• 第3回ANIMAAAD祭 参加作品 制作振り返り

    2017-05-05 01:00
    昨年初めて参加したANIMAAAD祭、今年も参加しています。
    ちなみに昨年の参加作品はこちらです。



    で、今年の参加作品は2本です。
    まずは1本目

    2017年冬アニメでは「けものフレンズ」が話題になりました。私はリアルタイム視聴は見始めるタイミングを逃してしまったので全話終了後に一気に見たのですが。

    エンディングに登場する廃墟となった遊園地が印象的だったので甘ブリを素材にする事は割とすぐに決定。けものキャラも多数登場しますし。
    当初は甘ブリのみで作る予定だったのですが似たようなシーンばかり(3バカの喧嘩シーンとか)の動画になってしまいそうだったので他の京アニ作品の人外キャラを混ぜる事にしました。まぁ人キャラも入ってますが・・・

    あとはライオンちゃんのCVが本多さん=日常のゆっこってのもありますねw
    作品としては甘ブリ・メイドラ・日常・ファントムワールド・たまこ・けいおん・中二恋・氷菓から使用しました。
    一瞬だけしか出ない作品もありますので良かったら探してみてくださいw
    境界の彼方を入れられなかったのは残念・・・

    歌詞への合わせはかなり適当です。勢い重視。
    喧嘩するほど仲が良い(主に3バカ)的な強引な解釈をしてやってくださいw

    さてこのMADですが実は曲の方でちょっとした仕掛けが入ってます。
    最後のららららー♪をよーく聴いてみると・・・


    正直なところ終盤はネタ切れ気味だし構成自体もあまりうまくはできなかったのでちょっと満足度は低いです。

    あとおまけとしてエンディングっぽいのを付けてあります。
    これはMADとは呼べないものなのであくまでもおまけ。
    本家を模倣しただけのものですが「もし来場者数達成できなかったら」というIFルート・・・かもしれませんw

    続いて2本目
    特にテクニカルな事はしていないシンプルなシーン繋ぎ合わせのMADですが結構気に入ってます。

    この作品は「この曲を使って何か作りたい」と先に決めて後から作品選定したものです。
    このデイ・ドリーム・ビリーバーという曲には特に思い入れがあります。
    本家The Monkees版があってこそなのは重々承知なのですが、それでも私としてはタイマーズ版の日本語詞である事が譲れないポイントです。

    また京アニ作品+デイ・ドリーム・ビリーバーと言えば先人達の作品もあります。

    どちらも大好きなMADです。

    制作するにあたって、どの作品を題材にするかは非常に悩みました。
    当初の候補としては
    ・中二病でも恋がしたい
    ・たまこまーけっと
    ・境界の彼方
    でした。
    この歌詞を意識するのであれば「既にこの世にいない登場人物」と「残された人」との関係を軸にするというのは、ある意味鉄板で私も当初それに縛られていた感があります。
    上記3作品はいずれもメインヒロインの母または父が既に亡くなっていますからね。
    それはそれで良い物が作れそうな気はしていたのですが、見る側に驚きや新鮮さを感じさせないものになりそうだと思ってもう一度考え直す事にしました。

    歌詞の中で私が一番好きな
    「ずっと夢見させてくれてありがとう」
    これを誰に言わせたいか?という観点から考えて、新たに浮かんだプロットが
    ・小林さんちのメイドラゴン
    ・響け!ユーフォニアム

    メイドラゴンは登場人物の「僕」「彼女」が途中で入れ替わったりしてわかりにくいプロットになってしまったので今回はパス。いずれ完成させるかもしれませんが・・・

    結果、ユーフォになったわけです。
    ただしどうしても亡き人の印象が出てしまう2番の歌詞はばっさりカットしました。

    軸となるのは黄前姉妹。曲が先に決まっていたのでこれは迷わず決まりました。
    ただ改めて考えるとこの姉妹を軸にしたMADというのは新鮮で良かったと思います。
    曲はタイマーズ版とひるね姫ココネ版のどちらでいくか悩みましたが、後者の「ハネないリズム」がこのMADの流れに合っていると感じたのでココネ版としました。

    構成は最後の場面を最初に決めて、そこまでどう組み立てていくかという方法で作りました。最後のあの場面に至るのに影響があったと思われるシーンを1期1話から丁寧に探していく感じです。

