• 月報No.22へのコメ返し&お知らせ

    2017-06-25 10:30

     毎度。だらだら月報をまだ作ってる人(黎明)です。まあ予想通りといったところか、大型の予告が来てますね。公式のTwitterでの予告画像は下に貼っておきますが、正直あんまりあそこの文言をアテにしない方が良いかなぁ、という気はしています。



     まあ、「凍結」回避に関しては、正直今から防具をわざわざ+3厳選までして作る必要は無いんじゃないかな、というのが個人的な見解です。元々ほとんど魔物からの攻撃はMissしないし、必中誘導が今回も生きているのであれば回避はそも意味が無いので。ただ、命中率が低い代わりに当たれば即死級、というギミックを入れてくるのかもしれませんね。
     さて、本体に通るのは「火」属性なのか、それとも前回の闇から反転して「光」なのか。どちらにせよ、弊社はほぼほぼ装備・レベリングは終わっているような状態なので、今焦る必要は無いのですけれども……。但し、他の事情に気が付いて、やれやれとため息をついております。今回、あまりまともに取り組めないかもしれないなぁと思いつつ。
     ま、その話は今回の記事の最後に。

     ともあれ、月報No.22へ頂いていたコメントへの返信です。
     弊社動画の場合、尺の都合で動画内にコメント返しコーナーを設けることが出来ないため、こちらのブロマガにて、基本的には投稿後最初の一週間の内に頂いたコメントに対して、大体は全件返信を行っております。まあ、ここは毎々の記載ですね。
     そういえば、月報は予告している通りそろそろ終わりになりますが、その「次」は既におおよそ形は見えています。その中で、もしかすると動画内でのコメントピックアップをするようになる、かもしれません。まだ本決まりしているわけでもないので、あくまで予定は未定という程度ですけれども。


    ・なぜかうちにはジークさんしか依頼に来ません・・・
      その代わりに黒4通くらいもらいました
     あまりドロップ運には恵まれない、といった話について。そういえば、依頼に来たという話の出本は、うちもジークしか見かけなかったような気がします。ただ、基本的にプルルア達からのメッセージはほとんど読み飛ばしていたので、実は他の依頼人が混じっていたのかも? 正直、そこについては全く自信がありません。
     一方で、ドロップ結果の方は最終的には恵まれた形になりましたが……。ただ、結局確定黒封筒の方は、ハーモニクスやミリアムくらいだったかしら。妖精の黒封筒は若干貰えていたのですが、ほぼほぼ「3333」という結果で、終わり間際までほぼほぼ諦めていましたね。毎度のコトながら、妖精の黒封筒はほとんど信用していなかったという。
     なお、動画の最後にこそっとサイミ・アルモニカが映っていますが、あれは終盤の極レアクエストでヴァリエ家を引き、そこで貰った妖精の黒封筒2通で立て続けに引き当てました。生放送中に、「まあ来るワケもねーわwww」くらいの勢いで引いていましたが、思いっきり枠内では「不正」連呼されました。引いた当人が一番唖然としましたけれども……。
     他社さんからは結構景気の良い話を聞いていたので、弊社も最後の最後で何とか波に乗れたのかなぁとか、そんなことを思ったり。実際、他社さんはいかがでしたか?

    ・今回のイベント中のに撫子が二人出たで
     そういえば出現率アップがかかっていたEXテレージアの件。弊社では何となく、EXテレと言うよりは、「撫子テレ」と呼ぶことが多いですね。EXと打ち込むより、撫子と打つ方がキータッチ的に何となくやりやすいからなのですが。略称的にはEXテレの方が普及しているのか、どうなのか? 他のEX社員も、何となく気分でどっちを使うかバラバラなんですよね。
     弊社はとりあえず一人採用出来ており、まあまずは良いかなーという感。二人出たということでおめでとうございます、ということで。なお、ジャブった会社さんではマモン狙いで斧を指定したら大量に来た……という話も聞いたような記憶もあります。そういや、うちは結局マモン来ませんでしたなー。ある意味、予想通りの顛末という気はします、はい。
     撫子テレについては、EX社員特性が結構癖が強く、さて活用出来るかが難しいところ。効果としては「一意専心 : 1ラウンドの間、部隊のウォリアー(斧)全員のクリティカル率が100%」ということで、かなり扱える編成が限定されます。まあ極光アウロラも魔法士にしか適用されない特性ですが、あちらともまた微妙に用途が違う感じですね。
     一意専心については、困ったことに特性の発動率が妙に悪く、極光アウロラの特性ほど狙っていけないのが辛いところ。もう少し発動率が高ければ使い方を研究するのですが、どうしてこうも発動率を下げてしまったのか……。☆3扱いということで、下げられてしまったのでしょうか。ちょっと残念です。

    ・その首長さん謙虚とは程遠いけどな
     9本で良い、ということで。まあ大元の方は全く謙虚でも何でもないそうですが、ネタとしては一応ね? そも、弊社の茜社長自体、あまり謙虚とは言えない気はします……うん。そういう意味では、割とあの首長さんで差し込む絵は合っているのかもしれません。

    ・ファッ
     突発的に始まった「戦争の時間」の件。ろくに当時専用武器がカンカンで成功せず、鬱憤がたまっていたところへ限定宮殿チケが転がってきてしまったので……ええ、ついつい。また、別の内幕としては、当時メイア2枚とプルルア、更にロッティの2枚目が入社してきており、上で話題にしている撫子テレもいたわけで。レベリング対象がそこそこいたのですね。
     そういえば余談ですが、該当のシーンについては普段と作り方を変えています。久々に16分割画面をしているのですが、あれ、実は別の動画として一本先にその部分だけを作成→分割だけ動画を更に動画内に取り込み、という段階を踏んでいます。このため、実は該当部分のみ2回エンコードを経ているため、ちょっと画質が下がっている筈です。
     ただ、元々ニコ動はそこまで高画質を追求できないので、結果的にほとんど画質の劣化については目立たずに済んだようですね。そも16分割で元々あまり細密に見える状態ではないため、まあアレはアレで手としてはありなのかな、と思っていたり。よくよくちゃんと見るとニコ動であっても普段より画質が落ちているのは読み取れるのですが、エンコード時間が分散されるという利点があるので、投稿者側としては負担が減ったりはします。
     まあ、今後もうあまり分割をかけることはないかなという気はしますけれども。ええ、もう育成にガン振りする人員がいないので。部長実装は……さて、どうなるんでしょうね。

