ボカコン2015の活動報告+演出特集②
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ボカコン2015の活動報告+演出特集②

2015-03-18 23:59
    ①記事の続き

    ■7曲目「shake it」 
    映像担当:あおめさん

    この楽曲では、背景投影・サブスクリーン・床プロジェクション要素を取り入れました。
    実はそふぃさんの映像に影響を受けて、独自のステージライト演出を作ってやってみたらこうなりました(笑) ライトの光線やホコリっぽい表現を強調してます。

    ■8曲目「きょうもハレバレ」 映像担当:あおめさん

    この楽曲では、背景投影・サブスクリーン要素を取り入れました。
    本当はshake it!でラストにするハズでしたが、映像を作ってる時にちょうどMMD杯が開催しており、ネスカフェさんの「東方でかわいく!きょうもハレバレ」を見て急遽プログラムに追加しました(笑)
    スタッフロールを背景に流し、花火演出で派手めのラストにしてみました。



    以上がプロジェクション用映像の解説になります。


    ここからはボカコンでの反省点のお話になります。

    会場にお越しになった方はわかると思いますが、今回のプロジェクションライブで
    映像の同期ズレが発生しておりました。

    そもそも今回の同期システムは、以下の動画で紹介しているものを導入しており、

    事前に同期再生テストを繰り返して、きちんと同期再生が成功したシステムをそのまま本番で使用しました。
    ところが本番スタート後、数十秒すると映像同期が少しずつズレ始める症状が発生、
    急遽、同期ズレの映像を黒画に切り替えるなどの対応をおこないました。

    これらの症状について検証したところ、
    映像ケーブル接続によるGPUの負荷によって再生速度が若干バラつくことが判明しました。
    また本番時、ケーブルの不足もあり、寄せ集めの映像ケーブルを使用したことで
    各再生PCのGPU負荷バラつきを大きくした要因になっていたことがわかりました。

    改めて見るとひどい構図でした。。
    またこの症状、実際に映像ケーブルを接続していない症状が発生せず
    本番前の事前テストもプロジェクターと接続していなかったため、この問題に気づけなかったというミスが起こりました。
    また映像の遅延も、再生開始直後は発生せず、再生後数十秒で徐々に映像がズレてきます。
    (コマ落ちではないため、気づきにくいので注意)

    今回このような問題がありましたので、次回からは本番と同じ機材構成をセッティングした上で事前テストを行いたいと思います。。

    以上、簡単ですが反省点とさせていただきます。
    いろいろありましたが楽しくボカコンに参加することができてよかったです。
    また次回、別なイベントに参加する際は、今回の件を教訓にしていきたいと思います。


    以上、ボカコンでの活動報告になります。
    それでは、今回はこの辺で失礼

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。