【模型】ZVEZDA 1/35 タイガーI型
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【模型】ZVEZDA 1/35 タイガーI型

2013-03-14 02:19




    敢えて婚后さん風に言うなら「純露西亜製の純独逸戦車ですのよ!」
    ってまぁ、今までにもそれなりにあったんですが、タイガーはイタレリのOEM以外では多分初めて。



    車体の分割は普通ですが、エンジンデッキ後方の部分だけ別パーツにしてます。



    砲塔は、予備キャタピラの取付金具が天板と一体というのが、ウムムですが、それ以外はここもオーソドックスなパーツ割り。



    キャタピラは今回もっとも進歩したところ。 タミヤ並みに柔らかいです。
    しかもセンターガイドがちゃんと抜けてます!(゚o゚;  ただ、片側二分割で、どうやっても継ぎ目が見えてしまうのが残念。 金型サイズの制約のせいでしょうか?



    ホィールもゲートは多いですが、形状やモールドのメリハリは良好。 転輪のリムにはメーカーロゴも入ってる芸細ぶり。



    ペリスコープは、キューポラも含めて透明パーツが入っています。
    デカールだけは相変わらずの黄ばんだ粗悪なものですね。 何か別売りを探しましょう。



    で、最大のウィークポイント。 車体左舷側の装甲板が波打ってます...orz。
    何故か右側は綺麗なんですが、これの原因は、おそらく反りを防止するために左右装甲板の肉厚を厚めに取ったためでしょう。 個体差もあるかもしれませんが。


    ●暫定的結論
    同じ値段でドラゴンの優秀かつ初心者にも配慮された組み易いキットがあるので、正直、このズベズダのタイガーには何もアドバンテージがありません。 インテリアも砲塔のみで、床板も無いため極めて中途半端。 エッチングなどの金属パーツも無いので、お買い得感もありませんし、全体の仕上がりとしてもイタレリとタミヤの中間くらいの位置付けになりそうです。

    そういうわけで、先のアカデミーのキングタイガーと同じく、秋のホビーショーで叩き売りになるのを待った方が賢明かと(←ひでぇ評価w)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。