    ・固有★3なんてできたことが無い・・・
     恐らくですが、「専用武器+3」の話、かなと思われます。動画内ではちょうどサーガ専用実装の話をしているタイミングでしたので、この解釈で間違いはない筈?
     大型を意識し始めると、どうしても専用武器の+3が前提になってきてしまう部分もあり。ただ、職ハンを使ったり、ウェポンハンマーを使ってみても作成成功率は確実に一桁パーセントですから、なかなか厳しいところです。今時点ならちょうどEPハンマーが効果も上がったそうですが、まあそれでも確率系は結果が偏ってしまいがちなのが難点でしょうか。
     一応、周囲の感触は「上がったね」という反応が多いようなので、「専用武器」に関してだけなら、今のキャンペーンの内に少し数を揃えておきたいところです。但し、EPハンマーは「専用武器」にしか効果がないので、汎用装備や魔犬・グリフォン・巨竜装備などには効果が通らないことには注意が必要です。
     なお、今更な話ではありますが、どうしても☆3以上の社員については、専用武器の+3を持って初めて本領を発揮するという部分もあります。狙っての量産は厳しいところですが、それでも上位を目指したいという場合は、実質「専用武器+3は必須」に。まあ時間をかけ、腰を据えてやるゲームですので、焦らずひとつひとつ作っていきましょう。

    ・しゃーない
    ・ゲームガイドにも書いてありましたよー
     サーガの時間旅行について……というよりは、時間旅行でも蘇生不可はリセットされないという件。まあゲームガイドにも書いてあったという件については、サーガを取り扱う部分の冒頭でそのゲームガイドの解説文部分を抜粋して貼り付けしていますから、当然把握した上でやっていることではあります。……が、やっぱ実際やってみたいじゃん!
     いやまあ、実際一度その状況を発生するために、やたら苦労するハメになったのは事実なのですけれども。やっぱりちゃんと自分の目で見てからじゃないと信用しがたい、というのは難儀な性分ではあります。とはいえ、これでハッキリと映像として実証が出来たわけで、自分自身としても「ああやっぱりダメなのね」と納得できた分、良しとしています。
     さておき、サーガの専用スキルという部分に話を移すと、さて今回の大型に時間停止が通るかどうかが結構影響してきそうです。現状、あくまで個人的な予想としては、無効にはされないけれど、効果ラウンド数が2→1に引き下げられるのではないかな、と見ています。元々あまり高くない付与率を更に下げてくる可能性もありますが、そうなるともうろくに使えないということになりかねません。
     ただ、あまり有効に過ぎると「サーガがいないと勝てない」になりかねないので、その辺のバランスは難しいところですね。呪いゲーについては、第二部10章の新しい弓で制限がかなり緩和されましたが……。それで呪いゲーを正当化されても困るんだよなぁ、と思いつつ。

    ・ポドールイの千の夜
     ぽぽぽぽぽ。「戦場(配達先)」についてですが、まあ実は、あの映像自体は本当は「初回挑戦時」のもの……ではなく、厳密には「初回挑戦時を再現した」ものだったりします。まあ出撃メンバーはアレで間違っていませんし、どのみち全員カンストしており、装備も変わっていないので、ほぼ完全再現に近いのですが。
     あの初回出撃でローズに魔法攻撃が通らないこと、異様にローズの攻撃力が高いコトが判明し、「おいコレどーすんだよwww」と思わずリアルに吹き出しました。割と普段「剣聖(笑)」と言われてしまうローズですが、だいぶ久々に本気を出したものです。他の相手もなかなかシャレにならんことになっていたので、公式掲示板の方はまた荒れてましたね。
     まあ、あくまで個人的にですが、アレは思いっきり上位の社長の「お遊び」であり、育成にゴリゴリ時間とお金と手間をかけてきた社長のためのコンテンツだと思っています。だからこそ記念品の実績からは外されていたのだし、そこまで報酬が良いわけでもなかった。最初からアレは「課長30・全滅必至」と明記はされていましたから、警告はされていたわけで。
     クリア出来ないこと自体が気に入らないという向きはあるでしょうが、あの警告を見る限り、運営さん側としてはもう、最初から「全員がクリア出来るという前提にはしていない」ということが読み取れます。何のかんの、攻略法自体はそこそこ見いだされたので、社長スキルや奇襲、人によってはネクロマンス的にノースキルで行けた方もいらっしゃったそうで。
     なお、弊社はシビルに「例のアクセ」を預けて、実質単騎突破してもらいました。まあ動画向きの映像が欲しいかなと思ったときに、「弊社にしか基本出来ない」ことを入れようと思ったら、結局はアレになったのですよね。それでもお膳立ては必要になるので、映像として撮影出来るようになったのは試行回数を積んだ後でしたけれども。

