• 動画編集で使っているソフトとか

    2017-02-25 18:25

     毎度。正味ちょっと作成に諸々苦労した感もありますが、ようやっと「だらだら月報」の13本目の投稿が終わりました。ネタに苦しんだ反面、普段通りにはどうしても作れないことが途中で見えていたため、普段やらない編集をいくつか実験的に放り込みました。
     こっそり今回、従来と方針を少し変えた部分もあったりしますが、さて気が付く方がいらっしゃるのかどうか。まあ、そこは投稿者側が分かっていれば良いことですね。

     

     ここ最近、たまに「動画を作ってみたい」と仰る方をお見かけするので、あくまで「弊社が動画を作る場合に使う」という意味ですが、使用しているソフトをいくつかご紹介まで。基本的に、弊社の動画はボイスロイド以外フリーのものを利用しております。
     ……ただその前に、まず基礎知識や周辺知識を求める方には、下記のサイトをおすすめしておきます。私自身、ほとんどそこで疑問点は解決するし、しなければ更にググるなりで検索するというくらいには頼っています。

    ・VIPで初心者がゲーム実況するには@WIKI
     https://www18.atwiki.jp/live2ch/

     基本的な事項はほぼ上記に網羅されていますので、知識が何も無いよ、という方はまずそちらを参照してみて下さい。逆に、そこを見ても全く動画作る手順が分からない…というくらいの状態だと、先々かなり苦労する可能性が高いかも?
     ただ、私自身もそうでしたが、最初の内は何がどこに書いてあるのか、自分がどれを必要としているのかが分からなかったりはします。そこに関しては、敢えて助け船をここでは書きません。苦労して読んで覚えて下さい。
     ……冷たいかも知れませんが、その方が後で自分で覚えているものなので。私も、最初の一本を作るのに丸々1ヶ月かかって、それを没にして作り直した経験があるくらいです。それが、今はやろうと思えば数日で終えられるようにはなりました。何事も最初は苦労せざるを得ないものですので、そこは「楽しんで」苦労しましょう。

     では以下、弊社の動画関連にて使用しているソフトです。
     この先のご紹介では、あまり詳細までは記載しておりません。あくまでもご紹介の範囲にとどまっておりますが、それ以上の詳細は上のWIKIにも大体記載がありますので、興味がある方はそちらをご参照下さい。

    ①amarecTV(録画撮影用に使用)
     http://www.amarectv.com/

     

     これはかなり有名どころで、ニコ動に限らず、利用されている方も結構いらっしゃるかと。操作感がかなり簡単で、最初の設定をちょこちょこっと合わせてやれば大体の撮影要件はコレで済ませられるかと思われます。
     なお、PC上で動作するゲーム(DMM系のブラウザゲーム、コンシューマも)は、特にキャプチャボード等無しでも録画撮影が可能です。
     ちなみに…。素のままでamarecTVを使って撮影していると、撮影された動画にはロゴが入ります。これは仕様なのですが、「AMVコーデック」を購入するか、もしくは別のコーデックを使用すればロゴを消すことが出来ます。弊社の場合は後者の方策により、動画内にはロゴが入っていません。


    ②AviUtl(編集作業及びエンコードに使用)
     http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

     

     こちらも有名どころ。下手な有料編集ソフトよりも出来ることが多いくらいの多機能さですが、但しそれを使いこなせるかどうかは別問題…。弊社でも機能の半分どころか2割使っているかどうかも疑わしい。機能拡張が可能で、むしろニコ動で見るような動画は、弊社に限らず「拡張編集」が大前提になっております。
     入手は無料で登録も不要、動作も結構軽快なので、基本的にはコレで良いのではないかと思います。ただ、ちょっと別の理由で、弊社の場合は先に別のソフトウェアで大半の編集を済ませており、その後に更に凝った編集が必要な場合にこのAviUtlで編集を追加、エンコードするという段取りで編集しています。
     ただ、そちらの別ソフトは動画エンコードが出来ないので、どのみちAviUtlは必要になるのですけれども。


    ③ゆっくりムービーメーカー(ボイロ周辺含め編集作業に使用)
     http://manjubox.net/YukkuriMovieMaker.php

     

