ニコニコチャンネル

新しい検索機能で "渕上舞" を検索してみる。
  • アイドル事変 舞台は現代の日本に良く似た、 パラレルワールド的な[ニッポン] 広がる所得格差、しのび寄る環境汚染、打つ手なしのゴミ問題、当事者不在の議論が続く待機児童、繰り返される汚職の数々…あふれる問題や不満に対し何一つ対策を打つことのできない既得権益にまみれた政府。そんな八方ふさがりな状況のニッポンでついに“アイドル”たちが立ち上がった! ヒロイン党、賛来党、スターライ党、美少女党、わかば党、サブカル新党、SOS党、7つのアイドル政党から、各都道府県の代表として国会議員となったアイドルは、ニッポンを覆う閉塞感を歌とダンスで正面突破!! 国民の笑顔を取り戻し、輝きのオーラでニッポンを包み込んでいく!!!
  • ラグナストライクエンジェルズ 30秒×12話!世界一短い(?)TVアニメ!! 【ストーリー】E.R.2035年。 突如現れた巨大生命体「フィアレム」。 人類は戦闘型アンドロイド「エクティス」を大量投入して対抗するものの、 体長50mを超すフィアレムの圧倒的なパワーの前に劣勢は否めなかった。 事態の打開のために国家議会は、 細胞成長因子CGF-3により生物を肥大させる技術を軍事転用し、 人間を巨大兵器として実戦投入することを決断する。 対フィアレム特化部隊「ラグナストライカーズ」に 抜擢された6人の巨大化適正ヒロインたち。 少女たちは、特務官との絆を信じて強大な敵との戦いに挑む。
  • ディバインゲート 聖なる扉「ディバインゲート」が開かれたことにより、<常界><天界><魔界>3つの世界が交わり、 欲望や争いの交錯する混沌が訪れた時代。秩序回復のために支配層は「世界評議会」を結成。 統制されたかりそめの平穏のもとで、「ディバインゲート」は誰もその実体を知らぬ都市伝説と化した。 そのなかで世界評議会のもとに集う「適合者」と呼ばれる少年少女たち。ディバンゲートを認識し、 「扉」に自らがたどり着くことを信じる者たちである。敬愛する父の死に疑いを持ち再会を信じるアカネ、 凄惨な過去のため人と距離をおくアオト、過去と向き合い真実を知りたいミドリ。 彼らは、それぞれが心に抱える傷と向き合いながら「扉」を目指す。 ディバインゲートにたどり着いた者は、世界を「リメイク」しその望みをかなえることができるという。 その扉の先には何があるのか。扉にたどり着いたとき、世界は変わるのか。変わるのは、自らの抱える過去なのか、それとも未来なのか。 少年たちはすべてを知るために歩み出す――。
  • えとたま  干支神。  動物を模した姿を持つ少女「えと娘」の中から選抜された12匹の神の使い。  古来より日本を護ってきた聖なる十二支。  60年に一度の干支神選抜祭・通称「ETM12」にて勝ち残った強者であり、  えと娘たちの憧れの存在である。  刻は流れて現代。  今年も干支神選抜祭「ETM12」が開催される。  日本全土から集まる数多の干支神候補=えと娘たち。  その中に、一匹の猫が存在した。  その名は、猫のえと娘「にゃ~たん」  もっとも干支神に近いといわれながら、ネズミ属に執拗に狙われ、  卑劣な罠により破れ続けてきた不遇のえと娘である。  干支神になる条件はたったひとつ。十二支全員に勝利すること。  しかし、干支神の力は強大であり、この二千年間、十二支全員に勝利したえと娘は  存在しない。  不遇のえと娘「にゃ~たん」と、  普通の高校生「天戸タケル」が出会うとき……物語は始まる!
  • 桜Trick 廃校を三年後に控えた高校に通う春香と優。 二人が、互いを「特別なもの」とするために 行った「キス」は二人の関係をより深めてい く…。 楽しくも切ない女の子同士の青春。甘酸っぱ い気持ちをあなたに届けます! 少女同士の口づけの青春4コマがアニメ化決定!
  • アウトブレイク・カンパニー アウトブレイク・カンパニーのチャンネルです
  • 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- 2039年、人類は温暖化に伴う急激な海面上昇 により、地上での版図を大きく失った。 それに呼応するかのように、霧を纏う謎の軍 艦群「霧の艦隊」が世界各地の海洋に出 現、。 搭載した超兵器で人類の艦を攻撃し始め た。。 人類は持ちうる戦力を投入し、最終決戦「大 海戦」に臨むも、「霧」の圧倒的な武力の前 に。 脆くも敗れ去った。。 すべての海域、運搬経路を「霧の艦隊」に よって封鎖され、政治経済は崩壊、。 人類は疲弊の一途をたどっていた――――――― 「大海戦」から7年。 士官候補生・千早群像の前に現れた「霧の艦 隊」の潜水艦「イ401」。。 敵であるはずの「イ401」、そのメンタルモ デル「イオナ」との出会いは群像に、。 そして人類に何をもたらすのか_?。
  • おおかみかくし 16歳の少年 九澄博士(くずみ・ひろし) は、都心から離れた山間にあるニュータウン 嫦娥町(じょうがまち)で暮らすこととなっ た。 河川が“旧市街“と”新市街“を分断する この町は、今もまだ謎に包まれた土地文化や 風習が数多く残っている。取り立てて目立つ 存在ではなかった博士をクラスメイトはあり 得ないぐらい気にかけてくれる。そんな環境 に戸惑いつつも新しい生活を楽しむ博士だ が、ただ1人、クラス委員を務める櫛名田眠 (くしなだ・ねむる)だけが明らかに博士と 距離を置いているのが気がかりだった。数少 ない接触の中で、彼女は博士に忠告する。 「旧市街には近づかないように」そこに何が あるのか?・・・そして恐怖と謎が交錯する。