• 日本一の技、20年目

    2016-12-04 00:00

    【はじめに】

    みなさん、おいっす!
    松金カウンターこと、ぷよまつです。
    今日はぷよけん!の教授としてでなく、イチぷよらーとして、#ぷよらーアドカレ2016 に向けて一筆書かせていただこうと思います。

    簡単に自己紹介をすると…

    みたいなナイスミドル系ぷよらーであります。

    さて、今回はこの中でも私が全一になった「20世紀のぷよ大会」について、振り返ってみようかなと思います。


    タイトルにもある通り、私が「日本一」を名乗るきっかけとなったその大会「ばよえ~んツアー'96」からちょうど20年が経ちました。
    たびたびいろんな人からその話について聞かれることもあり、それを整理する意味も込めて、以下の順でお届けします。

    1. ばよえ~んツアー'96
    2. 「日本一」誕生秘話
    3. "格"を作っていこう




    【1. ばよえ~んツアー'96 】








    時は1996年。

    かのコンパイルがぷよぷよ通を世に送り出した2年が経ち、ぷよ対戦はまさに隆盛期(会社的な意味で)でありました。

    当時は年間を通じて以下のようなぷよ大会をメーカーが公式で開催していました。
    (もちろん、今もあるようなゲームセンターのぷよ大会も盛んに行われていました)




    ※記憶70%、ネット情報20%、紙媒体資料10%くらいのインプットでまとめたので、多少の間違いはご容赦下さい…雰囲気だけ伝わればヨシとして!


    これを見ると、地理的条件や世代、機種の差までをもカバーして対戦の舞台が用意されていたことに、自分でも改めて驚きます。
    当時は高校一年生だった私ですが、オコヅカイを貯めては参加のための交通費に充てていたことを思い出します(当時は埼玉県在住)。参加者も、同世代が多かったように記憶しています。

    こんな話をすると「1996年?ボク、まだ生まれてませんでしたー」なんて若いぷよらーに返されることがあるけど、オジサンヘコんじゃうのでお手柔らかにお願いしますネ…


    この中で私は、ばよえ〜んツアー'96CSA関東大会で優勝し、そのシードから同大会で全国優勝しました。
    この大会に出場してみなさんも知っている名前を挙げると…

    • 名古屋大会マスター(優勝):くまちょむ
    • <del>石川</del>大阪大会マスター(優勝):しろま
    • 全国大会ポーン(4位):kamestry


    といった錚々たる面々が名を連ねます。

    彼らよりもぷよが上手だったか?と言うと、そうは今でも思っていなく、たまたま勝ち上がれただけだと思っています。
    当時は今ほど中盤の戦術が確立されておらず、チキンと本線ブッパすれば勝てることが多かった時代だったのでこのように記録に名前を残せたのだと、全方面に感謝せずにはいられません。(なお今でもその傾向からあまり成長できてません)

    全国16箇所で地方大会を開いていた、というところが、今アツい「列強争覇戦」に重なるところがあり、私はとてもいいなぁ…と運営メンバとして自画自賛にはなりますが、そう思っています。



    【2. 「日本一」誕生秘話 】



    「え?この大会で優勝したから日本一を名乗るようになったの?」と感じた方。
    もう少しお待ちを。ココからが本題です。


    ばよえ~んツアー'96で優勝した2日ほど後、コンパイルから自宅に電話が入りました。


    「明日、1泊2日でコンパイル(広島)に来てくれない?」(超要約)


    宿題がたくさん残る、高校一年生夏休み終わりの時期でした。
    親に事情を説明し、これを快諾。
    (高校受験で第一志望に合格したらPCを買ってもらう約束をしていたところ、第二回ぷよマスターズ大会準優勝の副賞でPCをゲットしてしまったので、ぷよ活動に対する理解はあった)


    翌日午前中には当時は真新しかった新幹線のぞみ号に乗り、広島へ。
    コンパイル社に着くなり、企画の詳細の説明を受けてギャラ支払いの領収書にサインしました(その額が知りたい人は個別に聞いて下さい)。

    その企画こそが、プレイステーション版ぷよぷよ通決定盤「ハイテク攻略法」のビデオクリップだったのです。







    収録の主な流れは、以下のような流れだったと記憶しています。

    • 収録スタジオ入り(この時点で15時くらい)
    • 実機でのぷよ対戦動画収録(プレイ動画のみ)
    • 映像収録(ここで台本通りに読んだのが「まつかねてるひさ、日本一の技を…見せてやるぜ!」でした…)
    • 実況音声収録(終わったのが0時過ぎでした…眠そうな声をしていたのはそのため)

