S12使用構築 電磁波式ポリクチヘラ+ギャライコウ最高2115
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

S12使用構築 電磁波式ポリクチヘラ+ギャライコウ最高2115

2015-11-17 13:33
    どーも、ソルトです。またまたシーズン12の記事です。
    参考にさせていただいたのはくまがわさんの
    【2エース軸】ポリクチ&最速身代わりヘラクロス入り構築
    です。並びもほとんど一緒で目新しさがないのでお暇な人以外にはお勧めしません。


    最高順位はこれで最高レートもこのままです。
    レート終盤は別の構築で潜っていましたがそちらはシングル厨で使用予定なのでそちらのほうが終わったら公開します。そっちの構築も最終2117なのであまり期待はしないでください。

    ○並び




    ○個体詳細


    メガクチート@メガ石 威嚇→力持ち
    意地っ張り H252 A252 S4
    じゃれつく ストーンエッジ 不意打ち 剣の舞

    ストーンエッジを採用したメガクチート。メガヘラやジャローダがパーティーに入っていると必ず選出されるファイアローが役割対象。どんなファイアローでもやけど込みで確1になるのでファイアロー入りに対して選出していた。ファイアローとの対面でほぼ必ずやけどが入ってしまうので剣の舞→空元気でもよかったかもしれない。ただ剣の舞がないクチートは使ったことがないので何とも言えない。



    ポリゴン2@進化の輝石 ダウンロード
    控えめ H244 B44 C200 D20 ※めざ炎個体
    トライアタック 冷凍ビーム 目覚めるパワー(炎) 電磁波

    クチートと言ったらこいつといわんばかりにパーティに入ってくるこいつ。ただ最近はダウンロード対策がされていてあまり活躍の機会がなかった。ポリクチ選出はかなり相手に読まれやすく、トリルを枯らされて上から制圧されることが多かったので電磁波でのS操作をメインにした。その副産物と言ってはなんだがポリヘラの選出しやすくなり選出の幅が増えたので、電磁波でよかったと思う。



    ライコウ@命の玉 プレッシャー
    臆病 C252 S252 D4 ※めざ氷個体
    10万ボルト 目覚めるパワー(氷) ボルトチェンジ 電磁波

    僕がよく使ってるこだわらないライコウ。気合のタスキを持たせたかったがジャローダにとられてしまったため仕方なく命の玉を持たせた。先発で選出することが多く、電磁波でのS操作、高いSからの高火力の電気技による制圧とかなり仕事は多かった。電磁波はシャドーボールとの選択だが、電磁波でガルーラの不意打ちを空かすこともよくあったので電磁波でよかったと思う。またマンムーがいたら選出すらしないためシャドーボールがほしい場面がなかった。



    ギャラドス@ゴツゴツメット 威嚇
    腕白 H244 B220 S44
    滝登り 雪雪崩 地震 電磁波

    物理受けの良くあるギャラドス。ライコウのペアとしてよく使われるのはゴツメランドロスだと思うが、ガルーラが冷凍ビームを打ってくること、マンムーがパーティー単位で重いこと、両刀バシャがどうしようもなくなることを踏まえギャラドスを採用した。こいつの技構成については変更の余地はないと思う。安定の活躍をしてくれた。



    メガヘラクロス@メガ石 自信過剰→スキルリンク
    陽気 A252 S252 D4
    ミサイル針 ロックブラスト 地震 身代わり

    最近よく見る最速メガヘラクロス。S10の使用構築と全く同じ個体で、電磁波で起点を作ってからの身代わり+自信過剰で全抜きを狙っていく。また最近のバシャーモはヘラクロス対面で必ずと言っていいほど守るをしてくるので身代わりが刺さった。このパーティーではバシャーモを初手に呼ぶので初手でバシャーモと対面し、身代わりをはることで実質3-2から試合を展開することができるので使いやすかった。



    ジャローダ@気合いのタスキ あまのじゃく
    臆病 H4 C252 S248 あまり4 ※めざ岩個体
    リーフストーム 目覚めるパワー(岩) 蛇睨み 挑発

    呼ぶファイアローに刺さるめざパ岩を採用したジャローダ。麻痺まきと受けループの対策を担ってもらっている。そのためにミラーコートではなく挑発を採用、Hを151まで伸ばしている。受けループ以外にはあまり選出しないがどうしようもない相手がいないためとりあえず初手に投げることもあった。


    ○使用感
    基本選出はライコウ+ギャラドス+ヘラクロス。相手にファイアローやメガボーマンダがいた場合はメガクチの選手を考え、受けループの場合はメガヘラかジャローダの一貫性を作ることを狙って立ち回った。
    選出率はライコウ=ギャラドス>ヘラクロス>クチート=ポリゴン2>ジャローダだった。
    重いポケモンはメガボーマンダ、エンテイ、ピクシーあたりでした。特にピクシーがつらかったので何とかしたいがどうしようもなかった。


    ○感想
    やっぱり他人の構築をパクる参考にすると完成度が最初から高く、戦いやすかった。環境的に両刀バシャーモが多かったりS115以上が少ないことを考えてマイナーチェンジするだけで簡単に2000を超えることができた。やっぱレート高い人の構築は使いやすくて素晴らしいです。
    今回は以上になります。ではまた来シーズンに。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。