• 【最高/最終2114】ラティクチガブスイクン霊炎【USMシーズン7】

    2018-01-23 07:002
    1.構築経緯
    今回はラティクチで2100をどうしても載りたかったので今まで自分で組んだラティクチの中で一番強い構築を組もうと考えた。
    受けループとカバリザ展開の崩しができるラムのみガブリアス、メタグロスへの後出し処理の安定さとカプ・コケコからのサイクルを上から崩せるスカーフウルガモス。この2体は外せないなと思い自分がS5から使用しているラティクチ+ガブウルガ@2で今回も組むことにした。
    スイクンが欲しくなる場面が多かったのでスイクン、アーゴヨンがきついのと高火力の技を食らっても1回行動ができる枠が欲しいと思いミミッキュをそれぞれ採用。
    構築名の由来は6世代にあったガルガブボルトスイクン霊炎より。




    2.型紹介


    クチート@クチートナイト
    性格:いじっぱり
    実数値:メガ前155-150-105-×-75-73
        メガ後155-172-145-×-115-73
    努力値:236-252-0-0-0-20
    技構成:ふいうち
        じゃれつく
        はたきおとす
        つるぎのまい

    説明:S3から使っているいつものクチートと全く同じ調整と技構成。ギャラドス、ミミッキュ、ポリゴン2、ガルーラに入っているPTには基本的には選出。クチートの技の一貫が今期もあり選出率は今回も堂々の1位。最近のクチート、特にポリクチ、ラティクチのクチートはつるぎのまいを切って1ウェポン入れてる構成と思ってつるぎのまいを切ってくれる動き方をされたりなどいつも以上に使いやすさを感じた。


    ラティアス@デンキZ
    性格:おくびょう
    実数値:155-×-111-162-150-178
    努力値:0-0-4-252-0-252
    技構成:めいそう
        10まんボルト
        サイコキネシス
        りゅうせいぐん

    説明:通称でんきタイプラティアス。後出ししてくるテッカグヤ、カプ・レヒレ、アシレーヌ、ヒードランなどを倒す役割を今回は任せた。実際に後出ししてくることは多く、事前考察通りの動きができて簡単に崩せたりと思った以上に使いやすさを感じた。ちなみにバシャカグヤレヒレのバトン展開はこの子1体で崩壊させることも十分可能。デンキZの威力はだいたいこんな感じ。

    ・補正なし +1 10まんボルトZ→補正↑ H252D252 テッカグヤ
    →ダメージ: 192〜226(乱数1発62.5%)

    ・ 補正なし +1 10まんボルトZ→補正なし H252 アシレーヌ
    →ダメージ: 126.2%〜148.6%(確定1発)

    ・補正なし 10まんボルトZ→補正なし 無振りCS カプ・レヒレ
    →ダメージ: 99.3%〜117.2%(乱数1発93.8%)




    ミミッキュ@ミミッキュZ
    性格:いじっぱり
    実数値:131-156-100-×-125-148
    努力値:4-252-0-0-0-252
    技構成:かげうち
        じゃれつく
        つるぎのまい
        シャドークロー  

    説明:新しく出てきたアーゴヨンとかいうポケモンがラティクチだときつかったのと1発確実に耐えて行動できる枠が欲しかったため採用。今回ミミッキュZの解禁、実質フェアリーZの威力が上昇したためゴーストZでなくても1段階上昇のミミッキュZ+シャドークローで後出ししてくるメガクチートを狩れたりなどゴーストZだったら良かったと思う場面は少なかった。積んできたリザードンXのストッパーとしても機能してくれた。


    スイクン@オボンのみ
    性格:おだやか
    実数値:207-×-135-115-170-113
    努力値:252-0-0-40-156-60
    技構成:ほえる
        ねっとう
        ミラーコート
        こごえるかぜ

    説明:ゲッコウガ、ヒードランに後出しできてカプ・テテフ、ギルガルド、霊獣ランドロス、マンムーに対面で勝てて尚且つほえるで相手の積み展開を流すための枠として採用。特殊ポケモンを対面で相手する場面が多かったので過去に使い慣れているHDベースの調整を使ったがラティクチともシナジーが良く、初手出しの安定感を感じた。半分回復きのみよりもオボンのみの方が発動機会と機能する場面の方が多かっため、持ち物はオボンのみを持たせている。主な耐久調整ラインはこちら。

