• へべれけオフあれこれ

    2018-03-29 02:46

    finalの総括をしてないし続くらしいしので覚書。後で僕が読むやつ。

    《会場》
     不便が多く変更したい。現会場の利点欠点は以下の通り。

    【メリット】
    ①料理の手配、セッティング、片付けを一任できる。
    ➁都内のパーティスペースではかなり大きめの規模(最大300人収容らしいが絶対嘘)
    ③既に4度使用しているため勝手がわかる。

    【デメリット】
    ①会場オーナーが外国人のため、コミュニケーションが満足に取れない。
    ⇒こと契約に関しての意思疎通が不安
    ➁時間延長が厳しい
    ③店舗自体が潰れそう

     以上。

    【他会場を探す際の条件】
    ①会費を現状維持できる
    ➁4時間以上使える(できれば半日使用したい)
    ③飲食物の持ち込み可能

     飲食物持ち込み可のフリースペースなんかが活用できればいいが、片付けの面で不安。また会場キャパもだいぶ縮むことになる。


    《対戦・見学》

     ↑これ悪手くさかった。完全申請先着順にすべき。ただ次回いきなり変更したとしてアナウンスが行き届くかどうか。


    《受付・会計》
     毎度ここで時間を食う。受付・会計係の上がりが開会一時間後は笑えない、飲めない。
     対戦と見学で受付場所を分けること。整列時、事前に二列に分けること。


    《未成年参加》
     次回はやらない。


    《酒の持ち込み》
     持ち込まれた酒は原則自己管理な体でやってる(明記明言はしていない)。
     盛り上がっちゃうのは構わないけど、他人の持ってきたものを勝手に持ってっちゃったりするのは注意しなきゃならない。


    《景品》
     いいものを持って帰ってもらいたいのは仕方ないとしても、せめて赤字は出さないようにしてください。
     finalの景品は会心だったんで感想が聞きたかった(Twitter垢消し侍)


    《トラブル》
     他オフでうちのスタッフがトラブった際にひと悶着あったが、スタッフはうちの子でもペットでもないので、該当オフ関係者さんから以外のお問い合わせは至極適当に返答した。次回があった時もそうしようと思う。外野が首を突っ込む理由がひとつもなくて単純に迷惑だなーって思いながら対応してたんだけど、先方は何も言えない相手に正義を振りかざせて気持ちよかったろうと思う。その後の顛末含め物事が必要以上に拗れる様を、舞台袖でカンペ出しながら観覧する形となった。穏やかに生きたい。


    《次回開催》
     課題がある限り開催していく構え(陰キャ特有の消極的発想)
     もともと単発企画だったへべれけオフがここまで続いたのも、若干トラブった第一回終了後にあわさきさんが「俺リベンジしなきゃ寝れねえよぉ」と嘆いていたから。ウケる。
     次回がありましたら僕以外の運営にもお酌お願いします。彼ら働きアリなので飲めてません。
  • 広告
  • 【ポケモンSM】ぐるぐるめぐる、先駆けバトン!【最高レート2043】

    2017-11-10 06:17




     最終日に1800くらいから使い始めて、放送で人の悪口を言いながら2000ちょいまで伸ばしました。最終日の深夜帯はみんな頭がバグっているので、出来るだけ事故らないようイージーなバトン構築を使いました。バシャが先手取ってサポートしつつ適切なバトン先に繋ぎます。

    ※バシャにグロス後投げ、レヒレにカバ後投げなどが多発するのが最終日。さながら自傷行為、レート勢みなメンヘラ。


     眠みが深いので簡単に。


    【個別紹介】


     Re:キュウコン@こだわりスカーフ 特性:ゆきふらし
     149(4)-*-108(100)-123(172)-121(4)-173(228)

    ・調整意図
     S-最速105族=準速120族抜き
     C-無振りテテフをふぶき→あられ→ふぶきで大抵落とせる
     HB-舞ギャラのたきのぼりを大体耐え
     HD-テテフのサイキネを大体耐え

    ・技構成
     ふぶき/フリーズドライ/ムーンフォース/ぜったいれいど

    ・雑感
     いつもの。初手にゲッコウガを投げられそうな時なんかに投げて狩る。雨パにも強い。加速バトン後は誰にも抜かれないすごいすごーい。このポケモンが強い時期もあった。確かにあったんだ。選出率は6位。



     カプ・テテフ@ミズZ 特性:ミストメイカー
     151(44)-*-135-159(236)-150-134(228)

    ・調整意図
     S-1加速で最速メガゲンガー抜き
     HD-メガリザYのソラビ耐え
     C-多め

    ・技構成
     ハイドロポンプ/ムーンフォース/めいそう/あまごい
     
    ・雑感
     一度で二度おいしいミズZがオシャレヒレ。今回のMVP、選出率は1位。リザYがメガシンカするタイミングに合わせてあまごいを押せばみんな幸せ。雨下瞑想1積みハイドロポンプでギルガルドが落ちないことだけ覚えておきましょう。



