• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

ブログ・メルマガ

  • 畠山理仁【特別寄稿】東京電力・福島第一原子力発電所に行ってまいりましたルポ

    今号は、フリーランスライターの畠山理仁から、特別寄稿をいただきましたので、それを配信いたします。去る7月8日に行われた、東京電力福島第一原子力発電所の「現場公開」の取材レポートです。なお、本稿は畠山さんの発行するメルマガと同じ内容です。

    2014-07-31

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 6月号の配信についてお詫び

    石のスープ 定期号[2014年6月30日号/通巻No.116] 今号の執筆担当: 渡部真    読者の皆さま。  大変申し訳ありませんが、6月号の発行が遅延しております。  渡部がどうしても作業をする時間がなく、ご迷惑をおかけして本当にすいません。  7月に、今月分を配信いたしますので、何とぞお許しください。    *   *   *   *   *   *   *   *  さて、先月に募集しました「震災以降」の出版記念プレゼントですが、すでに応募期間は終了しておりますが、今回、ご迷惑をおかけしたお詫びに、募集期間を延長することにいたしました。  すでにご応募いただきました方は、すべて当選といたします。  ご応募いただいた方には、個別に当選メールを送ります。  7月1日、再度お知らせいたしますので、まだ応募されてない方は、ぜひご応募ください。  よろしくお願いいたします。    ■4月21日発売!! 「震災以降  終わらない3.11〜3年目の報告」 amazon→ http://t.co/zsBbnD2ZYs     著 者:渋井哲也 村上和巳 渡部真 太田伸幸 発行元:EL.P 販売元:三一書房 定 価:1400円+税 「...

    2014-06-30

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 渡部真【勝手気ままに】Vol.35「子供への支援に「ヒモ付き」はいらない」

    震災から3年が経ち、未だに被災地の学校や子ども達には必要な支援がある一方で、学校側から「迷惑」とされる支援がある。

    2014-05-31

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 「震災以降」出版記念プレゼント

    大変遅くなりましたが、『震災以降』の出版記念として、「石のスープ」の読者の皆さんに、東北のお土産をプレゼントしたいと思います。渋井、村上、渡部が最近に東北で取材した際、現地で買ってきた物です。ぜひご応募ください。

    2014-05-31

    • 0 コメント
    ダウンロード
  • 渋井哲也【“一歩前”でも届かない】vol.17「『震災以降』の発刊に寄せて」

    4月21日に出版された『震災以降』(三一書房)。その編著者の一人である渋井哲也が、同書への思いを綴った。

    2014-04-29

    • 0 コメント
    ダウンロード

イベント告知

──────────────────────
◆2014年5月30日(金)18時30分〜
トークイベント
「被災地の子どもたちはいま」

https://mainichimediacafe.jp/eventcal/
 
出演:中嶋真希(「毎日小学生新聞」記者)
   安田菜津紀(フォトジャーナリスト)
   渡部真(フリーランス編集者)
会場:毎日メディアカフェ(東京・竹橋)
被災地の子ども達を取材し続けている3人の記者が集まり、子どもたちに必要な支援や、地域再生における学校の重要性などについて考えるトークイベントです。
 
──────────────────────
◆2014年5月31日(土)夕方〜
【震災以降】ミニ取材報告会
「放射性物質と風評儀害に立ち向かう生産者達」

http://ameblo.jp/hampen1017/entry-11862099249.html
 
出演:粥川準二
会場:bar HANA(東京・歌舞伎町)
「震災以降 終わらない3.11〜3年目の報告」の執筆者による「取材報告会」。少人数で質問したいことや疑問点を質問したり、意見交換することができます。
 
──────────────────────
◆2014年6月7日(土)18時〜
第26回月1原発映画祭+交流カフェ
「原発20キロ圏内に生きる男」他上映
  +松村直登・藍原寛子対談

http://www.jtgt.info/?q=node%2F520
 
『震災以降』で、共同通信の原田浩司さんが紹介してくれた「警戒区域の最後の番人」の松村直登さんを主人公にしたドキュメンタリー映画が、台東区谷中で上映されます。しかも、同じく『震災以降』に執筆してくれた藍原寛子さんが、上映後に松村さんと対談するそうです。
 
