【シーズン7最終構築】サイクル系バシャバンドリ【2000越え】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【シーズン7最終構築】サイクル系バシャバンドリ【2000越え】

2015-01-12 19:38
  • 2


↑この画像置くと上に来る現象はなんなんだ


シーズンが終わりに近づいてきてまた構築記事書く時期がやってまいりました。
どうもレイチェルです。
シーズン7はORAS初環境ということもあり中々レートが上がらず色々構築回してはレート下がるの繰り返しでした。その時に脱出バンドリやさら岩バンドリも試したが中々上手いこと回らずバンドリはやっぱり自分には合わないかと諦めかけましたが、いっそバンドリをサイクルちっくなパーティーにしたらどうかと考え出来たのがこの構築です。





では個別紹介です。







バンギラス(いわひめ)@ラム
特性:砂おこし
性格:意地っ張り
個体値:C抜け5V
努力値:H204 A52 B100 D148 S4
実数値:201-177-143-×-139-82
技:岩雪崩/追い討ち/冷凍パンチ/電磁波

A H159B109メガゲンガーを砂込みの交代際追い討ちで確定
HB A特化メガマンダの+1地震最高乱数以外耐え(捨て身→地震は怪しい)
D 余り
S 端数

<採用理由>
ゲンガー、ファイアロー、格闘技のないボルトロス、ラティオス、メガマンダストッパー()あたりへの対策

<使用感>
バンドリのバンギ枠。最初は鉢巻きで回していてそれほど困ることもなかったが火力を押し付けるよりも電磁波まいてサポートしたりゲンガーと1:1交換してもそれほど支障がないこの型に変更した。技は気合玉がないゲンガーを確実に仕留めるための追い討ち、パーティーに早いと言えるのがバシャレボルトくらいなのでSサポートのための電磁波(後述するブルンゲルの祟り目と相性、まひるみの勝ち筋を作れるなど)、電磁波と相性がいいのとアローに対する打点が欲しかったので雪崩、パーティー的によくガブ霊獣ランドくるのでれんち。れんちのところはクレセポリ2などの高耐久意識のどくどく、一貫性があり外さない噛み砕く、ステロ吠えるなんかでもいいと思います。ゲンガーの気合玉をよく避けたりレート最終戦にミトムのドロポンかわして突破してくれた自覚のあるバンギラス。強いですね。よく何のアイテム持ってたのか忘れる()
選出率はそこまで高くないです。NNは♀個体だったため岩のお姫様かな?とかいう適当なものです。








ドリュウズ(モグラーニャ)@チョッキ
特性:型破り
性格:陽気
個体値:6V
努力値:H44 A172 B4 D84 S204
実数値:191-177-81-63-96-147
技:地震/岩石封じ/アイアンヘッド/角ドリル

H 16n-1、8n-1、6n-1の素晴らしい値
HD 玉霊獣ボルトロスの気合玉最高乱数以外耐え、メガルカリオの+2真空波最高乱数以外耐え
S 最速ギャラドス抜き
A これらの余り
B 端数

<採用理由>
フェアリースキン勢のハイボ後出し、電気岩の一貫カット(ただし岩は地震持ってることがあるので安定しない)、クレセポリ2ピクシーなどのめんどうなやつへのドリル、対面から+鬼火なければゲンガー

<使用感>
http://adamspoke.hatenablog.com/entry/2014/11/15/171114
こちらの記事から拝借させていただいたバンドリのドリュ枠。初めてこの型を見たときから強そうと思っていたのと後述するエルフーンとの相性がいいため採用した。こいつの強みはなんといっても対処がめんどうなピクシーとかいう運ゲの申し子に無慈悲なドリルを当てられ瞑想ムンフォもそれほど効かない対ピクシー性能だろうと思う。クレセポリ2にも後出しからドリル打つなりできるのと最速ドランよりも早いのでクレセドランの並びに一貫する(当然ドランに後出しは出来ない)。ハイボ打ってくるやつにも後出しが2回くらいは効くしいざとなったらがんぷうからのドリルで対処がしんどいやつを無理やり持っていくことも出来る。ただし、ガルーラ霊獣ランドガブマリルリバシャーモ辺りには弱すぎるのでこの連中をしっかり裏で対処できる後続が必要である(この構築ならエルフーンとブルンゲル)。相手を選べばとっても強く頼りになる存在でした。育成したときにポイアが2個しかなくドリルのPPが7となっているがドリル当てなきゃこいつの突破無理!と思った相手に1発で当ててくれるのでPPは縁起もいいのでこのままで良さそうですね。
NNは昔あったゲームタイトルから。