    ・おー
     んで、上で触れているシビル実質単騎の件。割とあの拮抗ダメージ状態は怖いのですが、今回の「戦場」ではローズ以外からクリティカルを受けることがほとんどなかったので、結果としてアレが成立したとも言えます。特に、アデとアンマリーは赤ダメージを最後まで見ませんでした。クリティカルありだとさすがに、あの実質単騎戦術は厳しかったでしょうね。
     シビル専用実装当時は、斧で自己回復だとあんまり回復値が……という反応が大半で、いまいち使えない、倍率がジークより低い、と正味割と酷評されていたのですけれども。かなり特殊な条件・装備を要求されるにせよ、仕様を把握していれば、ああいう使い方自体は出来るということですね。現状、アレが他に出来るのはロッティくらいでしょうか。他の5斧とかでは出来ないのですよね。
     特殊系効果を持つ専用武器は、こういうところに面白みがあります。ロッティなんて、当初ほとんど注目していなかったくらいなのですが、今だともう課長カンストが1枚、更に2枚目がこちらも課長終盤まで上がっているくらい。オーサやイェリンも、☆3としては異例の注目度合いだったりしますね。
     ☆3社員の専用武器は、純粋な威力などではどうしても上位にはかなわないだけに、そういう部分で面白いものが増えると良いのですけれども……。ただ、新規で入ってくる社長さんにとっては、最初に入手可能な専用というのはどうしても☆3が多くなる筈で、いきなり尖った専用に当たるのもツライということになってしまうのか。


     ……といった辺りで、今回のコメント返しは終了です。

     さて、今回の魔物戦については、弊社は正直、リアル日程的に結構シビアです。7月の前半は見事、リアルお仕事の繁忙期ど真ん中にかち合っており、実質今回動けそうなのは最初の3日間と、最後の一週間のみ。期間の内、実質まともに戦えそうなのが半分程度になってしまうため、さてその状態でどこまでやれるか?
     なお、この状態のため、生放送枠を取ることも難しくなりそうです。余裕のありそうな日はやるかもしれませんが……正直、状況がどうなるか当人にも現状見通せていないというのが実際です。さて、どうなることやら何ともはや。
     まあ、魔物戦については最初の三日間で基礎理論だけは掴んでおき、最後の一週間で他社さんの情報を一気に吸い上げてのフォローアップ戦略をとる、というのが現時点での目論見ではあります。弊社の場合、基礎戦力自体はある程度整っているので、後は情報戦を何とか出来れば追撃自体は可能でしょう。
     ただ、逆に弊社側から提供できる情報量が一気に落ちるなぁ……とは思うわけで。状況的に生放送、動画編集ともほぼ出来なくなってしまいますし、そも魔物戦自体ほとんど中盤までは手が出せないことになる。完全にフリーライダーじゃないですかヤダーという感じなのが頭痛いところですが、今回は時期的にやむなしです、はい。

     ではでは、今回の更新はこんなところで。

  • 広告
  • 月報No.21へのコメント返し記事

    2017-06-11 20:00

     毎度。だらだらと月報を作る人(黎明)です。そろそろ「月報」シリーズは終了しますよと宣言はしておきつつ、月報No.22の編集を進める日々……。まあ区切りとしてどこで終わらせるかをまだ計りかねているところもあるのですが、正味、実はいつ打ち切ってもまあ構わないんだよな、とは思っていたり。
     元より「急に終わる」ことをある程度織り込んだ上で毎回を作っていたので、No.22で一気に打ち切ってしまうことも可能ですが。ただ、やっぱり弊社動画としては「魔物」で終わりたい。次のメンテ状況次第かな、ということで現状はまだ判断を保留中。ただ、魔物が来る気配が無いなと見たらその次の回で迷わず終了させます。
     あ、これも以前に書いている筈ですが、「月報」を終えた後、割とすぐにでも「次」を始める予定です。既に「次」の組み立ては何となく頭の中で出来ているので、後の問題は単純に、「月報をどこで切るか」だけ。ま、予告はもうしたのだし、毎回の作りから考えれば「んじゃ今回までで終わりやで♪」と終了できるのが強みではありますね。

     ともあれ、月報No.21へ頂いていたコメントへの返信です。
     弊社動画の場合、尺の都合で動画内にコメント返しコーナーを設けることが出来ないため、こちらのブロマガにて、基本的には投稿後最初の一週間の内に頂いたコメントに対して、大体は全件返信を行っております。
     動画内で返すかどうかは割と毎度悩むのですが、少なくとも「月報シリーズ」の中ではやらない、というスタイルを決めています。月報は基本、8分を超えないこと、出来れば7分に押さえることを主眼において時間設計をしているので、コメント返しを入れるにはキツいんですよね。


    ・マジシャン指定のままか
    ・職種指定がズレてなくても時間がかかりました
     のっけの「無限の黒封筒」にて、広報部指定を直し忘れたままだった件。これは推定通りの「魔法士」募集のままになっており、しかし欲しかったのが前衛火力職だったため、ものの見事に延々と「ルカ次を頼む」を押し続けるハメになったという……。
     とはいえ、職指定がズレていなくても、というコメントも頂いている辺り、広報部の指定ってそこまでやっぱり過信は出来んのだなぁと思ってしまうワケですが。ま、そこは昔から「広報部の指定は飾り」とよく言われていただけに、今更感なところはありますね。ただ、弊社の場合、合っていようがいまいが、やっぱり長引くような気はします。
     まあ、それだけ「単品ツモ」の確率が非常に悪いということなのでしょう。茶封筒組の人数が目録を見ると「56人」となっており、社員名簿3のエンドが今日時点で「No.227」です。これにEX社員の「7人」までが常設で履歴書を狙える現社員ですから、「227+7-56」で「178人」が黒封筒で引ける社員ということに。
     全員同率でも1/178ですから、単品を狙撃出来る率は0.6%未満というなかなかヒドイ確率になります。予想以上に低くて頭痛が痛くなりますね、日本語がオカシイ。

