• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 俺の棒銀と女王の穴熊〈6〉 Vol.25

    2016-06-25 21:00
    br_c_1403_1.gifbr_c_1752_1.gif

         ☆

     今日から梅雨入り、土曜日の朝はそんなニュースで幕を開けた。空は一片の隙間もない灰色模様で悪い予感がしていたが、午後になると案の定ぱらぱらと雨が降り始めた。しかし将棋ファンはそんなことで足が遠のきはしない。来是はそう確信しながら家を出た。
     そして桃色の傘を差した依恋と遭遇した。
    「何やってんだ?」
    「お店、一緒に行きましょ」
    「あのな、関係者じゃないのに開店前に入れるわけないだろ」
    「お願いすれば入れてくれるんじゃないかしら?」
     いちいち説得するほうが面倒そうだった。来是は溜息をつきながらさっさと歩きはじめる。
    「高遠先生に断られたら、素直に諦めろよ?」
    「りょーかい」
     電車に乗ると、さっそくスマホで棋聖戦の棋譜をチェックする。伊達清司郎棋聖に挑戦しているのは、我那覇敬(がなは・たかし)六段。驚くべきことに、伊達と三度対局して無敗という成績を誇っている。その特徴的な苗字も相まって、大いに期待されている若手のひとりであり……。
    「棋譜を見るのもいいけど、あたしも見てよ。可愛いでしょこの服」
    「ああ、可愛いよ。モデルみたいだ」
    「もうちょっと感情込めてよ」
    「超可愛い」
    「えへへ、ありがと」
     揺られている間、依恋はささいなおしゃべりをずっと続けて、来是は棋譜を見ながら適当に相槌を打った。
     素っ気ない返事をしたものの、今日の依恋のオシャレは認めざるを得ない。ちょうど梅雨を意識したような、ライトブルーの水玉ワンピース。傘の桃色、加えてノースリーブが強調する肌色との相性が抜群だ。私服のセンスでは、完全に紗津姫より上だと言わざるを得ない。ついそんなことまで思ってしまう。
     どんな季節でも、依恋は魅力的だった。直視するとたちまち集中できなくなるくらいに。
     将棋カフェ・タカトーに到着すると、店主はわざとらしい微笑みで迎えた。
    「あら、今日は彼女と同伴?」
    「彼女じゃないですって。無理矢理一緒に来たんですよ。店を開けるまで外で待ってくれって言ってやってください」
    「この雨の中? そんなの可哀想じゃないの。遠慮しないで、座って待ってていいわ」
    「感謝いたしますわ」
     どうやらそんなことまで計算尽くだったらしい。しとやかな所作で、ちゃっかり大盤に一番近い席に座る。
    「ふふ、雨の喫茶店って、雰囲気いいですよね。コーヒー片手に、濡れた窓ガラスの向こうを見ながら、好きな人に思いを馳せるとか」
    「わかってるじゃない。そういう乙女たちにたくさん来てもらいたいのよ。もちろん男子にもね。春張くんは、そこんとこどう?」
