• マチ★アソビvol.20(3日目)

    2018-05-07 23:54
    最終日!!
    仕事の都合で昼までしか徳島にいられないが、最後に精一杯、楽しんでこよう!!



    本日も徳島は晴れ!!
    暑いくらいだ。



    本日は、昨日のVRアーチェリー大会で桜花一門氏が言っていたイベントに参加するため、商店街の広場まで行く。
    当然準備中なので辺りを適当にうろつく事にして・・・



    痛車を激写したり・・・




    アーケード版Fateをちょっとだけ見てみたり・・・



    そして、オキュラス元祖(?)の靴のナカムラさん。
    私のオリジナルのニュースソース(妄想)では、パルマーラッキーは靴のナカムラさんで
    婦人靴を顔面に当て擬似的に踏まれている感触(VRである)を楽しんでいるところ
    オキュラスの着想を得たらしい。
    情報源は明かせないが。


    そんなわけで始まる 桜花一門のヤベー奴w
    東京のど真ん中で深夜にHMD付けて徘徊する本気でヤバイ方が司会をする。


    因みに会場ではVRの試遊をさせてもらえる。
    そして・・・再びアーチェリー大会。

    今回はオリンピックと同じ70mの高難易度で矢を放つ・・・
    かなり難しい模様・・・
    それで何とか参加して・・・・

    優勝した!!
    前日の晩からオキュラスホームで弓矢撃ちまくった、かいがあったよ!!
    (てっきり桜花一門さんが、最後に的まで走って行き、万点出して終わるのかと思ったが)






    イベント終了後は、展示しているフィギアでも見て・・・レイヤーさん撮影して・・・


    大阪に帰りましたとさ・・・

    それで今回、VR関係で思ったんだけど
    非常に単純なアーチェリーで色々とセコイ技も使えるゲーム・・・ミニゲームと言って良いもので。
    イベントの出し物、パーティゲームとして使えていると言う点。
    今はVR、VRと持て囃したり扱き下ろしたりと色々やっているんだが、
    結局の所VRも出版物や映画、ラジオ、テレビ、スマートフォンと同じく表現媒体の一つでしかない。
    新しい表現する「場」みたいなものなんだろうなと。
    全く難しい話ではなく、これまでは表現したい物を四角い画面に納めなければならなかったが、
    その制限が取り払われただけ。
    まだまだ技術が追いついてはいない処があるけども、あとはココに何を持ち込むのか?
    ということなんだと思う。
    漫画やアニメがココまでの隆盛を誇るようになったのは石森さんが映画の手法を持ち込んだ為だと思うし。
    それと同様の事がVRで行われるんじゃないかと思う。
    Vtuberなどのアイドルなんかは、格安の資金で個人がアイドルデビューできるわけだし。
    同様にMMDだって今は、360度の視界で歌って踊るだけのもが多いけど、
    VR用の演出を何処かから持ち込む人が出てくるかもしてない。
    要は既に新たなコンテンツの開拓の場所としてVRが浮上し始めてるんじゃないかと思う。
    もしかするとそれは、いまVRを仕掛けている人々の予想を外れた動きを見せるのかもしれないなぁ・・・
    と帰りの船の中で半分寝ながら考えていた。






    と言う事で
    マチアソビVOL20は終了!!
    お疲れ様でした!!





  • 広告
  • マチ★アソビvol.20(2日目)

    2018-05-05 22:48
    ちゅうことで二日目。

    二日目は、実はあまり整理券を必要とするイベントに参加しないので
    楽なもの…と思っていた。
    そんなに人気のある出し物でもないので...
    そう思って9時ごろに現地に向かうと、いきなり西公園のステージから音楽と歌声が!?
    今回、公式やフライヤーにないゲリライベントが多数ある模様。
    運営も大変だ・・・特にいくつかの会場が使えなくなっているのか、お役所のアレがアレなのか。
    ボードウォークにある、タコスの屋台もなんか役所関係の問題があるみたいだし。


    そういうわけでアニメビジエンスの整理券をもらおうと並ぶ。
    すると向こう岸にでかい行列が!?
    馬娘の行列…やはり声優の力はすごいな。


    尚、整理券は外れました…こんちくしょうめ。

    仕方ないのでレイヤーさんを撮りまくる。
    ちなみに、ネットUP許可は無いので載せません。

    いつものにゃーんのみ


    それで阿波踊り会館に何かないか見に行ってみる。



    例のごとく五月は川の上を行く人が多数いる。


    阿波踊り会館では、いくつかのイベントは行われていたが、山頂では
    これと言って無いみたい。
    フライヤーにもないし。
    なんぞあったのかな?
    それともシークレットイベント?


    ということで、件のフルダイブハウスに行く。



    ここがキンニクハウス・・・もといフルダイブハウスである。
    正直、何処の会社の場所よりも広いトイレ付一戸建てである。
    豪華すぎて逆に不便なところにある感じ。
    なんか、芦屋とか軽井沢とか金持ちが世俗を離れている感じ?
    まあ、良い方に言うとだけど。

    ちなみにHop Step Sing!は、オキュラスリフトタッチ、センサー付きで見ると
    通常みられないところまで見えます。
    …緑かw
    ハイエンドVRは違うぜ!!



