• Session7のくだまき

    2018-02-03 09:02

     初めましての方も、お久しぶりの方も、どうも@ぷくぅです。
     新年明けましておめで動画から始まったSession7でしたが、無事終了致しました。
     7-0を上げた時点では、7-2までしかシナリオ完成してないし、年始から来年の準備で仕事めっちゃ忙しくなるしでどうなることかと思いましたが、週1更新を守れた上にやりたいことも概ねできたので大満足な結果になりました。

     やっぱあれですね。仕事がほどほど~なかなか忙しいと逆にこっちも捗るんですね。いや、今回はどっちかってーとシナリオの内容がやりやすいものだったからか。
     
     それではそろそろSession7についてくだまいていきましょう。今回は話も短いのでくだまきも短めです。

     ◆はじめに
     今回も例によって1/20にくだまいております(コメ返については別ね)

     ◆コメント返信
     Session7-2で最多コメント数を記録しました!たくさんの反響ありがとうございます!!
     7-Eは投稿日完全にミスってますね。モンハン出る前に投稿すべきやった……
     例によって気になったコメントをピックアップしていきます。(コメ返で取り上げてないけどその話題について後述ってのもままあります)

     ・あけおめ系
     あけましておめでとうございました。大先生がメリクリ回やってらしたのでじゃあ僕はあけおめ回やる!って一人で勝手に息巻いた結果がこれです。あけおめコメでノッて下さった方々、ありがとうございました!

     ・単純に低レベル大量投入だけでも止まるっちゃ止まるし
     ルビィちゃんの止め方ですね。
     確かにその通りなんですが、ライトニングぶっ放してくる娘もおるので雑魚では一蹴されてしまいます。かと言ってレベルを上げすぎると……やっぱクリティカル無効のモンスが良いのかなぁ。

     ・カンカン!静粛に
     サイバンチョ!
     わかってくれる人がいて感動しております。

     ・依頼を断ったりするかもしれないことについて
     今回の依頼ですが、まあ、普通断るような気もします。パーティの一人があんだけ激怒してて、しかも未開拓の地で幻獣の捕獲と難易度高め。報酬は確かにうまいけど、普通に全滅も有り得そう。なんですが……

     まあ、卓ライブ!やから断るって選択肢は無いですよね。

     今のは製作者サイドの都合だけど、PC的にも、カナンは最初から断ろうって意思は無くて、大丈夫かなぁと言いつつも引き受けちゃうキャラクターで動かしているつもりです。
    今回は一応エスポワに恩があるリコフェリアがフォローに回りました。本人は絶対に言わないでしょうけど。

     とは言っても、なるべく断らない、断れないような依頼を調整しているつもりですし、これからも不自然な依頼は与えないよう心がけていきたいです。

     ・先制判定不可について
     コメント間で解決してはいますが、一応。
     ルルブ1改訂版337ページとカルディアグレイス146ページに記載があります。
     さらっと書いてあるので見落としも多いかと思いますが、当卓ではこのルールを、
     【6ゾロ自動成功はなし。1ゾロ自動失敗はあり。平目でも技能持ちもで(6.6)出しても目標値に達しないPCは判定不可】というルールで運用しています。
     だからスカウト1で1ゾロ狙いのために振るとかもできないことが増えてきます。まあ、卓ライブ!なのでそんなことそもそもしませんが。もし実卓でやられる方が見えましたら、ご参考にしていただければと思います。

     ・この桜内さん相変わらず強キャラ臭しかしない好き
     やっぱ不思議の国編UR梨子最高ですよね。あつらえたかのような表情で僕もすごく気に入っています。

     ・ダイアヴァルグ
     思ったより人気者で草。
     イグニスブレイズに載ってるモンスターですからね!犬というか狼というかそういう体型ですからね!ダイヤさんとは全くの無関係ですからね!