    ・ミコトおらんかったんか・・・
    ・ローニン系の専用武器はシオン・ヤミ・ルイと闇属性が多い感じだからねぇ
     上記「無限の黒封筒」にて、ミコトをチョイスした件について。ミコトがいなかったどころか、弊社の場合、割と★5社員については持っていない子がかなりいます。イリヤ美遊は結果的に持っているので考慮から外しても、現状12名の★5が未所持になっております。多分、視聴者さんに思われている以上に未所持が多いのではないかな、と。
     この辺りは、毎々ことある毎に口にしますが、弊社は基本「履歴書ガチャをしない」ためです。ソコに他社さんが使っている分を、軒並み育成の方に使ってガン回しているだけ。当然、極度の幸運を持っていない限りは履歴書での揃えが減りますから、手持ちの、特に上位レア社員については相当に抜けが出てしまうワケですね。
     んで、ミコトのチョイスに関しては、動画内で言及しておりましたが、次の大型に「光」属性が有効なのではないかという読みが一つ。それから、高速火力前衛職としての侍系のハイレアが欲しかったというのがもう一つ。結果的に、今現在の「戦場」(配達先の方)で、やっぱりミコトを即座に起用することになりました。課長侍の威力での範囲攻撃はやはり強い。

    ・無限で採ってもう課長カンストとかもうね?
     いつも通りの「既に青くなって数字が30になっている」件。いやぁ、これは弊社の運営方針からすれば「いつも通り」のことで、むしろ特訓クエストがある内に、迅速にレベリングを終えるために「開封」を全く待たなかったのです。新キャラを取るために温存するという選択肢も勿論充分有りだと思うのですが、弊社はそれとは違う判断をしているというだけ。
     ……うん、というより、上記の通りで弊社は基本、履歴書ガチャをしません。このため、むしろ即時に「無限の黒封筒」を使っても、まだまだ「New」があるんですよ。そういった意味で、新規★5を待つ必要も無く、未入手の★5がたくさんいるわけでして。その中から欲しい子にあらかじめ目星が付いていれば、即採用に回すことに損が全く無いのです。
     そしてまあ、その分のコストを軒並み特訓や宮殿に投げ込めるので、結果的に「いつもの」事態が発生するということですね。結局、これまた引き合いに出しますが、「戦場(出荷先)」みたいな課長30上等な代物が出てくるわけで……。いやはや、まさか今回のイベントでまた「悪夢」再来とは思ってもみませんでした。ミコトいて良かった。

    ・羽虫とかな!(☆5入手)
    ・秘書バッジのとかね
    ・社長室に飾れるようにしてほしかったなあ
     実績関連、特に「課金しないと達成不可の実績がある」件など。一応可能だけど相当キツそうなのが「★5採用」と「★5の複数人から択一する」もの、課金アイテムを買わないと不可能なのが「秘書バッジでの秘書指定交代5人」など。あとは食料系アイテムを100回使うというのもありましたね。
     この手の「実績」として、無課金では「ほぼ無理・確実に無理」系を出すのはどうなのかなぁとは思うのですが……。まあ、秘書バッジはミッションやクリア報酬での石を集めれば購入は無課金で可能ですし、食糧系アイテムも以下略。後は「無限の黒封筒」で「★5択一」はクリア出来るらしいので、3周年などで配布されるか「★5封筒」で達成は可能、ではあります。
     とはいえなかなかなぁ……という面もあり、個人的には報酬無しで設定してきたのは「英断」だったかなぁと思った次第。逆に、無理に急がなくて良くなったので、そういう意味でも気楽にやっていけるのが良いところですね。早くも70個以上達成されている社長さんも、それなりにいらっしゃるようですが。
     なお、飾り付けに関しては、まあ作り方が恐らく目録がベースなのかなと。社長室の待ち受け画面のインタフェースをいじりたくなかったのでしょう、多分。一番頻繁に出入りする画面になるので、そこの処理を変にいじると重たくなって苦情が出る……というのを懸念して断念したという可能性はあるにはあるかも?

    ・「昇進済み」にはカンスト組も含まれてるのよね…?
    ・ヒエッ
    ・ゲリラいけてええなぁ・・・
      うちは主任が2人とアルモニカが課長になっただけだったよ・・・
     カンスト74名、昇進済み114名の件。これはさすがに、昇進済みにはカンスト済みの74名が含まれています。一応画面内に社員数214名、半数が課長という表現をしているので、課長全体で114名ということですね。さすがに弊社も課長180名にはならんなぁ……。但し、既に最新イベントの周回でカンストが若干増えている模様。
     時限ゲリラクエストに関しては、弊社の中の人は割とオーソドックスな社会人時間で活動しているので、割と安定して良いところを周回出来ていたようです。ただ、夜にお仕事に出るという方にとっては「絶対無理だろコレ」という時間設定になっており、時限クエストの難点はそういったところで出てきてしまうよなぁ、とは思います。
     チケット式にしてこなかったのは、まあ課金を煽るための方策としてなのでしょうね。また、宮殿チケットの価値を落としたくなかったがための方策でもありましょう。そこら辺はまあ、かんぱにも営利目的の事業ですからね……そういう手は運営も打ってきますわな。ただ、私自身がそう言えるのは、最大限に利用できる生活時間だったからこそではありますね。

    ・☆1もか!?
     弓・暗の「残弾ゼロ」発言について。まあ、これはさすがに★2以下についてはガン無視されてます。というより、実態としては★3でも90くらいで放置されている子はカウントに含まれておらず、基本的には「主任以上に引き上げていた使用予定のある子」の残段がゼロ、というくらいのニュアンスになります。
     なお、弊社の場合、社員運用は相当割り切った見方になります。「専用が微妙な★3とそれ以下のレアリティの社員」については、そも「人的資源」として見なされないという程度にはブラッk……いやいや。まあともあれ、そういった考え方を基本しているので、★2以下についてはもうそも「弾数」として認識されてすらいない状態ですね。
     課長まで育てる層と、完全に放置しているだけの層が以前から二極化しており、しかもその判定基準が「大型上位レベルで使えるか否か」という。どう見ても新入社員には優しくない評価基準を採用した会社になっており、まさに「経験者急募」の状態になっております。社員枠も圧迫されてきていますし、そろそろ「整理」が必要になってきそうですね。

