• このエントリーをはてなブックマークに追加
開幕戦【ツインリンクもてぎ】レースレポート
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

開幕戦【ツインリンクもてぎ】レースレポート

2014-04-17 17:07

    第1,2戦もてぎ 開幕戦の総合優勝は両レースとも飯田太陽/水谷晃組

    ■公式予選
    ------------------------------------------------------------------------------------------

     4月13日(日)午前中の公式予選はA・Bドライバーの合算タイムで第1レースのグリッドを争う。

     FIA GT3車両のClass1は#32 ケーズフロンティアGT3のTAKASHI/高木真一組がポールポジション。ポルシェ911GT3Cupやフェラーリ458Challengeや 430Challenge等のカップカーが参戦するClass2ポールは#70 AGE-AGE-458のNAORYU/佐々木 孝太組で4番グリッドから。GT4車両が参戦するClass3は#007 LCT VANTAGE GT4の森田 將/赤根 宏幸組のみの出走となった。

    a1c9cbc60fd443a98f362183f5ac0620302a2dad b72de5e810df2aebb4f3a3727b3c21070ad18319 802520ea0d4b9d6f3c1dcc3a62e0d70c7fea597d     

    ■第1レース(Rd.1)
    ------------------------------------------------------------------------------------------

     第1レースは綺麗なスタートから#32 ケーズフロンティアGT3 高木 真一がファーストスティントでどんどん後続を引き離し独走態勢を築く。

     Class2は#70 AGE-AGE-458の佐々木孝太が#14 石松 PORSCHE R.S.R.と序盤争うものの、こちらも着々とマージンを築く。

     しかし、ここまで磐石と思われた#32 ケーズフロンティアGT3から白煙が・・・。車体の一部が燃えたとの情報もありマシンを止めてしまう。

     ここで総合TOPに立ったのが#27 ケーズフロンティアDR 458。続いて2位に#52 KDC小林歯科・SHIFT SLS。Class2は#70 AGE-AGE-458のNAORYUが佐々木孝太から受け継ぎ時折格上のGT3車両を上回るタイムでクラストップで好走を続ける。

     そしてClass1はそのままトップ#27 ケーズフロンティアDR 458でフィニッシュ。Class2は#70 AGE-AGE-458が制した。Class3は#007 LCT VANTAGE GT4がフィニッシュ直前でトラブルによりマシンを止めるが規定周回に達しており完走となった。

    e0354ce9d116400bba88c07d6dde00146240eb4f  634997c3d3e7ddac293c29431d7717e6a2336bd6  6285203a3c53fbff841c3d366b30f6cf01085b24

    ■第2レース(Rd.2)
    ------------------------------------------------------------------------------------------

     続いて第2レースは第1レースの順位によりグリッドが決定され#27 ケーズフロンティアDR 458 飯田 太陽/水谷 晃組がポールポジション。Class2ポールは#70 AGE-AGE-458のNAORYU/佐々木 孝太組で3番グリッドから。Class3は#007 LCT VANTAGE GT4の森田 將/赤根 宏幸組。第1レースでのマシントラブルを修復しての出走となった。第1レースでマシントラブルがあった#32 ケーズフロンティアGT3は出走を取りやめている。

     スタート直後の1コーナーで2番グリッドから好スタートを決めた#52 KDC小林歯科・SHIFT SLSが外から#27 ケーズフロンティアDR 458をパス。しかしそう長くは続かず#27 ケーズフロンティアDR 458が再びトップに返り咲く。

     Class2は#70 AGE-AGE-458の佐々木 孝太が#14 石松 PORSCHE R.S.R.と約2秒の差のままドライバー交代まで走り続けた。 トップの#70 AGE-AGE-458は第1レースの優勝によりレギュレーションで定められた20秒のピットストップ加算があり第1レース2位の#14 石松 PORSCHE R.S.R.は15秒加算と5秒少ない。

     1周早くピットインした#70 AGE-AGE-458の前に#14 石松 PORSCHE R.S.R.がドライバー交代のタイミングで初めてトップに立った。しかしそのアウトラップで#70 AGE-AGE-458のNAORYUが再びトップを奪取した。

     その後オーダーに大きな変動はなくClass1は#27 ケーズフロンティアDR 458がトップフィニッシュ。Class2は#70 AGE-AGE-458がクラス優勝。Class3は#007 LCT VANTAGE GT4がトラブルを克服しフィニッシュした。終わって見れば各クラス第1/第2レースを同じマシンが制しダブルWinとなった。

    d5f271f74df28d3416d6690d39fbd5a3f1b70d85 6798a594c3a81a5601b0ba9c0204de836352cf2e 30838468c06b05fe676b0140d97e0cb1efd85635
    ※Text&Photo:Hiroshi Ichimura

    ※こちらの記事はMotorsports Forumの許可を頂いて転載しております。

    ------------------------------------------------------------------------------------------
    関連リンク
    SUPER CAR RACE SERIES 公式サイト
    SCR 公式Facebook
    ------------------------------------------------------------------------------------------

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。