スプラトゥーンのイカライブを語る
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

スプラトゥーンのイカライブを語る

2016-02-01 13:38
    どうも、プロジェクション系の仕事させてもらってます、あおめです。
    最近公式サイトの方で万能エフェクト素材を配布しましたので、ぜひ見てみてくださいね!

    先日、幕張メッセ「スプラトゥーン」イカライブが無事行われたようで、色々すごいな~と思ったことがあるので、軽く語りたいと思います。
    今回はスクリーンの話ではなく、投影コンテンツの話をしたく思います。
    相変わらずテクニカル面な話しかしませんので、あらかじめご了承ください。


    とりあえず、関係者の皆様 お疲れ様でした。(´∀`;)
    幕張メッセであの投影環境作るの大変だったでしょうに・・・
    ↓一応、投影に配慮してか照明さんは最小限に抑えてますね。

    今回のイカライブでは様々な点において、とてもチャレンジな企画でした。
    その中でも注目すべきは以下の3点、

    ■シューティングゲームのキャラによるライブ
    ■3頭身のキャラクター
    ■歌詞が日本語ではない(そもそもイカ語というよく分からない言葉)

    という所でしょう。
    まぁ「シオカラーズ」はスプラトゥーンの中でもアイドルという位置づけらしいので間違ってはいないのでしょうけど、元がシューティングゲーなのでどういう客層がライブを見にくるのかが疑問でした。
    今回の大盛況ぶりをみると、純粋に「シオカラーズ」のファン層があったんですかね~。

    また、この手のイベントには珍しい3頭身キャラクターを使った投影ライブだったことです。
    基本的に投影コンテンツは、実写人物頭身が高いキャラクターがほとんどで、今回みたいな等身の低いキャラでずっとライブをするのは初めて見ました。

    色々思うところはありますが、
    私「あっ、この頭身でもライブが成り立つんだ!」
    というのが一番の印象でした。

    モーションも3頭身なのに生き生きと動いていて、まるでデ○ズニーリゾートのキャラクターショーと似た楽しさを感じました。
    (頭が大きいので着ぐるみっぽい感じもしましたが)
    頭身が低いと可愛くなるので子供ウケも良さそうだな~と思いました。
    3頭身、アリですね!


    また、言葉の問題(歌詞)はどうするんだろう?~と気になっていましたが、
    堂々とイカ語で歌ってましたね(笑)

    ↓個人的に「どうぶつの森」のとたけけさんと同類視してました。

    でもまさか日本語訳ナシでライブに挑むとは!
    言葉が理解不能なので、観客がノリについてこれるのかも疑問でしたが、
    イカ語で歌っていても メチャメチャ盛り上がっていました!

    「音楽に国境はない」って本当だったんだ・・・!

    とにかくイカライブは色々新鮮で、ライブイベントの新たな可能性を感じるライブでした。
    個人的に下手にエフェクトを付け足していない点がすごく好きですし、
    機材もプロジェクター2台、スクリーン2台の最小構成(それでも結構な費用がかかりますが)でよくここまで盛り上げられたな~と思いました。

    任天堂さん、この次はとたけけさんライブしましょうよ!
    シロくて投影に向いていますしッ!(提案)





    いまや、スクリーン投影ライブはボカロだけの時代じゃなくなってきました。
    これからもゲームコンテンツのリアルイベント進出に期待です!

    以上、今回はこの辺で失礼します。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。