    ・マルちゃんだけ扱いかわいそう・・しかたないけどね
     旧・新人社員研修メンバー3人組について。動画内でも数字が出ていますが、マルグレットが90レベル放置、アセリアとリュリュが課長30と大幅に差がついてしまっています。ただ、実は弊社が最初に採用しているのはマルグレットだったりするので、他のふたりの入社はマルグよりも相当後です。当時は魔が資材部用に必要だったのですよねぇ。実は結構初期の入社にあたるので、★3以上の魔としてはマルグが二人目でした。
     マルグレットに関しては弊社では結果的に不遇が多く、どうにも申し訳なかったなぁと。マルグの前にいたのがオーサで、直前にエリエが入社。専用武器も+3作成が延々と半年くらい沼りまして、途中完全に放置したり、思い出したように叩いても+1しか出来なかったりでほぼほぼ諦めていた感。割と最近になってやっと出来ましたが、全体2ヒットという当時としては貴重な特徴も今となっては……という。
     嫌いなキャラクタではないのですが、巡り合わせの時期の不運でしょうか。なお、他のふたりがカンストしているのは、キャラクタとしての好みの問題では無く、単純に「宮殿廃の引率役として使い切った」がためです。なお、あの3人でのキャラクタの好みなら、実はリュリュが一番好みではあります。

    ・フラウムちゃん採ってそう
    ・俺はマモンもらったなぁ
    ・弓で間違いなしw
    ・うちはCVえで選んだなぁ・・・
     デデン♪の件……もとい、最初に取れる「魔郷の黒封筒」で誰を取るかの件。弊社の場合は割と「見た目の好み」や「CV」を完全にガン無視して、「そのときに必要であるか」を最重視して採用を決めるというガチガチの効率厨でスペック厨なところがあります。結果、コメント内で既に予測されていますが、プルルアを迷わず選択しました。
     ちょうど上で「残弾ゼロ」を公言した直後だけに、この流れになったという。なお、そこで採用しているプルルアが、既に課長へ上がっているのはまあ……うん、いつものことです。また、その後で2枚目の「魔郷の黒封筒」を割と早々に確保しており、そちらではフラウムを採用しています。マモンに関しては、斧は正直弊社だと起用競争率が高すぎて見送りに。
     斧の育成中という子はいないのですが、既に完成している連中にジーク2枚、シビル、ナハノ、ヴェルグ、ミュリア、ハーモニクスなどなどそうそうたるメンバーが揃ってしまっているので。ここに今更★4の新規斧が割り込むのは、正直言って結構難しい気がします。ただ、魔郷勢の斧ならINTが高いのかしら。いや、それだけならヴェルグがいるし、弊社の場合は極端なチートアクセがあるので、シビルが斧では不動のトップになりかねんしなぁ……。

    ・良乱数に来た時に溜まった黒封筒使ってフラウム自模れたので残りを選びました
    ・というか魔境黒封筒2通確保するまで寝かせなかったのか、
        相変わらずギャンブラーなw
     上に引き続き、「魔郷の黒封筒」関連。んー、コレに関しては「優先順位をどこに置いているか」の差かな、とは思います。弊社の場合、最初から「3人をコンプする」というコトに関してはほとんど興味が無く、最初から「即座に(課長昇進が前提の)育成を開始する」というのが大前提の方針としてあらかじめ設定されています。
     これは割と前々からずっと引き継いだ方針であり、美遊のときも「博打に打って出る」とは表記していたものの、実際には「とっととイリヤとクロを育てて使えるようにする」のが最大の目的でああなりました。あれで引けなければ早々に諦めるつもりであり、あのピンクポストガチャもコラボ期間の相当初期にやっています。だからこそ「青」にすぐ育ったという次第。
     今回も全く同様のスタンスであり、但し美遊ほど「頑張って」採用するほどの価値を見いださなかったため、ガチャ無しで早々に「2人を確定」して育成に回しています。まあ要するに、茜社長が基本的には「コレクター(蒐集家・コンプ勢)」ではなく、あくまでも基本方針が「クリアラー(効率勢・クリア重視)」の側だということですね。
     ギャンブラーなのではなく、賭けのベットをそもそこに張っていないだけ。まあ、自分の引きの悪さをある程度諦めているが故に、手持ちを育てる方を優先しているわけです。

    ・そのせいかびっくりするくらいでないね、これ
     極レアクエスト関連。発生の判定については、出荷クエストの成功の後にランダムで抽選されるらしく、かつ、恐らくですが出撃パン消費の多いところほど出やすい? もしくは、パン消費ではなく「出荷ドリンク量」で率が変わるのかもしれません。そこまではちょっと、正直言って検証が出来ていない感じですが……。
     発生率が正直謎で、人によってあまりにばらつくので、まあ確率系はこうなるよなぁと苦笑いするところです。なお、★5確定封筒の件は更にばらつくので、弊社のようにドロップ運に関しては基本全くアテにならない会社にとっては無視して良いレベル。ただ、一応報酬として窯やらバッジやらはくれるし、宮殿同等の経験値はあるので、無理しない範囲では「出れば」回っています。ただ、出すためにガン回しまではしない感。
     こっそり、極レア各配達先も含めて一回ずつはクリアしていることが、今回の「記念品」実績解除の条件にもなっているのがまあ若干アレですが……。「戦場」を含めてこなかっただけマシ、というところでしょう。アレまで含めていたら非難囂々だったろうなぁ、と。

    ・それな いいフォローだ
     今回のイベントは「プリヤ入り口勢への配慮」の件。イベント装備は尖ったところはなく、上位勢にとっては見た目以外の要素が無いに等しい感じですが、逆に言えば汎用的に扱いやすいものが揃っており、プリヤから入ってこられた社長さんにとっては戦力として使いやすい筈。また、イベントクエも全般経験値がよく、アイスと猫で補強も出来ます。
     最初の500消費クエはかなりクリア累計報酬に良いものが多く、経験値も良く、難易度も控えめでやりやすくなっています。過去に無いくらい、フォローアップイベントとしての出来は良いのではないでしょうか。上位勢側には極レアやら「王国」やら「戦場」やらも用意されていますから、上位には運ゲークソの面も否定は出来ませんが、一応やりがいはある。
     無課金でも廃課金でも、優先順位とどこに突っ込むかを考えれば、結構美味く頂けるイベントなのではないかなぁと思っています。ただ、課金勢は無理にぶち込むと酷いことになりますので、そこは各自で「加減」する必要はありますけれども。


