【第14回社オフ使用構築】アゲハとトリルと重力と ~しかし事件はそこで起こった~【予選3-6】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【第14回社オフ使用構築】アゲハとトリルと重力と ~しかし事件はそこで起こった~【予選3-6】

2016-01-11 20:44
  • 1
初めまして!ポルトグラフィティと申します!
第14回キツネの社オフに参加させていただきました。
主催のキツネさんならびにスタッフのみなさま、対戦相手のみなさま、絡んで下さった皆様はありがとうございました。

というわけで
まずは一曲
ヒラリヒラリと 舞い遊ぶように
姿見せた アゲハちょう...

このPT組んだ理由は以上です


ということでパーティ概要

ガルーラ@ナイト れいせい/雷・冷ビ・大文字・ふいうち
クレセリア@防塵ゴーグル のんき/重力・トリル・サイキネ・三日月舞
エルフーン@ゴツメ ずぶとい/アンコ・コットン・やどりぎ・ムンフォ
マリルリ@チョッキ いじっぱり/アクジェ・馬鹿力・はたき・じゃれつく
バタフリー@たべのこし おくびょう/サイキネ・みがわり・眠り粉・蝶舞
バクーダ@ナイト れいせい/大文字・めざパ?・大地の力・原始の力

前回に続きトリルを採用してPTを構築しました。
そして、構築のアゲハ蝶よりアゲハントはどうあがいても無理だったのでバタフリーを選択。
ビビヨンの方がメリットの高い戦法を採用しました。
ただし、ピクシースイクンを起点にする(?)まとわりつくスキスワ型なら差別化は可能です。
またビビヨンより優位な点としてはDが高く、特殊に対しての起点能力はこちらが上です。
ビビヨンは暴風の混乱が狙えるので、ぶっちゃけビビヨンのがメリットが高いとは思います。

基本戦術はトリルでメガガルーラorメガバクーダorマリルリで暴れる
命中率の低い技を採用している+バクーダの地面の一貫がとれるように重力も採用。
耐久が高いPTにはバタフリーでハメハメするのが狙いです。
まあ、プレミが多く結果3-6でしたが、実質うまく回していれば6-3...5-4はあったんじゃないかと思います。
もうちょっとポケモンやらんとなぁ・・・


というわけで以下はPTの詳細(事件の詳細もこちらで)


努力値:180-36-44-228-54-0
名づけるならVC(バーチャルコンソールで初代が発売されるぞ)ガルーラ。
マンダがガルーラを起点にしてくると考え、H振りマンダを確定で落とせる特殊メイン。
雷は某氏のバブみガルーラを参考に採用。
実際5割麻痺でスピード入れ替わってスイクン叩けるの強い。(雷の命中数14/15くらいだったような気がする)
特殊ベースにしたのは今のマンダがD振りしているケースも頭に入れて。
確実に1舞されて羽で粘られるのが嫌だったのでH252は確定で落とせるようにしてます。
Aの36振りはB4メガゲンガーがかみくだくで確定...なのですが、
レートであまりにも初手道連れされるので、ナット対策できる大文字を採用しました。
ふいうちがあるので、まあいっか。ちなみに不意打ちの枠を地震にして完全初代仕様にしたかった...


努力値:252-0-252-0-4-0
シングル厨で使用したクレセリアと同じ個体。
ただし、れいとうビーム&スキルスワップ→重力&サイコキネシス。
PTとしてバシャーモが辛かったのでサイコキネシスを採用。
またバクーダの地面技をミトムやボルトに通せるように重力(使用回数 1)も採用した。
トリルの起点役なので書くことはあまりない。


努力値:H188-0-252-60-4-4
ふつうのゴツメエルフーン。調整はHが16n-1になるようにしてBぶっぱ。
ねこグロパンガルーラが絶対に多いと思ったので、ねこ&グロパンを後出しから受けれるように採用。
クレセやスイクンだと秘密で受けきれないがエルフなら可能なのは面白い。
PT的につらいキノガッサ対策もでき、ファイアローもごまかせる時があるので
このポケモンをスイクンガッサ対策にあげて頂いた方ありがとうございました。


努力値:252-252-0-0-4-0
ふつうのチョッキマリルリ。採用理由はバシャーモ対策。
対面有利と思わせたゲンガーやボルト対策に考えてたため、チョッキを持たせ当初はじゃれつく→冷パンだった。
まあ、格闘対策と受けだしされることを考えればじゃれつくのがよかったんでそっちにしました。
実際トリル三日月と相性がよく、オボンと違い再生後に持ち物が腐らないのもでかかったですね。
じゃれつくはずしはうんまあ...アッハイ


努力値:204-0-4-4-44-252
ポルノグラフィティ知らない人が多くて、ネタに気づいてもらえないこと多々・・・
ふっ、時代を感じるぜ
ということで今回はハメハメ型のバタフリー。
一戦だけうまくいきかけたんですが、まあやっちゃったよねっ☆
ウエポンはサイキネ・さざめき・シグナルビームの3択でみがわり割れないさざめき、
虫の通りの悪さからサイキネ採用。そのため、悪タイプに辛く出しにくい場面も。
やっぱ虫タイプ使うの難しい。。。



努力値:H236-0-68-172-32-0
炎枠+トリルということで採用したポケモン。当初ハガネールだったんですが、炎ないと辛いので。。。
ただ、ニンフィアがPTで重くなったのと耐久が意外と足りないのできつかったですね。
ただし、火力は魅力でクレセの重力を生かせば地面の一貫を大きく取れるのでこのコンボはよかったかも。
H236-B68でいじメガマンダのすてみ確定だえという調整をぱくらせてもらいました。(誰かは忘れた)

アローやリザにとりあえず打てる原子の力とガブ対策のめざ・・・めざ・・・



なんと、めざ虫です(白目
事件はネット対戦で起こってるんじゃない!本番で起こってるんだ!
ちなみにCはめざ氷でガブが確定を取れるようにしたと思います。で残りをD。
※育成個体を間違えました。↓帰宅後の孵化用3DSのボックスにいた5VS0個体。




ちなみにその日にめざパは2回打ちました!
1回目はワルビアル(こうかはばつぐんだ 
2回目はメガボーマンダ(こうかはいまひとつ
いや、ワルビアルに打って抜群だからきづくわけないわなぁ!!!!!

内心マンダにめざパあたった瞬間はこうだった↓(まあ、負け確だったんですがw


いやー、いいネタがとれてよかったですね!
みなさんも平日仕事あるのに5時まで厳選して→帰宅後に、育成する個体間違えないように気を付けてくださいね!

というわけで構築紹介とレポートは以上です。
またポルトグラフィティは出現すると思いますので、そのときはよろしくお願いします。
ではでは


広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。