     上記のAviUtlとほぼ同じ操作感で編集が可能ですが、主だって「ゆっくり実況プレイ」を作成することにかなり特化した作りになっています。この派生でボイスロイド実況でも扱いやすい部分があるため、弊社の場合は先にこの「YMM」で編集の大半をやってしまいます。
     ゆっくりのボイスは「ソフトーク」などで別録りも出来るのですが、YMMなら元々この中にボイス再生の機能も織り込まれているので、ゆっくり実況なら外から音声を持ってこなくて済みます。なお、ボイスロイドを使う場合は、さすがにソフトの別途購入が必要です。
     YMMで編集したプロジェクトについては、エクスポートファイルを作成することで、上のAviUtlへ持っていくことが可能です。ただ、実は互換する際にちょっとズレが出ることがあるので、タイミングがシビアな編集をする場合、あまりYMM側でガッチリ合わせない方が良いかもしれません。


    ④kmvc(mp3音量調整用)
     http://kkkkk.net/

     

     これは割と最近使うようになりましたが、SEなどで使うmp3の音量を変更したいときに使うと非常に便利です。無論、YMMやAviUtl上で調整は出来るのですが、そちらで出来るのは「元の音量の0~100%の間だけ」なので、元音量を引き上げる方で特に使い始めました。
     フリー音源等あれこれ頼るのですが、元々用意されている音量が結構小さいmp3ファイルというのがちょくちょくあります。「これを使いたいんだけど、音が小さすぎて使えない」といった状況のときに、こういったソフトがあると便利です。
     但し、音量を引き上げた場合、後でちゃんと全体の音量との兼ね合いは確認しましょう。極端に一つの音が大きすぎると、動画にした際に視聴者が耳をやられてしまうことがありますので……。


    ⑤Rapture(画面キャプチャ)
     http://www.geocities.jp/knystd/rapture.html

     特にメジャなソフトでもないとは思いますが、弊社では結構昔から多用している便利ソフト。使い方・操作感は「Gyazo」に非常に近いのですが、あちらはウェブ上にアップロードされるので共有やアドレス貼り付け用に、こちらのRaptureは自分のPC上にビットマップなどの高画質で保存するときにと使い分けます。
     立ち上がりが早く、動作が軽快で、操作感が非常に直感的。逆に凝ったことが全く出来ないという難点もありますが、用途的にはこの単純機能がむしろ良いと感じます。案外動画内でも静止画をよく使っているため、ちょくちょく出番があるソフトです。


     以上、大体弊社の動画作成関係で常用しているソフトウェアでした。まあこれ以外にボイスロイド琴葉茜・京町セイカを最も多用するわけではありますが、そちらは有料ソフトになりますので紹介を割愛します。

     ……なお。ゆっくりでも、ボイスロイドでも同様ですが、音声系を外付けにするだけで、動画編集の労力は冗談抜きで数倍に跳ね上がることになります。
     ざっくり、ゆっくりを使うと3倍、ボイスロイドだと一人で5倍、複数人を使い分けると更に倍増すると思って下さい。特に、初めて動画を作るという方には、ゆっくり・ボイスロイド実況はお勧めしません。私自身はそれで最初から作っておりましたが、ご想像の通り壮絶に初回を作るのに苦労しました。
     まあ、苦労した分そのままボイロ実況で70本超まで作ってこられましたので、全くの無駄な努力ではなかったかな、とは思いますが……。最初の内は、生声実況の撮って出しか、字幕動画にしておくことを推奨します。すごーく大変なので。
     地味に、弊社の編集スタイルは手間を結構食うスタイルなので、最初からアレをやろうとすると挫折しかねません。自慢する訳ではありませんが、無理にいきなりアレをマネしないようにして下さい。一応、丸一年以上の編集経験の上で作っておりますので……。

