ニコニコチャンネル

  • 紅殻のパンドラ 「全身義体」の少女、七転福音は、親類を頼って人造のリゾートアイランド「セナンクル島」に向かう。 そこで待っていたのは重武装のテロリストや大量破壊兵器が跋扈する、途方もない「新生活」?だった。
  • ハロー!!きんいろモザイク アリス・カータレット、16歳。金髪碧眼のイギリス少女ですが、1年前から日本にホームステイ中。 親友の純和風女子高生・大宮忍の家に迎えられ、日本の高校生活をめいっぱい楽しんできました。 ところが、きらきらと輝いていた毎日に事件が! 高校二年生に進級するとき、忍と別のクラスになってしまったのです。 一度はまっしろになるアリスですが、忍は言いました。 「アリスは海を越えて来たんですよ、それに比べれば全然です!」 例えクラスが離れても、心の距離は変わりません。 アリスに忍、凸凹コンビの小路綾&猪熊陽子、もう一人の金髪イギリスっ子・九条カレンたち5人の絆は、今日もきんいろにきらめいています!日英美少女ゆるふわ学園コメディ第二弾、はじまるよ!!
  • この中に1人、妹がいる! 帝野将悟は、世界的なグループ企業『帝野グループ』の代表だった父・帝野熊五郎の葬儀の場で、将 悟に遺された父の遺言を明かされる。将悟にその気があるのなら、しかるべき訓練を受け、条件をク リアして帝野グループを継いでほしいのだという。その条件とは・・・「在学中に伴侶となる女性を 見つける事」つまり彼女を作る事が遺言だったのだ。将悟は尊敬する亡き父の遺志を継ぐべく、グル ープを継ぐための訓練を受けることを決意する。それから一年、訓練を終えた将悟は伴侶を見つける 為、私立深流院学園へと編入する。―――ところが、将悟には顔も知らない生き別れの『妹』がいる ことが判明する、しかも学園に通い正体を明かさぬまま、将悟との結婚を夢見ているというのだ。は たして・・・!?
  • D.C.S.S. -ダ・カーポ セカンドシーズン- 初音島に、ひとりの少女が降り立った…… 初音島にもうひとつの風が吹いた 初音島に舞い降りた、亜麻色の髪の見習い魔 法少女 初音島でふたたび始まる、もうひとつのエピ ソード 初音島だけに存在していた不思議な現象で あった、花が枯れないはずの桜が枯れてし まってはや二年。主人公・朝倉純一は、風見 学園付属から本 校へ進学し、相変 わらずの学園生活を過ごしていた。あれから 彼の口から「かったるい」の言葉は消え、見 違えるほどはつらつとしていたのだった。友 達である白 河ことり、天枷美 春、水越眞子、杉並といった面々と、いまま でとなにも変わらぬ日常を過ごしている。た たひとつの大きな変化をのぞいて――。 ある日、そんな初音島にひとりの少女がやっ てきた。彼女の名はアイシア。純一の祖母に 魔法を教わるため、はるばる北欧からやって きたのであ る。しかし純一の 祖母はすでに他界してしまっており、アイシ アは唯一の当てを失ってしまう。純一も祖母 から教わった、和菓子を手のひらに生み出す というささ いな魔法を使える ことは確かだが、そこで彼女が選んだ道とは なんと……!?
  • 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 白城学園に通う主人公・綾瀬裕人のクラスメイトで ある乃木坂春香は、容姿端麗、才色兼備な深窓 の令嬢であり、「白銀の星屑(ニュイ・エトワーレ)」・「鍵 盤上の姫君(ルミエール・ドウ・クラヴィエ)」など数多く の美称を持つ学園のアイドルである。だが、ある 日裕人が親友・朝倉信長の代わりに図書室に 本を返却しに行った際に、偶然にも彼女の重 大な秘密を知ってしまう。実は彼女は・・・アキバ 系だったのだ――。それを知ってしまった裕人 はいつしか春香と交際することになってしま い……。
  • 乃木坂春香の秘密 五十嵐雄策原作の人気ラブコメディライトノ ベルのTVアニメ。“容姿端麗”“才色兼備”、 そんな完璧お嬢様の乃木坂春香には周囲にひ た隠しにしている秘密があった。
  • R-15 芥川丈途は高校生にして、新聞に連載を持つ天才エロ小説家。その才能を認められ彼が入学したのは、クセのある一芸(ある意味天才?) を持つ生徒たちを集めた私立閃学園!クラリネットの天才や数学の天才、天才ハッカーにアイドルの天才等、個性的すぎる面々との数々の エロトラブルに、丈途の妄想も留まることを知らない!そしてその中で育まれる恋の行方は…?禁断のわちゃめちゃ学園生活が始まる!
  • FORTUNE ARTERIAL 桜舞う四月。 俺-支倉孝平-は、記念すべき10回目の転校を果たした。 新しい学舎は修智館学院。 かなりの進学校だとか、キリスト教精神に基づく伝統校だとかは 割とどうでもよくて いちばん大切なのは《全寮制》だってこと。 これなら、転勤族の親父に連れ回されることもない。 俺はようやく自由を手に入れたのだ。 寮の一室で目覚め、友人と登校。 充実した授業を受け、帰寮。 夜は思い思いの時間を過ごし、就寝。 そんな、落ち着いた毎日が待っているはずだったのだが…… 気力体力ともに溢れる副会長、 はかなげで清楚な後輩、 ミステリアスなクラスメート、 常識から大きく外れた寮長、 気苦労の絶えない幼なじみ、 知り合ったのは個性的すぎる人ばかり。 賑やかにならないはずがない。 転校ばかりの過去に置き忘れたものも 得ることができなかったものも ここでなら、取り戻せる気がする。 今はまだ、おぼろげな形しか見えないけれど。