     ……といったところで、今回のコメント返しは以上となります。
     しかしまあ、ここ最近、弊社の生放送枠にもご新規さんが結構増えてきた印象が。大昔に比べれば先に進むのも各段に楽になりましたし、その辺りについては改善はされてきたんだよな、と。今なら序盤のクエで聖掘って槍掘って、駆け出しハンマー掘ってヘヴィくらいの防具の+2作って、武器は手頃なイベ武器か駆け出しで良い。
     最初に★3黒封筒が確定で来るようになっているらしく、モニクと確定の★3の誰かしら、それに最初のクエでのロヴィーサと★1 or 2の聖が一人来ますから、結構安定した4人PTが即座に作れることになります。そこから一章を速攻でクリアする内に、誰かしらは落ちるでしょう。最初の★3で弓・魔・槍のどれかが引けていると重宝するんですよねぇ。
     今なら極端にやれば、1-1-1で5覚醒聖を2枚作って、回復に1枚、前にもう1枚置いて駆け出しメイスを持たせれば、即座にレイスオブガイアをぶっ放すという手も使えます。弓が居れば駆け出し弓も即座に使えるし、良い時代になりました。斧は……どうなんだろう、グランドダウンが同じく駆け出しで打てますが、脆さの方が先に立つ気もしますね。
     その辺、一度自分で試してみれば良いのかも知れません。ざらっと最序盤を流して撮影してみて、今こんな感じで行けるっぽいよーと動画にまとめてみても良いのかも。

     ま、ともあれ今回の更新はこのくらいで。ではでは。

  • プリヤコラボから開始の新人社長さん向け、無限の黒封筒候補

    2017-05-31 21:00

     どうも。普段は「かんぱに☆ガールズ」のボイスロイド実況動画を投稿しております、黎明(れいめい)と申します。今回の記事の主旨は、まあ長い今回の記事タイトルそのままで。

     プリズマ☆イリヤとのコラボイベントが終わり、気合いの入った新人社長さんの中には、「無限の黒封筒」「社長ハンマー」を取得された方もいらっしゃるようで。ときたま弊社の生放送枠や、よその社長さんの枠でも、「誰を取ったらいいの?」という質問をちらほらと見かけるようになりました。
     活気が出てくるのはとても良いことで、弊社枠でも問われればお答えはしておりますが、どうしても生放送枠では「時間の制限」があります。かといって、見知らぬ生主のタイムシフトを見ろと申し上げるのも無理な話だし、そも生放送に飛び込むのも……と。

     ……そんなワケで。あくまで初心者社長さんで、プリヤコラボ近辺からの開始で、実質ほぼ初めて☆5社員を「無限の黒封筒」で採用するという方向けということになりますが。この辺りが「安定してお勧め」という目安程度のものをお示しできれば、と思います。

     ただ、いきなり誰をおすすめ……という前に、ちょっとだけ段階を踏ませて下さい。


    ①大前提は「好きな社員」を採用すればOK、但し☆5を取ることを推奨
     「無限の黒封筒」での採用可能な社員というのは、中間レアリティの☆3から、最上位レアリティである☆5までの範囲になっています。☆3や☆4を採用することも可能なのですが……まあやっぱり、出来れば☆5社員から選びたいところです。
     これは、☆5社員の採用時の出現率が、ぶっちゃけてしまうと一桁パーセントの、しかも前半であろうという実態からです。うっかりすると1%程度なのではないか……と。まあ「かんぱに」もソシャゲですので、この辺はどうしても、ね?
     従って、やはり選ぶならば最上位レアである☆5から、を推奨することになります。

     

     ちなみに。☆5と言っているのは、採用の際、上のような画面で見えている、☆の光っている数のことです。画像のものだと、「ファランクス」と書いてあるその真下で、☆が5つ光っている状態になっています。これが☆5社員、ということですね。
     その後ろにまで☆があるように見えますが、採用時の最高ランクは☆5迄となります。


    ②どうしても扱いやすい職、扱いにくい職は存在する
     基本的には上記の①の通りで、☆5から好きな社員を採用すれば良い……のですが。ただ、初心者社長さんにとっては、どうしても扱いやすい職・扱いにくい職はハッキリ分かれているのが実際です。出来れば、「最初のうちは避けた方が良い職」がどうしてもあるのです。
     それが、ローニン(侍)・ローグ(暗)・ウォリアー(斧)の3つの職です。これらにいずれも共通しているのは、前衛に立たなければ性能が発揮されないのだけれど、かなり育ってからでないと「脆くて安定しない」ということ。要は、攻撃を集中されるとあっさり倒れてしまうんですね……。これは☆5でも事情は変わりません。
     運用の仕方に慣れてくれば何とでもなるのですが、最初のうちに限って言えば、この3職から、「無限の黒封筒」での採用は避けた方が無難かもしれません。但し、「オレはコイツと添い遂げる!」という覚悟をしっかりお持ちならば、胸を張って選んで下さい。下世話な表現ですが、股間が反応しちまったならしょーがないね。