     ・判定飛ばして死亡した敵モンスター
     これ、説明が全くありませんでしたね。すみません。

     当卓では、【エネミーサイドに気絶から回復させる手段を持つ物がいない場合、即時に死亡する】というルールで運用しています。
     理由は1つ。生死判定振ると動画のテンポが悪くなるから。
     でも実際気絶から復帰する手段がない場合、どうあがいてもいずれ死んでしまうので後はタイミングの問題ですよね。
     実卓だと、情報を聞き出すために気絶させた敵を縛ってから復帰させるなんてRPもあるかと思いますが、このソード・ワールド!サンシャイン!!ではそういうRPはしない予定です。

     ・イビルターゲットがヘイスト並みに仕事しない件
     確率同じやししゃーなし……

     ・よく押し切れたな
     今回の戦闘マスタリングは2回です。1回目はダイアヴァルグ*1(かけら5)、ブルートヴァルグ*4(かけら2)でやりましたが、ヨハネが本気だす前に余裕で戦闘が終わってしまいました。
     これではいかんと思い、もういっそのこと誰か殺すつもりでダイア*2(かけら5)、ブルート*3(かけら2)で挑んだんですが、PLの出目があまりに悪すぎた結果、ギリギリの勝負になったので、もう一回同じ設定でやったらまあ普通に勝ってしまいそうです。
     ギリギリの勝負になったのはこちらとしてもありがたかったので良かったですが、

     ◆ノーブルエルフとヨハネの話
     今回のメインとなるワードですね。
     ノーブルエルフのおさらいはもうしなくていいよね……?

     2017年9月20日、1冊のサプリメントが発売された。それがエイジ・オブ・グリモワール。
    内容としては魔法文明時代のシナリオを冒険できるようなサプリだったんですが、読めば読むほど使うしか無いと思わせるような内容でした。

     幸か不幸かエルフを選択していたのが善子ちゃんで、内容も彼女がすごく興味持ちそうなもので、経歴に「絶対に知られたくない秘密がある」なんてのも取得してたりして、途中で種族が変わるなんてやって良いのか…?という葛藤もあったんですが、好奇心が勝ってしまいました。

     まあ、一応ペナルティも課したし(あれをペナルティと呼んで良いのかはわからんが)その辺はご愛嬌ということで。せっかくフェアテ6まで伸ばしたのにってのもあるけど、あれはもはやMP源となってしまうような気しかしません。だってグリモワール技能めっちゃ強いんだもん……ただ、戦闘特化型みたいな所あるので、搦め手や探索系の魔法はある程度今後も活躍できそうです。


     ◆戦闘やらトライコーンやら
     どうでしたか戦闘。たくさんコメントつけていただいて、良くも悪くも見ていただいた方に何らかの感情を持っていただけたことと思います。
     編集方法をガラッと変えてみたんですが、見やすさとかテンポとか随分良くなったと思うんだけど、その辺の意見もすごく聞いてみたいです。

     編集してる側からすると、効果エフェクトとか効果音探したり、どのアニメーション使ったら良さそうとか考えたりするのがもう楽しくて楽しくて、どんなに仕事がきつくても編集してれば仕事頑張れる説まであったので、このスタイルは僕に合ってて良いのかもしれません。(時間はかかるけどね)

     何度か見返してはいるけど、ちょいちょい編集間違えてるとこあるし、ドット絵の動かし方もまだまだ改善の余地はあると思うので、これからも試行錯誤しながら頑張ろうと思います。

     トライコーンはエイジ・オブ・グリモワールから出典。本来は絶滅してしまった種ですが、未開の地ファルブレイム島にならなんか分布してるかもしれんとか思って使わせていただきました。

     でも、よくよく考えると、ファルブレイム島ができたのって魔動機文明時代の後期だから、古代魔法文明時代に絶滅したとされてる種がファルブレイム島で生きてるのありえないんだよなぁ。

     ちなみに、死んでしまったユニコーンですが、ヴァルグたちを5ターン以内に倒せたら生存で経験点に+500するつもりでしたが、思った以上にダイアヴァルグが強くてまじで全滅するかと思いました。

     防護点MAXのカナンに20点以上叩き出すとか【乂全力攻撃Ⅱ】強すぎでしょ……

     ブルートヴァルグはブルートヴァルグで乱戦エリア内にたむろってると命中アップするとかいう命中がクソ大事なこの界隈においてチートクラスの攻撃をしてきます。
     知能が低いなので、人間並みの知能を持つダイアヴァルグを司令塔的配置にして指示を出させることで人間並み(中の下)くらいの行動ができる!と勝手に自分ルールを作ってやってました。