    その中でのこだわりポイントです。

    大半は2期のシーンですがここは1期序盤のシーン。初心者葉月に教えながら自分が初心者だった時に姉に教わった事を思い出す場面です。これがなければ久美子は吹奏楽をやめていたかもしれない場面ですね。

    あとはここ

    秀一は絶対に入れようと思っていました。
    黄前麻美子も秀一にとっては幼馴染であり、だからこそ姉妹の雪解けに重要な仕事をしました。そしてこの表情最高ですよね。

    演奏シーンもなんとか入れたかったです。

    ここは全国大会の演奏じゃなくては意味がありません。
    ですがご存知の通り、本編では全国大会での演奏はバッサリカットされました。
    関西大会の演奏とかで誤魔化すということも考えたのですがユーフォファンならあっさり見抜くだろうと思ってやめましたw

    唯一全国での演奏が見れる場面は2期OPです。
    なのでここから一瞬のカットをもってきました。

    ・余談
    ユーフォMADの投稿日が5/2で忌野清志郎の命日であった事、これは全くの偶然でした。
    知っていたらタイマーズバージョンにしていたかというとそうはならなかったと思います。
    私にとっては「この歌詞である事」だけで忌野清志郎への思いが含まれるからです。

    もう何年もの間セブンイレブンがこの曲を採用し続けている事に感謝するぐらいに好きです。
    かつてボカロカバーも作りましたし、演奏しろと言われれば演奏できますし。
    それぐらい思い入れの強い曲です。誰がカバーしようと好きなんですよ。
    ひるね姫も良かったです。エンディングで流れた時は感動しました。
  • 広告
  • 京アニ5作品聖地巡礼ツアー 後編

    2017-03-19 01:11
    続いて響け!ユーフォニアムの聖地です。
    宇治駅の近くに宿泊したのですが、そこから徒歩圏内だけでもかなりの聖地がありました。
    まずはこれを入手。












































    ここまでは宇治駅(JR、京阪)から徒歩で巡れる場所です。







    この場所は京阪三室戸駅から徒歩で行くことができます。















    他にもありますが整理できてないのでこの辺で(;´∀`)

    あとは京アニ社屋



    この後は大垣まで戻ってツアー全行程終了。
    大垣では聲の形の聖地でもある映画館のあるショッピングモールに行きました。



    山田監督と入野自由さんのサイン入りポスターがありました。
    舞台挨拶で来られた時のだと思います。

  • 京アニ5作品聖地巡礼ツアー 中編

    2017-03-15 21:42
    京アニ5作品聖地巡礼ツアー 前編 の続きです。

    けいおん!の聖地の豊郷小学校から移動して次の目的地へ。
    場所は滋賀県大津市の唐橋公園という場所で中二病でも恋がしたい!の聖地です。
    途中渋滞に巻き込まれて予定より大幅に遅れて到着しました。




    まずはOPの2本橋周辺
















    以上、中二恋の聖地でした。
    この後は宇治まで行って京アニショップで買い物をしました。


    この辺りで日没になったのでチェックインして夜は自由行動としました。
    本当は日没前に次の目的地に行ける予定だったのですが渋滞のせい・・・

    しかし境界の彼方の聖地にはなんとしても行きたかったので夜に巡礼を実行することにしました。夜間なので撮影はほぼできないだろうとは思いましたが目に焼き付けるだけでもしたかったので・・・

    境界の彼方の聖地は奈良に点在しているので1箇所に絞った目的地は高の原です。
    劇中で言えば栗山家近辺になります。







    アングルが全然違いますがw



    そして境界の彼方で印象的なのは・・・

    キービジュアルからあったこの遊具。

    劇中と違って上記とはちょっと離れたところにあり、しかも周囲は閑静な住宅地であったためフラッシュ撮影は近隣住民への迷惑となると思い、こんな写真だけ撮ってさっさと戻りましたw

    参考までにGoogleストリートビューだとこんな感じですw


    他にも劇中で出てきた場面を多数見かけたのですがあまり撮影はできませんでした。
    次回は昼間に行ってたくさん撮影したいと思います。

    枚数は少ないですが以上です。

    後編に続くw