     バシャーモ@バシャーモナイト 特性:かそく
     187(252)-180-100-*-101(4)-167(252)

    ・調整意図
     HD-DL調整

    ・技構成
     フレアドライブ/おにび/まもる/バトンタッチ

    ・雑感
     多分最強メガ枠。有利対面は鬼火連打、フレドラ打つなら燃やす気で押せ。耐久に振ったことで期待値の上ではゲッコウガの手裏剣に怯えなくて済む。レヒレと合わせて選出率1位。
     今期はこいつに謎後投げをされることが多かった。悩みがあるなら話してごらんなさい、神はいつでもあなたの味方ですよ。



     デンジュモク@ウイのみ 特性:ビーストブースト
     190(252)-*-100(68)-193-91-139(188)
     
    ・調整意図
     HB-ミミッキュのフェアリーZ耐え
     S-加速後最速メガミミロップ抜き

    ・技構成
     10まんボルト/めざめるパワー(炎)/くさむすび/ほたるび

    ・雑感
     火力の権化。バシャマンダ対面の引き先になったり受けループを崩したり。ナットレイのせいで一家離散した恨みからめざ炎搭載。レヒレとのセット選出が多かったこともあり割と重宝した。選出率は3位。



     ドリュウズ@フィラのみ 特性:かたやぶり
     217(252)-169(108)-80-*-85-139(148)

    ・調整意図
     S-加速後最速メガミミロップ抜き
     H-ぶっぱ
     A-できるだけ高く
     大昔に育成した個体なので謎努力値

    ・技構成
     じしん/アイアンヘッド/いわなだれ/つるぎのまい

    ・雑感
     アイアンヘッドが本体。ゴーリなんかよりグロスや加速後のコイツの方がよっぽどタチが悪い。レヒレのフィールドと合わせて、ドヒドイデやイカサマのないモロバレルなんかにも強く出れてよかった。テテフをみたら大体こいつを投げる。選出率は4位。




     キノガッサ@どくどくだま 特性:ポイズンヒール
     167(252)-151(4)-100-*-80-134(252)

    ・調整意図
     HSぶっぱ

    ・技構成
     やどりぎのたね/がんせきふうじ/みがわり/キノコのほうし

    ・雑感
     おちんぽ。出したら負けてた。こいつとバシャの並びでバトンを臭わせてしまうのもよくない。代役にはカプ・ブルルを入れるといいと思う。選出率は5位。



     紹介おわり。基本的に「バシャ+レヒレ+ジュモクorドリュ」で勝てます。2100くらいまでは行けそうな雰囲気もアリアリでしたが、集中力の限界が来たのでこれにてお開き。





     最高2043。最終は20001。

     SMの総括としましては、6世代よりは安定して成績を残せ、成長を感じた5シーズンでした。というわけでさらばポケモンサンムーン、次回作でお会いしましょう。
  • 【ポケモンSM】どくびし展開バトン~毒吐きカエルと奈落の雪姫~【最高・最終レート2001】

    2017-09-12 14:00

     
     10回くらい2000チャレンジしました。気づいたら1700台に居ました。
     そこから構築を変えて、シーズン5終了三日前に2000チャレンジまで戻りました。



     ここからもう10回ほどチャレンジした後、気づいたらレートは1600になっていました。

     あまりのショックにメンヘラしたぼくは、最終日に友人に助けを求めました。
     友人は画期的な構築改善案と、運用のアドバイスをくれました。
     



     奈落の底からコンニチハ!
     構築がないところからの大復活で2シーズンぶりのレート2000達成!
     カビパラさん本当にありがとうございました;;


    【構築順】
     シーズン4にて使用した構築に手応えを感じ、まずは軸である『スカーフRe:キュウコン+Zミミッキュ+メガ枠』の形をそのまま採用。構築当初メガ枠にはバシャーモおよびボーマンダの二匹を採用していたが、ボーマンダが環境から若干ズレてきたと感じたためバシャーモ1メガに。取り巻きには、構築イチのパワーカードであり、基本的にまもるを押しながら動くメガバシャーモと相性のよいどくびしゲッコウガを採用。他には霊獣ボルトロステッカグヤを採用し、これら二匹との間で柔軟に動けるようバシャーモにはバトンタッチを組み込んだ。


    【個別紹介】


     Re:キュウコン@こだわりスカーフ 特性:ゆきふらし
     149(4)-*-108(100)-123(172)-121(4)-173(228)

    ・調整意図
     S-最速105族=準速120族抜き
     C-無振りテテフをふぶき→あられ→ふぶきで大抵落とせる
     HB-舞ギャラのたきのぼりを大体耐え
     HD-テテフのサイキネを大体耐え

    ・技構成
     ふぶき/フリーズドライ/ムーンフォース/ぜったいれいど

    ・雑感
     いつもの。昨期はほぼ全ての試合で選出したが、今期は竜舞マンダに陽気が多かったこと、ABミミッキュの台頭でギャラドスが減ったこと等々、諸々の事情であまり刺さらなかった。上から必中ふぶきを打ち続けるだけでもそこそこ強いのだが、あくまで環境メタとして活きるポケモンであり、第一線で戦うにはパワーが足りないのだと改めて思い知らされた。選出率は5位。
     選出する場面としては、相手にモロバレルやキノガッサがいる場合の先発が主。先発ゲッコウガ読みで出てくるこの二匹に対し、襷を潰しつつ痛打できる枠として非常に重宝した。凍れ~~~~って叫んだら受けに来た奴大体凍るから偉い。