     この辺のマスタリングとしては

    ・知能が高いモンスターが指示出しに専念することで、知能の低いモンスターも知能が高いモンスターと同等の知能を持ったように行動できる。

    ・知能が高いモンスターは、主動作で指示出しを行う。移動は制限移動に限り、補助動作を行うことはできない。

    ・知能が高いモンスターは、その知能レベルで指示を出せるモンスターの数が決まる。
    ex)人間並み→3匹
      高い→5匹

     こんな感じでしょうか。ふと思いついて、ろくに正しいルールも確認せずマスタリングしたのでおかしな点があるかもですが、ご容赦下さい。

    (背景とヴァルグたちの画像、メルストから勝手に拝借してるから怒られたらやばい)


     ◆エスポワ
     再びの登場です。(東條だけに)
     主コメにも書かせていただいた通り、スクスタ発表に伴ってμsとAqoursのコラボが許されたので、μsの面々も無事色付きで登場させることができるようになりました。(ただの自己満です。別に発表前でもコラボさせて良いに決まってる)A-RISE、Saint Snow、虹ヶ咲の子たちも出せるときが来るのかな。公式が立ち絵配ってくれたらワンチャンな子たちもたくさんいます。

     とは言え、これまで使ってたμsの素材なんですが、切り抜き直しすることになりました……
     これはですね、今まで使っていたμsの素材は、フリー素材として配布して頂いてたものを使わせていただいでたんですが、実はこれ、スクフェスのメインストーリーで『喋っている時の立ち絵』だったんです。
     僕が切り抜いているのは『喋っていない時の立ち絵』。サイズがぜんぜん違うんですよ。黒く塗りつぶしてた時はさほど気にはならなかったのですが、これに色がつくと気になって気になって。
     今回はエスポワだけだったので良かったですが、現時点でエリオットは確定で切り抜き直し。他にも色々使ってみたい子たちがいるので、登場のタイミングで随時切り抜いていくことになりそうです。顔の差分も地味に時間かかるしまあまあ大変な作業ですけど、これも趣味の一環だと思ってこつこつやっていこうと思います。

     エスポワといえば
     7-Eにてなんやかんや言ってますが、一応ホントのこと(という設定)です。
     腐れ商売人だと思っていたヨハネがエスポワのことを理解し、更に自分の思いも変わって皆に正直に打ち明ける展開に持ってこうとした結果、ああいう立ち回りになりました。
     結構無理矢理感あったけど、それなりに短くまとめられたのでは?と思います。

     社員の中にはエスポワのことを嫌いな人もいると思うんですが、エスポワはそういうのも含めて社員全員を信頼するというポリシーの下、商売をしています。初登場時に「イースト商会の代表」で社長という肩書も「当たらずとも遠からず」と語っている彼女ですが、社員全員に全幅の信頼を置いているということは、別の勢力がイースト商会に介入してきていて、やりづらくなってるところがあるって感じなのかもしれませんね。

    ◆報酬と店の知名度
     7-Eでも後語りしておきましたが、今回のSessionは報酬が一人1万G、店の知名度は+600。1万あればそれなりに装備整えられるし、「急に」知名度が上がったことはお店にとっていいことでもあり、予想外のアクシデントが起きてしまいそうですよね。今後はそんな感じで拾阡萬も物語に絡めていけたらなって思っています。


     こんな感じで今回のくだまきを締めたいと思います。
     次回は、知名度が急に上がってしまった拾阡萬とその影響で流しれ始めてきた冒険者たちの話を書けたらなって。そろそろチーム名決めてもいい頃合いだったりするのかな。それとももっと名が知れて、勝手にチーム名を呼ばれるような状態で話を進めたほうが良いのかな。ヨウカナの話もダイルビの話もリコの話もどんどん書けたらいいなぁ。だらだらせずにバシッとSession決めていきたいと思います。それではまた次回。


    P.S.
    今日はファンミ名古屋!!
    最近流血沙汰とか色々起きてしまってはいますが、皆様怪我をしない、させないの精神を今一度思い起こして、他者を思いやる気持ちを忘れず、キャストやスタッフにも迷惑をかけることのないよう、全力で楽しみましょうね!
  • 広告
  • Session6のくだまき

    2017-12-16 22:00

     初めましての方も、お久しぶりの方も、どうも@ぷくぅです。
     長らくおまたせしておりましたSession6、無事終了致しました。
     6-0の主コメにも書かせていたがきましたが、8月末~9月頭に取り掛かりはじめて、編集完了までに実に2ヶ月もの空いてしまい楽しみにしてくれていた方にはほんとに申し訳ないと思ってます。
     