    ③☆3以上の社員の本領発揮は、専用武器+3を作成できてから
     正直言って、いきなりコレを書くのは普段ならしないのですが。ただ、今回のケースの場合、「無限の黒封筒」をお持ちなのであれば、同時に「社長ハンマー」を貰っている筈です。これは、たった一度しか使えませんが、「社長ハンマー」の効果の時間中に、最初に作った武器に関しては必ず「+3」が付くという「公式チートアイテム」です。
     武器・防具・アクセサリともに+0~+3(一部例外で+4もありますが)があり、当然、+の数字が大きいほどに性能が上昇していきます。そして、☆3以上の社員は、その社員固有の専用武器+3が完成してこそ社員の本来の力が発揮されるとお考え下さい。
     この専用武器、+3まで作ることが出来れば圧倒的な性能を誇るのですが……。ただ、+3の作成成功率はこれまた一桁パーセントの前半であり、また、その専用武器を作るためのレシピは、その社員専用のクエストをクリアしないと取得が出来ないという難点があります。また、☆5の専用クエストとなると難易度も高く、しばらくは取得が出来ない、かも?
     但し、それを乗り越えて専用武器+3が作成出来れば、大きな力になってくれるでしょう。

     

     なお、社員専用のクエストは「キャラクターストーリー」と呼ばれており、「クエスト」選択画面の右上の方、食糧や資材のゲージの真下に選択の入り口があります。なんでこんなに分かりにくい位置に配置されてるんでしょうね、コレ……。


     さて、ここまでで前置きは終了です。いざ、お勧めの☆5をドドーンと……一挙に並べると、余計に悩まれてしまうと思いますので。今回は、意図的にかなり人数を絞りました。
     選定の条件は、大雑把には以下の通りの点を踏まえた上でのご紹介となります。

     ・基本的に「第一部」の途中をまだ攻略されている方向け
     ・社員運用にまだ不慣れという前提で、なるべく扱いに癖が無い社員を優先
     ・専用武器+3については、社長ハンマーがあることから考慮には入れる
     (付帯条件:まだ大型については考慮に入れない)

     そんなわけで、以下、お勧めしたい社員のご紹介をば。
     なお、キャラクタの紹介画像については攻略wikiから拝借しております。


    ①クレリック(聖):ホリー・バルバーニー

      

     事前に弊社の生放送枠で、他の社長さん方と意見交換をしたのですが、ほぼ筆頭候補として一番名前が多く挙がっていたのがこのホリーです。クレリック、つまりは回復職の☆5ということになるのですが、それでも名前が多く挙がったのは、その回復力と耐久の高さから。
     専用武器+3を作成出来れば、部隊全員のHPを一発でほぼ全快し、状態異常を治癒することも可能。そして耐久力については下手な前衛職よりも更に硬い上に、第一部8章で入手可能な「モルゲンステルン」なりを持たせることで前衛火力にもなれます。
     最初のうちは「前衛を崩されないこと」が肝心になりますので、ホリーの高い回復力と、自身が滅多に落ちないという打たれ強さから、部隊の安定感が大きく増すであろう、というのが推奨意見の大半を占めました。
     熟練社長さんの間でも、単純に回復を考えるなら今でもホリーが筆頭、というくらいには安心と信頼の☆5クレリックです。弊社としてもお勧め……なのですが、何でか実は弊社がホリーさんを未だに採用出来ていないのですよね。哀しぃなぁ。
     なお、ホリーに関しては専用クエストの難易度が高いようで、専用レシピを取得できるまでのつなぎ武器が必要になるかと思われます。イベント装備の+4が首尾良く出来ているならそれでも良いと思いますが、無いという場合は「ポラリス」(第5章レシピ)の+2辺りから、第8章でレシピ入手の「モルゲンステルン」+2を狙っていくと良いかも知れません。
     防具に関しては、第4章の「シルヴァンスヴェール」+2を駆け出しハンマーで狙い、そこから第6章の「マジカルヴェール」+2へ繋ぐのが宜しいかと思われます。


    ②クレリック(聖):エアリス・リデル

      

     上でご紹介しているホリーと、非常に近い性能を持っているのですが、微妙に違うというところのあるのが、このエアリスです。運用の仕方はホリーとほぼほぼ同じなのですが、唯一の違いが、「回復力が少し劣る代わりに先制が付く…可能性がある」という点。
     どういうことかと言うと……まあ、これは画像でご説明した方が速いでしょう。

       

     これは、どちらもエアリスの専用武器+3の画像なのですが。武器の名称に、右側の方は「黎明の」というオマケがくっついています。エアリスの場合、この「黎明の」が付いている方の専用武器+3に限って「先制」が付くという特殊効果があります。
     つまり、敵が動くよりも、味方の他の誰かが動くよりも一番早く、部隊全員の回復と状態異常回復を起動出来るということです。クレリックはあまり足の速い職ではないため、この先制が付いた回復効果というのは大きな効果を発揮する場合があります。
     ……が、コイツには非常に面倒な難点がありまして。要は、専用武器+3が出来たとしても、「黎明の」が付いているかどうかはランダムなのです。つまり、専用武器+3が完成しても先制が絶対に付いてくるわけではない、ということ。運任せなんですよね。
     純粋な回復性能ではややホリーの方が上になりますので、ここの賭けをするかどうか? ただ、「黎明の」が付かなくとも充分な回復性能は保持していますので、そこまで気負って考えなくても大丈夫です。なお、弊社の場合はホリーがいないので、このエアリスが回復の主力になっています。
     なお、エアリスについても専用までのつなぎ武器、防具はホリーと同様です。職が同じであれば、汎用装備品に関しては狙うところがほぼほぼ同じになってきますので。


    ③アーチャー(弓):ヒナノ・ナス

      