    「……どうでしょうね」
     来是は紗津姫のことを頭に思い浮かべた。するとタイミングを合わせたように高遠は聞いてくる。
    「神薙さんにも好きな人っているのかしら?」
    「ど、どうでしょうね」
    「いたとしたら、ショックを受ける人も多そうねえ」
     ニヤニヤしている。自分が先輩を好きなこと、とっくに感づかれているかもしれない。女性というのはいつになっても恋愛に、それも他人のに興味があるものなのだろうか。来是は何だかむず痒くなった。
    「で、その神薙さんは元気?」
    「……今日はLPSOのイベントに呼ばれてるんです。あっちもちょうど始まった頃かな」
    「へえ、そうなの。……LPSOの人たちとは、あまり一緒になる機会がなくてね」
    「やっぱり組織が違うと、そうなるものですか?」
    「同じ女流棋士なんだから、もっと交流するべきと思うのよ。このままじゃまずいなって思って、今日は財部さんを呼ぶことにしたわけ」
    「なるほど」
     女流棋戦の中継サイトで、最近ではNHKの将棋講座で。今まで画面越しにしか見たことがなかった財部瑠衣女流初段が、ちょうどそのときベルを鳴らした。
    「こんにちは。財部です。今日はよろしくお願いします」
    「よろしくね。まずは一杯ごちそうするわ。コーヒーと紅茶、どれがいい?」
    「いえそんな、お気遣いなく。こうしてお仕事をいただけるだけで、もう本当にありがたくて」
     今年二十歳になるという財部瑠衣は、素朴というのが第一印象だった。シンプルに一本にまとめたロングヘアー、無地のベージュのカーディガンと紺色のロングスカート。必要以上に着飾ることはなく、それ以上ないほど似合っていた。先輩とタイプが近いかも、なんて思った。
    「バイトの春張です。はじめまして」
     自己紹介すると、財部は大きな目を瞬かせた。
    「春張……すると彩文将棋部の人、ですか? いつもブログ見てます」
    「おお、そうなんですか」
     うちのブログ、プロの人たちもたくさん見てるんだよな。地道な更新を続けている自分をちょっと誇らしく思った。
     と、財部の視線が依恋に向けられた。その瞬間、彼女の体は電撃が走ったように震えた。
    「……も、もしかして?」
    「ん?」
    「碧山依恋さん? うわ、生で見られるなんて感激です……!」
    「ちょ、え……?」
     熱く両手を握られて、さしもの依恋も戸惑いを隠せない。
     それはまるで、憧れのタレントに出会った少女のようで。
    「ファンです! 年下なのに、こんなにカッコ可愛い子がいるなんて、すごく衝撃で」
    「あ……ありがとうございます。やだなあ。あたし別に芸能人でもないのに」
    「でも、もうすぐなるかもしれないんですよね? JKミスコン、応援してますから」
    「ど、どうも」
    「なんだか元気が出てきましたよ。よーし、頑張らなきゃ!」
  • 俺の棒銀と女王の穴熊〈6〉 Vol.24