     やっぱりね、平日にシナリオ書くのはなかなか大変で……1日最長で2時間くらい取れそうではあるんですが、2時間でシナリオって全然進まないんだよ。前後のつながりとかも確認しながら矛盾ないように~とか、ルールの確認しながら考えていた展開が果たして本当に可能なのかどうか精査したり……相変わらず多重影分身の術か精神と時の部屋が欲しい今日このごろです。
     
     それではそろそろSession6の管巻きをしていきたいと思います。


     ◆はじめに
     今回のSession5の反省を活かして11/4にくだまいております!(コメ返については別ね)
     (12/12現在、死ぬほど忙しくて大正解であった……)
     動画内にもちらほらと自分が思っていたことをキャラクターに代弁させているので、「あ、これ絶対主の感想や」って部分があるかもです。


     ◆コメント返信
     まずですね、スゴい一杯コメントつけてくださって本当に有難うございます。「待ってました」「追いついた」のコメント、すごくうれしいです。こんな動画を楽しみにしていただいていたなんて……ましてや追いつこうと連続で視聴していただくなんてありがたい話です。
     やっぱり反応があるってすごくありがたくって、そしてまた抜け漏れないようにシナリオ作らなきゃ!と身が引き締まる思いです。ここではいくつかピックアップしてお返事してみたいと思います。

     ・シダー登場時
     シダーに同情している方が多くて少し驚きました。リアル感が伝わったということは、皆さん板挟みになる経験がお有りということで……僕は下の者がいたことが無いので(転職したし多少はね?)上司見ててみたいな感じに描いたつもりだったんですけど、思ったよりリアルに描けてたみたいで良かったです。

     ・依頼達成の打ち上げにみんなで見ればいいさ
     エスパーが現れた瞬間であった。まああれですよ。小難しい展開より、ベタで王道の方がラブライブ!っぽいですから。そんな王道の中に「あー、そうくるか」ってのを少し混ぜるとサンシャインっぽくなるんです。

     ・金髪仮面マリーさん
     仮面が結構好評で何よりwwwただこの人、伊達や酔狂で仮面をしているわけではないので今後の展開に乞うご期待!

     ・この界隈における識字率がどのくらいかってのもある
     これについては少し解説(と言う名の僕の解釈)をしましょう。
     ロシレッタは大国というわけではありませんが、大きな商業国家です。いたるところにお店があり、企業があり、商人たちもたくさん行き交います。
     やはりそんなお国柄、契約書であったり商品のやり取りを記録するために高い識字率を推移していると考えています。技術屋であろうとも、口伝や勘、経験だけでは良いものは作れません。後世に残すためにも設計図を描いていたり、図面や表などを使って記録を残しているでしょう。なのでロシレッタに住む多くの人達は文字の読み書きができます。
     当然PCは全員文字の読み書きができます。(知らない言語は別として)他のNPCも多くは交易共通語の文字の読み書きはできます。地方語や種族の言語の読み書きも一定数はいます。
     それらができない者を挙げるとするなら、歓楽街で働いている用心棒やスラムで産まれスラムで育った者たちでしょうか。
     こんな感じです。

     ・港で聞き込みをしなかった件
     これは説明不足でした。港には、基本的に人は住んでいません。昼であろうと夜であろうと、歩いて10分先の地点で小規模な爆発があったとして、多分気づかないだろうということでスルーしていました。全員がそういう解釈をしたということでお収め下さい。

     ・種族特徴のカットインについて
     ドヤ顔wwとコメント頂きましたが、不思議な国編のUR梨子ちゃん(覚醒)です。
     ツイッターでも言ったけどさ、あの表情はダメですわ。リコフェリアにしか見えないもん。使うしか無いじゃん。逆に曜ちゃんがいい感じにヨーソローしてる素材が見つからなくて苦労しました()

     ・むむむ、もうRPも一筋縄じゃいかないか……
     なにがむむむだ!とコメント頂きましたが、この千歌ちゃんのセリフは僕の心の声です。
     これはいざ自分でプレイしてみた結果、ここで種族特徴使わないわけないよなぁ!?となって、シナリオ作り甘かったなぁという感情を千歌ちゃんに代弁してもらいました。こういうのちょいちょいあるんで、想像しながら見ていただけると面白さも増したりまさなかったり……

     ・実行委員4人について
     委員長と財政管理が怪しい、職人気質で~、あら優しい、いや裏があるんじゃ……などのコメントをいただきました。初登場のNPCでしたが特徴的な人物にできたみたいで良かったです。コンセプトとしてはこんな感じ。

     委員長
     →仕事ができる若者。ただ、周りに目を向けるのが上手くない。
      結果、蛮族が暗躍しているのに気づかない。
      これからどんどん経験を積んで有能になろう!

