詰まっている。
うちの新人芸人の場合、社会生活も侭ならず、
甘やかされて育ったのか雑巾一つ満足にしぼる事が出来ない者もいる。
雑巾を絞ったら手が切れたのだ。
逆にどう絞れば雑巾で手が切れるのか知りたいくらいだ。
そんな男を大川興業で育て直しをしているような状況だった。
当然、友達も彼女もできなかったそんな男が、
100円すっとこ」に出た途端、なななんと、ものすごくかわいい彼女が出来たのだ。
そんなことがありえるのか
!? 
成人エロ漫画雑誌の広告に載っているような、まさかのエピソードだ。
この石を買ったら、宝くじが当たりました!みたいな、
あれの現実版が「
100円すっとこ」で起きているのだ。
どうやったらこんな男にこんなかわいい彼女ができるんだと、ショックを受けると思う。

さらには、このライブで出会った芸人とお客さんが結婚したのだ。
これはすごいだろ。
漫画家の水島新司のモノマネをしながら「ドカベン」などの代表作をプロファイリングしていく芸風の松尾アトム前派出所という非常に覚えづらい名前の芸人だ。
239cc3c0b6dd217c42622da416d2b2b6cf9a69f9松尾アトム前派出所。胸には赤いリンゴのワッペン。

日ごろは農業をやり、仕事や舞台があると上京する“半農半芸”だ。
毎日リンゴを育て収穫し出荷しながら、ライブがあるときは東京に出てくる。
田舎の農家には嫁が来ない、サラリーマンでさえ結婚できない、
婚活のためのカウンセリングまで必要な人まで出てきている中、
結婚相談所に入ることも、お見合いパーティーに行くこともなく、
わずか
100円の入場料の「100円すっとこ」で結婚することが出来た。
1年間毎月通っても1200円だ。
結婚をして、ふたりで長野の実家に戻り、子供も生まれた。
実家の両親も、農家に嫁が来てくれた!しかも東京から!さらに孫もできた!と、
こんなすばらしい話はないだろう。
最近はさらに進化し、ライブのお客さんと直接果物の取引をしている。
劇場ロビーは築地市場状態だ。
農業の
6次産業化どころか、7次産業にまでなっている。

35676b24bd38ed8875bfede14c3de2ea568df833松尾アトム前農園のリンゴジュースを買ってご満悦の副総裁・寺田体育の日。

とにかく彼女はできるわ、結婚はできるわ、果物は売れるわ、
そのくらい
100円すっとこはカオスな状況で非常に面白い。
まだまだどんなカオスが起きるかわからない。  

こんなテレビでは見られない芸人たち、そして「100円すっとこ」を、
とにかくまずこのニコ動で見て、
免疫力を上げよう。

それから、勇気を出してナマで観て欲しい。
芸人たちの安否確認もかねて、直接会場にも足を運んでもらいたい。

ご来場、お待ちしています!

チャンネル会員ならもっと楽しめる!
  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。
ブログイメージ
大川興業大ブログ
更新頻度: 不定期
最終更新日:
チャンネル月額: ¥540 (税込)

チャンネルに入会して購読

コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。