    2016-06-21 21:00
    br_c_1403_1.gifbr_c_1752_1.gif

     その後はつまらないヘマはせず、しっかりと上級生の面目を保った。そして気がつけば部活の終了時刻。夏至も間近なこの季節、外の明るさだけで時間の変化を測るのはなかなか難しい。
    「そうだ、さっき言ったLPSOの将棋大会、出てみませんか? 今度の土曜日に」
    「おお、いい考えっすね。みんな、予定がなかったら参加してくれ。今までの練習の成果を見せるときだ」
     ずぶの初心者が参加できる大会は、そう多くない。しかも紗津姫が特別ゲスト――将棋アイドルの活動を生で見られるのだから、行かない理由はないというものだ。次々と参加しますと声が上がり、紗津姫は顔をほころばせた。
    「初心者向けなら、私は行けないですねー。ひとり寂しく、家でネット将棋でもしてます。依恋先輩はSNSの更新に明け暮れるって感じですか?」
    「もちろんよ。来是はまた、どっかの道場で修行?」
    「いや、その日は高遠先生のとこで解説会のバイトだよ」
     名人戦が終わり、また新たな順位戦がスタートする。この六月から将棋界はさらに白熱の戦いが繰り広げられることになるが、その皮切りとも言えるのが七大タイトルのひとつである「棋聖戦」。
     現在棋聖の座に就いているのは、伊達清司郎。普段は名人と呼ばれている彼だが、棋聖を含めた二冠を保持しているのである。なお現在まで五連覇中で「永世棋聖」の称号もすでに獲得している。
    「ねえ、あたしも行ってみていいかな」
     依恋がニヤニヤしながら言った。また何か唐突に思いついたな、と来是は見当をつけた。
    「どうしてだ? 将棋の勉強はもうしないんだろ」
    「ちょっと変わった写真をアップしたいからさ。喫茶店で将棋って、きっと珍しがってくれるわ」
    「そういうことか……。まあ、売上に貢献してくれるんなら好きにすればいいよ」
    「おお! 依恋先輩が行くなら、私もお供したいです! 家でゴロゴロするよりずっと楽しそうじゃないですか」
    「わかった。んじゃ山里さんと……金子さんも暇ならどうだ?」
    「そうですね、私も行きます。喫茶店の制服を見たら、何かインスピレーションが湧くかもしれませんし!」
    「何のインスピレーションだよ……」
     週末の予定も決まったところで、一同解散した。他のみんなの姿が見えなくなってから、紗津姫、そして依恋と一緒に部室棟を出る。
     グラウンドはまだ少しも暗くない。おかげでふたりの美少女の姿がこんな時間でもはっきり見える。
     今月から夏服に替わり、凹凸の著しいスタイルが本人が意識せずともアピールされるものだから、ものすごく目のやり場に困る。実際、一年男子は誰もがふたりをちらちら見たり、慌てて目を背けたりしていた。まだ初心な彼らにとっては、強烈すぎる刺激だろう。
    「来是、知ってる? 女子は夏服の下、ブラジャーだけはNGって規則あるの」
    「いきなり何言ってんだお前は……。そんなの男の俺が知ってるわけないだろ」
     薄手の夏服だと、女子のブラジャーが透けて見える。全国どこでも見られる光景だろうが、思えば彩文ではお目にかかったことがない。もちろん意識してチェックしていたわけではないが。
    「上にキャミ着てるんだけど、暑いったらないわ。紗津姫さんもそうでしょ?」
    「仕方がないですよ。女子は貞淑であるべしという学校の考えがあると思いますから」
    「あたしは透けブラでセクシーアピールするのも、いいかなって思ってるんだけど。来是だってそういうの好きでしょ?」
    「お前は男心がわかってないな。変に堂々とされるとありがたみがない」
     軽口には軽口で対抗。もちろん本心も交じっているが。こういうところが依恋のもっと改善するべき点だと思っている。
    「ふーん、そういうもんなんだ。なるほどね」
    「先輩のような慎ましさを、もっと見習うべきだな」
    「この人のどこが慎ましいっての! こんな目立つもの抱えてさ」
    「ひゃっ」
    「うわ、重っ! もはや凶器よこれは」
     凶器的なそれを下からたぷんたぷんしながら、依恋は妙に真面目くさった顔をする。
    「NHKの将棋番組さ、紗津姫さんに司会とか聞き手とかやってもらいたいって声もあるけど、これは公共放送的に不適切じゃないかしらねー?」
    「お前な……。そのへんにしとけ」
     すると紗津姫もシリアスな顔な作った。
    「……やっぱり、そういう不利もあるでしょうか?」
    「先輩、そんな真剣に考えなくていいですってば」
    「私、毎週NHKに出るのが夢なんです。将棋に携わる者にとって、一番注目される番組ですから。……でも、難しいんでしょうか」
    「依恋、先輩本気で落ち込んじまっただろ!」
    「わ、悪かったわよ。冗談よ冗談。NHKにも巨乳アナはいたと思うし、巨乳アイドルが朝っぱらから出ても問題ないでしょ!」
    「大丈夫、ですか?」
    「大丈夫ですって!」
     本当にその日が来たら、ものすごい騒ぎになるとは思うが。とにかく視聴率が倍増するのは確定的だ。
    「将棋講座のアシスタントやってる、えーと、財部さんだっけ? あの人よりずっといいって。別に会ったこともないけどさ」
    「あ、財部さんか」
     別に秘密にしておくことはないなと思った。というより、いささかお調子に乗った依恋をこの場で驚かせてやりたい。
    「どうしたのよ?」
    「今度の解説会、あの人が来るんだよ。依恋、会うことになるぞ」
  • 俺の棒銀と女王の穴熊〈6〉 Vol.23

