2013上半期ニコマス20選!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

2013上半期ニコマス20選!

2013-07-08 03:19
  • 1
おはこんばんちわ、Pボウイです。

というわけで、今回の20選はブロマガでエントリーさせて頂きます。
お付き合いのほどよろしくお願いいたします。


まずは導入。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
基本レギュレーション
・対象は2013年上半期(1月1日~6月30日)に公開されたニコマス動画
・自身のセレクトを20作品以内でブログ・ブロマガ・マイリストなどで公開
・1Pにつき1作品
※作品と一緒にP名を表記していただけると非常に助かります
―――――――――――――――――――――――――――――――――



それでは、
2013↑半期20選エントリー!!!


     ↓


≪個人的今期ベスト動画≫


1. 【KAKU-tail7単品】 伊織 切り絵 ラビリンスのタイミング / ジェットP
カクテルで見てもう一目惚れでした。即20選確定。
実にあでやかで、麗しく、艶やかで、COOL!
ジェットPの描く長い睫毛が好きです。



2. 【アイドルマスター】 Serenity 【KAKU-tail7】 / 妖狐P
大傑作。
「戦場アイドル春香さん」も物凄い動画なんですが、初見でヘッドショットにかなりのショックを受けて、トラウマになりかけました。絵理のビームライフルとかでコメディだってのは分かってたし、そもそも妖狐Pはアイマス大好きだから何の意味もなくアイドルをそんな扱いするわけないよなと思ってはいたんですが、いかんせんインパクトが悪い意味で残っちゃって……
そんなわけでちょっともやもやしていた時に、カクテルでこの動画を見て「妖狐Pやっぱりアイマス大好きじゃん」って肌身で感じられて、凄くホッとしました。アイマス好きじゃない人がこんな動画を作れるわけがない。この動画が存在すること自体が嬉しいという、そんな動画。



3. 七彩ボタン 7thライブ at 横浜アリーナ / けるまP
7thは本当に素晴らしいLIVEでした。その中でも特に「七彩ボタン」の時のピンク・紫・緑のサイリウムが咲き乱れた空間は、まさしく「プリンセスメロディ♪」の色に包まれていて、本当に美しかった。
そんな7thを歯ぎしりしながら再現してくれた、けるまP。けまり部Pの助力を得て、カクテルの時よりも更に素晴らしくなって帰ってきたこの動画。これほどまでに幸せな空間はありません。本当にありがとう。



4. 【アイドルマスター】Let's Ch@os Party Time→☆ / ベタ塗りP & やなぎP
これぞニコマス!!
個人的には、今回初参加&初のリアルタイム視聴をさせて頂いたカクテル。そこには「これぞニコマス!」っていう動画がいっぱいあって、たとえば同じ美希作品だったらぐうりんだいDさんのやつなんかも凄く好きなんですが、それらの中でも特に「これぞニコマス!」と感じさせてくれたのがやっぱりこれなんですよね。
START!!って言うと分裂しちゃう緑シャツ美希さんが好きです。



5. 伊織 『History』 【KAKUtail7単品】 / あとりえP
亜美動画と最後まで迷った、あとりえ枠。
これはもう、出だしから「やられた!」と思いました。ニコマスPならではの、ニコマスPだからこその、やられた感。動画情報入力画面とかずるい。

魔法をかけてくれました。
あなたが指を動かすと、
そこには眩しい舞台がありました。

所詮グレーどころか真っ黒で、遊ばせて貰っている立場の僕ら。
それでももし、アイドルたちがそんな風に少しでも思ってくれているなら、嬉しい限りです。



6. 「iM@S KAKU-tail Party 7th Festa」 1st night Opening / potechiP
本来的には合作になるのかもしれませんが、potechiPとして。
もうこのカラフルさ!!楽しさ!!!
今期ステージPVの中で一番楽しかった動画です。



7. アイドルマスター 「2.O.O.S.」 / TataguP
なんだろう……
色々コメントしたくなるんだけど、コメントをうだうだと考えるのがバカらしくなって手が止まっちゃう。そんなのに頭使うなら、動画の世界に浸ろうよって。とにかく濃厚で、とにかく楽しい。これは頭からっぽにして浸るほうが絶対楽しいと思う。考えようとすると疲れちゃう。
簡潔に言えば、「TataguPすごい!!!」



8. ルンバ(キモ) / aaa さん
最初はね、なんで「Let It Be」なのかと思いました。
見ていたら、理解出来ました。
トリエさんの純粋な心が映し出された、とても美しい動画です。



