真皇杯予選オフ使用構築 ハメ特化エルフドラン
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

真皇杯予選オフ使用構築 ハメ特化エルフドラン

2015-04-02 20:00
  • 1

 お久しぶりです。今回は私が真皇杯関西予選のシングルfestaと委員会オフで私が使用したエルフドランの記事を書きます。ハメや相手を詰ませることに特化したためメタを張った相手以外はかなりきついとこもいます。その点はご了承ください。
 では早速パーティの紹介をしていきます。


 こんなパーティです。エルフドランガブと言われる構成ですね。辛いとこもいっぱいいますが、初見殺しのギミックやなんやかんやでごまかしていきますw
 では個別紹介に行きたいと思います。

エルフーン@食べ残し



技:身代わり、宿り木の種、アンコール、ムーンフォース
性格:臆病
努力値:H76 B52 C4 D164 S212
実数値:H145 A× B112 C98 D116 S179
特性:悪戯心

解説
 この構築の主役その1。まずは努力値振りの解説から!

H 16n+1
Bライン A特化テクニシャンキノガッサの岩石封じ2耐え
Dライン C特化
FCロトムのボルトチェンジを身代わりが確定耐え
S準速ファイアロー抜き
C残り

 この子の努力値で特に説明が必要そうなSの調整理由とエルフーンを使用する時のポイントを解説します。
 エルフーンを使うとファイアローをよく選出されます。なので身代わりかファイアローに宿り木の種を入れた状態ならファイアローもハメられるからです。S振りはガブリアスなどに上からムーンフォースを打つことができたり、身代わりを残して突破できることもあるので、私は非常に使いやすいと思いました。コットンガードが欲しい場面も少しありましたが、キノガッサに弱くなってしまうので今回は採用を見送りました。
 身代わり→アンコールで後続の積み起点にして行くこともあります
 またエルフーンはこのパーティのギミックに関係しています。そのギミックに関係する子の解説で一緒に解説します。

ダメージ計算
Cライン
ムーンフォース
無振りガブリアス  55.7%~66.6%  (確定2発)
H252振りメガガルーラ 21.2%~25.4%  (乱数4発)
H252振りサザンドラ 98.4%~116.5% (乱数1発(81.3%))

Dライン
4振りスイクン    14.4%~17.9% (乱数6発
無振りポリゴン2  51%~60.6%  (確定2発
無振りクレセリア  38.6%~46.8% (確定3発

ヒードラン@風船



技:オーバーヒート、ラスターカノン、鬼火、岩石封じ
性格:臆病
努力値:H196 C86 S228
実数値:H191 A99 B126 C161 D126 S138
特性:貰い火

解説
 エルフーンの相棒といえばこの子。調整は以下の通り

H A特化ギルガルドの影うち+聖剣耐え
Cライン H252メガヘラクロスをオーバーヒートで確1
Sライン 準速85族抜き

 このパーティの先発を担当することが多い子。フェアリーを受ける枠。エルフドランに強い挑発めざ地サーナイトを対処することができないが、最近めざ地を切っていることが多いようでめざ地を打たれないこと、拘らなくてもいい風船を採用した。
 基本的にフェアリー受けと鬼火を撒くことが仕事で、交代で出て来やすいガブリアスやガルーラに刺さりそこからエルフーンとスターミーで抜きに行くことも結構あった。

ダメージ計算
Aライン
岩石封じ
H振りファイアロー     54%~64.8%
耐久無振りメガリザードンY 60.1%~73.2%
耐久無振りウルガモス    67.5%~80%

Cライン
オーバーヒート
H252振りメガヘラクロス  100.5%~119.7%(確定1発)
H252振りギルガルド    83.8%~100.5% (乱数1発(6.3%))

Bライン
A補正あり特化ギルガルドの聖なる剣→62.8%~74.3%
A補正あり特化ギルガルドの影うち →21.9%~25.6%

ガブリアス@ヤチェの実



技:逆鱗、地震、岩石封じ、ステルスロック
性格:陽気
もともとの配分
努力値:A252 B4 S252
実数値:H183 A182 B116 C× D105 S169

