【S11使用構築】マリゲンガル2構築【最高&最終2133】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【S11使用構築】マリゲンガル2構築【最高&最終2133】

2015-09-08 22:35
  • 1

こんにちは、もっちゃんです。
シーズン11お疲れさまでした!
2ROM2100達成することができたので記事にしたいと思います。



*どっちも最終レート。最高レートは実は2141だったんですがデータがないので最高2133ってことで(笑)

【使用構築】


今シーズン使用したパーティはこんな感じです。
パーティコンセプトとしては、マリゲンポリ2のポリゴン2のところをガルーラにしたら最強じゃね?ってことでマリゲンガル2(親子だから)構築です(笑)


【個別解説】


ガルーラ@ガルーラナイト
性格・・・いじっぱり
特性・・・きもったま→おやこあい
努力値・・・181(4)-194(252)-120-72-120-152(252)
技構成・・・猫騙し/捨て身タックル/岩雪崩/地震

最強ポケモン。努力値も技構成もどこかのブログでみたような...どテンプレです(笑)。ただs11は個人的な印象ですが両刀ガルーラ(ゴツメカバ、ランド、ジャロあたりを分からせるやつ)がやけに増えたから、原点に戻って一番汎用性の高いガルーラ使ったら強いんじゃね?ってことでこのガルーラにしました。氷技を切ることでガブリアスに勝てないのが難点ですが、その辺は裏でカバーできるようにしました。性格はガルーラミラーで甘えた猫騙しをしたくなかったからいじっぱりで確定。


キノガッサ@気合いの襷
性格・・・いじっぱり
特性・・・テクニシャン
努力値・・・138(4)-203(252)-102-68-82-124(252)
技構成・・・マッハパンチ/種マシンガン/岩石封じ/キノコの胞子

嫁ポケ枠。対面性能◎相手の選出縛り◎ということでパーティにいれといて損はないポケモンだったと思います。ガルーラゲンガーで重い雨パやクチート軸にはほぼ確定選出。スカーフ、鉢巻き、ポイヒと色々試してみたのですがやっぱりこの型が一番安定しました。前シーズン、前々シーズンあたりからスカーフガッサが流行ってくれたおかげで、ゲンガーを連れて行けないけど初手ガルーラが重いときは初手スカーフガッサ偽装でドヤ胞子(高レートでしかできない)とかもハマりました(笑)。また、草ポケ枠としてジャローダが増えたせいか催眠対策を切ってるパーティもチラホラいてガッサが刺さる場面も多かったです。


ガブリアス@こだわりスカーフ
性格・・・陽気
特性・・・さめはだ
努力値・・・184(4)-182(252)-115-90-105-169(252)
技構成・・・げきりん/地震/ストーンエッジ/寝言(炎の牙)

最後の全抜き係。今流行りのスカガブってやつですね。ただよく環境にいるスカガブとは1点違うところがあって、このガブリアス陽気なんです。汎用性だけ考えたら明らかに意地っ張りの方がいいのですが陽気にしている理由として、まず1つ目がガブミラーで負けうるのを回避できること、2つ目がスカガブに便乗して増えた最速リザXを1舞までなら上から殴れることが挙げられます。特に龍舞したリザXは最速なら必ず居座ってくれるので返り討ちにできるのは本当に強かった!あとなぜか分からないけど龍舞マンダを抜いてることも多々ありました。(耐久マンダが増えてる?)



ヒードラン@たべのこし
性格・・・臆病
特性・・・もらいび
努力値・・・193(212)-99-127(4)-151(4)-131(36)-141(252)
技構成・・・噴煙/原始の力/毒毒/身代わり

クレクチポリ2排除枠。クチート軸はキノガッサでそこそこ見れてはいたけれど、個人的にクチート使いと戦うのが本当に苦手だったので牽制の意も込めてヒードランを採用しました。あと、他のポケモン達が呼びやすいアローにもかなり強く出れるので補完的にもよかったと思います。ちなみに選出率は低め。(アローはゲンガー以外なら対面から勝てた)