9. 高槻長介の本名が「寿限無 ~ 長久命の長介」だったら / 5回4失点P
名作(断言)。
失点Pはニコマス界の財産です。



10. エスケープ・フロム・JA / **P
TataguP以降、ここまでの4作品はもう何を食ったらこんな発想が浮かぶのかというような動画なんですが、この方も大概ですよね。
もうホントに発想が凄い。これはミュージカルっていうべきでしょうか。春香さんの札束シーン好き。アイライクアマミサンも好き



11. 【マクロス】アイマス娘々メドレー【アイドルマスター】 / 合作(みにこんPほか)
ジェットPの動画と今期マイベストを争い続けた動画。
みにこんPを中心に、デビュー年も実年齢も若い世代のPVPたちで作り上げられた、アイマス×マクロスの新たな名作であり大傑作。モーショングラフィックスなども得意とする技術力の高いPたちが集まったこともあり、映像美としても見ごたえ抜群です。
でも個人的に大好きなのは、映像としての完成度よりも、彼らの「若さ」というか「熱量」がダイレクトに感じられるところ。僕にとっては「クリエイターとして円熟したニコマスP合作」である昨年のパフュマス合作2作品に対し、この作品は「新進気鋭の若手ロックバンドの出世作となるアルバム」という感じがするのです。
個人的MVPはすぬ~P。「もってっけー」のシンクロはいつ見てもゾクッとさせられます。そして何よりも、この素晴らしい合作を牽引したみにこんPに、惜しみない拍手を。



12. エミネムさんがアイマスPVのやり方を教えてくれるそうです / なかよしP
若い世代といえば、6月に行われた“DJ街道とゆかいな仲間たち”のニコマスDJ生放送も、とても素晴らしいイベントでした。
その一員であり、いちばんめんどくさいやつ、なかよしくんも相当なハイセンスの持ち主です。なんせ20万再生だし。PV作らせても3万再生だし。なんかやたら上手いし。シュガー・スウィート・ナイトメアも大好きだし。
でもすいません、今期はこれで。クッソ面白いのに、内容マジだからニクイ。なかよしくんPVPじゃないのに。なかよしくんノベマスPなのに。なかよしくん大好き。君は馬鹿なのかい?



13. 「たとえ儚く消えゆく灯火だとしても」 / Yの鼓動P
「Little Match Girl」というとても切なく、美しく燃え上がる名曲。どうしても雰囲気や歌詞の世界を表現しようとすると抜きや実写合成、コミュシーンも駆使したくなるのが自然だと思います。しかしそれを、デュオのステージPVというシンプルな構成で最後まで魅せきったことが本当に凄い。
過去の名作も数あれど、個人的にLMGのPVで一番好きな作品です。



14. いんべーだーるーぷ / 薩摩伝豆P
完全に一目惚れwwwもう大好きwww
なんつーかですね、まず美希というチョイス、ヘッドアクセサリ、宇宙船ステージ、そして謎ダンスの謎ループと言いますか、もう「完璧以上の何か」なんですよね。
ドリPの「なにか」に近いものがあるのかもしれない。



15. 【第七次ウソm@s祭り】偶像革命V@LVRAVAI―プロローグ― / クローゼットP
このデザインセンス、レイアウトセンス、画の、テキストの、BGMとのマッチングの作り込み、シナリオの落とし込み……もうとにかく凄い。ひたすらに凄い。961のシンデレラガールズっていう設定もすげー燃える!!!
クローゼットPというのはセンスの塊だと思うのです。そして彼のセンスは、とことん僕のツボにハマりまくって下さいます。痒いところに手が届くっていうのを、この動画を見てまさしく実感しました。だからOPだけでも完成させて下さい!何でもしますから!!



16. 【第七次ウソm@s】アイドルマスター異聞 I・O・I / モノラルP
ウソm@sからもう1作品、モノラルPが提示してくれたモバマス&グリマスに魔王まで絡めた「新しいアイドルマスター」。それも、火傷しそうなくらいクッソ熱いやつ。
何が凄いって、ゲームシステムまでちゃんと考えられてるところ。そしてそのチュートリアルまで、動画として分かりやすく作りこまれているところ。これについては是非、モノラルPのブログも読んで頂けるともっと楽しんで頂けると思います。
http://monauralnote.blog71.fc2.com/blog-entry-114.html

プロジェクト・フェアリーとトライアドプリムスのガチの殴り合いフェスとか超見たい。



17. 【MAD】アイドルマスター『乱舞のメロディ』 / REIKAP
今期、間違いなく1番繰り返し見たステージPV作品。
とにかくスリリングなカットワークとカメラワークに惹き込まれました。惹き込まれたらもう、何度も何度も見ちゃう。最後の最後、1:22~の流れ、そして1:24~のキメポーズのカット、身震いします。存在感がただ事じゃない。
未視聴の方は是非、一度でもいいので見て下さい!!!



