• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

押井守の「世界の半分を怒らせる」。第33号
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

押井守の「世界の半分を怒らせる」。第33号

2014-02-15 13:11
  • 1
  • 1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■MAMORU OSHII MAIL MAGAZINE
 ■押井守の「世界の半分を怒らせる」。
 ■第33号(2014.2.15)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ※購読解除・変更手続きはこちら。
 http://ch.nicovideo.jp/my/blog

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【CONTENTS】目次

 1. NEWS
 2. 時事砲弾(32)「そち」
 3. 何度言ってもわからない/監督かく語りき
   第28回「テクスチャーから肉体へ。カットからショットへ〜
       新たに変化した押井流演出とは」(1)
 4. 新連載開始!【古典のススメ】予告
 5. 熱海おたより通信
 6. I.Gマキノの「ガルム戦記
この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
ニコニコポイントで購入

続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

入会して購読

この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

×
>『イノセンス』と『I,Robot』は、思想的には両極にあると思います。

技術的にも、哲学的にも、人間とロボットという存在がキッチリわけて考えられているのがアシモフで
科学技術の進歩が、人間や機械の概念そのものの変更を迫るのがイノセンス
ってことかな
44ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。