    尚、このハウスで一番苦労してそうなのが大学から手伝いに引っ張ってこられたお兄さん。
    専門家どもがアッチコッチ行くので手伝いなのに実質運営は彼がやっていた。


    それでVRアーチェリー大会に出ようと思ったが。
    コイカツやってて参加に間に合いませんでした!!
    いや楽しすぎるやろアレ。
    あかん奴や。
    イリュージョンどうしてくれる!!
    VRアーチェリー大会は、予定より大幅に人数を増やして開催されており
    大盛況と言って良い内容になっていた。
    まあ絵ズラ的に地味というのは仕方ないがw


    ということで、アーチェリー大会参加した皆さんお疲れさまでした!!
  • マチ★アソビvol.20(1日目)

    2018-05-04 22:13

    と言うことで5月4日より行われるマチアソビVOL20に来ています。
    一応ざっと箇条書きで書いて、あとから色々とつけ足していこうかと思います。

    まず前日移動。
    やはり、2000円で徳島まで行けるフェリーを使用しています。
    だって安いし広いし楽なので。



    でも今回は、波が荒く揺れまくり酔った…

    ヴォエ・・・
    ということで、船酔いしながらなんとか現場に到着。

    しかし、相変わらず公式の情報が遅いので(やはり、直前まで決まらないんだろうか)
    そんで土産物をさっさとそごうで購入して宿に入る。



    それで今回は...オキュラスを持っていく。


    いや、VR系の出し物があるかどうか解らないけど、これ持っていけば悔しくないじゃないですかw
    整理券もらえない可能性あるんだし。

    で、豆腐屋さんのおばちゃんに勧められるまま総菜を買って夕食に。


    この日はラビィちゃんをセットしておしまい。


    ということで次の日。
    マチアソビ一日目の朝である。

    なんかめっちゃ大きなプラレールが出来てる!?
    今回のこれは、フライヤーに書かれているんだけど情報が公式には出ていないイベントが
    非常に多かった印象がある。




    今回は
    今こそアドベンチャーゲームの未来を語ろう。
    ガリガリ編集部presents「ビッグデータで紐解く“ディープ”なnextアニメコラボ講座」
    TVアニメ「シュタインズ・ゲート ゼロ」振返り上映会&いとうかなこトークショウ
    以上を狙ったが
    シュタゲはだめだった。

    それで上記二つだが、アドベンチャーゲームの未来を語ろうと言う話については
    基本SNS、OKとのこと。
    容赦なく写真載せてみる。










    ツイッターで東京クロノスで検索すると・・・
    東京FMクロノスが出てくるんですがこれはいったい・・・




    講義?の内容は日本のADV、ノベルゲーは、そのまま英訳しても十分な
    収益が上がるということらしい。
    で、最後に東京クロノスの宣伝を入れて終了。
    細かいことは省くけど。
    VR映像祭はここで建物一つ借り切ってやってます。
    VR映像祭フルダイブハウス!!
    https://goo.gl/maps/RR4Y4vPDUMr

    公式でまともにアナウンスされてないから見落としがち!!
    ちゃんとやっているから気をつけろ!!

    それとビッグデータについては、要はアニメとコラボしたい商品に対してどのようなアニメとコラボすれば売上が伸びるのか?
    そういった予測をする話がメインだった。
    例の如く全体の10%未満が市場の過半数のお金を動かしていると言うデータも出てきていた。
    既にこれらのデータからグッズ展開をする際にはディープな(全体の10%未満)グッズを作るのがセオリーなのだそうだ。
    この点は、ガンプラやコトブキヤなんかが既に行っている。
    変態技術を駆使した美少女プラモがそれだろう。
    ラビィちゃん一人を生産するのに、バーゼラルド、迅雷(インディゴ)、マテリア(白)、イノセンティア(白)が必要で実際集めている。
    他にもパーツや小物を作り、服を作って・・・考えたらGP-03DBMが買えると思うw
    全体の10%未満というのはコレよりも恐ろしい連中なのだと考えられる。
    そこの、プラモで壁を覆うほど積んでる貴方のことだよ!!w

    今回は、来期あなたの見そうなアニメの予想を行うソフトを使って遊んでいた。
    実際には、多くのデータから来期当たりそうなアニメを予想するプログラムだと思うけど。
    この辺りは、昔の統計学者が
    スーパーマーケットの売上データからチョコレートとバナナをセットで買う客が非常に多いということを発見した故事(?)の延長線なんだろうね。
    従って車会社がキャンペーンをするのであれば車を持ってる人が良く見ているアニメから将来そういう人たちが好みそうなアニメとコラボするべきだという話も出来るわけだ。
    アニメ自体はヒットしなくとも車が売れれば良いのだから。

    もっとも私見ではあるが、コレと完全に逆の戦略もありえるのだろうけど。



    良い時間になったのでラビィと高雄さんにポージングしつつ晩御飯。



    ついでになんか面白いアイマスクあったので
    現地改造!!
    最高にCOOL!なオキュラスに仕上がったぜ!!