• 中二病でも恋がしたい!Take On Meを見てきました

    2018-01-06 15:104
    今日が初日で2番目の回を見てきました。
    昨日・一昨日とニコ一挙放送も見て、その前には円盤再視聴もして準備万端w

    まずはとにかく人が多かったです。もちろん満席。
    物販厳しいですね。1回目と2回目の間に劇場に着きましたが、残っていたグッズは缶バッジとTシャツとポストカード。数分後にはポストカードが無くなりました。

    入場特典のフィルムは無事ゲット。


    まずはネタバレ抜きのざっくりとした感想。
    楽しくて泣けて驚きもある、中二恋らしい映画でした。
    TVシリーズ好きだった人にとってはかなり満足度が高かったと思います。
    ファンとしては嬉しくなってしまうような箇所も多々あり、京アニ映画Yearのトップを飾るのにふさわしいお祭り映画であり、それでいて単なるファンサービスだけでなく中二恋としてのストーリーもしっかりとしていて本当に見て良かった、また見たいと思える作品でした。

    作品としても恐らくシリーズの集大成なのだと思います。
    だからこそ見終わった後に幸せな気持ちになれたり頑張ろうという気持ちになれる、そんな作品でした。


    ・・・という事でここから先はネタバレ感想になります。
    見たくない人はバックしてください。





































    PV・予告を見て察していた人もいるでしょうけど過去の京アニ作品の聖地がたくさん出てきました。

    私が気付いたのは、ユーフォ、たまこ、ハルヒ、Air、Kanon、CLANNADです。
    久美子ベンチに六花と勇太が座ってる場面を見た時は声が出そうになりましたw
    ただ、エンドロールには境界の彼方やFree!、ファントムワールドの製作委員会が協力としてクレジットされていたのでどこかで何か仕込まれていたのかもしれません。次に見る時には探してみたいと思います。もし何かあれば更にテンション上がりそうw
    1/7追記
    2回目見て東京のUFOキャッチャーのシーンでファントムワールドのルルとFree!のイワトビちゃんを確認しました(あとたまこのデラ)
    境界の彼方はたぶんヤキイモあたりがいる気がするのですが時間が短くて確認できませんでした。


    (更に追記)
    そういえば秋葉原はらき☆すた聖地でもありました。

    あと東京他にないか考えてみたんだけどフルメタ、甘ブリも都内と言っても西の方だし無いかな。メイドラゴンの聖地の日本橋~人形町あたりはどうだろうか(未確認)



    円盤購入してからもまた楽しめそうで今から楽しみです。

    どのキャラもTVシリーズからそのまんまで久しぶりに見たという人も何も引っかかる事なく見れたのではないかと思います。
    丹生谷と凸守の関係は相変わらずで仲良く喧嘩していたり、六花は勉強に苦戦していたりで、すぐに中二恋の世界に戻ってこれました。

    未放送話のネタをがっつり入ってましたが、あの話は結構有名でみんな知ってるからいいのかなw


    終盤まで七宮とくみん先輩の出番が極端に少なくて、ひょっとしたらそこが唯一残念な点になってしまうかなと思っていたのですがクライマックスの直前から二人が登場し、この二人にしかできない役割を完璧に果たしてくれたので全然問題じゃなかったどころか感動しました。

    一色は今回も雑な扱いでしたがw

    なんやかんやあって逃避行が終わり、六花と勇太の絆も深まり、TVシリーズからずっと待たされていたあのシーンへ・・・

    でもここで終わらないのがこの作品の印象が更に上がるポイントでした。
    十花さんの行動原理はやっぱり妹思いの気持ちなんだなと改めて思いました。
    六花と勇太はこれからも彼ららしく痛々しいやり方で幸せになってもらいたいと思います。

  • 広告
  • 2017年振り返り

    2017-12-31 10:132
    2017年ももう終わりですね。
    全体的には楽しい一年であったかな。

    公私共に良い一年というよりは悪い事がなかった一年、という感じですが。
    お仕事に関しても概ね目標の収入は達成できましたし来年の目処もついてます。
    ただ健康面では禁煙とダイエットは緊急を要する状況かもですw