     ではでは、今回の更新はここまでです。

  • 広告
  • 月報12のコメ返し、及び次回投稿見通し

    2017-02-18 12:00

     毎度。だらだら月報作る人(黎明)です。とりあえず昨日(2/17)のアプデ内容を確認しつつ、まあ3時間メンテだとこのくらいよなぁという感想。宮殿チケットが出るようになったので、数枚入手できると至近で入社のシオンを主任にまず上げられそうなのですが。
     バレンタイン超級は箱が確定せず、まあ金銀しか箱が出ないとなるとドロップ率はお察しになってくるので、アイス前提で経験値稼ぎ狙いといったところでしょうか。まあそれはそれでいいとして……社員ドロがモニちばかりなので、もうちょっとこう。☆5とは言わないからミュリアかチカが欲しいところです、はい。

     さておき、「だらだら月報12」に頂いたコメントへの返信です。毎々書いていることなのでもうテンプレコピペしようかと思うくらいですが、弊社の場合、動画内に頂いたコメントに対して、その次の動画でコメント返しをするという体裁を取っておりません。代わりに、このブロマガにて基本的には全件返信するスタイルでやっております。
     但し、類似した内容のコメントについては一括することが割と多いのですけれども。


    ・2016復刻装備が欲しかった…
    ・2週間だし、来週2016年のバレ武器レシピ来ると嬉しいなぁ
    ・衣装変更用にもいちおう1つずつ持っとけばいい
     弊社にとっても予想外だった「2015年」バレ装備復刻について。2016年バレンタイン装備は割と優秀な物が多く、中でも魔と侍が範囲多段ヒットの魅了付きであるため、魅了戦術を選択する場合にはほぼ必須というくらいの性能になります。
     まあ2016の復刻にしなかったのは、さすがに2年連続で同じ装備品というのではマズイと運営さんも思ったからでしょうか……。装備品の性能としては、数字だけならまあイベント装備品ならこのくらいよね、という範囲。スキル性能では2016には劣ってしまう感なので、衣装目当てで作るか、2016が無い・足りないという場合には作るくらいでしょうか。
     ただ、今回の場合は武器よりも「ホワイトリング」が目玉であり、ホワイトリングは魅了防止100%という他に無い性能を持つアクセサリなので、いくつか持っておくのが良いでしょう。+4まで作ることが出来れば、かなり素の性能数値も良好です。但し、数値を考えるなら+4を作らないとOP以外は……という極端な性能でもありますが。どのくらい差があるかは、攻略wikiをご覧頂ければ数字は載っているのでご参照あれ。
     ……なお、2週間だけど2016復刻の追加は無かった模様。残念。

    ・キャラ付けは大事だからね、ショウガナイネ
     何やっとんじゃこの上位レア(そして各所のお偉いさん)どもは…の件。アレを見ていてふと思ったのは、案外にローズ・ホリー・ユディタは一般の知名度があるんだなぁということ。ついでに、円卓騎士や王国の聖騎士団上位者も、少なくともバトルロイヤルを見に来る客層にはおおよそ知れ渡っているようですね。
     まあ、今回出てきているのは割と「表立って動く」円卓騎士なり聖騎士の面々だから、というところはあるのかも。特にチカは雑誌の表紙を飾っているくらいなので、むしろ「広報役」の側面があるくらいなのでしょう。サイミは「謎の」という扱いなのは当然として、アン=マリーもこの業界ではきっちり知名度がある模様。
     ローズの知名度はまあ「剣聖」だからというのはあるでしょうが、ユディタとホリーがほぼローズと同等くらいの知名度を持っているのはちょっと意外でした。なお、その辺を確認したい場合は、パン消費無しの「プロローグ」を見返してみると面白いかも。

    ・クラッシュバンディクーか
     貴様……ほぼ同世代だな?
     あ、そういえばちょっとクラッシュバンディクーを調べていたら、PS4でリマスター版のバンディクーのリリースが発表されたみたいですね。但しまだ海外向けの発表なので、国内に回ってくるのかどうかは不明。1から3までのリマスターが収録されるそうです。へぇ。当時あのCMはインパクトがあったなぁ。今でもCMソングは頭に残っています。
     ……という話題はさておき、完全放置されているのかと思いきや、動いてたみたいですね「例の戦車」ゲーム。今時点で公式サイトを見る限り、正直コケる予感しかしませんが。なお、弊社は社長も事務統括も割とメカ音痴なためスマホを持っておらず、故にクラパンへの参戦は確定で無いという見通しです、はい。