    ・補正↑C252 カプ・テテフ サイコキネシスZ(フィールドあり)
    →ダメージ: 174〜205(確定2発)

    ・補正なしC252 メガゲンガー たたりめ(状態以上あり)
    →ダメージ: 96〜114(乱数2発62.5%、オボン込みでほぼ確定3発)

    ・補正↑C252 ギルガルド シャドーボールZ
    →ダメージ: 108〜127(確定2発)

    ・補正なし メガリザードンY ソーラービーム
    →ダメージ: 112〜134(確定2発、オボン込みで80%の確率で2発耐える)

    ・補正なし +6 C252 カプ・レヒレ ムーンフォース
    →ダメージ: 186〜219(乱数1発37.5%)



    ウルガモス@こだわりスカーフ
    性格:ひかえめ
    実数値:161-72-85-205-125-152
    努力値:4-0-0-252-0-252
    技構成:とんぼがえり
        むしのさざめき
        めざめるパワー(氷)
        オーバーヒート

    説明:カプ・コケコからスタートするサイクル展開の処理とメタグロスに後出しして上から落とす役割を今回も任せた。今までよりも上からゲッコウガを狩ったりと環境に刺さる部分が今期もあって機能してくれる場面も多かった。ステロダメージもあまり気にせずに動かせたのでラティクチ+足の速い炎タイプのシナジーの良さを改めて感じた。


    ガブリアス@ラムのみ
    性格:ようき
    実数値:183-182-115-×-106-169
    努力値:0-252-0-×-4-252
    技構成:じしん
        げきりん
        ほのおのキバ
        つるぎのまい

    説明:受けループ崩し枠+カバリザ対策枠として今回も採用。カバルドンにこおりのキバを打たれる場面が前よりも少なくなり安定してカバ展開を崩せたりできた。キノガッサがこのPTキツイのでキノガッサのほうし対策枠としても活躍してくれて使用率が大幅に落ちてもスペックの高さを十分発揮してくれた。

    3.感想
    今回は念願のラティアスクチートで2100を達成することができたり最終順位100位以内に入れたりなど自分にとって大躍進となる充実したシーズンを送ることができました。特に2104から勇気を出して潜って溶かしても諦めずに潜って2114まで伸ばせたのが一番大きい収穫でした。これを気にラティアスクチートに少しでも興味をもってくれる人がいれば嬉しいです。この結果に満足せずに毎シーズン2100行けるようにまたがんばって行こうと思います。対戦してくださった方々ありがとうございました!この構築を使った動画も随時投稿していくのでそちらもよろしくお願いします!

    このPTのQRコード→https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-2599-4F91
    最高/最終2114 最終順位 57位







  • 広告
  • 【最高2041/最終2021】百花繚乱ラティアスクチート ~ラティアスクチートは勇者である~【SMシーズン6】

    2017-11-10 01:102
    1.はじめに
    みなさんシーズン6&SMでのレートお疲れさまでした。今回も何とか2000越えることができたので記事にしました。USMでラティクチを使ってみたいと思った方は参考程度の資料として使っていただけるとありがたいです。

    2.型紹介


    クチート@クチートナイト
    性格:いじっぱり
    実数値:メガ前155-150-105-×-75-73
        メガ後155-172-145-×-115-73
    努力値:236-252-0-0-0-20
    技構成:ふいうち
        じゃれつく
        はたきおとす
        つるぎのまい
    説明:
    調整と技構成はS3から使っているクチートと全く同じだが今回は頑張って国際孵化した個体を使った。どんなPTでも基本的には技の通りは良く選出率が一番高かった。前期同様刺さっていなくてもポリゴン2、ミミッキュ、ボーマンダのいるPTには選出。