──────────────────────
◆2014年7月1日(水)夕方〜
【震災以降】取材レポート
「原発事故収束作業を支える人達の姿」

 
出演:片山夏子(「東京新聞」記者)
   渋井哲也(フリーライター)
   長岡義幸(インディペンデント記者)
   小原一真(フォトジャーナリスト)
    ※小原氏は日程調整中
会場:ネイキッド・ロフト(東京・歌舞伎町)
東京電力・福島第一原発が2011年3月に事故を起こして3年になる。その間、数万人の作業員が事故収束作業をになって来た。そんな作業員や、あるいはその家族を取材し続けている4人の記者による、事故収束作業の現状を、それぞれの角度から探っていく。
※詳細は、近日告知。
 

【無料公開】東日本大震災アーカイブス

東日本大震災に関するルポ記事は、アーカイブとして無料公開しています。

【2013.11.30】“津波の記憶”を超えた3月11日(岩手県釜石市/渋井哲也)
http://ch.nicovideo.jp/sdp/blomaga/ar402046
【2013.11.29】震災遺構と被災地観光地化の行方(全域/渡部真)
http://ch.nicovideo.jp/sdp/blomaga/ar401982
【2013.5.13】年寄りはすぐに逃げられない(茨城県水戸市/渋井哲也)
http://ch.nicovideo.jp/sdp/blomaga/ar246683
【2013.4.30】受験で訪れた水戸市で被災した高校生(茨城県水戸市/渋井哲也)
http://ch.nicovideo.jp/sdp/blomaga/ar214720
【2013.2.24】津波に襲われた高台の家と福寿草(宮城県南三陸町/渡部真)
http://ch.nicovideo.jp/sdp/blomaga/ar131696
【2013.1.31】奇跡の愛犬「ジロ」とともに(茨城県北茨城市/村上和巳)
http://ch.nicovideo.jp/sdp/blomaga/ar13925

そのほか、「東日本大震災アーカイブス 公開記事一覧」
http://ch.nicovideo.jp/sdp/blomaga/ar83181

「石のスープ」編集部からのお知らせ

2013/08/29 08:03

誤字の訂正

8月22日に配信しました「通巻86号」のなかで、誤字がありました。「国道6号線」という表記がありますが、正しくは「国道45号線」です。お詫びして訂正いたします。

2013/08/29 08:03

通巻ナンバーに誤記

8月22日と8月23日に配信した号の通巻ナンバーに間違いがありました。正しくは、8月22日号が通巻No.86、8月23日号が通巻No.87、です。

2013/07/31 16:22

読者プレゼントとお詫び

今月も、月末になってバタバタと配信しています。今月は、渡部と渋井の記事の配信が遅れそうでして、大変ご迷惑をおかけします。そのお詫びというわけではありませんが、久しぶりに読者プレゼントをすることになりました。詳しくは記事でご確認ください。よろしくお願いします。

2013/06/01 03:28

月末夜になって3本配信

今月も、バタバタと月末になって配信しました。ごめんなさい。渡部と村上の記事は、次号以降にまだ続きます。

生放送

  • 放送終了 05/22 21:00 - 22:59

    タイムシフト視聴 39

    4月21日発売の『震災以降』の出版記念、第2弾!   震災から3年が過ぎ、風化が進んでいると言われる。 実際に、メディアが震災関連を取り上げる機会も徐々に減ってきているという現実がある。 取材をしていると、被災地の人達から「自分の地元をメディアで取り...

    • 来場数120
    • コメ数63

「石のスープ」とは

フリーランス達が共同配信しているメールマガジンが「石のスープ」です。メインライターは、渋井哲也(フリーライター)、村上和巳(フリージャーナリスト)、渡部真(フリーランス編集者)の3人。

この3人が、東日本大震災の直後から続けるの現地での取材レポートを中心に配信しています。また、西村仁美、三宅勝久といったジャーナリストもスポット参加するほか、様々なフリーランサーがゲストとして寄稿する「フリーランスの取材報告マガジン」。

このニコニコちゃんねるでは、ブロマガの配信のほか、取材現場からの生中継や動画の配信も行なっています。

渋井哲也 Twitter

村上和巳 Twitter

渡部真 Twitter