    ・へぇ、当然のように10個くらい持ってるもんだと思ってたw
     ホワイトリング+4について。弊社は今回のバレイベ開始時点ではホワイトリング+4を持って折らず、ようやく今回のイベントの現時点で4つほどを確保しました。とりあえずあともう1つ確保出来れば充分かな、といったところ。他に作りたい武器もあるので。
     弊社の起業がそも2015年2月のバレンタインイベント真っ最中くらいで、さすがに起業当初の時点ではほぼほぼ身動きが取れずという状態でした。以後、あまりホワリンを狙える機会もなく、あっても他に優先するものがあったという状態だったので、手持ちが無かったという。
     正味、茜社長が廃方向へ舵を切ったのは割と最近になってから。おおよそ、S4かS5の鳥くらいからが今現在のスタンスであり、それ以前は最初の「お布施」以外は実質無課金に近いレベルでした。少し前の状況がどうだったかは、弊社の初期の動画をご覧頂ければ分かるのではないかな、と。
     月報からご覧になっている方が今あっちを見ると、「え、こんなに弱小だったの?」と思われるくらい、戦力その他に格段の差がある筈です。魔物撃破ランキングにしても、1700位くらいから一気に今現在49位まで駆け上がっているわけで、途中で何があったんだ感。そんな状態なので、今の状況を前提で考えていると、案外「えっそうなの?」があったりします。
     具体例として「えっ?」というものを出すなら、ケモミンイベの「リボン」を持っていない、とかもそうでしょうか。あのイベの時期、茜社長が他のお仕事で忙しく、一時離脱していたので丸ごと無いんですよね。

    ・うちの嫁のロニヤにも席を、是非に…
    ・去年の2周年記念辺りで☆1☆2の茶封筒組を再雇用したなー
     ☆2以上は一人必ず置いている、という件。実はロニヤは在籍があった筈なのですが、S6魔物の☆1囮戦術の際、大量に枠を食われた影響で解雇してしまった記憶があります。レベル50近辺だったため、割とすぐまた上げてしまえるとの茜社長の判断によります。
     まあ正直、特定の社員がいないと進めないといったいつぞやの魔法学校イベのような形は、今後ほぼ無いのではないかなぁとは思っています。社員がかなり増えてしまったというのが一つ、☆3以上の社員で「必須」を組まれてしまうとどうにも出来ない社長さんが出てしまうのが一つ。
     それでも弊社が☆2までは手持ちするようにしているのは、実質的には検証のため。ちょっと突き放した言い方をするのであれば、「意図的に低レベルにとどめる社員を確保する」ためでもあります。課長ばかりだと検証に不向きな場面も多々あるため、そういったときのために、ということですね。
     地味に基礎研究・検証は大事。ただ、レベル・スペックが高すぎるとかえってデータとしておかしくなってしまうケースはあるので、幅広く社員を持つ方が好ましい。とはいえそれもまあ、社員枠との兼ね合いにはなってしまうのですけれども。

    ・草 もにちとレッカですぎなんよな
    ・ミュリアさんきたで
     おーつかれさーん、の場面について。あの後もモニちは落ちるのですが、それ以外が落ちない罠。地味に何故かレッカも落ちないのですが、まあ☆3だとむしろ金箱を落としてくれる方が有り難いところもありますね。
     とりあえず、ミュリアさんドロの方はおめでとうございます、もげろ。というか、現状あの中で、現実味がまだしもある上で欲しいのはのはミュリアなので、実際羨ましいところ。☆5ドロップの報告も複数見かけてはおりますが、まあ確率的にはウチに当たることは無いやろな、とは茜社長の悟った顔でのつぶやきでした。
     なお、モニはちと脇に置きますが、レッカは育ってしまえば割と火力は出ます。

     

     具体的には、この程度までには。このレッカは課長26、フルだったか3覚醒だったかは忘れてしまいましたが……。特に魔物アクセ等の特殊ドーピングはしていないので、単体火力運用しか出来ないのは難点ですが、☆3としてなら結構ダメージをたたき出します。暗闇付与率もそれなりにありますが、暗闇の生きる場面があまり無いのが残念。