    かの「松金カウンター」もこの際に収録されて、


    C社スタッフ「何か技の名前を叫んでみてよ!」
    ぷよまつ「(え、技なんてないっすけど…ええい、どうにでもなれー)松金カウンター!」
    →結果、同タイトルのラジオCMの素材として使われる
    →その素材が使われることを事前に聞かされていなかった
    →そのことをC社に指摘したら追加でギャラゲット


    みたいな裏話もあったりしました。

    「松金スペシャル」というのも素材としてはあったのですが、さらにプレイ動画も収録してはいたのですが、ともに没になったようです(実態はカギ積み連鎖に2列連鎖尾を入れただけのヘボいやつ)

    このラジオCMと、「ハイテク攻略法」の全消し戦4連鎖カウンター(めっちゃしょぼい)が重なって、「松金カウンター」がその当時、世に知れ渡ったのです。
    当時放送されていたラジオコンパイルにもゲストとしてお呼ばれして、そこに寄せられてたハガキにたくさん「松金カウンター」って書いてあって喜んでいいやら恥ずかしがっていいやら複雑な気持ちになったことを今でもよく覚えていますし、今でも同じ気持ちになります。

    幸いなことに(不幸なことに)同タイトルは70万本もの売上を記録し、その売名の成果か、コンパイルナイト通でゲストにお呼ばれしたことからぷよらーとして恥ずかしながら帰ってきて今に至る…というわけであります。






    【3."格"を作っていこう 】



    さて、「日本一」という肩書きというか自称というか今もたびたび使わせてもらっているこのパワーワード。
    「別に大してぷよが上手いわけでもないのに恥ずかしくないの?」とマジレスしたくなる方もいるかもしれませんが、その点は自覚した上で言うと、こういった大会や実績の"格"みたいなものって、とても大事だなと最近は思います。

    今ではセガ公式のぷよ大会であったり、RedBull5GのPuzzleジャンルの対決であったり、有志が開く大会の種々のタイトルであったり。

    その日のイチバンを決めて「わー、おめでとー」で終わるだけでは勿体ないと思っていて、そういったことを継続したり積み重ねたりすることで、それらが信頼性を増して、ぷよらーだけではなくぷよを知る人、さらに多くの人に知れ渡るようになって、"格"が生まれて、それがさらに次の広がりにつながっていくものだと考えています。

    そのためには

     立案する人がいて、
     計画する取り組みがあって、
     実行する体制があって、
     参加するプレイヤーがいて、
     それを広める輪があって、
     そのためにはたくさんの労力と時間とお金がかかって…

    と実は途方もないコトなんだということが、自分も微力ながら参加して感じているところであります。
    このようなことを各々が自覚して、健全に大事に育てていこう、という意識が揃って、初めて"格"が形作られるものだと考えています。

    この「日本一」というのも実力なんかではなく、「自分のできる限りでぷよを広めていきたい、という思いは日本一」と誇りを持ってこの言葉をしつこく使い続けていきたいです。

    さぁ、さらにタイムリーな話をすると、今日12/4(日)は第1回ACぷよぷよ通列強争覇戦で新たなタイトル「覇王位」を持ったぷよらーが生まれることになります。
    その人物はこれをどんな"格"に仕上げてくれるんでしょうか。
    すべてのぷよファンにとってプラスとなるべく、それを一緒に育てていこうじゃありませんか!


    私がテキストを書くといつもこうやって説教臭く、押し付け臭くなってしまい、なんかスミマセン…。でも、その思いが伝わってくれれば幸いです。


    こんなところです。ご精読いただき、ありがとうございましたっ!

    次の担当は…おおっと!セガ公式ぷよ大会「全二」のタイトルを持つ名前が読みにくいへーょまはさんではありませんか!どんな "格"を見せつけてくれるのか、楽しみにしましょう。

    それじゃあ…まったね~!


