ニコニコチャンネル

  • 異世界はスマートフォンとともに。 神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第2の人生をスタートさせる。 彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマートフォン。 様々な人達と出会い、大切な仲間を得ていく中で、いつしか主人公はこの世界の秘密を知る。 古代文明の遺産を受け継ぎ、お気楽な世界の王たちと力を合わせながら、個性豊かな女の子たちと共に彼はのほほんと世界を巡っていく−−−
  • 劇場版トリニティセブン -悠久図書館と錬金術少女- 再び訪れる、世界崩壊の危機。ある日、“魔王因子”を持つ魔王候補・春日アラタが、トリニティセブンの一人・浅見リリスの魔道書『ヘルメス外典』に何の気なしに触れた瞬間、眩い光に包まれ、目の前には謎の少女が姿をあらわす。 「リリム」と名付けられ、アラタとリリスを親と慕う少女。 だが、少女の出現と同時に、世界に異変が。目覚める禁忌の“悠久図書館”。そこには、錬金術の究極の産物 人の手によって造られし“白き魔王”が封じられていた。 “白き魔王”は、真の魔王へ至るため、アラタとトリニティセブンたちの抹殺を企てる。 かつてない強大な力を持つ“白き魔王”を前に、世界の崩壊と、絶体絶命の危機がアラタたちを襲う。 アラタとトリニティセブンたちは、この世界を守れるのか?彼らの最後の戦いが今、始まる!
  • Wake Up,Girls!青春の影/Wake Up,Girls! Beyond The Bottom 七人目のメンバーとして元「I-1club」のセンター・島田真夢を加えた「Wake Up,Girls!」は、時にメンバー同士でぶつかり合いながら絆を深め、 地元仙台での地道な活動を通じて少しずつファンを増やし、ついにはアイドル界の登竜門イベント「アイドルの祭典」に東北代表として出場するまでになった。  リーダーの七瀬佳乃の負傷というアクシデントを乗り越え、大会を終えた彼女たちを待っていたのは、 メジャーレーベル・bvexからのメジャーデビューの誘いだった。「Wake Up,Girls!」のメンバーたちは、 ヒットメーカー・早坂相が手がけた楽曲「7Girls War」を引っさげて上京すると、アイドル文化の中心・東京での新たな挑戦と練習の日々をスタートさせる。 一方、アイドル界の頂点である「I-1club」にも新たな動きが起こっていた。 最新シングルがミリオン(100万枚)割れしたことを重く見たゼネラルマネージャー・白木は、「I-1club」に世代交代という新たな嵐を呼びこむのだった。
  • ハッカドール THE あにめーしょん 悩める人類を捗らせるために生まれた パーソナルエンタメAI“ハッカドール” ポンコツだけどどこか憎めない彼女たちが 体を張っていろんな人のお悩みを解決! 今日はアイドル! 明日はコンビニ店員! 明後日はエンジニア! お次はアニメ制作進行で… その次は魔法少女!?
  • わぐばん! アニメから生まれた人気声優ユニット「Wake Up, Girls!」の初の地上波冠成長応援バラエティー番組。 素の彼女達の姿やTVでしか見ることができない様々な映像・企画にメンバーが挑戦します!
  • ハッカちゃんねる 君にシンクロするニュースアプリ、ハッカドールがアプリを飛び出してニコ生に出張ですよっ! 最新のゲームやアニメの情報を、声優や開発の方と一緒にハッカドールが君にお届けっ!
  • 異能バトルは日常系のなかで 俺を含めた文芸部の五人は半年前、とてつもない能力に目覚めた。 そして壮大なる学園異能バトルの世界へ足を踏み入れ――なかった!? 「なんも起きねえのかよ!!」 異能に覚醒してみたものの、日常は完全無欠に平和だ。 世界を滅ぼす秘密機関などない! 異能戦争もない! 勇者も魔王もいやしないっ! だから俺たちはこの超級異能を、 「黒炎の龍にヒゲ生やせたーっ!!」 気軽に無駄遣いすることに決めた。」 だが異能バトルに憧れ続けた俺だけは、真なる戦いの刻が近づきつつあることを確信していた―― 神スキルとたわむれる何気ない日常。 だが、それだけじゃ終わらない 新・異能バトル&ラブコメ、開幕!!
  • おへんろ。ー八十八歩記ー 2014年は四国八十八ヶ所霊場開創1200年記念の年! アニメーションスタジオ ufotable が手掛ける、四国系お遍路バラエティ番組!!
  • Wake Up, Girls! グリーンリーヴズ・エンタテインメントは、 仙台で活動する弱小芸能プロダクション。 しかし最後の所属タレントに逃げられ、社長 の丹下は次の手としてアイドルユニットの結 成を思い立つ。 丹下の無茶振りにしぶしぶ街に繰り出しスカ ウトを始めたマネージャーの松田は、公園で 一人歌を口ずさむ少女に出会う。 その素晴らしい歌声に思わず声をかけるのだ が、彼女は「アイドル」という言葉に表情を 曇らせ、逃げるように立ち去ってしまう。 松田は知らなかったのだが、その少女こそか つて国民的人気アイドルユニット『I-1ク ラブ』のセンターを務めながらも、 ある事情で脱退した元アイドル、島田真夢で あった。