     コンテスト担当
     →ただひたすらに仕事ができるベテラン。
      ダイヤフラムも言っていたように一流ではあるがトップに経つような人間ではない。
      厳しくも優しい人間性を持っていて、わかる人からは好かれる人物。

     ステージ担当
     →土方の叩き上げ。ザ・おっさんみたいな人。
      職人気質で情に厚く、責任感も強い。(今回は間違った方向に発揮しているが……)
      周囲の変化には意外と敏感だが、ヴィラのような秘書タイプの人間が苦手なため、
      違和感に気づくことはなかった。

     財政管理(バジリスク)
     →いかにも秘書ですって感じの人。
      金を扱っている上に、病気持ちで、何かと突っ込みどころを多く持っている。
      その為、PL目線だとものすごく怪しいけど、逆に怪しすぎてミスリードにも見える。

     ・モーさん
     モーさんですよ。マールちゃん、前衛コンジャラーなんで重金属鎧は装備できないんです。でも重装備にはしたい。マリーだけ仮面つけてずるい!そんな時ひらめいたのがモーさんでした。モーさんなら重装備だけど重々しい感じしないし(色彩の関係もあると思うけど)フルフェイスの兜も装備してるしこれなら!みたいなとこありました。これも全て絵がかけないからなのです。南無。

     ・ものすごい舐めプ…… まるでドレイク(笑)みたいだ
     勘のいいガキは嫌いだよ。とはいってもドレイクではないんですけどね。

     ・なんかBGMのせいでクトゥフの動画見てる気分に
     しっているか、これはラブライブ!(無印)のBGMなんだぞ。いい本家BGMに感謝しております。

     ・ここでバジか
     コメント関係ないけど言わせて下さい。このバジリスクの立ち絵、メデューサ(ライダー)です。

     ・珍しいな、二段先制とは
     これは正直悩みました。もし現実に起きたらどうなるかを考えた結果です。
     変身をした時、まもちきを振りました。これって一瞬動きが止まると思うんです。
     変身した側も変身した側で、「変身しました、次あなた達のターンですよ」ってわけにはいかないと思うんです。
     かと言って、どっちも先行後攻の決め手になるような事柄でもない。ならせっかく変身後の先制値が用意してあるんだからもっかい振ろうか。とこうなったわけです。
     この方が戦闘に幅も出るし(どのタイミングで変身するかとか、変身する前に倒せるものなら倒してしまおうとか)面白いんじゃないかなーって。個別で先制とって出目順に行動も良いんですけど、二番煎じはいくない。と言うかこれ以上パクっては申し訳が立たない。

     ・エピローグの演出について
     いやー受け入れてもらえてほんと良かった。
     正直風呂敷畳みきれてない感半端じゃなかったので、見てる側になんじゃコレって思われるんじゃないかとヒヤヒヤしていたんですが、こう来たかみたいなコメントにホッとしております。
     おさんぽラリーで浴衣の立ち絵が公開された時、これはもう使うしかないなと心に決めておりました。なのでここからこのSessionが産まれたと言っても過言ではない。皆で花火を見る。結局僕がしたかったのはこれだったんですよね。素材の切り抜きをシナリオできてもいないのに始めちゃうくらいにはウキウキしていました。浴衣の立ち絵、かわいいよね。配布します。みんなもこれ使って卓ライブに参戦しよう(懇願

     ・結局、対処法としてはHP増やさないといけなくなるからなぁ
     悩ましい問題です。5ラウンド以内にはケリをつけないと間延びした戦闘になっちゃうし、かと言ってモンスターレベルを上げると壊滅するし、かけらの盛り方もとても重要で頭を抱えています。今回の場合、バジリスク(人間)に15個盛ったわけなんですが、バジリスク(変身)は3部位なので5個ずつに分配しないといけませんでした。

     ぶっちゃけこのルールいらなくない?

