• 工芸師とアルティザンへ転職

    2018-08-17 19:00
    大海戦で使っている装甲板。+20の物を7枚揃えていますが、短い間隔で大海戦が開催されて回復に難儀したこともあり、もう2,3枚あればなと思っていました。
    2018年8月現在、ログインスタンプのコンプリート報酬として匠の船部品発注書が貰えます。ここから巧匠木曾桧厚板(装甲+12)を選んで、装甲職人の鍛錬具と変性錬金で20まで上げました。うんうんお手軽。
    航行速度-5なので、以前から使っている北米式硬化ライブオーク板(航行速度-7)より減速されない筈。といっても体感出来る差があるのかは謎ですが。



    本題。
    変性錬金で装甲板の追加装甲強化を行うには、1回につき最高級ルビーが30個必要です。これ、成功率が低めな事もあってどんどんルビーが失われるんですよね。作るにはプライベートファーム(場所によってはレシピ無し)へ行くか、アパルタメントの自宅生産。なるべく少ない材料で沢山作るには、
    ・【工芸】を練成。材料節約&大成功時に3個出来る(練成効果無しだと2個)。
    ・職業「工芸師」の学術研究効果で「材料を10%少なく出来る」というのを利用する
    を活用するのが吉。
    以前に最高級ルビーを生産した時、まだ学術研究についてよく知らなかったので2つめをスルーしていました。ネットの情報を見てなるほどと思い、工芸をカンストしているサブキャラで転職クエストをやりにヴェネツィアへ赴きました。


    クエ出しをピシーンピシーンとやったら、アルティザンの方が先に出てきたので、そっちも重ね請け。
    おお、一度に2つも転職出来る様になるのかお得だ、という訳でもう1キャラ連れてきました。
    最近よく使っているサグレスー各国本拠地の輸送船。この時もそれですいすいっとワープ。本当に便利です。


    これが工芸師の転職クエスト。その前の前提クエストもヴェネツィアの港内で完結出来ます。(名医の秘薬20個を渡す。)
    予めネットで調べておいたので、女将さんに直ぐ盟約の美酒を渡して達成出来ました。


    そしてアルティザンの方の締め括り。バスタードソードが商会ショップに売られていて助かりました。


    直ぐにボストンへ行って、学術研究をゲット。ぬかりなし。


    わざわざ運んできたサトウキビを使って速攻で研究をクリア。

    わーわー。


    そしてPFへ。確かに材料が10%減ってる!(この場合は50→45)
    大喜びで生産しましたとさ。

    めでたしめでたし。・・・ではありませんでした。何故私は、全てが終わってから過ちに気付くのだろう。なんとこのキャラクタ、工芸をまだ練成してませんでしたあああああだから生産数が多くなりませんでしたあああああ。出来た最高級ルビーの数を見て「あれなんかおかしいな?」としばし考え込み・・・バタッと布団へ倒れこんだのは言うまでもありますまい。

  • 広告
  • メディチ家の秘薬を生産

    2018-08-13 19:00
    お久し振りの更新です。中の人が夏風邪?にやられていたのと、ひたすら錬金錬金でブロマガを書いている暇もありませんでした。
    そして、遂にアトランティスが浮上してきました。実際はそこまで久し振りでもないのかもしれませんが、待ちに待った、という感じです。
    同日のアプデ情報を読んでいると、8月28日から新しいコンテンツ(ガナドールの冒険版?)が実装されて、スクショに新しい大砲類(特殊系大砲の18門)が載ってるんですよね。特殊セラフィム砲18門とか。高性能であればやはり5~10基を最高貫通にして揃えておきたくなるでしょうきっと。生産の大当たりだけで最高貫通の物が作れるのなら良いのですが、もし大砲の鍛錬具或いは変性錬金の貫通力強化が必須であればこれは辛い。

    という訳で、前置きが長いですが、大砲の鍛錬具には手持ちに限りがあるので、昔やった変性錬金での強化をまたやるかもしれないのであれば予め準備をしておこうと考えました。

    あの時(2017年3月)一番参ったのは、貫通力強化に用いる「メディチ家の秘薬」というアイテムを持っていなくて、商会ショップで買ったら滅茶苦茶な散財になったということでした。当時の記事を読み返してみたら、1個20万ドゥカートだったと書かれています。1000個買ったってことは2億ドゥカートですよ!南蛮2キャラ分くらいですよ! 自作するしかないでしょ。
    ネットでメディチ家の秘薬の材料を調べると、竜血とあります。ソコトラにしか売られていないので、早速交易キャラで出撃。

    あれー、売ってないよー?
    まあ、投資をしろってことですよね。

    うおおお相場168%ー。
    寝ました。

    次の朝、100%位になっていたので買い込んで輸送。ソコトラ→ヴェネツィアは、速度上昇効果のある装備を着る&お守りで30%速度上昇、の状態でも30分以上掛かりました。加護の力を使ってスエズ運河輸送するのも良いかもしれないですね。

