• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • ギネス社の技術提供のもと商品化。黒ビールのような「炭酸珈琲GEMB」

    2017-06-26 21:304時間前
    仕事終わりの疲れたときに飲むビールは、言うまでもなく最高においしい。しかし、どうしても飲めないときや、お酒が苦手だけど気分だけでも味わってみたい人だっている。

    先日紹介した「ワインブレンド」はワインのような口あたりの珈琲だったが、今回はビールのような珈琲を紹介する。

    クラフトビールのようなボトルに入った“炭酸珈琲”

    炭酸珈琲 GEMB」は、一見クラフトビールを思わせるボトリングだ。

    爽快感を追い求めた結果、炭酸飲料に着手し始め、黒ビールで著名なギネス社の技術提供のもと製法が確立された。

    兵庫県の焙煎工房が提供する新しい珈琲体験

    兵庫県宝塚市のみさご珈琲が、夏の爽快な珈琲を目指し開発。そして今回、より多くの人に届けたいと瓶詰めタイプの商品化を目指し、Readyforで資金を集めている。

    前職がソフトウェア関係のオーナーは、おいしい珈琲を追求し続ける焙煎士。これまで200回以上、実践型の焙煎抽出講座を開催している。

    炭酸を使いビールサーバーで抽出


    アメリカ発祥の窒素ガス飲料「ニトロブリュー」を注入してサーブするというスタイルの飲み物。これによって炭酸入りの珈琲ができ上がる。クリーミーな泡立ちは、どう見ても黒ビールのようだ。フレーバーとして、大阪能勢の天然蜂蜜で甘味づけした飲みやすいタイプもある。

    ミルクと混ぜると「ラテ」として微炭酸カフェオレに、お酒を入れればカクテルに、いろいろ楽しめる珈琲ができ上がる。

    こだわりのハンドドリップ

    一般的な煮出して濾す大量生産方式ではなく、こだわりのプロの抽出士の手によるハンドドリップによる、ひとつひとつ丁寧な抽出。

    珈琲好きで、ビール好きでもある私としてはぜひとも試してみたい商品だ。

    リターンのコースなど、詳細はプロジェクトページを参考にしてほしい。

    最高に爽快な、新しい夏の風物詩。瓶詰め「炭酸珈琲GEMB」 [Readyfor]
  • 湿気対策やアロマなど、ジメジメした梅雨をたのしく乗り切るアイテム6選

    2017-06-26 20:006時間前
    日差しの強い日が続いていたが、ついにどんよりとした空模様の天気になってきた。去年の梅雨時期は、大雨の湿気で畳にカビが発生したり、洗濯物がなかなか乾かず家事が進まなかったり……憂鬱な毎日だった。今年こそは何か湿気対策をしたり、梅雨を楽しむ余裕が持ちたいと意気込んでいる。

    そんなジメジメした梅雨を快適に過ごせるアイテムを見つけたので、ご紹介したい。

    部屋干し臭の原因菌を除去する、cado除湿機


    一見ランドリーボックスのような四角い物体はcadoの除湿機。除湿機能に加え、ウイルスやニオイを分解・除去する除菌消臭性能が付いており、快適な空間をつくりだしてくれる。除菌・消臭剤「ピーズガード」を使用することで、衣類に付着した部屋干し臭の原因菌を、240分で99パーセント除去してくれる。

    梅雨時期に重宝するのは間違いないが、花粉の時期や洗濯物を外に干したくない時にもおすすめだ。伸縮可能なアルミハンドルと360度回転するキャスター付きなので、部屋の移動も楽にできる。

    カドー除湿機 DH-C7000

    ¥49,500詳細はこちら

    運転中の操作性にも配慮された、cado空気清浄機





    映画『スター・ウォーズ』で人気のキャラクター「ダース・ベイダー」「C-3PO」「R2-D2」が施されたcadoのポータブルタイプの空気清浄機は、USBコネクタから電源を供給するため、デスク周りなど小スペースに最適なアイテム。カーソケット付属で、500mlのドリンク缶とほぼ同じサイズなので、車中での使用も快適。高性能フィルターで気になるニオイを除去してくれる。

    カドー空気清浄機 MP-C20U スター・ウォーズモデル(デス・スターボトル付)

    ¥25,000詳細はこちら

    >>「cado(カドー)」のストアページへ

    北海道の森に包まれるような香り、NALUQナルークリネンウォーター

    “森のあるライフスタイル”を提案するNALUQは、北海道産や国産にこだわったオーガニック処方を採用しており、森の中にいるような優しい香りを楽しめるアイテム。森の植物から採れた芳香蒸留水に緑茶エキス、グレープフルーツの種子エキスを配合しているので、抗菌・消臭が期待できる。衣類やカーテン、ラグ、車中などに手軽に取り入れて楽しめそうだ。

    リネンウォーターで北海道の森に包まれて眠っているような気持ち

    ¥2,100詳細はこちら

    アロマタオルミックス


    携帯用アロマタオルミックスは、オーガニックや野生種の植物から採取し、水蒸気蒸留や低温圧搾で得たエッセンシャルオイルをふんだんに用いている。香りを持ち歩くことでいつでもアロマを楽しめ、外出先での癒しグッズとして使用できる。汗ばむ季節に、爽快感を感じられそうだ。

    心も汚れもリフレッシュする携帯用アロマタオルミックス

    ¥2,800詳細はこちら

    TEMPO DROP(テンポドロップ)