    それでは今年のあれこれを振り返ってみたいと思います。

    1)聖地巡礼&京アニイベント
    今年は念願の京アニ聖地巡礼に行ってきました。しかも2回w
    どちらも同行者がいたので楽しんで巡礼する事ができました。
    こういうの一人で出かけてもあまり楽しめないタイプなので。

    元々地元に聖地(聲の形)があるのでそこを起点にしたツアーというのはうまい計画だったと思います。日帰りで行けそうな範囲もだいたい把握できましたしまた行きたいですね。


    来年は氷菓の聖地(高山)に行きたいと思ってますが誰か一緒に行きませんか?w


    そしてこちらも念願の京アニイベント。
    想像をはるかに超えた規模と内容で最高でした。
    好きな作品がある方には全力でおすすめしたいイベントです。次は2年後でしょうけど・・・

    聖地巡礼も京アニイベントも個別記事がありますので良かったら読んでくださいませ。

    2)Twitter
    MADのイベントに参加するようになって少しずつMAD界隈の方たちとも繋がりができました。ご近所の方もいて驚いたりw
    まだ「おすすめユーザー」に気になる方がいっぱい出てきてるのでフォローしに行きたいですが・・・なかなか勇気が出ないです(;´∀`)
    ANIMAAADやAniPAFEに参加されてる方なんかは生放送上で知らずに会話してたりするので距離感は既にかなり近く感じているんですけどね。

    3)ニコニコでの活動
    今年投稿した動画は11本。
    ボカロカバー3本、MADが4本、聖地巡礼動画1本、その他ネタ動画3本という内訳です。
    MAD4本はいずれもイベント(ANIMAAAD,AniPAFE)でした。
    年々本数減っていますね(;´∀`)

    飽きたという訳ではなく、自分でハードル上げちゃってる気がします。
    イベントに参加するようになって他の方の作品をより真剣に見るようになったのが大きいかと。作りながら考える事が以前より深くなっていますね。
    「わかる人にだけわかればいい」と思っていたのが「伝わらないのは自分の表現力・構成力の問題」と思うようになってきています。

    もう少し肩の力抜いてもいいのかなとも思い始めてるので来年はどうなるかわかりません。
    たぶん一番良いバランスのところに落ち着くのかなと思いますw

    昨日もANIMAAAD生放送を見て色々と思うところがありました。
    多くの制作者さんは自分自身のカラーとか個性という物を持っていますね。
    私のMADには自分の個性とかあまり出ていない気がして。
    構成のこだわりポイントなんかに大雑把な共通点はあると思うのですが見てわかるような物じゃないと思いますし。

    とは言っても来年は「色んな人の影響を受ける事も良しとする」と思っているので相反する課題を自分に課してしまった感w
    この辺りを来年の目標にしたいと思います。

    -----------

    ネタ動画についてはまぁ語るより見て馬鹿にしてくれたら良いですw


    -----------

    で、後はボカロカバーですが・・・
    1本はアニソンカバー祭りなので個別記事を。

    2本目 けいおん!!カバー

    全く伸びてないですねw
    まぁ今はボカロクラスタとの接点が無いので支援RTも全く無いため埋もれていくのは仕方ないですね。

    ・・・コメントくださいw

    3本目 ぼくのフレンド カバー

    鏡音10周年のタイミングで投稿すれば伸びるんじゃね?という事で投稿しましたけどねw
    やっぱり伸びないw
    昨今のボカロカバー界隈はハードル高い・・・

    こういう音楽活動についてはTwitter上でもちょくちょく投稿してるんで適当に再生クリックしてくれると嬉しいです。やりたい事のストックはまだまだあるので来年も引き続きMAD制作と両方頑張りたいと思います。

    3)その他
    来年も今のところ予定は今年と同じような感じですね。
    お仕事面では新しい事もやりますが。

    来年も間違いなく京アニ中心。中二恋からエヴァーガーデン、ユーフォ・・・
    京アニは私をヲタ卒させてくれないようですw

    -------
    という事で今年も色んな方にお世話になりました。ありがとうございました。
    来年もまた色んな接点があるかと思いますがそのときにはよろしくします。


    では!良いお年を!
  • 第4回ANIMAAAD祭 投稿動画振り返り

    2017-12-28 21:0261
    今回から時期が年末になったANIMAAAD祭。第4回ですね。
    私は第2回からの参加です。
    第2回
    第3回