バシャーモ(ロイ)@石
特性:猛火→加速
性格:意地っ張り
個体値:C抜け5V
努力値:H92 A252 B4 D12 S148
実数値(メガ後):167-233-101-×-102-139
技:飛び膝蹴り/フレアドライブ/雷パンチ/守る

H 8n-1、6n-1
Aぶっぱ
D>Bにしてダウンロード対策
S 最速メガライボルト抜きにした個体を抜くS

<採用理由>
ガルーラ、ゲンガーなどのXYでトップメタを張っていたメガ勢に対してぶつける、炎電気格闘の高範囲高火力速攻アタッカー、ゲッコウガメタなどのこのパーティーにおけるエース

<使用感>
自分がよく使うメガ枠。使用率は鬼羽リザXとどっこいどっこいです。バンドリを組むならやはりメガ枠はこいつでいきたいと思いいつもの技構成で採用。バンドリバシャと見せることでギャラやマリルリを誘いフレドラ→雷パンチでもっていくのが基本的な流れ。だが最近はギャラドスに関しては雷パンチを警戒してか引かれることが多くなった気がします(バシャで倒させてくれよ~;;)。ORASで追加されたメガ進化の中ではマンダ、ヤドランがとても辛いがそこにさえ注意すればXYで猛威を振るっていたメガ進化勢にとても強いから中々外せない。シーズン終盤でガブガルが復権してきたのと同時にヤドランマンダの個体数が減ってきたのはこいつにとって向かい風だった。今回は膝全命中させたりメガルカリオアローガッサをバンギの砂とこいつだけで3タテしたりと大満足の活躍だった。
NNはファイアーエムブレムの主人公ユニットから。決してマリオシリーズのあいつではない。








エルフーン(うじまっちゃ)@ゴツメ
特性:悪戯心
性格:図太い
個体値:A抜け5V
努力値:H188 B252 C68
実数値:159-×-150-106-95-136
技:ムーンフォース/宿木の種(ギガドレイン)/コットンガード/アンコール

H 16n-1
B ぶっぱ
残りC

<採用理由>
バンドリに出てくるガッサ、マリルリ、ギャラドス、ブシン、ガブ、霊獣ランドなどへの抑制とガルガブなどを起点にする積みポケ

<使用感>
このパーティー唯一の積みポケモンと一番頭おかしいと言われるであろう型。
コットンゴツメはXYの頃のバンドリでも使っていたが技構成、努力値などを見直した結果こうなった。バンギと組ませていることから16n-1にHを設定し物理方面に後投げするためのBぶっぱ、でSやDに振らないのは無振りでも最速ガッサ抜き抜きに出来る点と特殊方面に投げ居座るわけでもないので余りを全てCへ回しました。このおかげでギガドレの回復量やムンフォで無振りガッサを確1に出来るようになりました。以前は身代りを入れていたがゴツメの定数で削っていく際に逆に身代りが邪魔だと思い身代りは不採用。同時に回復するためだけなら宿木よりもギガドレの方が居座り性能が高まると思いギガドレの採用です(途中で変えたけど変えてから1回も選出していないのでかっこで記す)。やどみがを切ったため、対クレッフィやグライオンへの性能は落ちてしまいましたがそいつらはこの構築回す上であまり考えていないのと役割に特化させたほうが良いと思ってこのような型になっています。以前と比べ全抜き性能は減りましたがバンドリバシャが苦手な連中をしっかりカバーしてくれるのが素晴らしかったです。
NNは見た目が緑→抹茶→せっかくの6文字だから宇治抹茶にしようという適当っぷり。









霊獣ボルトロス(ライアン)@玉
特性:逐電
性格:臆病
個体値:18-25-18-31-31-31
努力値:CS252 D4
実数値:148-×-84-197-101-168
技:10万ボルト/目覚めるパワー氷/草結び/サイコキネシス

CSぶっぱ
余りD

<採用理由>
ラグマンダやカバマンダなどにぶつける、スイクンの処理、リザYへの対処、フシギバナに対する唯一の打点の持ち主、S101より下に対する圧力

<使用感>
妥協したクイックボールめざ氷個体()
おそらく珍しい部類に入ると思われるCS臆病玉レボルト。パーティーを組んでいる際に地面が空かせてアローに対面不利じゃなくラグマンダに対してぶつけていけるやつを探していった結果このような型となった。よく出されるメガバナ、メガリザY(舞うXだとかなりうちのパーティー厳しい)、スイクンにも強いし、高範囲である程度高いCで高火力?を打ちわけられるのが良かった。お試し感覚でいれた個体であったがこのパーティーにピタリと当てはまった結果となった。初めてレボルトを使ってみたが自分よりもS低い相手に対しての強さが圧倒的でサザンドラを連想させるようなポケモンだった。同速対決に勝ったりガルドとこいつの対面で10万で麻痺を引きガルド痺れて次の影うちの際も痺れて無償で突破するなど化身ボルトか?と思わせるくらいの豪運も持ち合わせている自覚のあるやつ。
流石クイック入りのオシャレボルトは違うぜ!!
NNはDQ4のあのおっさんから。色は違えど雰囲気似てる気がするんですよ。