    以前roomieの記事でもご紹介した「TEMPO DROP」は、環境の変化で様々な表情を生み出す。天然樟脳をエタノールに溶かした液体が密封されていて気候の変化により反応する仕組みで、19世紀ヨーロッパでは天気予測器として活用されていた。友人や子どもへプレゼントすると喜ばれそう。

    環境の変化で表情を変える結晶を楽しむオブジェ TEMPO DROP(テンポドロップ)

    ¥5,500詳細はこちら

    >>「ARIGATO GIVING」のストアページへ

    ポータブル温感目元リラックスデバイス「hushtime目元用menion」


    こちらも以前紹介した、「hushtime目元用menion」は、ポータブル温感目元リラックスデバイス。毎日パソコン作業や仕事・勉強で酷使している目の疲れを軽減すると、体の疲れもとれてくる重要な体の器官だ。

    こまめに目元をリフレッシュしたい方のために手のひらサイズのコンパクトなつくりで、仕事の合間やちょっとした隙間時間に最適。わずか10秒であたたまるスピード起動で、忙しい毎日の必需品になりそう。

    ポータブル温感目元リラックスデバイス「hushtime目元用menion」

    ¥12,800詳細はこちら

    >>「PROIDEA」のストアページへ

    室内で過ごすことが多くなるこの季節、部屋の快適さと自分への癒しアイテムを取り入れたいもの。憂鬱な気分が消え去って、きっと窓に映る雨模様を楽しめるようになるはずだ。

    cado除湿機 NALUQナルークリネンウォーター アロマタオルミックス
    TEMPO DROP(テンポドロップ) ポータブル温感目元リラックスデバイス「hushtime目元用menion」 [machi-ya]
  • 今日から七夕まで。パレスホテルとアーティスト・舘鼻則孝のコラボスイーツ

    2017-06-26 18:307時間前
    みんなよく月曜を乗り切った。そんなみんなにおすすめのイベント&スイーツがこちら。

    パレスホテル東京」では、気鋭のアーティスト・舘鼻則孝氏とコラボレーションした「TANABATA STAR FESTIVAL -Prayers-」をスタート。

    パレスホテル東京でだけ味わえる、グラススイーツ

    鮮やかな赤のベリーソースが敷かれたグラスに、桃のアイスクリームとフランボワーズのシャーベット、メロンやライチ、白スグリなどのフルーツがたっぷりと重なるグラススイーツ。インスタレーション「Prayers」に吊るす短冊が付き、願い事に合わせて五色の糸から色を選ぶことができる。

    (写真左)「Prayers」ミニグラススイーツ 650円(税込)
         「パレスホテル東京」 B1F ペストリーショップ「スイーツ&デリ」
    (写真右)「Prayers」グラススイーツ 1,600円(税込・サービス料別)
         「パレスホテル東京」1F ロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」

    2017年6月26日(月)〜7月7日(金)までの期間、1Fレセプションにて、新作インスタレーション「Prayers」が特別展示。また、1Fロビーラウンジ「ザ パレス ラウンジ」及び B1Fペストリーショップ「スイーツ&デリ」にて、同じく舘鼻氏のディレクションによる期間限定スペシャルグラススイーツ「Prayers」が販売される。

    「美しい国の、美しい一日がある」というブランドコンセプトを掲げる「パレスホテル東京」と、独創的な作品を生み出し続けるアーティストの舘鼻氏とのコラボは、昨年初めて実現。「寝待月 –MOONRISE-」をテーマに、舘鼻氏がアフタヌーンティー&カクテルをディレクションし、「パレスホテル東京」でしか味わえない体験として好評を博した。

    コラボ第2弾は「七夕の祈り」がテーマ

    Prayers

    2回目となる2017年は「七夕の祈り」がテーマ。笹竹を使った作品「Prayers」に、願いを書き記した短冊を吊るす参加型インスタレーションだ。

    Embossed Painting Series, 2017 Photo by GION

    そのほか、舘鼻氏の代表作であるヒールレスシューズや大型絵画の新作展示がホテルのロビーをみずみずしい夏の空間に彩る。

    歴史と伝統を継承しながら常に新しい価値を追求し続ける「パレスホテル東京」と舘鼻氏の日本文化の未来を見据えたコラボ第2弾。舘鼻氏が表現する、新しい七夕ワールドをご堪能あれ。

    PROFILE 舘鼻 則孝 (たてはな のりたか)

    (写真右/Heel-less Shoes, 2017 Photo by GION)
    1985年、東京生まれ。歌舞伎町で銭湯「歌舞伎湯」を営む家系に生まれ鎌倉で育つ。シュタイナー教育に基づく人形作家である母の影響で幼少期から手でものをつくることを覚える。東京藝術大学では染織を専攻し遊女に関する文化研究とともに友禅染を用いた着物や下駄の制作をする。卒業制作であるヒールレスシューズは花魁の下駄から着想を得たものである。近年はアーティストとして展覧会を開催する他、伝統工芸士との創作活動にも精力的に取り組んでいる。2016年3月には、仏カルティエ現代美術財団にて人形浄瑠璃文楽の舞台を初監督 「TATEHANA BUNRAKU」を公演した。作品は、ニューヨークのメトロポリタン美術館など、世界の著名な美術館に永久収蔵されている。

    TANABATA STAR FESTIVAL -Prayers- [パレスホテル東京]