    そして今回。

    同時進行で別の物も作っていたのできついスケジュールではありましたが無事に完成・投稿する事ができました。

    今回の作品は聲の形MADで、曲は境界の彼方ED曲のDaisyです。
    作った動機は色々とあるのですが、まず言うまでもなく聲の形も境界の彼方も大好きな作品であるという事。

    そして曲名の「Daisy」
    デイジーというのは花の名前で和名ではヒナギクです。
    ↓この花がそうですね。

    京アニ作品では演出としてたくさんの花が出てくる作品が多いのですが、大部分はその花言葉に演出上の意味を持たせています(よくコメンタリーや舞台挨拶などで明かされてます)
    花言葉はいくつかあるのですが、個人的にはこの作品では「希望」じゃないかなと思ってます。

    そして「聲の形」ですが、円盤の特典にPVがついていました。
    そのPVの冒頭が

    見た瞬間にDaisyが脳内再生されました。
    (実のところ、この花が何なのか公式の情報を見つけられなかったので不明です)

    というわけで、このMADの発想は5月頃に既にできていたのでした。
    「希望」というキーワードは聲の形にも合うと思いますし、両作品への思い入れも強いので時間がかかってもいつかは完成させようとずっと思っていました。
    -----------------------------------------------------------------
    完成した動画を見たらなんでこの内容でこんなに時間かかったのか疑問に思った方もいるかもしれません。
    実際ほぼ切り貼りなので時間のかかる技術とか一切ありません。
    所要時間のほとんどは構成を決めるのに使った感じです。

    曲をフル尺使うと4:35あって、最初はこの長さで作ろうと思っていました。
    ですが何度も練り直して、結局最後には行き詰まってしまいました。
    見せたい場面を全部詰め込むのが必ずしも良いわけではないんですね。
    という事で曲を短く編集して、内容も思い切ってカットしています。

    例えば硝子と将也と結弦以外はほとんどカット。
    一番緊迫感のある飛び降りのシーンもカット。
    具体的ないじめのシーンもほぼカット。

    映像的なわかりやすい描写、わかりやすい心情よりも繊細な心情だけを線で繋いでいくようなイメージで作りました(説明が難しいw)

    そんなこんなで、この形になるまで本当に時間がかかって超難産MADでしたw
    ぱっと見、シンプルなようで要所要所にこだわりはあります。
    その辺りを気にして見てもらえると嬉しいです。
    ----------------------------------------------------------------
    動画を投稿したのは12/25
    ANIMAAAD開幕の12/23はまだ制作の追い込みでした。
    でもやっぱり気になってしまって1つ動画を再生したのがこちら↓
    ba-yashiさんの七宮MADです。

    中ニ恋についてはツイッターでもさんざん語ってる通り七宮推しなのですよ。
    (ちなみに一期では六花と凸守)

    ba-yashiさんのブロマガも読ませていただきました。

    第一回は参加してなかったので知らなかったのですがこれもba-yashiさんだったんですね。
    素晴らしい仕事です。あー布教したいw
    ヽ(`▽´)/

    それで・・・
    これを見て「あーANIMAAAD作品追ってたら抜け出せなくなるわ」と思って一旦見るのは止めました。ただ異常にテンションが上がったのでそこから自分の制作ペースが上がったように思いますw
    -------------------------------------------------------------------
    無事に投稿を終えたので今は順にANIMAAAD作品視聴をしています。
    京アニ作品とゆゆゆが多めですね。テンション上がりますw
    生放送もリアルタイムで参加したいと思います。

    今一番のお気に入りは鼻炎さんのユーフォMADです。

    元作品が好きという分を差し置いてもすごく好きですね。

    他にも好きな作品がたくさんあって、やはり皆さん元作品や曲への愛があるなぁと思います。
    自分も含めて、きっとみんな「このアニメに対する愛なら誰にも負けないぜ」みたいな気持ちがあったりするのかな、とか。もちろん争ってるというより刺激を受けたり与えたりって感じの何か。こういう界隈にいられるのは良い感じですw

    今年の参加はこれで最後ですが、また来年も色々参加できたらなと思います。