  • 広告
  • 騒動に関するお詫び

    2016-07-16 09:477

    この度は、「もこっと!実験室」改め「もこもこぷよ講座」、ならびに「ぷよっとじっけんしつ!」に関する一連の騒動に関する事実関係のご説明と、Projectぷよマスター主宰である私ぷよまつが、関係する皆様ならびに「ぷよっとじっけんしつ!」をご支援いただいている皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

    なお、以下の「経緯」については、もこう氏、selva氏側にご確認いただいた上で、認識を合わせたものになっています。





    経緯

    放送主 もこう氏が、selva氏をゲストに迎え入れ、ぷよぷよ初心者向けの講座 ニコニコ生放送「もこっと!実験室」を企画、枠予約を行いました。

    これに対して、ぷよぷよ講座・情報発信等を目的とするニコニコ生放送「ぷよっとじっけんしつ!」の運営かつ放送主である私ぷよまつが、「もこっと!実験室」を「ぷよっとじっけんしつ!」の"パクリ"ではないかと指摘いたしました。




    私ぷよまつからselva氏への申し入れ(DMにてやりとり)により、selva氏を通じてもこう氏と事実関係を確認しました。






    この結果、もこう氏、selva氏の間で行われた「もこっと!実験室」の企画検討段階で…

    ・既存で参考にできるものとして「ぷよっとじっけんしつ!」の名前が挙がった
    ・「ぷよっとじっけんしつ!」を"パクる"意図はなかった
    ・もこう氏、selva氏の間で十分な確認がなされないまま、番組名称が決定し枠予約に至った

    ことが判明しました。これを受けて、

    ・もこう氏は「もこっと!実験室」の番組名称を「もこもこぷよ講座」に変更、ならびに謝罪ツイートの掲載
    ・私ぷよまつはこれに対して了解したツイートの掲載(直後に私のツイッターアカウントを非公開設定にしたため、フォロワー以外には該当ツイートが見えない状態になってしまった。この点については後述)

    したことにより、当事者間では解決した状態となっています。




    現状についてのお詫び

    こうした状況を受けて、当事者の周囲での騒動が収まらない事態を招いてしまいました。
    「ぷよっとじっけんしつ!」のアーカイブ動画にも多数のコメントが投稿され、視聴者の皆様に大変なお騒がせとご心配をおかけしてしまいました。
    この点について、もこう氏、selva氏、当事者だけでなく関係するすべての方々、ならびに「ぷよっとじっけんしつ!」にご協力、ご支援いただいているぷよファンの方々にも多大なるご迷惑をおかけしました。


    私ぷよまつとしましても、本騒動に関係したすべての皆様にご心配とご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げるとともに、反省すべきことがあると認識しています。

    今回の騒動の中で、

    1."パクリ"なのかどうか事実確認が完了しない状態で断定的なツイートをしてしまったこと
    2.フォロワーとのリプライの中で相手方を煽るようなツイートを発信してしまい、もこう氏・selva氏ファンに不快な思いをさせてしまったこと
    3.事態を受けてツイートを非公開(ツイッターアカウントに鍵をかける状態)にしてコンタクトの取れない状態にしてしまったこと

    は、私が引き起こした問題であり、私に責任があると認識しています。



    【2016/7/18追記】当該ツイートは「問題の蒸し返しを防ぐこと」「発言撤回の意思があること」「記録としては当ブロマガに残っていること」から削除させていただいております

    1.および2.については、あまりに急な出来事であったため、頭に血が上ってしまい冷静な判断ができない状態に陥ったため、このような感情的で軽率な発言をしてしまいました。謹んでお詫び申し上げます。

    特に、7年も活動されている人気配信者であるもこう氏を指して「ぽっと出の生主」などと発言したことについては深く謝罪するとともに、該当の発言を撤回いたします。私自身も発信者として活動している立場ではありますが、もこう氏はそれ以前からぷよぷよの普及に大きく貢献してきた人物の一人であると認識しています。その点を顧みずにその時点での自分の中での怒りが先行してしまい、このような心にもない発言をするに至ってしまいました。誠に申し訳ございませんでした。

    私は「ぷよぷよを普及させたい」「ぷよ界を盛り上げたい」という意志を持っており、特にぷよ初心者に向けた取り組みを重視しております。「もこっと!実験室」改め「もこもこぷよ講座」の趣旨はそれに合致しており大いに賛同できる内容であるといえます。しかし、私の発言はそれに対する考慮が欠落したものでした。これらの感情に任せた批判的発言をすべて撤回するとともに深く反省し、今後は友好な関係を築けるよう最大限努力するとともに、今後は関係者に対する敬意を今まで以上に持ちながら自分の活動にも活かしていきたいと考えています。