現在の配分
努力値:A28 B4 D228 S252
実数値:H183 A153 B115 C× D105 S169
特性:鮫肌

解説
 電気の一貫性の阻止(ぶっちゃけボルトチェンジの一貫性を止めるため)、ヤチェの実を持つことで氷技持ちガルーラやゲッコウガを誘って倒す枠。正直あまり選出はしないため、このパーティの変更したい子の筆頭。ただ抜いてしまうとガルーラに重くなるので抜けない。ステルスロックはほとんど使わない技。ただ単にいい技が思いつかなかっただけだったりもしますw 一応交換読みで使うこともあったが…
 アイテムがテンプレの気合いの襷じゃない理由は、このパーティが基本的にサイクルを回すパーティのため、襷はすぐ潰れてしまい役に立たないことが多かったから。

努力値振りを間違えていたので、書いた時と現在の配分が違います。
現在はちゃんとゲッコウガの珠冷ビ耐える調整になっています。
以前の配分のASだと珠冷ビは耐えないので注意してください。


ダメージ計算
補正なしメガガルーラの冷凍パンチ 48%~56.8%+24%~28.4%=72%〜85.2%
補正ありメガガルーラの冷凍パンチ 52.4%~62.2%+25.1%~30.6%=75.5%〜92.8%
補正なし珠ゲッコウガの冷凍ビーム  82.5%~99.4% (確定2発)

スターミー@呑気のお香



技:身代わり、熱湯、小さくなる、自己再生
性格:臆病
努力値:H204 B48 D4 S252
実数値:H161 A× B111 C120 D106 S183
特性:自然回復

解説
H 16n+1
Bライン 残り
Dライン ラティオスの流星群耐え
Sぶっぱ

 このパーティの苦手なとこを補完する主人公その2。
この子に関してはマイナー気味なので採用理由等をまとめておきます

  1. ボルトロスやロトムのような環境に多い電気より早く、上から身代わりを貼って小さくなるをすることができる
  2. 弱点のほとんどをエルフーンが半減にできる
  3. エルフーンと一緒に組むことで誘うスイクンを吠える持ちでも倒すことができる

採用理由は以上になります。
 おそらく読んだ人が気になるのは3だと思うので3の解説をします。
 スターミーで小さくなるをし、スイクンの吠えるを誘います。吠えるで流されたところをエルフーンでアンコールし、吠えるで拘らせて熱湯の火傷とエルフーンの宿り木で削るという方法でこのパーティはスイクンを突破します。
 たぶん文字で見てもよくわからないと思うので、スイクンがパーティにいるときにやってみるか、直接私のtwitter(colt_s_a)まで聞きに来てください。このパーティはスイクンが高確率で選出されるので、スイクンが相手のパーティにいる時にお試しください。

ダメージ計算
補正なしラティオスの流星群 78.8%~93.1% (確定2発)

バンギラス@ラムの実



技:ストーンエッジ、地震、竜の舞、身代わり
性格:陽気
努力値:A252 D4 S252
実数値:H175 A186 B130 C× D103 S124
特性:砂嵐

解説
 エルフーンと相性のいい積みアタッカー。エルフーンの苦手な炎やすり抜けシャンデラなどに強い。ただし火力も素早さも微妙に足りない。本当はメガ石を持たせたかったが、高確率で選出されるポリ2やメガヤミラミを止めるために状態異常に強いラムの実を持たせた。メガヤミラミを切っていいならメガ石を持たせてもいいかもしれないが、エルフーン対ポリ2対面で毒々と冷ビの読み合いが発生し、ポリ2の処理が安定しなくなるので、おすすめはしない。

ゲンガー@ゲンガーナイト



技:シャドーボール、ヘドロ爆弾、鬼火、道づれ
性格:臆病
努力値:H252 C4 S252
実数値:H167 A× B100 C191 D115 S200
特性:浮遊→影踏み