    2016-06-14 21:00
    br_c_1403_1.gifbr_c_1752_1.gif

    「ん……すみません、ちょっと出てきます」
     紗津姫が携帯を持って部室の外へ出た。
     彼女をマネジメントする会社、もしくは伊達清司郎プロデューサーから連絡が入って中座するのは、もはや日常茶飯事である。学校にいる間は遠慮すればいいのにと思うが、社会人の彼らにもいろいろ時間の都合があるのだろう。
    「あの人、学園クイーンなんですよね? 私、学園祭で見てました。高校のミスコンなんて、そんなたいしたものじゃないって思ってたら、ものすごく盛り上がっててビックリしましたよ」
     新入部員のひとりが言うと、依恋が苦笑いのような顔を見せる。彼女にとっては、紗津姫に惜敗した悔しい思い出だ。しかし今年こそはと、去年以上の情熱を燃やしてもいるはずである。
    「紗津姫さんはダブルでクイーンよ。アマ女王っていうタイトルも持っててね。控えめに言っても、日本で一番将棋が強い女子高生ってところ。そのアマ女王の防衛戦は……えーと、二週間後だったっけ?」
    「ああ、相手は城崎未来ちゃんだな」
    「だったら、負けることはないですよね! 去年の女流アマ名人戦でも完封してましたし」
     金子の言葉に来是も同意する。未来とは今も千駄ヶ谷でちょくちょく対局するが、当初大きく開いていた実力差はもうなくなっていた。平手で戦っても、いい勝負ができる。つまり彼女の現在の棋力は、来是とほぼ互角だ。
     冷静に考えれば、まだ小学生でアマ三、四段というのはかなりの才能である。聞いたところでは彼女も女流プロ志望だそうだ。このまま努力を続ければ、小学生のうちになることも可能かもしれない。
     だが今は、まだ紗津姫には及ばない。少なくとも出水を挑戦者に迎えた去年よりは、安心できそうだった。
    「じゃあ防衛できたら、みんなでお祝いでもしませんか? こう、お菓子とかジュースとか持ち込んで、パーッと」
     山里が嬉しそうに提案すると、他の一年生たちも賛成と口々に言う。
     お祝い。去年のことを思い出して、来是は少し胸が熱くなった。
    「奈々、それってあんたがパーティーやりたいだけじゃないの?」
    「あはは、それもあります。去年はやらなかったんですか?」
    「ああ……うん、ちょっとしたことはやったわ。ね、来是」
     まさか自分が紗津姫の荷物持ち……という名の一日デートをしたとは言えない。来是は曖昧に頷くほかなかった。
     やがて紗津姫が戻ってきた。
    「今度は何を依頼されたんですか?」
    「初心者向け将棋大会のゲスト出演を頼まれまして。……LPSOから」
    「え、LPSO?」
    「ははあ、紗津姫さんの人気にあやかりたいってわけね」
     先日、紗津姫の家に行ったときにも少し話題に出たLPSO。将棋連盟から独立したものの、組織としての力はとうてい及ばず、所属する女流棋士たちも盛りを過ぎた人が大多数で、タイトル戦にはまるで縁がない。
     一将棋ファンとしては少し、いやかなり心配になってしまうのだが、なるほど依恋の指摘どおり、将棋アイドルの人気に頼りたいと考えたのかもしれない。それだけでどうなるものでもないとは思うが……。
    「引き受けたんですか?」
    「もちろんです。少しでも初心者の方たちの力になりたいですから」
    「ふうん。ま、そうやって今のうちにコツコツ実績作っていけばいいじゃない。紗津姫さん、大学には行かないんでしょ?」
    「そのつもりです。将棋の普及活動に全力を注ぎたいですから」
     おおー、と下級生たちから感嘆の声が上がった。卒業したらすぐに働く。社会人になる。まだ高校生になりたてホヤホヤの目には、ずいぶんカッコよく、輝いて見えるのかもしれない。
     ふと、自分はどうなるのだろうと思った。
     他の大多数と同じく、漠然とどこかの大学に進学してどこかの企業に就職して……と考えていた。もちろん将棋も続ける。いつかはアマのビッグタイトルを狙いたい。それで何も問題はないはずだ。
     しかしどこかで、これしか道はないという具体的な想像もしていた。
     将棋アイドルとして活躍する紗津姫を支える。彼女の周りにはこれからも、将棋に興味を抱いた初心者たちが集まるだろう。彼女は自らの手で教室やサロンをやっていきたいと考えるだろう。だから自分は裏方になるのだ。彼女が何も気にせず仕事に取り組めるように、経営面でサポートを。
     いやそうだとしたら、やっぱり大学には行ったほうがいいのだろうか。経営学を学べるようなところに行って、みっちり基礎を習得して。将棋教室やサロンはどこも経営難と聞く。よほどの腕とセンスがなければ、健全な経営は難しいはず……。
    「先輩、どうかしたんすか? ボーッとして」
     指導中の後輩男子から声をかけられ、慌てて我に返る。盤面のことを考えているのではない、そう思われるほど集中力のない顔をしていたようだった。
    「あ、ああ、悪い。えーと」
     持ち駒の歩をつまみ、敵陣に打ち下ろした。
    「こうやってな、相手の金銀の連結を崩すんだ。この手筋はぜひ覚えてくれ」
     しかし後輩はキョトンとして、打ったマスと同じ筋の、別のマスを指さした。
    「二歩っすよ?」
    「げ? なんてこった」
    「どーせ変なこと考えてたんでしょ。あんたの悪い癖ねー」
     依恋の容赦ないツッコミに、部室は笑いに包まれた。