練習用PT(WCSルール)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

練習用PT(WCSルール)

2017-01-11 15:48
  • 1

はじめに

 ORASから僕のことを知っている方はお久しぶりです、初めての方は初めまして。とりあえず、環境調査と自分のプレイングの練習を兼ねて、どこにでもありそうなPTを組み対戦することにしました。

今回のWCSルールについての印象
 今回のWCSルールは使えるポケモンの数が少ない(質、量共に)、S操作やサポートの手段が非常に少なく、殴り合いの展開になりやすい、瞬間火力・回復量がえげつないポケモン(Z技やフィラのみなど)がいるという特徴があります。
 一番ORAS環境と比べて、違うと感じたのは安定かつ強力な全体技で削ることと、確実な妨害が難しくなっていることでしょうか。
全体技
 例えば、ほぼノーリスクで打てるニンフィアやサーナイトなどのハイパーボイスがありません。カプ系によく採用されるマジカルシャインはタイプ一致では命中安定なものの、単体への威力はわずか60と心もとないです。また、濁流も命中ダウンの強力な追加効果はあるものの、外しの危険性と常に隣り合わせです。さらにORASでは浮いているポケモンが入れやすかったため気軽に打てた地震も、このルールでは浮いているポケモンが非常に限られていることや、グラスフィールド下では威力が半減してしまうというデメリットを抱えています。
サポート
 サポート面ではこの指とまれ要員やキノコの胞子(命中100の妨害技)を打てるポケモンがほとんどおらず、またサポートできたとしても置物になりやすいポケモンが多いため、全体的にポケモン単体のスペックに任せて、無理やりトリックルームや積み技を使用するパターンが多いように感じます。

PT概要


ポケモン持ち物わざ1わざ2わざ3わざ4その他
キュウコンタスキ吹雪フリドラAベールこご風ゆきふらし
ウインディ鉢巻フレドラワイボしんそくインファいかく
ガブリアスジメンZじしんどくづき炎牙まもるさめはだ
カプ・レヒレメガネねっとう濁流ムンフォシャインなし 
カミツルギ草ZリーフB聖剣Sホーンまもるなし
カビゴンフィラのみおんがえし10万ばりきのろいリサイクルくいしんぼう

 このルールで今現在強いと言われているポケモンをたくさん入れているだけあり、1900まではサクサクと進み1950手前まで行くことができました。(そこからずっと1950チャレンジ失敗していますがw)似たようなPTをシーズン1時点で多くの人が現在使っているため、多少中身をいじっても普通にプレイングができれば、誰でも1850~1900前半までは比較的安定して乗せることのできるポテンシャルを持っていると思います。

個別解説

キュウコン 
臆病CSぶっぱ

ふぶき:遂行技。

フリーズドライ:トリトドン、ギャラドスに対して。また天候を取られたときの命中安定技も兼ねている。圧倒的に火力が足りないのが悩みどころ。

オーロラベール:味方の耐久を底上げすることによって攻撃機会を増やす。余裕のある時に貼れればいいな程度。

こごえる風:カミツルギ以外の主軸が火力はあるものの、中速なうえ守れないため、S操作によって動かしやすくするために採用。守ると選択。

 使ってみて真っ先に感じたのが技スぺ足りないという事。アンコール、金縛り、まもる、どくどく、冷凍ビームなどなど覚えさせたい技が非常に多く悩ましいですね。

 耐久に振っていないガブリアスは確定、カミツルギは吹雪+霰ダメで落ちるのでタスキを盾に同速対決を仕掛けられるのは強い。雪降らしのおかげで天候パにも強く出られます。
 一方で、特攻種族値は81と控えめなうえに耐久、タイプ耐性も低い為、足を引っ張ることもしばしば…
僕はほぼ必須枠だと思っているのですが、ここが自由枠になると思います。

ウインディ

183-176-101-*-105-127(140-236-4-0-36-92)

A11n
S最速テッカグヤ+3

フレアドライブ:遂行技 必須技

ワイルドボルト:ギャラドス、カプレヒレに対して 必須技

しんそく:ミリ耐えされたポケモンや低耐久高速アタッカーを縛るために 必須技

インファイト:自由枠 カビゴンやポリゴン2に隙を見せないように

ORASの頃の鉢巻きウインディとあまり変わらない使用感。無難に仕事をこなしてくれるため特にいうことなし。

ガブリアス 

187-159-116-*-125-16952-52-4-0-148-252)
(※赤色の文字は上昇補正がかかっていることを示しています)

ワイルドさんという方のガブリアスの調整案を参考にしています。

A-1地震Zで167-131ガラガラ1発

C182テテフのムンフォ、C178ドレディアのリフストZを確定耐え

じしん:遂行技

どくづき:カプ系への打点として

ほのおのキバ:テッカグヤの身代わり起点の阻止、カミツルギに対して

まもる:縛りの解除のために採用

 素早さを削り、耐久に振りチョッキを持たせたガブリアスもかなり強いですが、カプ系に抜かれて自由に動かれるのはあまり好きではないため、今回はこの形のガブリアスを試験的に採用しました。ドラゴンタイプの耐性を活かした地面タイプとして採用しています。カミツルギとZ技を奪い合っているため、上で述べたチョッキ型かスカーフにした方が強いかも。
 ドラゴン技はあればいいなぁと思うことはあるもののどの技も切ることができないため、泣く泣く不採用。いわなだれは必要だと感じたことはほぼないです。