18. 【アイマスMAD】snow prism【プロジェクト・フェアリー】 / ヤマダリオンP
最後に3つ、僕の大好きな「プロジェクト・フェアリー」の動画を。
1つ目は音ゲーMAD「snow prism」。楽曲のビートとダンスのステップがとても心地良く、そこに1:08~のステージがどんどん変わっていく演出。フェアリーのこんなステージを見られるのが本当に嬉しい。



19. アイドルマスター 961ちゃん狂詩曲 / 鏡花P
2つ目は、今期とても存在感のあった「鏡花P」の作品。この緊迫感、表現力、ただひたすらに、見て感じて欲しい。
この動画を見て純粋に感じたこと、そして再認識したことは「フェアリーは孤高であり唯一無二、それでいい」。これは、最後に765のアイドルたちと一緒に笑顔を見せているこの動画には似つかわしくない感想かもしれない。でも、この動画を見て自分が感じたことはそれでした。
鏡花Pのフェアリーから感じるのは「孤独」。自分がフェアリーで描きたいのは「孤高」。似ているようで決定的に違うのかもしれない。でも鏡花Pの動画のアイドルたちには、自分が愛してやまない「魂」を感じます。心の底から大好きです。



20. アイドルマスター NO SCARED / Project Fairy / 合作(Pボウイ、くるるP、クローゼットP)
3つ目は、毎度おなじみ自薦です。くるるP、クローゼットPとの合作で、曲はONE OK ROCKの「NO SCARED」。とにかく楽曲のパワーがとてつもないので、曲に食われない映像を作ることを最大のテーマにしました。
ダンス編集に当たっては、まずAメロのビートからオバマスを軸にすることは確定。カットワークは前述の「乱舞のメロディ」のインパクトを参考にUPを多めに、ただし上半期滑り込みを狙うため制作期間が短かった(ダンス編集開始からくるるPの仕上げが終わるまで10日程度)ため、ごく簡略化し時間をかけすぎないようにして、くるるPの仕上げを頼りにしてシンプルにしたつもりです。個人的なポイントはアウトロ直前の「We are!!!」というシャウト。乱用気味なマリオネットの「だーよー」部分ですが、あそこがバッチリはまってくれたことで、全体が「曲を踊っているのではなく、歌っている」ダンスシンクロにまとめられたような気がしています。
僕にとってのプロジェクト・フェアリーは、鏡花Pのところでも述べたように「孤高であり唯一無二」。こういう風に思うあたり、僕はたぶん、765 よりも961に近い人間なんだろうなあと思うのです。そして「ライバルでありダークヒーロー」であり、最終的には負けることが宿命付けられている存在。しかし、どんな作品でもライバルというのは、主人公に対して憎らしいほどに強く輝いている姿を見せ付けるからこそのライバル。その輝きを描きたい。それが形となったもののひとつが、この「NO SCARED」だったんじゃないでしょうか。全部後付けですけどね。


今期は改めて、自分の世界のプロジェクト・フェアリーを描きたいなと思わせられることが多かったです。そのキーワードになるのが、昨年の美希誕で発表した「フェアリーテイル」。ワンオクコラボを集めて「フェアリーテイル」にしてもいいし、ノベマスにもしてみたいし……なんて夢は広がりますが、ずっと抱えているものもあるので、気が向いたらということで。
プロジェクト・フェアリーとしてのプロジェクト・フェアリー、大好きです。


≪サムネ1選≫

【ウソm@s】アイマスなんJ教養講座第1回 「打線を組んでみよう」 / あいうえおP
ユッキかわいい。サンキューダイサック。



以上、Pボウイの2013↑半期20選でした。
最後までご覧下さった皆さん、ありがとうございました。
そして全てのニコマスPの皆様、
今期も楽しい時間をありがとうございました!
2013年下半期も楽しませて頂きます!!



広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。