    ラティアス@ゴツゴツメット
    性格:おくびょう
    実数値:185-×-113-130-150-178
    努力値:236-0-20-0-0-252
    技構成:でんじは
        はねやすめ
        リフレクター
        サイコキネシス
    説明:
    S2からずっと使っているラティアス。今回は選出率が一番低かったが出した試合ではしっかり活躍してくれた。でんじは+リフレクター→クチートのつるぎのまいで相手のクチートを起点にしたりなどサポート役としても機能してくれた。



    ガブリアス@ラムのみ
    性格:ようき
    実数値:183-182-115-×-106-169
    努力値:0-252-0-×-4-252
    技構成:じしん
        げきりん
        ほのおのキバ
        つるぎのまい
    説明:
    前シーズンから使っている受けループ崩し枠+カバリザ対策枠として機能してくれた。今期はゲンガーバレルの並びが増えたため同時にゲンガーバレル対策にもなった。前シーズンよりも選出する場面が多く、使いやすさを改めて感じた。



    ウルガモス@こだわりスカーフ
    性格:ひかえめ
    実数値:161-72-85-205-125-152
    努力値:4-0-0-252-0-252
    技構成:とんぼがえり
        むしのさざめき
        めざめるパワー(氷)
        オーバーヒート
    説明:
    こちらも前シーズンから使っているウルガモス。今期はあまり使う気なかったがスカーフウルガモスが必要な場面が多かったので採用。前シーズン同様カプ・コケコのサイクルとメタグロス対策、今期はメガゲンガーが初手からくることが多かったので上からオーバーヒートで倒す役割としても機能してくれた。



    水ロトム@水Z
    性格:ひかえめ
    実数値:155-×-128-172-129-107
    努力値:236-×-4-252-12-4
    技構成:みがわり
        10まんボルト
        めざめるパワー(氷)
        ハイドロポンプ
    説明:
    カプ・レヒレとマンムーに後出しできる枠として採用。水ロトムの技の一貫があるPTが多く出せる場面が思っていたより多かった。カプ・レヒレとギルガルドの並びを崩せないことに気付き、その対策としてボルトチェンジや補助技ではなくみがわりを採用した。みがわりを使う場面は少なくなく、レヒレガルド対策以外でも活躍してくれた。水Zを持たせているため素でハイドロポンプを使う場面は少なくラティクチの補完としても相性が良かった。



    キノガッサ@きあいのタスキ
    性格:いじっぱり
    実数値:136-200-101-×-80-122
    努力値:4-252-0-0-0-252
    技構成:マッハパンチ
        タネマシンガン
        キノコのほうし
        がんせきふうじ
    説明:
    前シーズン課題だったポリゴン2の処理ルートを増やすための採用。S4の時と同様でラティクチガッサの選出が上手く機能してくれた。ポイヒとかも今期は考えたが対面性能が高いタスキガッサの方が使いやすさを感じた。

    3.感想
    10月中盤までは1700帯をうろうろしていましたがこのPTにしてからレートが一気に跳ね上がって10月中に2ROM2000達成できて気力も残っていたので今期は2100を本気で目指してみましたが残念ながら最高で2041までしかいけなく自分の実力不足を感じさせられました。ですが今期は10シーズン連続2000&SM全シーズン2000を達成できたり前期よりも最高も最終も上がったので成長はあったんじゃないかなと思っています。自分の中で考えてるノルマラインはギリ越えられたと思います。

    ノルマライン
    ・最高2040以上
    ・最終200位以内(11/10 03:30時点で162位)
    ・7世代以降初のラティクチ2000の新しい取り巻き1体以上

    この結果を受け止めて今よりも強くなれるようにまた1から修行していきたいと思います。対戦してくださった方々ありがとうございました!このPTの動き方などを知りたい方は動画のリンクも張っておきますのでそちらをご参照ください。USMでは就活とかであまりやれないシーズンもあると思いますがまた見守ってくれると嬉しいです。

    最高2041 最終2021





    4.最後に
    みなさん結城友奈は勇者であるを見ましょう

  • 【2ROM2000達成】対面サイクルラティアスクチート【S5最高2011/最終2000】

    2017-09-12 00:56
    1.はじめに
    こんにちはオランドです。みなさんシーズン5お疲れさまでした。今回も無事ラティアスクチートで2000以上達成することができたので記事書きました。今シーズンは対面+サイクルをテーマにおいて構築を組み始め結果を出すことができてよかったです。これからラティクチ使おうと考えている方は参考程度にしてみてください。