カミツルギ 

141-214-152-*-64-177 (52-100-4-0-100-252)

草Zで183-116ガブリアス確定1発。

カプ・テテフのサイコフィールド補正ありサイコキネシスを確定耐え

リーフB:遂行技。

聖剣:カミツルギミラーと高耐久ノーマルへの打点として

Sホーン:フェアリータイプ全般、ウツロイドへの打点として。特にウツロイドがこのPTは非常に重くなりがちなため重要。

まもる:縛りの解除と場もちの良さを重視

 使用した感想としては、めちゃくちゃ強いの一言。とはいえ、カミツルギへのメタは進んできており今の環境だと、テッカグヤだけでなくどこからでも炎技やめざパ炎が飛んで来ます。(ガブリアス、カプ・レヒレ、ポリゴン2やペルシアン、Aベトベトンなど)

疑心暗鬼になりすぎるのもよくないですが、使用するトレーナーの方は頭に入れておくといいと思います。

カビゴン 
236-154-117-*-151-52(4-76-252-164-12)
HP 偶数
S 鈍いでSは落ちるものの、撃たない場合もあり、またカビゴンミラー時は先に積めた方がいいと考えこの値とした。まだ対戦数が少ないため要検討。

火力は鈍いで上げるため、11nだけ確保して残りは耐久に振りました。


このPTの自由枠 カプ・コケコ(テテフ)やポリゴン2、ベトベトンなどでも問題ないと思います。(実際に使ってました)

恩返し:遂行技。癖もなくつかいやすい

10まんばりき:電気タイプ、炎タイプ、Aベトベトンへの打点として。ヘビーボンバーと選択

鈍い:火力・耐久を底上げし詰ませに行くために採用。2回積めればほぼ勝ち確。たまに吠えられたり吹き飛ばされる。

リサイクル:のろいを積んでからの回復手段が乏しいため採用。自己再生感覚でつかう。

 WCSルールはORASの頃と違い、特殊技環境な点と、弱点である格闘タイプ(格闘わざ含め)があまりいないことが、カビゴンにとって追い風になっています。Z技の出現やフィールドを利用した高火力はありますが、これらのポケモンは紙耐久(序盤の削りあいで瀕死になりやすい)またはZ技を打った後の火力が乏しいことが多く、後発からのカビゴンは非常に強力でした。

カプ・レヒレ

169-*-136-161-151-113 (188-0-4-252-4-60)

S最速ベトベトン抜き 残り耐久

序盤で雑に使うイメージを想定しているため、今回は火力に振り切りました。

熱湯:タイプ一致安定技。特性のこともありやけどは期待できない

濁流:命中不安定はあるものの、追加効果含め強力な全体技。こだわり系を持たせてこの技を打てないトレーナーはこのポケモンは使わないほうがいいというのが個人的な意見

ムンフォ:ガブリアスなどのドラゴンタイプやレヒレミラー時に

マジシャ:命中安定のタイプ一致全体技………なのだが、よっぽど刺さっているとき以外は安易に序盤から打てる技ではない印象。

ほかの選択肢としては イーブイ系や積み技系統への対策として黒い霧もありだと思います。

 使ってみて思った以上に強いと思った反面、序盤のこだわる技が結構困るポケモンに感じました。
 ミストフィールドは相手のカプ系のフィールドを打ち消すのに便利な反面、こちら側の吹雪による凍結や熱湯フレアドライブなどの追加効果でワンチャンスをつかむこともできなくなってしまうため一長一短です。


PT全体


ダブルにしては全体的に守るが少ない感じになっていますが、耐久に振っているものが多いため最低限の行動保証はあります。

ウインディが反動技が主軸ということと、短命になりがちなため、PT全体でテッカグヤの身代わりの起点になりにくいようにはしているつもりです。

当たって一番きついポケモンはフェローチェでした。何だあのハゲモン
純正トリパはオーロラベールやカビゴンをうまく使って凌ぎましょう。

おわりに
 ここまで読んでくださった方ありがとうございました。上では1900前半あたりまでは戦えると書きましたが、裏を返すとこのPT、1950から上を目指すのはおそらく厳しいです。(平均レートがインフレしたら話は別ですが)なかなか思うように勝てず1800手前で燻っている人たちやWCSレート練習用のPTとして使っていただければ幸いです。

 僕個人としては、今月は修論の締め切りが迫っているため、レートに潜るのは割と難しいですが、ポケモンはなんだかんだやっているので、時間ができたら1シーズンに最低300戦くらいはやりたいですね。

それでは!
広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。