     これ、僕の好きなように割り振っても全然いいと思うんですよね。結果頭部にもう少し盛ればもうちょいいい試合(気絶者出る程度には)できたんじゃないかなって思います。実はこのメンツ、ほとんど気絶者出たことないんで、殺意は常にマシマシで行きたいと思います。

     ・知らんからできる?
     アクラルビィのキャラクターについてですね。
     恐れを知らないというより、家にいるときのほうが地獄だったのでこれくらいなんともないの方が近いです。引っ込み思案な割りに好奇心旺盛な娘なので、ぱっと体が動いちゃったり(机から消しゴムが落ちたらとっさに手を伸ばしちゃうタイプ)します。

     コメントいっぱいだと気になったコメントも一杯で返信がスゴいことに…!
     こんな感じでコメントについては〆させていただきます。
     あ、追いついたって方々、最新の動画じゃなくてもコメントつけてくださってかまわないんですよ?コメント増えてたら多分気づくんで。自分の動画大好きマンなんで。じゃなかったら動画投稿なんて続けられないってー。


     ◆シティアド
     今回のSessionは何と言ってもコレ。はじめて手掛けたシティアドということで、いかがでしたでしょうか…?
     個人的にはですね、風呂敷広げ過ぎそうになって急いで畳んだ。です。

     前半の情報もりもりっぷりからもうお察しかもしれませんが、この情報量、1Sessionで回収するの無理だわ、と物語がまあまあ進んだ頃に気付いた訳です。具体的には港に潜伏しているかどうか確かめに行く辺り。ここで曜ちゃんが(6.5)を振ったことで、これを利用して物語一気に進めよって思い立ったわけです。

     あと、こういう時間制限系のシナリオは、自分が考えたシナリオなのにわざと遠回りさせるっていうのが非常に難しい。遠回りさせすぎるとグダるし、最速ルート取らせちゃうと何のための時間制限やねんってなるし……今回もかなり最速に近いルートを通らせてしまったので、そのへんの塩梅を上手くなっていきたいと思います。

     とはいえ

     伏線的なサムシングは結構ばら撒けたんじゃないかな

     まずは関係の良し悪しはともかくとして、ロシレッタの中核ともなる「議員」とのつながりを作ることができました。議員秘書共々、拾阡萬の存在を認知したという点で「あいつから聞いた」だの「腕が立つと言う噂を耳にした」だの拾阡萬を探してくれる理由が山ほど作れそうです。

     アクラルビィの意外な思い切りの良さ、ヨハネの街に対する気持ち、リコフェリアの心境の変化。相変わらずなヨウとカナン。ここでもちゃっかりお姉ちゃんしてるダイヤフラム。ヨウカナダイルビがPLにどんどん寄っていってしまうのは少し悩みではありますが、PCについても少しずつ描けていけてるんじゃないかなって思います。

     あとは何と言ってもバジリスクの登場と「イグニスの楔」ですよね。
     イグニスの楔を使ってまでもロシレッタ内に侵入して、祭りをぶち壊そうとするなんて、普通じゃ考えられないんだよなぁ。これに気づいてるのはリコフェリアだけなんですよね。ヨハネは漠然とした不安を抱えてはいるようですが。

     つっても、こっち方面の話は当分進まないはずです()

     だってねぇ、やりたいこといっぱいあるんだよ~;;;;;;
     エリオットのこととか皆忘れてんだろうなぁ……チカと言うか拾阡萬の話とかヨウの出生についてとかダイルビとお父さんの話とかマリーとマールの話とかヨハネの決して知られてはいけない話とか(これについては近々)これら全部やってたら何年かかるんだろう??って感じなんで、1Sessionに何個か詰め込めれればなとか試行錯誤したりしております。


     ◆ロシレッタMAP
     今回初登場のギミックです。とはいったものの、こういう移動にかける時間制限と言うか、実際プレイするときにPLが一生懸命考えないと破綻するようなギミックって

     動 画 に し に く い 

     ちょっとね、使いにくいギミック採用してしまったかなと少し後悔しています。

     動画に載せなかったMAPの話をここに少し置いておこうと思います。
     ・水上街区と本島は三本の橋でつながっている → 二本の橋でつながっているに変更
     ・殆どの買い物はグリーンブロックの商店街でできる。マテリアルカードなど特殊なアイテムは各ギルド、協会で売っている。
     ・漁船は鮮魚を、商船は武器や装飾品などを取り扱っている。
     