    ・もげろ!!                もげろ!!
    ・☆4侍が欲しいって言ったから嫉妬したんだよ
     上の画像にも映っていたりしますが、妖精の封筒からシオンを引き当てるの図。☆5の侍はシオンしか持っていないというのに、何故そこでシオンが被るのか。
     なお、その翌日にデイリーでEXルーナ、そのまたすぐ後の日にEXティナを引き込みました。シオンは二人目、ルーナとティナは新規というのがおいしい。ティナは結構すぐ来るものだと高をくくっていたのですが、案外ずっと来なくて茜社長も苦笑いです。
     EX社員は結構引けない時期が続きまして、この間の動画でご紹介していたEXエルミがEX社員としては二人目。それまでは四門アオイしかおらず、ようやっと二人目だーと思っていたら、ここにきてEXがいきなり倍増しました。
     あ、EX社員と言えば。「幻影エルミのEX社員特性・職の特性は同時に発動する」ことを自前検証にて確認しました。また、私は手持ちしていなかったので他の方が一緒にテストして下さったのですが、「EXアウロラのEX社員特性と職特性も同時に出る」ようです。特に幻影さんは片方しか出ないものと思い込んでいたので、結構驚きました。
     てっきり排他処理されていて、片方しか出ないと思ったのですが、案外そうでもなかった模様。ただ、奇襲・ミラージュ(EXエルミ特性)はどちらも発動率が悪いので、両方が同時に起動する場面は結構稀です。ただ、霊峰の「秘術士」防具でEX特性側も発動率が上がるっぽいので、EXエルミに関しては霊峰秘術士はありかもしれません。……が、確実に頼れる率ではないので、博打には変わりありませんが。


     さて、コメント返しは以上で、この後は次の動画投稿の見通しなのですが。
     実のところ、現状全く「月報13」には手が付いていません。理由は単純、ネタが無い。アップデートで多少ネタが増えるかなと思ったら、まあそうでもなかったという……。ただ、動画投稿者としてはうまみが少ないだけで、社長業者としては収穫はそれなり。キャラ泥以外は、ですけれども。
     まあともかく、今時点でそんな状態なので、次回の投稿はそこそこ先になりそうです。抱き合わせのネタをどうにかひねり出すか、いっそもうネタどうこうはあまり考えず、日常風景をそのまま動画にしてしまうか、ちょっと考え中。ただ、ウチの動画スタンスで日常を垂れ流してみてもしゃーない気ぃはするんよな、と茜社長は渋い顔をしております。
     諸々を鑑みて、次回投稿予定は月末近辺の可能性が高そうです。もう少し早めに出来ればとは思うのですが、ネタが無いのではどうにもなりませんし。まあ、月報11と12を1週間しか間を空けずに突っ込んでいるので、先食いしてしまったとお考え下さい。

     では、今回の更新はこの辺りで。

  • 動画にするには微妙な検証の話

    2017-02-12 21:58

     毎度。とりあえず先日の予告通り、今日(2/12)に動画を仕上げて投稿済み。だらだらと月報を作る人(黎明)です。……だらだらと毎月に一本ペースの予定だったなのに、10月頭から投稿を開始して、今日に上げたのが12本目という。
     そーかー、月報作り始めてもう12ヶ月かー。という筈の本数なのですが、実際にはまだ半年経ってません。実質半月に一本、状況次第で更に早いペースで連投しているので、だらだらでも月報でもなくなっている気はします、はい。

     さておいて。タイトルの件ですが、当初動画にするかもなぁと考えてはいたものの、今ひとつだなーという程度で、さてどうしたものかのザル検証もどきが1件。内容的には、DEXによるダメージ振れ幅が存在するのかどうか、存在するとしてどの程度なのかといった話です。
     実のところ、公式のゲームガイドでDEXについては「命中とダメージの安定性、またクリティカルに影響します。」と明記されており、ダメージの振れ幅には確実に作用するようです。クリティカルに影響するというのは、ゲームガイドを読み返して初めて気が付きました。ちゃんと公式のガイドも読み直さないとダメですなぁ。
     ただ、この「クリティカルに影響します」という表記の仕方がくせ者で、「クリティカルの発生率に影響する」とは書いていないのですね。また、そもクリティカルのダメージ計算の原理がよく分かっていないため、「どう影響するのか?」もワカランのですが……。

