真皇杯東海予選優勝構築 ~ガルモンガブモン~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

真皇杯東海予選優勝構築 ~ガルモンガブモン~

2016-02-20 23:33
    こんにちは、ソルトです。真皇杯東海予選を優勝してきたので記事を書かせていただきます。

    今回使用した構築はガルーラスタンです。もともとはクチートやヘラクロスを愛用していたのですがどうしても種族値が低く、押し負けやすいので今回は高種族値で固めたガルーラスタンの使用に踏み切りました。
    予選は7-2で直対で2位抜け決勝トーナメントはシードではなかったので5連勝しました。運がよかったとしかいえません。では構築です。


    ○並び


    はい(察し)

    ○詳細

    メガガルーラ@メガ石 きもったま→おやこあい
    いじっぱり 197(132)-192(236)-121(4)-x-122(12)-136(124) ※メガ後
    秘密の力 いわなだれ 不意打ち みがわり

    この構築のエース。麻痺+ひるみにより相手の物理受けを崩し、ガブの一貫を作る。予定だったがあまり物理受け自体が選出されなかったので活躍はイマイチだった。ただこいつの場合は物理受けが選出されなくても仕事ができるのがすばらしかった。
    選出率
    予選6/9
    決勝4/5


    ガブリアス@こだわりスカーフ 鮫肌
    いじっぱり 183-200(252)-116(4)-x-105-154(252)
    逆鱗 地震 ストーンエッジ 寝言

    今回のMVP。決勝でストーンエッジをあててくれた。ゲンガーメガ進化読み地震や決勝のマンムー読み地震等、ヤンキープレイは必要であったが今回の構築では物理受けが選出されにくいためかなりの活躍をしてくれた。
    選出率
    予選8/9
    決勝4/5


    クレセリア@ゴツゴツメット 浮遊
    図太い 227(252)-x-189(252)-94-151(4)-101 ※v-x-v-29-v-22or23
    冷凍ビーム 月の光 電磁波 三日月の舞
    自分がまったく信用していないポケモン。そのため厳選自体適当だったためこんな個体となっている。ただやはり数値受けは健在で、ある程度の物理特殊を両方受けれるのは強かった。選出したらある程度は活躍してくれたが、起点になりやすいのはなんともしがたいため選出は控えめ。またガルーラの対処をこいつでなんとかしようと考えないようにも気を使った。
    選出率
    予選3/9
    決勝3/5


    ヒードラン@たべのこし もらい火
    穏やか 193(212)-x-127(4)-160(76)-151(92)-113(124) ※v-x-v-v-v-v
    噴煙 大地の力 どくどく 守る
    厳選に時間をとられすぎてあまり調整できなかったやつ。Sを準速ガルド抜きまで振り、あとはいろいろブログを見ながら適当に振り分けた。相手の物理受けの選出抑制、フェアリー受け、ガルドやクチートからの引き先としての役割を担ってもらっていた。こちらのガルーラがクチートに弱い型であるのでクチート入りにはほとんど選出していた。大地は相手のヒードラン対策で入れていたがヒードランがいなかったため意味がなかった。毒よりも鬼火のほうがよかったような気がする。
    選出率
    予選5/9
    決勝1/5


    メガヘラクロス@メガ石 自信過剰→スキルリンク
    陽気 155-237(252)-135-x-126(4)-139(252)
    インファイト ミサイル針 ロックブラスト みがわり
    相棒枠かつ見せポケ枠。こいつがいるだけで相手はクレセリアの選出をためらう。以上。型としては刺さる相手には一方的に刺さるようにみがわり入りの技構成となっている。わんぱくと最後まで悩んだがどうせ出さないので同じだった。わずかに選出したがそのときはナットレイやハッサム等ガルーラがどうあがいても無理で、かつヒードランが出しにくいときにのみ選出した。
    選出率
    予選2/9
    決勝1/5


    化身ボルトロス@オボンの実 いたずらごころ
    図太い 183(232)-x-132(240)-146(4)-101(4)-135(28) ※30-x-30-v-v-v めざ氷
    ボルトチェンジ 目覚めるパワー氷 挑発 電磁波
    この構築で不足しがちなコントロール要素をもったポケモン。対面操作や削りをし、ガブリアス圏内に押し込める役割を担ってもらっていた。技構成が悩みどころであり、焼き尽くすがほしい場面が多かったので、採用しても面白かったかもしれない。ボルトチェンジからのコントロール性能はやはり魅力的だった。
    選出率
    予選5/9
    決勝2/5

    ○使用感
    物理受けの選出を抑制し、ガブリアスを通すことを意識したPT。そのおかげか物理受けはあまり選出されず、ガブリアスが大暴れできた。たとえ物理受けを出されたとしてもガルーラとの役割集中でガブリアスを通すことばかり考えて立ち回った。
    選出としてはほとんどがガルーラorヘラクロス+ガブリアス+@1の形だった。
    鋼タイプ全般、カバルドン、スカーフガブリアスとかが重かった。

    ○総括
    優勝できてほんとによかったです。最後のほうなんかは足が震えてました笑。構築としてはあまり完成度は高くはなく、ぎりぎりで勝った試合ばかりでした。運があったのと読みが冴え渡っていたおかげで薄氷の上を何とか渡りきったという感じです。応援してくれた方々、ありがとうございました。
    またTwitterのほうもフォローしてくれると喜びます。
    Twitter;@salt_poke

    また私的ベストゲームは準々決勝のカラーさん戦です。無茶苦茶熱かったのでBVをあげておくのでよろしかったら是非。
    GMPW-WWWW-WW3J-CMTD
    問題あれば削除させていただきます。
    連絡はTwitterのほうへ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。