• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

押井守の「世界の半分を怒らせる」。第13号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

押井守の「世界の半分を怒らせる」。第13号

2013-03-15 12:00
  • 1
  • 1

電子書籍の機能を使用するには、記事を購入してください

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■MAMORU OSHII MAIL MAGAZINE
 ■押井守の「世界の半分を怒らせる」。
 ■第13号(2013.3.15)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※購読解除・変更手続きはこちら。
 http://ch.nicovideo.jp/my/blog

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【CONTENTS】目次

 1. NEWS
 2. 時事砲弾/第13回「じぱんぐ」
 3. 何度言ってもわからない/監督かく語りき
   第9回「解禁/押井守が『009 RE:CYBORG』を語る(4)」
 4. 監督外部記憶装置「推薦文(書籍編)」
 5. 熱海おたより通信
 6. I.Gマキノの「ガルム戦記」(9)
 7. 募集

 ※【今月の監督1/2】は監督新作撮影中につきお休みです。近日中にカナダ日
 記編が始まります。お楽しみに。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【NEWS】押井守関連情報

 《発売中》文庫『ケルベロス 鋼鉄の猟犬』(幻冬舎文庫)
 《発売中》小説『ゾンビ日記』(角川春樹事務所)
 《発売中》新書『コミュニケーションは、要らない』(幻冬舎新書)
 《発売中》重鉄騎×押井守[ポーランドメイキング]
      DVD&映像読本(キャラアニ)
 《発売中》iPhone/iPadアプリ『ちまみれマイ・らぶ』(iTunesストア)
 《連載中》押井守監督の「勝つために見る映画」
     (日経ビジネスONLINE)連載中
 《OA》ラジオ「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」(FM TOKYO)
   「ニコニコ生放送/押井守×鈴木敏夫×川上量生」ポッドキャスト配信中
 《製作決定》映画『The Last Druid: Garm Wars』(2014年公開予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【時事砲弾】

 押井監督が時事ネタに鋭く切りこむ「時事砲弾」。ときには榴弾のように、
 またあるときは徹甲弾、照明弾、焼夷弾、ガス弾…と目的に応じて様々な
 角度からオシイ論が放たれます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 第13回「じぱんぐ」

 日本を離れてはるばる来たぜカナダの★★です。
 十日ほどが経過して、ふと気がついたことといえば、日本のニュースが全く入
って来ないことでしょうか。もちろんネットで(たま〜に)ニュースを読んだり
しますが、仕事して街を歩いてアパートで暮らして、日本の現在に触れる機会は
まず皆無といってよろしい。目につく日本語といえば寿司屋の看板くらいなもの
です。実はカナダは和食ブームで、ワンブロックに一軒くらいは寿司屋か和食の
お店があるし、日本の食材を扱うスーパーもあるのですが、日本語を読む機会は
全くと言って良いほどありません。
 和食やアニメには興味があっても、現在の日本に何が起こっているのか、どん
な問題を抱えているのかーー日本人は何を考えているのか、そのことに注意を喚
起するものはなにひとつないと言ってよろしい。テレビで日本のニュースが流れ
ることもないし、NHK海外放送のチャンネルもなさそうです(もしかしたらケ
ーブルテレビでは流れているのかもしれませんが、宿泊しているアパートには地
上波以外は入らないので、判然としません)。
 少なくとも、一般的な市民生活をする人間にとっては、極東の島国に何の興味
もないことは明らかです。
 まあ、日本人にしたところで、アメリカはともかくカナダの現在に興味を持つ
人がどれほどいるのか、お互いさまだと言えないこともありませんが、日本とい
う国にとって、日本という国と国民に責任を持つ人々にとって、それでホントに
いいんかい、というお話です。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
『エールなど送らない』と云いながら、神山さんへ最大出力のエールやん!
押井さんてば、このツンデレ師匠っ!
(もう、まとめて腐女子どもに立ち喰いされちゃえ!)

ガルムとともに、神山監督の次回作に期待する。
49ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。