AEメモ:MMDから出力した画像(映像)を水彩画っぽくする方法
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

AEメモ:MMDから出力した画像(映像)を水彩画っぽくする方法

2015-08-19 02:33
  • 1
  • 12

↑の作り方メモです(After Effects使用)

以下のサイトを参考にして作りました。
――――――――――――――――――――――――――
再現:スタジオジブリさんの水彩コンポジット
http://d.hatena.ne.jp/Aqu/20120622/1340324416
――――――――――――――――――――――――――


お借りしたもの
ポンプ長 / 夕立【td18019


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

■完成図とレイヤー構造
#1-3 色調補正やボケなど
#4-7 編集元となる画像
#8  背景


■01 MMD(MMM)でエッジ太さの異なる画像を書き出す
わかりにくいですが左はエッジを3.0pt、右は0.0ptにして書き出しています。
エッジ有りの画像は線画を合成するために用意します。
(レイヤー4:エッジ3.0ptの画像、レイヤー5~7:エッジ0.0ptの画)





■02 カラーのベースとなる画像(レイヤー7)を作製する

エッジ0画像に、以下のエフェクトを適用する。
[色相/彩度] 色相・彩度ともに30くらい
[ブラー(滑らか)] 10pt
[フラクタルノイズ] うっすらと。
[タービュレントディスプレイス] なんとなく輪郭をにじませる程度に




■03 線画を抜き出す(レイヤー4)

エッジ3画像に、以下のエフェクトを適用する。
[カートゥーン] モードをエッジにするとモノクロの線画になる
[抽出] 白色を消す
[塗り] 残った線に色をつける
[ブラー(滑らか)] 微調整用



02, 03を合成するとそれっぽくなるがなんとなく物足りない




■04 エッジ0画像から陰とグラデーション用レイヤーを作製する

陰: レイヤー5 color_shadow
[色相/彩度] モノクロ画像にする
[輝度・コントラスト] コントラスト:100、輝度で陰の領域の調節をする
[抽出] 白色部分を消去する
[塗り] 陰に色をつける
[フラクタルノイズ] ■02同様
[タービュレントディスプレイス] ■02同様
[フラクタルノイズ] 縦スケールを大きくして、鉛筆の線のような効果をつける

グラデーション: レイヤー6 color_color_curve
[色相/彩度] ■02同様
[ブラー(滑らか)] ■02同様
[フラクタルノイズ] ■02同様
[タービュレントディスプレイス] ■02同様
[カラーカーブ] 各自好きなように調節してください



01~04を合成します。合成モードは、トップのレイヤー画像を参考にしてください。

ひとまずはここで完成とします。
以下は、微調整の説明になります



■05 色調などの調節

[トーンカーブ] 暗部を紫っぽく、明部分を黄色~赤色に



[グロー] エフェクト内合成モードは「スクリーン」、ほんのり
ディフュージョンがかかるくらいの気持ちで調節




[ブラー(レンズ)] 調整レイヤーに適用してさらにマスクを切って、
膝周りや手の先にブラーがかかるようにして完成。

※響け!ユーフォニアム的なブラーの使い方を真似すればいいと思います

金管になって吹かれたい



■おまけ
ほかのモデルでも同様に試してみました。陰の領域調節以外はほぼそのままの設定なので、
プリセットにして使えばお手軽です。ただし、カメラとの距離に応じて、書き出し時に
モデルのエッジ太さを変える必要がありそうです。



ままま式あぴミク im2703273
あぁ^~~~~









えぼし式雷 sm25743948
あぁ^~~~~~~~だめになるんじゃぁ^~~~





お し ま い


広告
×
金菅の代わりに俺のチンポかアナルを吹いて欲しいゾ♡
26ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。