忠臣蔵の吉良邸討ち入りから泉岳寺までの道を辿る。【猫も居るよ!】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

忠臣蔵の吉良邸討ち入りから泉岳寺までの道を辿る。【猫も居るよ!】

2017-01-06 09:09
  • 2
この間泉岳寺行った時にそういえば赤穂浪士の話は大筋の話は知ってたけどちゃんとドラマとして観てなかったなと思い、知り合いからビデオをかりて、三船敏郎主演の忠臣蔵見て勉強してきました。
そして、どうせなら吉良邸討ち入りから泉岳寺までの道のりを辿ってみたいなと思い、今回は本当に実行してみました。
そしてやってきました!両国!ここから吉良邸を目指します。

道中、なんか気になる建物が・・・バイクとヤマトの繋がりが良く解らない面白い建物発見w

吉良邸へ向かう途中、気になるお寺が・・・

このお寺が大相撲発祥の地だそうです。

お相撲さん関連の石碑もあります。

動物供養もやっているみたいで可愛いにゃんこ塚もありましたw

にゃんこ塚も良いけど、本物のにゃんこに会いたいな・・・

居たwお寺がにゃんこ飼ってましたw

でも、怖がりですぐに逃げちゃいましたw

回向院を後にした我々は吉良邸へ・・・まさか、こんな良いマンションに吉良上野介が住んでるとは・・・

こっちが本物だったかw

入ったら吉良上野介のやさしそうな像がありました。せびったら甘いものくれそうなやさしそうなおじいちゃんですw

今残っているのはお屋敷の一部の土地だけで、先ほどのマンションみたいに本当はもっと広い敷地だったとか・・・

そんなこんなで吉良邸をあとにした我々は一の橋へやって来ました。討ち入りが終わって泉岳

寺に向かう時、最初に渡る橋だから一の橋だとか・・・



道中気になる神社を発見。普通の神社に見えますが・・・


この神社、洞窟持ってるぞ!!!
上野にある神社の他にも都心近くで洞窟持ちの神社に出会えたのは嬉しい!


丁度クリスマスシーズンだったんで狛犬もサンタさんからお菓子貰ったみたいで喜んでいます。

超絶ジンギスカン!!!

この辺りは松尾芭蕉ゆかりの地らしくて芭蕉博物館や神社がありました。
時間があるときに芭蕉博物館は行ってみたいと思います。

芭蕉稲荷神社

川沿いには松尾芭蕉の銅像もありました。近所の子供たちが鬼ごっこして遊んでいたりして、芭蕉も楽しそうでした。

こりゃまた面白い会社が・・・ゴッドクリエイト!?

さらに、作っただけじゃなくてコントロールまでしてしまう凄い会社

本当に神社作って管理してる!!!

さらに進むと、平賀Get Tonightの実権の地がありました。

ここは・・・伝説の佐賀神社!!!ロマンを感じます!!!!

永代橋にやってきました。ここから先は日本橋や築地エリアになります。

立ち並ぶ高層マンション・・・これ全部実は首都防衛用のミサイルなんです(大嘘)

おいらもサラリーマンやってたときはよくこの辺り歩いてました。

永代橋渡ってすぐの稲荷神社・・・シャッターしまってるよw

神社は残念でしたが、猫が住み着いてましたw

猫「おしっこは禁止なんだからね!」

地域の人に可愛がられているらしく、結構人気者でした。

永代橋を見守る三毛にゃんこ

都会の公園で愛されてる猫って良いですよね。

いつまでも戯れて居たいところですが、時間も迫ってるんでここでお別れ・・・

さぁ、やってきました!築地本願寺!

年末の賑わいを見せる築地場外市場

丁度クリスマスシーズンですしざんまいの社長さんもサンタ仕様にwww

でも、おいらが築地でよく行くのはカレー屋だったりする。マグロカツカレーが超絶美味しい!

お昼を済まして、再出発!歌舞伎座を通り過ぎます。

新橋の超高層オフィスビルが立ち並ぶ

新橋駅までやって来ました。

日比谷神社だけど、ここはもう日比谷っていうエリアではないよね

ここからは第一京浜。泉岳寺まで後もう少しです。

芝大神宮までやって来ました。名物にゃんこは去年神社の守り神になりました。早朝行くと他の野良にゃんこが神社周辺で遊んでたりします。

きっとなるちゃんも参拝しに来る皆さんを見守ってくれてるでしょう。

さてさて、泉岳寺まで後一歩、神社とかはいくつかあるが、日も暮れ始め、もういち早く泉岳寺に辿りつきたいのであまり立ち寄れませんでした。

泉岳寺駅まで来ました!もうほぼフィニッシュです!

ようやく泉岳寺の山門が見えてきました!頭の中でサライが流れていますw

と言うことで、赤穂浪士のドラマとかでよく見かけるあの看板!そう、ここが今回のゴール地点。

境内は忠臣蔵ファンや外国人で賑わっています。

もともとは曹洞宗の学術機関だったとか

奥に行けば赤穂浪士のお墓があります。

博物館もあります。外国人が来たら博物館の中で見れる映像も英語バージョンを用意してあるとか・・・

大石家のお墓!

ここが、赤穂浪士達のお墓です。線香を一本一本手向けることができます。

遂に吉良上野介を討ち果たした赤穂浪士御一向。浅野匠守の墓前で何を思ったのでしょうか・・・。


と言うことで、今回の旅はここで終わり。
猫あり、食あり、歴史ありで大変満足できた旅でした。
皆さんも元気があれば是非とも旅をしてみてください。
いろんな発見や出会いがありますよ?
広告
×
我が家の猫、年齢的に尻尾が二つに分かれて人語を操れるようになりそうだ。娘も年女だぞ。あけましておめでとう。
10ヶ月前
×
>>1
おおお!最近なかなか会えなくて申し訳ない!
トマ君まだ生きてたんか!!!また時間があるときゆっくり酒でも飲みましょう!
10ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。