     まあクリティカルについては脇に置いて、一応、DEXがどの程度通常ダメージに影響するか、若干だけ検証をかけました。2通りの、DEXがかなり違う状況を作り、データ10本だけでとりあえず比較しただけですが……。それでも一応、多少の傾向のようなものは見えた気がします。

       

     とりあえず、成果物の表がこちら。それぞれ、夢幻の迷宮1戦目に来る青スライムに対して与えたダメージを記録した物です。クリティカル、鼓舞・見切りが発動した場合は除外し、また青スライムの前に他の敵がいた場合も「前衛配置効果」でダメージ軽減がされている可能性を否定できないため除外しています。
     データは左右で別になっており、左が斧、右が侍。上から「データ1~10」が与えたダメージの記録で、その「合計」、10回のダメージの「平均」、10回の内でのダメージの「最大値」および「最小値」、それに「標準偏差」と続きます。「理想値」としているのは、物攻の値にwiki記載の倍率値をかけたもの。「対理想値」というのは、記録したダメージ値が「理想値」の何パーセントまで出ているかです。
     左側は☆3斧のイレーネに専用武器ディアプトラ+3を持たせ、物攻1,802に合わせたもの。右側は☆5侍のシオンにハロウィン武器+4を持たせ、物攻1,812に合わせたものです。武器のチョイスはwiki記載の威力倍率がなるべく近く、防御ダウン系のデバフが無く、DEXに差の大きい斧と侍から選んだ結果となります。

     ……という細々した説明はしますが、結局見れば良いのは「平均」と「最大」と「最小」の3箇所と、プラスその右側の「対理想値」です。
     あくまでデータが10件ずつしかないため偏りがかなりある筈ですが、それでも一応、DEXが高い方が「対理想値」で10%程度ずつ上回る傾向があります。ただ、一方で標準偏差の値はDEXのむしろ高い方でばらつきが大きくなっており、どうも振れ幅そのものが小さくなるわけではないように見えます。

     あくまで憶測ですが、元々の威力倍率は出ない仕組みになっており、DEXが低いほど、「本来の威力倍率(100%)」から引き下げられていく。DEXが高いほど最大・最小の範囲が底上げされつつ、偏差も縮むかと思ったのですが、課長29シオンであっても侍のDEXでは縮みきらないのかもしれません。
     弓ではまだ試していませんが、DEX300弱から740ほどまで引き上げても底上げの率が10%程度にとどまるので、弓のDEXでも更に10%上がるかは微妙なところ。ただ、DEX900まであれば、おおよそ最大値は威力倍率100%に近付くのではないかと思われます。
     但し下限値の方がそう引き上がらない可能性があり、100%間際~70%程度の振れ幅になるのではないかなーと、特に根拠も無く考えてみたり。

     そういえば、どこぞのPSO2でも、ダメージの振れ幅のシステムはありましたね。あちらは技量が影響したんだったかなぁ……と思ったりしつつ。「かんぱに」でも与ダメージに相当なばらつきがあることは前々から感じており、まあ類似のシステムを積んでいるのだろうとは思っていましたが。
     さてはて、後はクリティカルの仕組みがどうなっているかには興味があります。敵の防御力無視でダメージが入る仕組みなのか、単純に上乗せなのか。少なくとも、上記の検証前に、テスとしてクリティカルの数字データも同時に取っていた分がありますが、クリティカルもやはりかなりの振れ幅があり、標準偏差はクリティカルの方がばらつきが大きくなります。
     DEXがクリティカルに影響するというのも、「クリティカルの発生率」よりは、クリティカルになったときの「ダメージ量の振れ幅」の方かもしれませんが……。ただ、大型に対しては心眼弓であってもクリティカル発生率が落ちているように感じるため、相手とこちらとのDEXの差異なりでクリティカル発生率が左右されている気はします。

     …といったところで、今回の更新は以上となります。