• 今やるとしたら何か(冒険レベル60キャップ解除)

    2017-09-18 19:001
    丁度今、昔のKhronosみたいにレベルやスキルがあるラインまでは非常に上がり易くなっているので、何か生かせる事は無いかと考えていました。一番は、三角定規の【漕船】を練成して一気に上げていきたいのですが、絶対にR15まで届きそうもないので断念。
    ところで、サブキャラ、倉庫キャラがいつか冒険レベル60に近付くとしたら、キャップ解除が必要になってきます。今は冒険レベル5とかだとしても、いつかはきっと・・・サービス終了とどっちが先か判らないけれども・・・!と、ほぼこじつけで学問スキルを上げる事にしました。要するに「書庫で本読むだけでもランク上がるだろ400%アップとかだし余裕だぜ」ってことです。

    取得しただけの状態から、2回(頭が痛くなるまでの回数)でR3まで上がりました。もっとやっても良いけどつまんないから止めました(おい)。

    手順があやふやなのでExcelにまとめてみました。いつか自分で使う日が来ると思う!

    ↑画像をクリックしたら大きくなる、と良いね。
    自分が昔やった時のことを思い出しながら書きます。

    ●前提(準備)
    冒険教導書を2個、それぞれの学問や調査スキルに必要な装備を用意
    教導書2個=2時間で終わらせるという事で、速度上昇のお守りや目印のリボンも欲しい。
    また、パリの博物館に展示をせっせと続けておき、クエストの2個重ね請けを出来る様にしておくと非常に良い!です。まあしてなくても+30分程度しか違わないだろうけど。
    別にこんな準備をせず、ゆっくりスキルを上げて臨むのが勿論お勧めなのは言うまでもありません。何度もやって飽きた人向けの内容です。

    ●職業、スキル
    自分の勝手な物差しで恐縮ですが、大抵のキャラクタは操船士と生物学者には転職出来るのではないかと思います。これに+発掘家があれば尚良しで、史学家の転職状まで手に入れるとかなると相当素晴らしいです。勿論、メインキャラクタで初めてこのキャップ解除をやるのであれば、盗賊や遺跡探索家等にも転職出来る様になっておきたいところ。
    ぶっちゃけ、教導書やブースト装備が十分にあるなら、「解除クエそろそろやるかよっこらしょ」で初めてスキルを習得しても大丈夫です。

    ●セビリア
    【考古学】 ファルネーゼ公爵から習得出来ます。
    【宗教学】 ファルネーゼ公爵から習得出来ます。
    【財宝鑑定】エル・グレコさんから習得出来ます。
    何これ。超便利な街じゃないか!
    「エル・パソ」を請け負って、さあ出発だ!(要求スキルが高く、なかなかクエストが出てこない。【スペイン語】がある方が良い。)

    ●順番
    「エル・パソ」を請けて南米へ。クリアしてそのままリオデジャネイロへ。
    「水の上に立つ鳥」を請け、アマゾン川方面へ向かいクリア。ダッシュでセビリアで戻る。
    「水のない文明」を請けてカリブへ。クリアしたらポルトベロへ。
    「アステカの夜の神」及び「オーロラの雫」を重ね請けして一気に達成。
    リスボンの高台へ。

    ここまで書いて思い出した。昔同じ様な記事を書いてました。
    http://ch.nicovideo.jp/rittatta/blomaga/ar1020058
    急にやる気が萎んだのでこれにて終了!(おい
    定規の解除したのは1年ちょっと前らしいですね。全然覚えてない・・・(笑) そこから、ほぼ「石拾い」だけでもうレベル80まで上がっています。ちょりりったの何倍速になるんだろうなあ。
  • 広告
  • 試しに設計だけしてみた(大海戦小型・中型用)

    2017-09-14 19:00
    9月13日の夜に天気予報を見ている限りでは、週末の3連休は完全に台風に蹂躙されそうです。これはオウチでDOLDOLするしかないという雨神様のお告げかな! 金曜の夜に食糧を買い込んでおこうなどと、少しわくわくしています。
    今週月曜日から北米の大感謝祭ということで、条件反射で石拾いをしています。もう撤収の煙玉も800個以上持ってるし冒険レベルもちょりりったはとっくにカンストしてるんだけどなあ。

    石拾い中の時間に、大海戦の小型、中型で使いそうな船の設計をしてみました。
    船OPがこれからは「別枠」で付与出来ることになったので、より高性能な船が造り易くなったのではと思ったのです。
    前回の記事に引き続き、実際に造った訳ではないので強化値はあくまで目安としてご覧下さい。