     バシャーモ@バシャーモナイト 特性:かそく
     155-212(252)-100-*-101(4)-167(252)

    ・調整
     最速ASぶっぱ

    ・技構成
     フレアドライブ/とびひざげり/バトンタッチ/まもる

    ・雑感
     構築の軸。唯一のメガシンカ枠ということで、選出パワーを落とさないために全試合選出すると決めて使用していた。選出率はもちろん1位。
     陽気である主な理由はテテフ対面。1加速で必ず抜ける状況を作ることで、後続のテッカグヤへのバトンが安定するため精神衛生上たいへん偉い。またリザードンが非常に重たい構築ということもあり、先に展開されても守って最悪同速勝負まで持ち込むことが最重要であった。
     淡々と守ってバトンしてを繰り返してと、縁の下の力持ち的なポジションだったが、本構築を使い始めて1度目の2000チャレンジまで全く膝を外さなかったし、最重要局面ではよくフレドラやけどを引いてくれた。どれだけレートを溶かしても最終日まで決して諦めなかった執念に呼応するような働きぶりで、半日でレート400近くを稼いだ快進撃の立役者はこいつで間違いない。



     ミミッキュ@フェアリーZ 特性:ばけのかわ
     130-156(252)-101(4)-*-125-148(252)

    ・技構成
     じゃれつく/シャドークロー/かげうち/つるぎのまい

    ・調整
     準速ASぶっぱ

    ・雑感
     構築唯一のZ枠。しかし構築との兼ね合いが悪く、選出は一度きりだった。その他特に言うことなし。来世に期待。



     霊獣ボルトロス@オボンのみ 特性:ちくでん
     184(236)-*-91(4)-182(4)-116(124)-139(140)

    ・技構成
     10まんボルト/めざめるパワー氷/きあいだま/わるだくみ

    ・調整
     H-4n
     B-メガマンダの捨て身をオボン込み2耐え
     D-速いレボルトのめざパ氷2耐え
     S-1加速後最速ミミロップ抜き

    ・雑感
     参考元はこちら。にわかに話題のD振りレボルト。大抵なんでも耐えてくれるこの調整が、バトン軸によく馴染んだ。選出率は3位。
     だいぶCを削っているため思ったほど火力がない。積み時の見極めを意識して動かしたい。



     ゲッコウガ@きあいのタスキ 特性:げきりゅう
     147-*-87-155(252)-92(4)-191(252)

    ・技構成
     なみのり/みずしゅりけん/どくどく/どくびし

    ・調整
     最速CSぶっぱ

    ・雑感
     本構築のMVP。選出率は2位。
     ミズZゲッコウガが大流行していたこともあり、初手に投げられがちなコケコやゲンガーをよく誘って狩った。一撃を受けて激流を発動させ、なみのりと水手裏剣で負担をかけていく動きが単純に強く、誘うポリゴン2やクレセリアに打つどくどく、構築と好シナジーで襷つぶしも兼ねたどくびしもガンガン刺さった。
     実はシーズン終了2日前からほとんど寝ずにレートに潜り続けており心身ともに限界が近かったため、こいつで気分良くイージーウィンを重ねていけたのは大変ありがたかった。



     テッカグヤ@たべのこし 特性:ビーストブースト
     193(164)-*-124(4)-131(28)-129(60)-124(252)

    ・技構成
     エアスラッシュ/やどりぎのたね/まもる/みがわり

    ・調整
     H-16n+1
     B-霊獣ランドロスの岩石封じを身代わりが確定耐え
     C-ビーストブースト発動
     D-アシレーヌのうたかたのアリアを大体耐え
     S-最速

    ・雑感
     ハメるカグヤ。選出率は4位。
     前述のどくびし、もしくは加速バトンから展開。ボルトチェンジ持ちやニトロチャージを積んだリザードン以外は一度ハメると大抵2匹、最低でも1体1交換程度の仕事をしてくれる。



     以上。
     呪われたかのように2000チャレンジで不運を連発し、本当に苦しいシーズンでしたが、限界まで粘った甲斐がありました。最初の2000チャレンジが確か150戦目のことだったので、おおよそ200戦越しの念願成就です。うれしい。
     勝てなさ過ぎてメンヘラやってた頃に慰めてくださった方、最終日に盛り立ててくださった方、マッチングしたプレイヤーの方々、そして繰り返しになりますが、構築案と個体の提供をしてくださった上に指南にまで付き合ってくださったカビパラさんには感謝しきりです。本当にありがとうございました!
     
     本記事はここまでになります。ここまで読んでくださった皆様に感謝!













     















     ↓昨シーズン終了後のぼく↓