     回復職が2人続きましたが、ここからは攻撃側へ。専用武器+3が前提になってしまうという条件は付くのですが、このヒナノ、専用武器+3が「全体攻撃」かつそれなりの高威力というなかなかのヒドイ性能をお持ちです。
     ある程度育って装備が整えば、彼女一人で戦場を走破出来てしまうくらいには強い、というくらいにはなります。火力という部分では、どうしても「全体攻撃」である分、単体への特化した火力と比べるとちょっと低いのですが……。ただ、普段使いでの使い勝手ということを考えるのならば、専用+3前提ですが、ほぼ真っ先に上がってくる候補の一人です。実際、ホリーの次に名前が多く挙がったのがこのヒナノでしたので。
     なお、アーチャーについては序盤だと火力が相対的に低く、あんまり育てていないという初心者社長さんも結構いらっしゃいます。ただ、徐々に魔法士の火力が下がっていってしまい、逆に弓師の火力が後の方ほど上がってくることになるため、アーチャーは育てておくことをお勧め致します。
     ヒナノは専用武器+3が出来てからが本番ではありますが、やはりこちらもつなぎの武器は必要になります。個人的には、第4章ドロップの「クレセントアロー」+2を駆け出しハンマーで狙い、もし入手出来るなら「ラビリンスアロー」(夢幻の迷宮で時たまレシピが落ちる)+2のスプレッドショットで繋ぎたいところ。威力が落ちることを覚悟の上であれば、「駆け出しの弓」を使ってみても良いかも知れません。
     防具に関しては、第4章の「シルヴァンスプレート」+2を駆け出しハンマーで狙い、そこから第6章の「魂の胸当て」+2へ繋ぐ感じでしょうか。基本、防具については各職とも、4章までの装備の+2を駆け出しハンマーで狙い、6章のターコイズ防具+2で一旦は安定する形になります。


    ④ソルジャー(槍):アデリーナ・オルミ

      

     プリヤコラボから始められた社長さんの場合、もしかするとイリヤか美遊のどちらか一方、もしくは両方と、多少育ったクロをお持ちの可能性が高い。その3人と一緒に運用したいというときに、必要になってくるのは「前衛」です。
     ということで、不沈・鉄壁の☆5槍からアデリーナのご紹介。まあちょっとイラストの部分で好みが結構分かれてしまう面はありますが……。守りと、かつソルジャーにしては高い部類の攻撃力も持ち合わせ、専用武器+3なら全体攻撃でスタンが付くという支援っぷりです。
     前衛の崩壊は敗北に直結しますから、これを避けるための方策として、①と②では回復力を高めることで被弾分を回復しきることを提案し。こちらの④では、そも被弾しても高い防御力でダメージを低く抑える、という方向でアデリーナをご提案しているわけですね。
     ただ、アデリーナはソルジャーとしては火力がある方ですが、それでもやはりソルジャーです。殲滅力については部隊の他の社員に頼る必要はあり、故にプリヤコラボで後衛側が既に充実しているという状態ならば、かなり「有り」の選択肢になると思われます。
     アデリーナの場合のつなぎ武器であれば、第4章レシピの「スピニングスピア」+2をこれまた駆け出しハンマーで狙い、第7章近辺での「円卓騎士の斧槍」か「聖騎士団上級槍」の+2を確保出来れば良いかと思います。余談ですが、駆け出しハンマーについては3章くらいまでのクエストクリア時に、時たまドロップしてきますね。
     防具は上記までの社員と変わらず、第4章の「シルヴァンスヘルム」+2を駆け出しハンマーで狙い、第6章の「クリスタルヘルム」へ繋ぎます。……ただ、ソルジャーの場合に限っては、クリスタルヘルムで+2を狙う必要は無く、+1で充分です。実はほぼ+1と+2では差がありません。


    (オマケ)マジシャン(魔):アン=マリー・エク

      

     彼女に関しては、正直に言えば私個人からのお勧めといった感じで、かつプリズマイリヤ勢の内、イリヤ・美遊を入手出来なかった方にとっては選択肢になるという扱いでご紹介します。割と癖の多い☆5が多いマジシャンの中から、ほぼ唯一シンプルに扱いやすい性能の専用武器を持つ、魔法士の代名詞、アンマリーです。ひょっこりプリヤイベントにも顔を出していましたね。
     専用武器+3の性能は、全体範囲の高威力魔法攻撃、かつ無属性。状況に左右されること無く、まっすぐに大威力をぶつけるという分かりやすさは個人的には好きです。ただ、魔法士は☆5であっても非常に脆く、被弾してしまうとあっさり退場となってしまうのが玉に瑕。そういった意味では、上記4名と比べると、お勧めの度合いが一段下がる感じでしょうか。
     ある程度守ってあげる・庇ってあげる運用が大前提にはなりますが、魔法攻撃に弱い・もしくは魔法攻撃しか基本的に通らない敵も出現するため、そうした場面では非常に頼りになります。また☆5マジシャンであれば非常にINTも高いため、資材管理部に配置してあげると、パンの回復速度が目に見えて上がります。
     つなぎ武器としては、やはり第4章の「風凪の杖」もしくは「白蝶の杖」の+2を例によって駆け出しハンマーで狙い、以降は「セルシウス」、「ファーレンハイト」など、各属性の全体攻撃魔法が+2以上で使える杖に乗り換えていくことになります。魔法士はどうしても属性を気にする必要があるため、この辺もちょっと手間ではありますね……。
     防具は完全にここまでのテンプレ通り、第4章の「ウィザードハット」+2を駆け出しハンマーで、第6章の「白銀粉の帽子」+2まで繋ぐことになります。


     以上、基本的に、初心者社長さんに、癖が無く扱いやすい☆5社員をお勧めするという意図で選定した結果が、上記4人(+オマケ1人)です。
     ある程度運用に慣れている社長さんに対してであれば、もっと別の☆5を推す場合も多々あるのですが……。まずは、扱い方に癖が無く、その職の強みをシンプルに反映してくれている☆5社員を採用するというのが、一番「無難」ではあるかな、と思われます。
     プリヤコラボの3人を全て入手出来ているという場合は、ホリー・エアリスかアデリーナが良いかも知れません。特にプリヤ勢は基本的に3人とも撃たれ脆いため、これを補ってあげる社員が望ましいでしょう。逆に、防備をしっかり出来れば、プリヤの3人で火力的には押し切っていけるのではないかな、と。
     ちょうど、最新イベントで★4の三人の新社員の内、誰か一人はすぐ採用出来るようになりました。職のバランスをここで補いつつ、無限の黒封筒で更に補強する、というのも良いかも知れませんね。

     ではでは。多少なりとも参考になれば幸いです、ということで。