    将官用重キャラベル。生存重視の組み立てで、【装甲艦改装】をリビルドボーナスで選択し、更に【耐砲撃装甲】を同種船である将官用重キャラベルからスキル継承させようという謎設計。GB3は【オプション枠追加1】でも同じです。
    確かに耐波以外は限界或いはその近くまで強化出来る様です。が、自分は・・・数ヶ月前に特注兵員室を複数ぶち込んで造った奴がこれと大差無いので実際に造らなくてもいいやという結論になってしまいました。
    ガンボートも同じで、確かに「10回強化」のレシピを作ればそりゃ凄い強化は出来るけど、既所持のものを超えるとまではいきませんでした。

    生存重視ではなく、攻撃重視とか白兵重視とか、方向性を変えれば違うのかなとも思って更にそれぞれ2~3パターン設計してましたが、どう組み立てても最終的には↑のレシピみたいにどれも限界近い強化になって、OPや継承スキルの違い位でしか特色が出せません。これは逆に設計を楽しめなくなったのかもしれないと思ってしまいました。

    これまで使わなかった船を造るならば、上記のもやもやは関係無くなります。とはいえ、大海戦で使えそうな船というのが前提なので、それほど候補が増える訳でもありません。
    ボムケッチを設計してみました。

    ガンボートとは全然OPスキルが違ってくるのが最大の特徴。装甲や耐久力は負けておらず、ただ船員数が見劣りするのが難点です。【白兵戦回避】の継承を最初は考えましたが、外周に逃げて【特殊煙幕弾】を撃っていくのも面白いかなと思いました。
    唯一、自分が考えた中ではこれが「これまでには無かった面白い設計」でした。

    あくまで、自分(ちょりりったの中の人)が考えた範囲内での話です。明らかにこれまでよりも凄い設計の仕方というのが本当はあるのだろうか。

    自分が設計しながら新しい造船の仕様を調べていて「おお」と思ったのは、船のタイプ(冒険・交易・戦闘の中で最も必要乗船レベルが高いものによる)によっても強化上限が異なっている点でした。新船のサン・ファン(冒険船)と、ちょりりったの乗っているウィンドジャマー(交易船)では、確かにサン・ファンの方がスペックで優ってはいるが、補助帆を3つまでしか着けられない(ジャマーは5つまで)ので建造する程ではないかと最初思いました。が、冒険船には帆+20(及び旋回+2対波+2)の強化上限ボーナスがあるというではありませんか。これなら補助帆1つ分位は埋められる+補助帆が少ない分 小回りが利くので、やっぱりサン・ファン造らなきゃ!となりました。この記事を書き終わったら早速設計だー。

    おまけ。

    ドラクエ11をやりまくっている間、定規さんはひたすら漕ぎ漕ぎしていました。【操舵】がもうすぐR14だあああああ。年内にR15まで【漕船】を上げるのは厳しいのかなあ。

    ドラクエ11。もうレベル90近くになっており、あらかたクエスト類もやり尽くしたのですが、「裏ボスを倒すとゲームクリアしちゃうじゃん。ドラクエ終わっちゃうじゃん!」となって最後の最後で立ち往生しています。なんなんだろうこの感情。クリアし切った人からは「『ドラクエロス』マジでやばいよ。これからは何をしたら良いんだろう」という話も聞いたので尚更です。そこで「大航海時代オンラインっていう面白いゲームがあるよ」って誘えたら人生変わるでしょうか。変わりませんよね絶対。
    DOLが終わったら「DOLロス」あるんでしょうかね。在るに決まってるんだよなあ。
  • これからの造船レシピは?

    2017-09-06 19:00
    完全にドラクエ11に持っていかれていた中の人です。購入一ヶ月で120時間プレイしたと話をしたら相手の顔が若干強張ったのを私確認しました。DOL勢なめんなよ、毎日家に居る時間は常にゲームしてるぜ?皆もそうだよな!
    先日のアプデを前から一応気にしていて、それまでにドラクエをクリアしようとする等していました。終わってないけど。

    話題のカスタム造船。先週末にやってみました。

    耐久力等の強化上限が上がっていたので、そこまで伸ばしました。

    耐久力もそうだけど、船室も限界まで上げると相当多くなりますね。轟音機雷で拿捕するのが厳しくなったかも。
    中型、大型も含めて、大海戦で使いそうな船は一通り追加の強化を行いました。
    耐久力と帆数値は最大まで、その他はまあぼちぼちってところです。(こないだまで投資御礼贈答品を毎日買ったりしていてお金が・・・)

    以下は、造船費用をメモったものです。今はキャンペーン期間で3割引になっているらしいので、通常はもう少し高い筈。

    ガンボート
    1回目 70%  29,925
    2回目 60%  1,147,120
    3回目 50%  8,726,139
    4回目 40% 36,771,840

    将官用重キャラベル
    1回目 70%  612,360
    2回目 60%  4,898,880
    3回目 50% 16,533,720
    4回目 40% 32,659,200

    セント・ローレンス
    1回目 70% 1,250,424
    (2回目の金額をメモし損ねた。そこまでで終了)

