ニコニコチャンネル

  • Wake Up, Girls! 新章 「Wake Up, Girls!」は、宮城県・仙台市で暮らす7人の少女たちが アイドルグループ「Wake Up, Girls!(以下、WUG)」を結成し、互いに切磋琢磨しながら、トップアイドルを目指していく姿が描かれた成長と絆の物語。 仙台の弱小芸能プロダクション「グリーンリーヴス・エンタテインメント」に所属するWUGは、数多の挫折を経験しながらも、国民的アイドルグループ「I-1club」を「アイドルの祭典」で破り、優勝した。一躍トップアイドルに・・・と思ったのもつかの間、 「アイドル経済不況」が叫ばれてきたこのご時世、現実は甘くない。7人は地道なアイドル活動に追われる日々が続いていた。 一方、仙台市の中学に通う速志歩・守島音芽・阿津木いつかの3人は、次第にアイドルに憧れを持つようになり…。
  • ハンドレッド 《ハンドレッド》―それは地球を襲う謎の生命体《サベージ》に対抗できる唯一の武器。 《武芸者(スレイヤー)》を目指すため、 海上学園都市艦《リトルガーデン》に入学を果たす。 だが― なぜか自分のことをよく知るルームメイト、エミール・クロスフォードに、どこか懐かしい違和感を覚えるハヤト。 さらに入学早々、学園最強の武芸者《女王》クレア・ハーヴェイから決闘を申し込まれてしまい……!? 箕崎准×大熊猫介(ニトロプラス)がタッグを組んだ、 《究極》の学園バトルアクション、ここに開幕!
  • Wake Up,Girls!青春の影/Wake Up,Girls! Beyond The Bottom 七人目のメンバーとして元「I-1club」のセンター・島田真夢を加えた「Wake Up,Girls!」は、時にメンバー同士でぶつかり合いながら絆を深め、 地元仙台での地道な活動を通じて少しずつファンを増やし、ついにはアイドル界の登竜門イベント「アイドルの祭典」に東北代表として出場するまでになった。  リーダーの七瀬佳乃の負傷というアクシデントを乗り越え、大会を終えた彼女たちを待っていたのは、 メジャーレーベル・bvexからのメジャーデビューの誘いだった。「Wake Up,Girls!」のメンバーたちは、 ヒットメーカー・早坂相が手がけた楽曲「7Girls War」を引っさげて上京すると、アイドル文化の中心・東京での新たな挑戦と練習の日々をスタートさせる。 一方、アイドル界の頂点である「I-1club」にも新たな動きが起こっていた。 最新シングルがミリオン(100万枚)割れしたことを重く見たゼネラルマネージャー・白木は、「I-1club」に世代交代という新たな嵐を呼びこむのだった。
  • ハッカドール THE あにめーしょん 悩める人類を捗らせるために生まれた パーソナルエンタメAI“ハッカドール” ポンコツだけどどこか憎めない彼女たちが 体を張っていろんな人のお悩みを解決! 今日はアイドル! 明日はコンビニ店員! 明後日はエンジニア! お次はアニメ制作進行で… その次は魔法少女!?
  • わぐばん! アニメから生まれた人気声優ユニット「Wake Up, Girls!」の初の地上波冠成長応援バラエティー番組。 素の彼女達の姿やTVでしか見ることができない様々な映像・企画にメンバーが挑戦します!
  • ハッカちゃんねる 君にシンクロするニュースアプリ、ハッカドールがアプリを飛び出してニコ生に出張ですよっ! 最新のゲームやアニメの情報を、声優や開発の方と一緒にハッカドールが君にお届けっ!
  • ハナヤマタ 容姿も普通、頭も普通、美術や体育・・・何だって普通。 そんなフツウだらけのぱっとしない14歳、関谷なる。 おとぎばなしにでてくるような“ヒロイン”に憧れて、いつかこんな世界から連れ去ってくれる誰かを待っていただけれど、 中学2年生になった今も、あいかわらずフツウの毎日。 そんなある日、なるは月光の下に和装で舞う金髪の少女に出逢う。 「私と一緒に、よさこいしませんか?」 突然の出来事に戸惑うなるだけど、異国の少女ハナに導かれ、 次第に『よさこい』という非日常の世界へと踏み出していく。 まだ子供だけれど、ちょっぴり大人。 花々しい少女たちの物語が今、幕を開けるーー。
  • Wake Up, Girls! グリーンリーヴズ・エンタテインメントは、 仙台で活動する弱小芸能プロダクション。 しかし最後の所属タレントに逃げられ、社長 の丹下は次の手としてアイドルユニットの結 成を思い立つ。 丹下の無茶振りにしぶしぶ街に繰り出しスカ ウトを始めたマネージャーの松田は、公園で 一人歌を口ずさむ少女に出会う。 その素晴らしい歌声に思わず声をかけるのだ が、彼女は「アイドル」という言葉に表情を 曇らせ、逃げるように立ち去ってしまう。 松田は知らなかったのだが、その少女こそか つて国民的人気アイドルユニット『I-1ク ラブ』のセンターを務めながらも、 ある事情で脱退した元アイドル、島田真夢で あった。