    肝心の生産画面ですが、【錬金術】を育成中の闇キャラで作ったのでスクショがありません!
    分かった事があります。1生産に竜血が10個も必要で、そこから秘薬が1-2個しか作れません。大量生産するのは相当厳しい。なるほどなあ・・・と妙に感心してしまいました。
    スキル熟練は、流石にさくさく入りました。しかし上述の通り生産回数自体が多くならないので、これを使って錬金術育成を行うのはちょっと厳しいでしょうね。 or 頑張ってこれで育成して、秘薬を貯め込む手もあるか。勿論売るのも良いけど、自分的には1個100万ドゥカートでも手放すのが惜しく感じます。

    再びソコトラへ向かって竜血を買い増しし、最終的にはメディチの秘薬を1000個位作りました。1000個で大砲の貫通力強化50回分か・・・成功率10%・・・アハハハハ
    なんとかっていうアイテムで、変性錬金成功率を100%にしようかな。よくもまあ1年半前は頑張ったものだ。

    メディチ家の秘薬の生産と、大砲の貫通力強化には無色の昇華薬が必要です。そうです、緑色の鉱石も死ぬほど必要になってきたのです。自分の場合、装備品の強化にウェントゥスの還元液(無色の昇華薬から生産)を使っていることもあって、地獄です。赤と緑の鉱石が雨になって降ってくればいいのに。雹よりも痛そうだな、ツイッターで要望するのは止めておこう。
  • 白から赤への薬液還元

    2018-07-30 19:00
    前に少し書いた、赤の錬金薬液が無限に必要で困ってる問題。白の錬金薬液を還元することで入手する作業を行っています。

    昔、【錬金術】スキル上げに貴重書を大量に生産し続けて心が折れた経験を持っています。今回の還元作業にも2万冊!位用意しようとしていたので地獄に行く気分でした。

    !! 凄く生産が楽になっている!

    「昔」やった時は、
    1.アムステルダムで洋書を買いまくり、ロンドンへ輸送
    2.ロンドンで紙を買いながら、基礎錬金のレシピを使って生産(*ロンドンに投資しないと紙が交易所に出てこない)
    という手順でやって、材料が洋書1・紙4でした。

    今回は、ヴェネツィアのパラケルススの所に材料を集めて行いました。その方が必要な紙が少なくて済むので。+錬金術師見習の学術研究効果で更に材料が減り、紙が1だけで生産出来ました。
    1.アムステルダムからヴェネツィアへ洋書を輸送(リスボンで買う方がもっと近い)
    2.ベイルートからヴェネツィアへ紙を輸送(マルセイユでも投資出来るなら買える)
    どちらからも同数を運べば良いので、計算や共有倉庫のやりくりがだいぶ楽に。
    しかし前回と変わらず苦しい点も。1回の生産に行動力が14だか16だか必要で、あっという間にお弁当が無くなっていきます。貴重書2万冊コースだと85回復のアイテムが3000個位消費されました。ちょりりったがお料理生産で強力にサポート!したのは言うまでもありません。


    ヴェネツィアで作りまくった貴重書を、ヴェラクルスへ輸送。風神のお守りを使用して22航海日数程度でした。一旦共有倉庫に入れて、ワープ券でびゅーんとヴェネツィアまで戻って再度輸送すれば1時間で2回行けます。ヴェールも使ってます。もし貴重書が燃えたら布団に倒れこみますよ私は!
    何故ヴェラクルスにしたかというと、金と銀が両方買えてお得じゃーんと思ったのです。でも銀が溢れまくるので今はもう少し近場のアビジャンとかの方が良かったかもと思っています。
    ロンドンのジョン・ディーの所で生産すれば材料の数がー1になるので、それも良いかも。でもロンドンまで金を輸送するのも大変ですよねー。


    どーん。平均して1.4倍に増えています。いやー嬉しい。

    普通に火トカゲの刻印の生産からやっていくのとどちらが良いのか。感覚的には正直解りません。自分の今のプレイ(ルーチン)の中に「石拾いで入手する白い鉱石から白の錬金薬液を作る」があって余っているから、その延長でやってみたのですが。貴重書作りが以前と比べるとだいぶ楽になったと感じるので、また白薬液が溢れてきたらやろうかな。

    と、↑まで書いたのが土曜日。
    日曜日に、更に白の錬金薬液を引っ張り出してきてジョン・ディーの所でやってみました。

    ヴェネツィアから貴重書、ウィレムスタッドで買い込んだ金を輸送してきてどーん。このスクショだと解りませんが、金と貴重書の必要材料数がー1になっています。気分的にこのー1は非常に大きかったです。ここでやるのが一番なのかなあ。
    パラケルススの所で貴重書生産するのもほんとに楽になっているので、金輸送の時間と手間(と金相場!)を我慢出来るなら次回からはこのやり方でいこうかなと考えています。

    結局、金~日曜のプレイの程全てを一連の作業に費やし、貯め込んでおいた白の錬金薬液9000個程を全て赤に還元しました。貴重書を4万以上作ったってことか・・・振り返っちゃ駄目だねアハハ。流石にこれで年内は赤の錬金薬液がもつ!もたなかったら倒れる!

    赤の錬金薬液を13500個、火トカゲの刻印作りからストレートにやるのとどっちが速いんだろう。赤い鉱石についてはスピード重視なら商会開拓街で一気に買い集める事が可能ですが、その前段階で硝石も大量に必要になるのがね。
    ・白い鉱石から硝石の生産
    ・白い鉱石から白の錬金薬液の生産
    ここが分かれ目ですね。