    当然と言うべきか、船サイズが大きい方が費用も高くなりますが、回数を重ねていけば程なくして最大額(通常期間で1億ドゥカートらしい)に到達しそうですね。

    ここでちょっと話題が脇道に逸れます。
    新登場のマルタ騎士団ガレーを造船してみました。三角定規が、Khronos時代からずっと重ガレーを使っていて、特に不満は無かったのですが、アプデ直後の高揚感もあってトライしました。


    装甲値が高い方が加速が良くなるという事で、移動用の船だけど【耐砲撃装甲】を付与しています。大ストームセイルを2個投入した以外は、舫網と渡し網ぽいぽいぽいっです。縦帆とか強化上限に届いてないけどまあとりあえずいいやってことで。

    滅茶苦茶速い!! 心から驚きました。ヴェイグラントウェア(航行速度上昇効果のある服)を装備しているとはいえ。委任航行させているとどんどん後ろから他の航海者の船を追い抜いて行きます。【漕船】を練成したり、+20装甲板を着けたりしたらどうなっちゃうのだろうか。

    この船、これだけ速いなら対人戦でも大活躍出来るんじゃないかと思い、レシピを作ってみました。これが今回の本題。

    まず最初に。新造時の耐久力強化+100は、ちゃんと確認した値ではないので鵜呑みにしないで下さい。
    これまでとレシピの作り方が違っている点は以下の通り。
    新造時も含めて、「9回」強化することを前提としたレシピを作っている
    従来は、特殊造船で最初に建造する時点で「1回目の強化」まで行っていました。また4~5回が強化回数の上限であることが多かったです。
    10回、またはそれ以上の強化回数を前提としたレシピを作る事だって、これからは出来ます。
    船オプションスキルの付与時に、その造船部品の持っている強化値が反映されなくなった
    これは逆に、船オプションに関係無くレシピを作る事が出来る様になったと言えます。例えば従来では【急加速】を付与する=大ガフセイルと防汚塗装を使う=縦帆+40/横帆+5/装甲-1が確定していた訳ですが(勿論造船時の大成功や失敗で値が異なる事はある)、ここで造船部品2個分を消費する事や全体の強化バランスの設計が難しくなるといった弊害(苦労)がありました。
    ↑のレシピを見ると、ひたすら特殊船倉を放り込み続けるだけとか、結局大ラテと大スクを半々の割合でぶち込んでいけばその内最大まで到達するだろうとか、アバウトな設計でも「最終的になんとかなるだろお金と根気があれば」ということになります。
    シップリビルドで船性能値上昇ボーナスを選択する必要が無くなった?
    例えば「耐久力+200」は、強化ロープ7個分(特殊船倉だと10個分)に相当するということで非常に有用です。が、今後はその「強化ロープ7個分」の強化を追加で行えますよねお金と根気があれば。なので、【装甲艦改装】やスキル継承といった、船性能値上昇以外のグレードボーナスを選択する方がお得なんじゃないかと思っています。が、ガチ勢セオリーとして正解かは判りません!

    これからの造船。結局どこまで強化すれば良いのか?
    全項目最大まで、理論上は強化出来る様になりました。大海戦で対人艦隊に混ぜて貰いたいなと思っても「君、全項目マックスじゃないの今時?」とか言われてハブられる時代が来るのでしょうか。いつかは来るかもしれないが、当分先だと信じています。
    実際、そこまでやろうとするなら膨大なお金と根気が必要(課金部品を次々にぶち込む場合はリアルマネーも)な訳で、またそこまでやった瞬間にマルタ騎士団ガレーみたいな凄い船が出たら卒倒するかもしれないし、「大多数の人がそこまでやる」のはちょっと現実的では無いと思います。

    一方で、「造り直し」については、必要性を今はそこまで感じていません。
    でもレシピを何度も作ってみたり、ガチ勢情報で「ほらほらこんなに凄い」とか出てきたらわーっとやると思います。そういう意味でも、現時点で膨大なお金を投じてまで最大まで強化する意欲は湧かないかな自分は。

    超久し振りの更新に気付いて、かつ最後まで読んで下さった貴方に、こっそり。

    砲門強化値上限が上がったので、ボンバルダで48門積める様になりました。凄いよね!そこに気付いた瞬間、ちょっと自分がガチ勢な気がして嬉しかったです。
    しかし船員数がガンボートに比べて少なかったりして、採用するには勇気が要るかもしれません。

    また、戦闘用記念スループだったかな、学校で貰える船は耐久力の上限がガンボートより低くなっており、厳しいかなと思いました。


    造船部品のバザーでリスボンが埋め尽くされている。自分も6年位このゲームをやっていますが、一番多いんじゃないかと思います。アプデ一つでここまで影響を及ぼすものなんですね。