ブルンゲル(みずふうせん)@ナモの実
特性:呪われボディ
性格:図太い
個体値:A抜け5V
努力値:H252 B158 D60 S38
実数値:207-×-121-105-133-85
技:波乗り/祟り目/鬼火/自己再生

Hぶっぱ
B11n、陽気ガルーラの親子愛地震確定2耐え
HD メガルカリオの+2ラスカノ確定2耐え
S だいたいのメガクチート抜き

<採用理由>
対ガルクレセ、雷パンチ持ち以外の全てのバシャーモ、マリルリブシンへの受けだし、メガルカリオストッパー

<使用感>
このパーティーの裏エース。ガルーラ環境に戻りつつある今だからこそこいつが刺さると思い投入しました。結果は大当たりで何度もガルクレセの並びを崩してきてくれまた2度目のレート2000へ導いてくれた英雄。今のガルーラは地球投げが剥奪されたこともあり特殊型が減ったこと、ブルンゲルに対して有効打となる噛み砕く持ちが少なくあっても雪崩(雪崩の当たる回数的に呪われボディの効果を引く可能性も高め)くらいしかないためガルーラへ安心して後投げ出来る数少ないポケモンだと思います。203ガルはメガしてれば何も出来ないし猫捨て身地震れんちなんかのガルであれば鬼火入るか地震をかな縛れればこっちが大分有利になったり。ガルクレセの他にも今までガルド以外ではっきりとした対処が出来ていなかったメガルカリオに対しても強い点もこいつの強さの一つです。さらにはブシンマリルリバシャーモにも後出しの際に叩き落とすを食らってもナモを消費してからダメージ加算され持ち物なし叩き落とすは耐えるのでこいつらにも安心して後投げできます(バシャーモブシンは雷パンチ持ち、マリルリは太鼓されたら当然無理)。いい点ばかり上げましたが、当然欠点もあり具体的に言えば特殊草電気など等倍特殊火力でゴリ押されるとコロっと落ちてしまうこと、陽気ガブの逆鱗ですら超高乱数2発を取られてしまうなど数値でゴリ押してくる相手は無理なのでそこは注意が必要です。だがそこさえカバーできればブルンゲルは現環境で動きやすい方であるポケモンであると自分は思っております。
NNは見た目から。



【総評】
このパーティーを1600後半から回して28戦24勝4敗でレート2000を越えるという脅威の結果となりましたw
積みサイクル中心のパーティーをORASでは使っててそれをスタン系のパーティーに変えただけでこうも上がるとは…(もちろんかなりの豪運が多かったが)
苦手な相手はクレクチやヘラクレセドランなどのトリル軸のパーティーですね。
バンドリというとどうしても積み構築に近いイメージがありがち(自分ではそう思っている)ですがこういったサイクル回すバンドリでもある程度はいけるということが立証できたならば幸いですね。バンドリ使いたいけど積みサイクル苦手~><
という方に役立てる内容ならばいいなーと思っております・¥・
(完璧なバンドリとは言い難いかもしれないけども)

最高レートは2049でした。2034の時「これ勝てば2050越えるか!?」と思っておりましたがあと少しで足りなくガックリきました…。その後潜ろうとはしたがマッチングが長すぎたのが3回も続いたのと一応自己最高レートは更新できたしいっかと思い(甘えである)この中途半端な数字で終わりました。シーズン7はほんとに勝てないことが続きこのパーティーにするまで1800すらいかなくこのシーズンは捨てかとも思ってましたが何とか2000を越え自己最高レートを更新できて満足です・¥・

シーズン8では2100を目指していきたいのとまた2000を越せるように頑張ります。
このシーズンで自分にあってるのはスタン系構築だとハッキリ分かったので次使うとしたらガルーラ入りかクチート入りになりそう。クチートはドリボ色で使いたいのでまた国際孵化もちまちまやりながら準備します。

ここまで読んでいただきありがとうございました!!
それでは。
広告
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。