ニコニコチャンネル

  • 舞台「DIABOLIK LOVERS-re:requiem-」 2016年8月24日~8月28日に品川の「クラブex」にて公演された舞台「DIABOLIK LOVERS~re:requiem~」。赤を基調としたまるで洋館の中にいるかのような空間、そして観客と至近距離となる“円形舞台”という独特な雰囲気の中、展開する物語。貴方を「DIABOLIK LOVERS~re:requiem~」の世界へと導く・・・。 美しく、咲き乱れる薔薇の香りの中、少女は己の運命を知る。 運命の糸に導かれるように、少女は彼らと出会う。 「オマエの初めては、オレ様がすべて奪ってやるよ」 「ねえ、僕のこと嫌いですか? もっと知りたいですか?」 「痛いの? 可哀想に……じゃあもっと痛くするね。ビッチちゃん」 「あんたが、この家に来た理由がわかった。極上品だな……この血は…」 「人間など、単なる血の器にすぎません」 「オレに関わるな! それ以上近づいたら、ぶっ壊してやる!」 彼らは血と欲望に飢えたヴァンパイア……。 彼女の中で何かが狂い始め、何かが目覚めていく。 もう、どこへも逃れることは出来ない……。
  • ノルン+ノネット 少女はずっと独りだった。 彼女がその昔出会った“旅人”はこう言う。 「その服が着られるぐらいになったら、迎えは来る」 やがて17才になった彼女の前に、その船は現れた。 空を往く船『ノルン』。 導かれるままに乗った船には、 『能力者』と呼ばれる10人の男女が暮らしていた。 船はどこに向かっているのか? 彼らはなぜ旅をしているのか? 謎を抱えたまま 運命に翻弄される旅が始まった。
  • DIABOLIK LOVERS MORE,BLOOD 逆巻家に居候することになった小森ユイは、 ヴァンパイアである逆巻六兄弟に血を奪われる日々をおくっていた。 そんなある日――。 彼らの前に、新たなヴァンパイア・無神四兄弟があらわれる。 彼らはユイのことを“イブ”と呼ぶが、その目的とは一体……? そして“アダム”とは……。 今、新たな運命が動き始める――。
  • オトメイトチャンネル すべての乙女ゲームファンに贈るオトメイト公式チャンネル「オトメイトチャンネル」がリニューアル! 新パーソナリティに鳥海浩輔さん・平川大輔さんをむかえ、乙女ゲームブランド「オトメイト」の“旬”で“トクする”情報&ときめきと癒しをお届けします! 毎月1回21:00~配信予定
  • DIABOLIK LOVERS 美しく、咲き乱れる薔薇の香りの中、少女は 己の運命を知る。 運命の糸に導かれるように、少女は彼らと出 会う。 「オマエの初めては、オレ様がすべて奪って やるよ」 「ねぇ、僕のこと嫌いですか? もっと知り たいですか?」 「痛いの? 可哀想に……じゃあもっと痛くす るね、ビッチちゃん」 「あんたが、この家に来た理由がわかった。 極上品だな……この血は……」 「人間など、単なる血の器にすぎません」 「オレに関わるな! それ以上近づいたら、 ぶっ壊してやる」 彼らは血と欲望に飢えたヴァンパイア……。 彼女の中で何かが狂い始め、何かが目覚めて ゆく。 もう、どこへも逃れることは出来ない……。
  • AMNESIA 8月1日―― 見知らぬ場所で意識を取り戻した主人公は、突如として8月1日以前の記憶をすべて失ってしまってい た …… ここはどこで、何をしていたのか。自分は何者で、どのような人生を送ってきたのか。 戸惑う主人公の前に現れたのは、自身を『精霊』と名乗るオリオンという少年だった。 オリオンの導きにより、主人公は記憶喪失を悟られぬよう手探りで行動することとなる。 次第に浮かび上がる周囲の人間関係―― 名前も顔も知らない“幼馴染”や“先輩”、そして“恋人”との出会い。 記憶のない主人公は、彼らの想いを痛切に感じつつも、それに応えることができずにいた…… 時折よみがえる過去の記憶の欠片、そして突然訪れる危機―― 物語は、彼女を巻き込み複雑に絡み合っていく。 失った記憶の先にある『答え』とは――
  • 薄桜鬼 黎明録 文久三年二月―― 浪人に襲われ行き倒れていた井吹龍之介は、 壬生浪士組として上洛の途中であった芹沢鴨 に拾われる。 武士を目指し、志を同じくする者が集う浪士組。 近藤とともに名を上げるべく尽力する土方歳 三と、組のために動きながらも傍若無人な振 る舞いをみせる芹沢鴨…「武士」という在り 方を軸に対立する二人を見ながら、「武士」 を嫌う龍之介もまた自らの生き方に疑問を抱 き始める。 後に「新選組」と呼ばれることとなる男たち の“覚悟”の物語――
  • 薄桜鬼 二六〇年あまり続いた江戸時代が終焉を迎え、明治という新たな時代が幕を開け始める。 しかし、そこには士道を貫かんと、身命を賭して戦い続ける男たちがいた。 薩長土を中心とした新政府軍と、徳川家臣を中心とした旧幕府軍との熾烈な争い―― 戊辰戦争に身を投じていく新選組。 自らの宿命に手繰り寄せられるように、彼らは苛烈な道へ歩を進めていく。 慶応四年一月。鳥羽伏見の戦いに敗れ、江戸へ戻った新選組。新政府軍との再戦を望む彼らに待っていたのは、甲府城で敵を迎え撃つこと。 己の信じた士道に従い戦いをあきらめない土方らに、千鶴も決意をもって接することとなる。 また、新たな勢力の拡大によって、羅刹と鬼の関係にも変化が生じていくのだった。