     ◆マールとマリー
     新NPCです。
     伏せといたほうが良さそうなこと以外書いておこうかな。

     マール・ウッドパッド
     コンジャ7 エンハ2 ミスティ2 アルケミ1
     魔法拡大/数 防具習熟A/非金属 防具習熟S/非金属 ブロッキング
     ヘビーメイス/ドラゴンスケイル/タワーシールド
     
     出生ざっくり
    「棲みかを何者かに焼かれ」行き場を失い、食べるものもなくアテもなくさまよっていたが、ついに「空腹で倒れ」、後は死を待つのみとなっているところをチカに救われ今に至る。

     マリー・O・フィールド
     シューター7 マギテック4 スカウト3 エンハ1
     精密射撃 鷹の目 武器習熟A/ガン 射手の体術
     バスターライフル(バイリングミラージュ)+バヨネット/ハードレザー 
     
     出生ざっくり
    「絶対に許せない蛮族がい」て、復讐のために旅をしている中で、道端で襲われているタカミ姉妹と出会い、それを助けて以降ロシレッタの街に滞在している。

     こんな感じで拾阡萬で出会った2人はパーティを組んで冒険者してるというわけです。時系列的にはマリーが先にチカを助け、その後マールが助けられたと言った感じ。

     見ておわかりの通り、マールは前衛コンジャラーです。記事読んでて面白そう!とは思ったものの、メインのPCで使いこなせる自信がなかったので、しかも低レベルでも高レベルでも使いにくいという噂だったので、じゃあNPCで出しちゃえと。今回全く活躍できなかったのは先制取れなかったのが原因でしょう。PCにしなくてよかった……

     マリーはよくありがちなマギシュー。6人PTでマギシューいたら敵が可哀想ってことで諦めたものをNPCで流用。そこに一匹狼でスカウトなしは無理があるでしょとか色々加味してこんな感じなビルドに。バスターライフルめっちゃ強くて好き。どうやら二丁拳銃が主流のようですが、バスターライフルも相当強いですよ。MP全然足りないけど。

     マールは掴みどころのない感じの性格だし、マリーは金髪仮面。謎が多い2人が今後PC達とどう絡んでいくのか楽しみです(ぶっちゃけ終着点以外は決まってないので僕もどういう絡みをするのかわかってません)

     ちなみにこの2人のビルドですが、PC達と同じだけ経験点を与えて、登場時は自分が振った1ゾロを、登場しなかった時はGMが振った1ゾロをマール→マリーの順に割り振っていこうと思っています。ビルドは登場させるSessionの前にまとめて行う予定です。なのでPC達より若干強いNPCとして登場させる感じで、あまりに乖離しそうならビルドの中身で調整しようと思っています。


     ◆戦闘
     戦闘……
     今回はですね、これ以上待たせるわけにもいかないなと言う気持ちもあって、前回アドバイス頂いた「戦闘中の判定表示は数値を左右(味方/敵)で固定した方が良いかと」だけでも修正して……と思って編集したんですけどね。やっぱ見にくいわ。
     受けたダメージがわかっても、残りのHPがわからないのはやっぱり見にくいし、Roundが長引けば長引くほどグダるシステムだと思います。実際前回5ラウンドで30分かかってますからね。今回は1ラウンドでサクッと終わった回と、3ラウンドで3部位とは言え敵単騎だったのでまだましだったんだろうなと。

     次ミニクエにしたのはこの辺もちょっといじってみようかなって。そのためにシナリオにあまり時間をかけずに編集で試行錯誤してみたいなと思っております。何も変わってなかったら……そういうことです……


     こんな感じで今回のくだまきを締めたいと思います。次回以降はSession6であまり手に入らなかったGの回収メインのミニクエをはさみつつ、ヨハネメインの話を作りたいなぁなんて。新しいサプリも買ったしな!!!一番楽しみにしてるの絶対僕ですわって感じで今から(自分が作るのに)ワクワクしております。お楽しみに!!
  • HPT

    2017-10-02 21:05

     お久しぶりです。@ぷくぅです。
     実に1ヶ月ぶりの投稿です。

     ホントは自分の中だけでとどめておきたかったんですけど、感情が爆発しすぎて仕事が手につかないどころか、ふとした瞬間に泣き出しそうになってしまうので、このような形でブログをしたためることにします。