    3.については、とっさに自分の身を守ることを優先してツイートを非公開にしてしまいました。
    もこう氏には、上記に対する謝罪のリプライ(もこう氏宛のメッセージ)を送信したものの、鍵をかけたアカウントから送ってもそれが見られない状態になるという、至極単純なことに気付かず過ごしてしまいました。これは完全に私のミスです。
    この場を借りて改めてお詫び申し上げます。また、こんな状態にもかかわらずご心配とご応援のメッセージを寄せていただいた方々には、心より感謝申し上げます。

    また、ここまでの整理を行うにあたって、もこう氏、selva氏の両氏にはお忙しい中時間を割いてご対応いただきました。その中で、「当事者間では当日の謝罪で済んでいる」という認識の本騒動について私が蒸し返し、お二人には不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます。さらに、こちらの都合で一方的に対応に付き合わせてしまったにも関わらず、迅速且つ真摯にご対応いただいたもこう氏、selva氏には、心より感謝申し上げます。また、ツイートの引用許可をくださったことにつきましても御礼申し上げます。

    私はぷよぷよ対戦に関するコミュニティを活性化するために、日々の活動に取り組んでいます。
    このような騒動を引き起こしてしまったことは本意ではありませんが、取ってしまった行動を冷静に見直すと、上記の通り私の態度や振る舞いに問題があったと捉え、深く反省しております。
    発信者としての自覚を持ち、考えや発言、態度を改めるとともに、今後は一層質の高い活動ができるように努めてまいります。
    末筆ながら、改めて、本件に関係したすべての皆様にご迷惑とご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。


    Projectぷよマスター主宰 ぷよまつ





  • MagicalStoneとぷよぷよについて

    2016-03-31 23:0663

    一連の騒動を受けて居ても立ってもいられない気持ちになりましたので、久々にブロマガにエントリすることにしました。

    いわゆるぷよ界では大した実力も影響力もない身であり大変おこがましく思いますが、ぷよ対戦コミュニティを活性化するために日々活動している一人のぷよぷよプレイヤーとして、考えをまとめたいと思います。

    # 日頃の私のぷよに対する活動や考え方の詳細は、本ブロマガの別エントリをご覧下さい






    今回全てのぷよファンやぷよを知る人たちに伝えたいのは、以下の2点です。

    • MagicalStoneへの改めての私の態度
    • ぷよ対戦コミュニティへの関わり方






    MagicalStoneへの改めての私の態度


    MagicalStoneがオープンβとしてリリースされた当初は、以下のような印象を抱いていました。




    さらにそれ以前、昨年のある時期に、れそ氏から本件に関連した以下のような話を個別に聞きました。

    • セガ社了承の下、権利関係をクリアした上で独自にぷよクローンを開発すること(この時点でセガ社とのコンタクトは取っていたようです)
    • それをビジネスとして持続可能なぷよのネット対戦基盤を構築すること
    • さらにそれを種目にした賞金付きの大会を大々的に開催してe-sportsとしてぷよを世に発信すること
    • これには多くの有力ぷよプレイヤーが賛同していること

    統一王座戦後のアナウンスとほぼ同等の趣旨でした)

    これを受けて、前述のツイートの中でも懸念した「既存のぷよ対戦コミュニティに悪影響が生じないこと」を条件に、これに賛同し応援する旨を伝えました。
    また、この時点でれそ氏は「ネットショッピングの事業」をしていると聞いており、そのように(健全な事業の事業主であると)認識していました。

    ところが、ここ最近で明らかになった事実があり、その中で私がポイントとしているのは以下の2点です。

    • セガ社の了承はなかった
    • れそ氏はRMTを収益とする事業を行っていた

    前者は、作品を供給しコンテンツを維持する側に対して、極めて不誠実な行動であると言わざるを得ません。
    後者についても、法的な問題だけでなく、別タイトルとは言えゲームの秩序を乱す行為であり、将来e-sports、プロスポーツ競技を掲げてぷよを引っ張っていこうとする立場としての不正行為であり、背任行為とも受け取られかねません。