解説
 解説不要の強力ポケモン。初手ゲンガーがきついので、祟り目ではなくシャドーボールを採用した。メガ後は地震を誘って風船ドランやエルフーンで地震を受けたり、鬼火を撒いて他のポケモンの物理耐久を上げたりした。そして影踏み持ちの道連れで苦手なところを無理やり持って行けるのが本当に強かった。またカイリューやルカリオを止める時にエルフーンとゲンガーで止めることもある。ルカリオやカイリューが積み技を使うタイミングでエルフーンを出し、アンコールを打つ。これで積み技をアンコールできたら美味しいが、真空波や神速で積み技をアンコールされるのを避けてきたら、ゲンガーでキャッチその後シャドーボールやヘド爆で削って倒すという流れで処理をする。
 これも文字で見てもよくわからないかもしれないので、わからない場合はこれも自分で試して見るか私のtwitter(colt_s_a)まで聞きに来てください。

このパーティを回すコツ

  1. 出てくるポケモンを覚える
  2. 身代わりやアンコール、小さくなるなどを駆使して相手の行動を誘導する
  3. 選出段階でどこを起点にしてどうやって倒すのかを考えて選出し回す。
  4. 自分の手持ちと相手の手持ちのHPやPPの残量などを意識して立ち回る。
この1〜4つの事項を意識して回していかないと勝てない
1〜4の事項はこのパーティを回すために絶対に意識しないといけないものだと思います。

次にこの構築を回す時に意識して欲しいものを書きます。
  1. ハイパーボイスやすり抜けなどの相手の身代わり対策の有無
  2. エルフーンの宿り木を透かすために出てくる草に、交換読みムンフォや交換読み交換を する
  3. アンコールの汎用性

この3つです。主にエルフーン関係のものですね。これは上の4つを意識するのに慣れてきたら意識して欲しい回す時のコツです。このパーティはエルフーンをどれだけ上手に使えるか、またどれだけアンコールを上手に使えるかがカギになります。

相手によく選出されるポケモン一覧と対処法

スイクン
上述エルフーンとスターミーのコンボ

スカーフランドロス
初手から出てくることが多いので、初手ゲンガー選出し、メガシンカせずに道連れ、もしくはヒードラン先発で蜻蛉返り読みゲンガーバック、後続のことを考え鬼火などでごまかす。

ギルガルド
ヒードランのオーバーヒートやバンギラスの身代わり地震、エルフーンでハメるなど

ガルーラ
これもこのパーティには先発で出てくることが多いので、ガブリアスかゲンガーでメガシンカせずに鬼火して噛み砕くがないことを祈るw もしくは道連れ

ヘラクロス
道連れ

サーナイト
道ずれか削れているならヒードランのラスターカノンを交換読みで当てる、もしくはゲンガーのヘド爆で倒す。

マンムー
これも初手に出てくることが多いので、ヒードラン先発。どこかで鬼火を入れた後スターミーで起点にする。またはゲンガーで道連れ。

ピクシー
宿り木を入れた後TOD

最後に
 このパーティを真皇杯のシングルfestaと委員会オフで使用しました。結果は以下の通り

シングルfesta   予選11戦6勝5敗 ギリギリ勝ち越したものの予選落ち
委員会オフ予選   予選7戦6勝1敗  予選一位通過
委員会オフ本戦   本戦初戦負け

このような結果でした。思ったよりは結果が出たなという印象でした。
エルフーンを活躍させたくて、ハメで相手を詰ませたくてこのパーティを作りました。
きついところも多いですが、私はこういう搦め手を使ったパーティは好きなので結構気に入っています。ただこのパーティはハメをするので対戦するのを嫌がられることがありますw
使う時はお気をつけくださいw

このパーティについての質問は
私のtwitterの(colt_s_a)
私のコミュニティ(co2685311)
上記の2つのどちらかに聞きに来てください。
放送時間や放送日は不定期ではございますが、質問してきてくれたら実際にレートで回すかもしれません。

 今回は特殊なパーティのため前回の記事よりかなり内容が多くなってしまいました。分かりにくくなってしまっていたらすみません。わからないところや、追記して欲しい事項があれば私のtwitterに連絡してください。
 
 さて今回記事にしたパーティはかなり個性的なパーティなので、人によって合う合わないがあったり、回すのが難しかったりします。ですが読み合いに勝った時やハメが決まった時の面白さは格別なので、私は気に入っています。
 高火力で殴りあうパーティも面白いですが、たまには絡め手で相手を翻弄していくパーティも試してみてはどうでしょうか?
 いつもと違う景色が見えて楽しいですよ!
 では失礼します!
広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。