    2.型紹介


    クチート@クチートナイト
    性格:いじっぱり
    実数値:メガ前155-150-105-×-75-73
        メガ後155-172-145-×-115-73
    努力値:236-252-0-0-0-20
    技構成:ふいうち
        じゃれつく
        はたきおとす
        つるぎのまい
    説明:
    S3、S4と全く同じ個体で同じ技構成。今期はミミッキュのフェアリーZ持ちが前期よりも増えていたから剣舞された後でも勝ち筋を拾うことができたりとミミッキュに対しての勝率が前期よりも上がった。ポリゴン2、ミミッキュ、ボーマンダ、バンギラスが入っているPTには基本的には絶対選出。


    ラティアス@ゴツゴツメット
    性格:おくびょう
    実数値:185-×-113-130-150-178
    努力値:236-0-20-0-0-252
    技構成:でんじは
        はねやすめ
        リフレクター
        サイコキネシス
    説明:
    こちらもS2からずっと使っているラティアス。前シーズン同様メガガルーラ、メガバシャーモに対しての受け先として採用したがラティアス以外じしんの一貫がとられているのでじしんを透かす枠として選出する場面も多かった。でんじはで裏のサポートができたりと使いやすかった。

    ゲッコウガ@きあいのタスキ
    性格:むじゃき
    実数値:147-116-87-155-81-191
    努力値:0-4-0-252-0-252
    技構成:なみのり
        れいとうビーム
        みずしゅりけん
        ダストシュート
    説明:
    特殊タスキゲッコウガでダストシュート持ってたら強そうと思って採用。こいつ1体で3タテできたことも少なくなく強かった。ダストシュートは「メガ粒子レクイエムシュート!」
    と詠唱すれば当てるので命中率については特に困らなかった。最初はあくのはどうを入れていたがマンムーが重かったためなみのりを採用。


    ウルガモス@こだわりスカーフ
    性格:ひかえめ
    実数値:161-72-85-205-125-152
    努力値:4-0-0-252-0-252
    技構成:とんぼがえり
        むしのさざめき
        めざめるパワー(氷)
        オーバーヒート
    説明:
    カプ・コケコのサイクルとメタグロスの処理が課題だったので採用。とんぼ+クチートで初手ミミッキュを崩したりと考察通りラティクチとの相性は良く使いやすかった。オーバーヒートでCSメガゲンガーを高乱数で落とせたりとスカーフヒートムよりも強さを感じた。


    カプ・コケコ@でんきZ
    性格:おくびょう
    実数値:145-121-105-147-96-200
    努力値:0-0-0-252-4-252
    技構成:みがわり
        とんぼがえり
        10まんボルト
        めざめるパワー(氷)
    説明:
    キノガッサのほうし対策とラティクチで重い水Z持ちの水タイプに勝つための枠。後出ししてくるランドロス、ガブリアス、グライオンに対応できるみがわりは使いやすかった。ボルトチェンジだと地面タイプに止められてサイクルが回らないのでとんぼがえりを採用。


    ガブリアス@ラムのみ
    性格:ようき
    実数値:183-182-115-×-106-169
    努力値:0-252-0-×-4-252
    技構成:じしん
        げきりん
        ほのおのキバ
        つるぎのまい
    説明:
    受けループを崩す枠。カバルドンのあくび展開を防ぐためにカプ・コケコを選出しなくてはならない状況を作らないために今回ラムのみを持たせてみたが思ったよりも使いやすくカバリザキラーとしても活躍してくれた。

    3.感想
    今期は2000に載るのでさえかなり時間がかかってしまい中々難しいシーズンになりました。とんぼサイクルを使うのも今シーズンが初めてでもしっかり2ROM2000達成することができて良かったです。S6こそラティクチで2100達成できるようにまた1から修行していきます!対戦してくださった方々ありがとうございました!この構築を使用した動画も投稿予定なのでそちらもよろしくお願いします!
    このPTのORコード→https://3ds.pokemon-gl.com/rentalteam/BT-3BA0-4075
    最高2011 最終2000