     先に申し上げさせていただきますと、自分がスッキリするために書かれた駄文ですのでご容赦下さい。あー、なんかわかるわとなっていただければ幸いです。


     まず、Aqours 2nd LoveLive! HAPPY PARTY TRAIN TOUR、現地で参加された皆さんを始め、LVでの参加だった方、見に行くことこそできなかったけど心は現地にいた皆さん、お疲れ様でした。

     そして、キャストの皆さんはもちろん、運営の皆さん、メイクさん、音響さん、機材搬入撤収等、様々な方面でかかわられた皆さん、ありがとうございました。こんな気持ちにさせていただいたのも、ひとえに主催側の皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。


     さて

     ライブの感想をだらだらと書いてもいいんですが、僕が言いたいのはそういうことではなくって。

     もちろんデュオトリオ4曲がどれも神がかってた話とか、デイドリ→スリワンがμ'sファイナルのノーブラ→キラセンと被って見えて泣きそうになった話とか、スクスタCMで死にかけた話とか、上げだしたらキリがないんですが。

     今回感情が爆発してしまったのはむしろライブが終わった後の話なんです。




     10/1
     僕は「沼津リバーサイドホテル」さんで開かれた「ラブライブ!サンシャイ!!×あげつち商店街TVアニメ2期スタート記念キックオフパーティー」に参加してまいりました。

     地元の商店街の方々が主導となって開催された公式公認のイベントです。

     前々から、あげつち商店街のことが大好きだったわけなんですが(口外してはおりませんでしたが)、このパーティーを通じてもっともっと好きになりました。

     パーティの内容としては、静岡のPV見たり、2期のPV見たり、市長の挨拶聞いたり、飯食って、バンドの演奏聞いて、景品争奪じゃんけん大会やって解散。簡単に言うとこんな感じ。

     え、何がスゴいの?って思う方ももちろんいると思いますが、そうじゃないんだ……

     料理のメニューはAqours9人の名前やキャラクターにちなんだもの。もちろん美味しい。
     司会進行役はおろか、支配人までもアニメ本編やキャストのネタを使って会場を盛り上げようとしてくれてる。
     浦の星軽音部の皆さんの演奏はそれはもう熱のこもった演奏で、サプライズで会場内の誕生日の人お祝いイベントのこともあってか、感極まって泣きそうになりました。
     この企画のために何ヶ月も前から準備を進めていたんだと思います。

     ああ、愛されてるな、と。

     僕が大好きな作品がまちぐるみで愛されている。
     製作者でもなんでもないのに自分の事のように嬉しいのは何故なんでしょうか笑
     
     こんなコンテンツ、そうそうあるものではないと思います。
     ラブライブ!と出会ってから3年と4ヶ月が経ちました。そうそうあるものではないコンテンツを、これからも盛り上げていきたいなと改めて感じさせられました。

     あげつち商店街は、とってもあったかい商店街で、ああ、また来たいな。今度はどのお店に行こうかな。と思わせてくれる素晴らしい商店街です。もし、まだご存知でない方がいらっしゃいましたら、是非その身でこの暖かさを感じてみて下さい。

     なんかあんままとまってないし読み返してて何言いたいのかイマイチわかんないけど自分の中ではスッキリしたのでここで〆ます。ありがとうございました。

     お誕生日サプライズ演奏とサプライズプレゼントありがとうございました。
     びっくりしてブレード持ったまま登壇した上に、「ありがとー!」とか言いながら振り回していたことは、少し反省しています。ルビィちゃん好きです。
     頂いた時計は僕の好きな秒針がめちゃ静かなやつで(というよりも、秒針がうるさいと寝れないまである)早速使わせて頂いています。

     次そちらにお邪魔した時、市川さんには少しご挨拶に行きたいなー。あと、友人にキャンセル待ち応募したら?と助言していただいたつじ写真館さんにもお邪魔したいなと。
     目標は10月末、それまでお仕事頑張るぞー。

     P.S.
     というわけで多少は進んではいるもののまだまだ全然形になってないSession6、再開しようと思います。8月末から今までずっと体調崩してたりとかさ、ダブルクロスとかさ、色々あったんだけど、グリモワール買ったことだし、頑張ろうかなって。

     P.S.の向こう側
     風呂敷広げすぎてきちんとたためるかすっごい心配。