マリルリ@オボンの実
性格・・・いじっぱり
特性・・・ちからもち
努力値・・・192(132)-112(252)-101-72-101-85(116)
技構成・・・じゃれつく/アクアジェット/叩き落とす/腹太鼓

陰のサポーター。もともとこの枠は水ロトムにしていたのですが、そうすると鉢巻きガブリアスの逆鱗が全く受けきれない(ゴキブリ程度じゃ受からない)ことに気づきマリルリに変更。これだけで初手眼鏡流星群だったり鉢巻き逆鱗を打たれることが格段に減って、こちらの初手ガルーラが安定する(氷技がないため)ようになりました。腹太鼓の起点がありそうなパーティには積極的に選出しましたがレートが上がるにつれて選出率少なめ。でも見せポケとしては十分機能していたと思います。馬鹿力ではなく叩き落とすにしているのは、純粋に有利対面ではたき落としておけばサイクル有利なのと、ファイアローなど先制技もちポケモンの後だしに負担をかけたかったからです。


ゲンガー@命の珠
性格・・・臆病
特性・・・浮遊
努力値・・・135-76-81(4)-182(252)-96-178(252)
技構成・・・祟り目/ヘドロ爆弾/気合い玉/催眠術

ガルーラ狩りポケモン。ガルーラ軸のパーティには必ず選出してました。基本的にガルーラゲンガー対面をつくれたらガルーラ側からゲンガーを1発でもっていける技はない(噛み砕くは知らない)ので催眠術の試行回数が稼げる、ファイアローあたりがいるパーティに対しては交換読みヘド爆で負担をかけていく、みたいな立ち回りで安定して活躍してくれました。スカガブあたりが後出しされるとつらいですが鬼火警戒もあってか、あまり出てきませんでした。道連れや身代わりを採用しなかった理由は気合い玉は切れなかったし、ヘド爆+ガルーラの猫騙しで処理できるルートも作りたかったからです。素催眠はまず当たらないんで試行回数稼げないときは極力うちたくなかったけど、最後の最後で勝ち筋残してくれる点では本当に強かった。


【選出パターン】

① ガルーラ+ゲンガー+刺さってるやつ
ガルーラスタンに対しては基本的にこれでいけました。初手ガルーラで入ってガルーラミラーならゲンガーに引く、みたいな立ち回りをよくしていました。上位レートになると再戦する機会も多く、型バレしていて拘りポケモンをマリルリで起点に出来そうなときは自慢のマリゲンガル2でいきました。

② ガルーラ+キノガッサ+ガブリアス
相手パーティに明確な物理受けがいなさそうなときは、対面強いポケモンで固めてとにかく殴りまくる戦い方をしてました。The 対面構築って感じです。

③ゲンガー+キノガッサ+マリルリ
なぜかシーズン終盤に増えてきた受けループに対する選出。ラッキーヤドランの並びならばキノガッサでくずす、バンギでゲンガーをみるタイプの相手ならゲンガーの気合い玉でくずす、変則受けループなら腹太鼓マリルリになんとかしてもらう、みたいな結構つらい選出です。案外半分くらい勝てたけれど受けループに強いパーティではなかったです。

あとは、
クチート軸に対してはキノガッサやヒードランを絡めて選出
ボーマンダ軸やカバリザに対してはガブリアス確定選出
バシャ軸にはマリルリ確定選出
ラティだったりサザンドラを絡めてきそうなパーティには裏にマリルリ
みたいな感じです。


【終わりに】
このパーティは受け回しにくいために序盤から積極的にしかけていく場面が多く、使い慣れたら強いパーティだとは思うけれど、もうちょっと受け回せる構築にしてもよかったかな〜と思います(笑)
とりあえず今期のはじめに目標としていた2100を達成できて本当に嬉しかったです。
次シーズンは2200目指して頑張っていきたいです。

ちょっと宣伝。ニコニコで医大生シリーズのポケモン実況動画あげてるんでよかったらみてくださーい!!(医大生 ポケモンで検索か、Twitterから!笑)
Twitter: @pokemottyan












広告
×
ガッサの実数値おかしくね
27ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。