    また、MagicalStoneは単なるぷよクローンではなく、それを種目にしたe-sports、さらには賞金付きの大会を開催しようとしています。
    前述した問題を抱えながらこれが発展していくことは、それ自体がぷよぷよに対して悪いイメージを与えかねません。今まさにネット上で騒動の話題は広がっており、その状態は始まっているのかもしれません。
    この機関が健全なe-sports運営ができるとも到底思えません。

    事実として、この状況を受けて騒動に無関係なぷよファンが、ぷよぷよで遊ぶことを不安に感じている様子を目の当たりにしました。

    一方で、一部のぷよらーはMagicalStoneをプレイしていることを私は知っています。(twitterのTLに流れてきたスクショ等の情報から)
    実力を持ったプレイヤーであれば、自分が上位に格付けされたりレーティングが上がることで楽しくなったりすると思います。私もACぷよ通レーティングの上下で一喜一憂したりするので、その感情はよくわかります。
    しかし、その格付けは何によって担保されたもの、何によって保証されたものでしょうか?「ただ単にぷよ対戦が楽しい」という純粋な気持ちを除いて、このような多くの人から疑念を抱かれるような仕組みの中で受ける評価に意味があるとは、残念ながら私には思えません。本来あなたがパフォーマンスを発揮する場所はどこでしょうか?かつて、あなたが憧れていたプレイヤーが輝いていた舞台はどうだったでしょうか?


    こうした状況を踏まえて、これが続く限りは、ぷよぷよと他のぷよファンにこのような悪影響が及び続けることを強く危惧して、私と私に関連するあらゆる活動において、今後一切MagicalStoneに関わらないことを表明します。
    そして、ぷよぷよの供給元に対して不利益にならず、健全なぷよファンをより増やすべく、本来あるべき正しいぷよ対戦コミュニティの在り方を追求して、行動することも併せて宣言します。




    ぷよ対戦コミュニティへの関わり方

    私は、コンパイルナイト通への出演をきっかけにぷよコミュニティに属するようになり、ぷよっとじっけんしつ!ぷよえ~んぷよ対戦会の初心者会等、様々な活動を通じて、ぷよ対戦コミュニティの維持と発展に努めてきました。周囲の協力もあり、それによってぷよぷよに対して一定の貢献ができたと自負しています。

    そんな中、今回の騒動を受けて、ぷよぷよで遊ぶこと、ぷよぷよという競技、引いてはぷよぷよというコンテンツそのものに対して世間から厳しい視線が浴びせられることを危惧します。

    一部のプレイヤーによって引き起こされた状況が、ここまでの影響を与えていることに正直驚いていますが、それだけの影響力がぷよぷよにあることを再認識するとともに、その誤解を解きつつ正していかなければならないと考えています。

    私も含め、ぷよファンは何ができるでしょうか。何をするべきでしょうか。
    簡単なことで、「普段と変わらず、ぷよぷよで遊ぶこと」だという答えにたどり着きました。

    世間から何と言われようと、ぷよぷよというコンテンツは変わりません。それに向き合って、コミュニティを維持し、続けていくことが何よりなことなのです。対戦ゲームとしても、世界観を楽しむ舞台としても、同じことです。これほどまでに長きに亘って多くの人にプレイされ、愛されたゲームを、私は知りません。それを続けること、またその上で実生活で真っ当に過ごすことこそが「ぷよらーの社会的地位の向上」に繋がると私は思います。

    多くのぷよファンはこの状況を不安に感じていることかと思います。でも、くじけないで下さい。
    みんなが楽しめる環境を維持するためにも、私はこれまでと変わらず活動を続けます。だから、くじけないで下さい。

    4/3にはぷよステ!ぷよぷよ大会を開催します。4/29にはぷよ大会を盛り込んだぷよっとじっけんしつ!のイベントを開催します。各地のぷよ対戦会でも、コミュニティとしての取り組みはいろいろ行われています。私たちのできる範囲でも、身の丈に合った形でも、こうした場を残して続けていくことで、私たちのぷよぷよは生き続けるのだと信じて止みません。

    末筆にはなりますが、ぷよぷよというコンテンツを生み出してくださったコンパイルの関係者、それをここまで維持しながら育て上げてくださったセガの関係者、並びにぷよ対戦環境を提供してくださっている各地のゲームセンターの関係者には深く感謝いたします。

    乱文失礼いたしました。
    ぷよに関わる全てのファン、プレイヤーが末永くぷよで遊ぶことができることを祈念して、このエントリを締めたいと思います。ご拝読ありがとうございました。