ボカコン2015の活動報告+演出特集①
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ボカコン2015の活動報告+演出特集①

2015-03-18 22:31
  • 1
どうも、あおめです。
今回は2月21日、22日に開催された世界ボーカロイド大会2015の報告をいたします。
(同期ズレの検証については、②記事の下の方に掲載)

今回も無事、掛川のつま恋で開催されました。
幅5m 高さ2mのスクリーンを設置したステージはこんな感じでした。

プログラム順序の都合で、設置後一度スクリーンを持ち上げて会場入口近くに置き
プロジェクションライブの時にオトナ2人で持ち上げて再びステージ上に設置しました。

また、前回と同じ構成じゃ面白くないということで、
今回のプロジェクションライブでは、背景投影の他にも
2階サブスクリーン床プロジェクションを追加した構成してみました。
(以下、手書きでの全体図)

とこんな感じに、今回は4画面を同期再生させて1つのステージを作り上げることを目標に準備が進められました。

以下が今回のプロジェクションライブ用に制作された映像解説になります。(全8曲)
(※画像は投影シミュレーション上のものです)
■1曲目「深海少女」 映像担当:あおめさん

この楽曲では、背景投影・床プロジェクション要素を取り入れました。
モーションはキャラミんStudioで制作しており、唯一モーション提供を受けていない楽曲になります。演出では、泡や光といった深海の要素をパーティクルで美しく表現してみました。

■2曲目「ハートアラモード」 映像担当:あおめさん

この楽曲では、背景投影・サブスクリーン要素を取り入れました。
サブスクリーンとメインスクリーンを行き来して、ステージ上から移動する演出を取り入れてみました。
その他、透過スクリーンで綺麗な描写ができる花火などの表現も挑戦してみました。
余談ですが、当初コロン式ミクで楽曲のモーションを読み込んだ際、あまりに激しく動くモーションだったため、スカートの中が見えたしまうシーンが多々ありました。なのでこの楽曲以降からは、スカートの長さを修正+剛体調整したモデルデータを使っています。

■3曲目「ロミオとシンデレラ」 映像担当:あおめさん

この楽曲では、背景投影・サブスクリーン・床プロジェクション要素を取り入れました。
思い入れの深い楽曲なので、今回のステージ構成をフルで活かしてみました。
特に透過スクリーンで綺麗な描写ができるスモークの演出は、見事に成功しましたので
今後の演出にも使っていきたいと思います。(サビのサーチライト演出もお気に入りです!)


■4曲目「放課後アシンメトリー」 映像担当:れみっく さん

この楽曲は、れみっくさんから映像提供をいただきました!
今回多くの楽曲を担当できなかったため映像提供の協力をお願いしました。(おかげで助かりましたー!)
髪やスカートの表現に立体感あり、スクリーンへの投影で更に立体感が増しました。

■5曲目「チルドレンレコード」 映像担当:そふぃ さん

この楽曲は、そふぃさんから映像提供をいただきました!
キャラクターに立体感があり、ステージライトの演出にも力が入っていました。
またキャラクターに当たるステージライトの照り返しも細かく表現され、よりキャラクターの存在感を感じさせる工夫がありました。(詳しくはそふぃさんへ聞いてー!)

■6曲目「ヘッドフォンアクター 映像担当:そふぃ さん

こちらもそふぃさん提供の映像になります。
ステージライトの他、ステージが変形する演出なども取り入れており、前曲とはまた違ったステージ演出が楽しめる作りになっていました。
今回の楽曲リストの中で、唯一メインスクリーンのみの投影でしたが、
美しいライティングと演出で一番立体感のある映像だったと思います。


記事の続きは②へ
広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。