• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

押井守の「世界の半分を怒らせる」。第14号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

押井守の「世界の半分を怒らせる」。第14号

2013-04-01 14:23
  • 3
  • 1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■MAMORU OSHII MAIL MAGAZINE
 ■押井守の「世界の半分を怒らせる」。
 ■第14号(2013.4.1)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※購読解除・変更手続きはこちら。
 http://ch.nicovideo.jp/my/blog

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【CONTENTS】目次

 1. NEWS
 2. 時事砲弾(1)「れいばあ」
       (2)《特別編》「世界情勢を読み解く(1)」
 3. 何度言ってもわからない/監督かく語りき
   第9回「『Garm Wars』からのハリウッド脚本の現状(1)」
 4.(新連載)押井守のうれしはずかしカナダ日記    
 5. 監督外部記憶装置「推薦文(邦画編)」
 6. 熱海おたより通信
 7. I.Gマキノの「ガルム戦記」(10)
 8. 募集
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【NEWS】押井守関連情報

 《発売中》文庫『ケルベロス 鋼鉄の猟犬』(幻冬舎文庫)
 《発売中》小説『ゾンビ日記』(角川春樹事務所)
 《発売中》新書『コミュニケーションは、要らない』(幻冬舎新書)
 《発売中》重鉄騎×押井守[ポーランドメイキング]
      DVD&映像読本(キャラアニ)
 《発売中》iPhone/iPadアプリ『ちまみれマイ・らぶ』(iTunesストア)
 《連載中》押井守監督の「勝つために見る映画」
     (日経ビジネスONLINE)連載中
 《OA》ラジオ「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」(FM TOKYO)
   「ニコニコ生放送/押井守×鈴木敏夫×川上量生」ポッドキャスト配信中
 《製作決定》映画『The Last Druid: Garm Wars』(2014年公開予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【時事砲弾】

 押井監督が時事ネタに鋭く切りこむ「時事砲弾」。ときには榴弾のように、
 またあるときは徹甲弾、照明弾、焼夷弾、ガス弾…と目的に応じて様々な
 角度からオシイ論が放たれます。今回は通常の時事砲弾に加え、時事砲弾
 特別編と題してロングインタビューを掲載。TPP問題を出発点として、日
 本を取り巻く世界の現状について押井守の砲弾が炸裂します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第13回:(1)「れいばあ」

 なんか、平仮名で書くと阿呆っぽいですが。
 実写版いよいよ始動――ということで、日本ではけっこうな話題になっている
ようですが、それ以前にも実写でやるという話は二度、三度とありましたし、企
画を通すためにパイロット版を作ったこともあったりしました。あン時は、まさ
かの大逆転で『アヴァロン』が採用になったんですけど。
 OVAとして6本のシリーズを作ったところで、もうオシマイにしようと思って
たのに、まさかここまで続くとは夢にも思わなかったです。
 いろいろと、ありましたし。
 そのお話はあまりにもヤバいんで、さすがに書けませんが。
 要するに、あんたは監督だけで、直接に手を出しちゃならんと。まあ『天使の
たまご』の直後で、現場で演出させると何を作るか判らん、と思ったんでしょう。
まったく信用されてませんでしたから、あの頃は。でも自分で演出できないとス
トレス溜まりますし、基本的にこういうスタンスの仕事はもうやめようと思って
ました。
 思い起こせば、最終話を納品した後で、製作会社の一番エラい人に呼び出され
て、何事ならんと出向いてみたら、最終話のクーデター話がいたくお気に召した
とか。
 これ映画にならんか、と言われて驚きましたが、あの辺りが転機になったよう
な気がします。
 それが回りまわって『パト2』になった訳なんですが。
 それにしても、製作会社のトップの呼び出しに、堂々と1時間以上も遅刻して
きたブっちゃんにも驚きましたけど。
 その後の展開は御案内の通りで、映画版につづいてTVシリーズに第二期の
OVAシリーズもあり、『パト2』でさすがに終わりかと思ったら、3本目の映画
までありましたから、これ以上の展開といったら実写版しかありませんし。
 同じ警察ものでありながら、腐れ縁の『ケルベロス』とはえらい違いです。
 まあ、あれは犬の呪いがかかってますからね。

 そういうわけで、『パトレイバー』の実写版です。
 
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
カナダ日記が一番おもしろい。
57ヶ月前
×
いつも頭をがつんとやられるような内容ばかりで、ほんと勉強になるし面白いです。
57ヶ月前
×
まさかここで『征途』の話しを読めるとは!
57ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。