カダッシュ(PCE)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

カダッシュ(PCE)

2015-12-12 15:11
    概要
     放送枠 :無念を晴らす枠
     ハード :PCE(Wiiバーチャルコンソール)
     ジャンル:横スクロールアクションRPG

    感想
     バーチャルコンソールにあるってリスナーさんが言ってたし、WiiUで買うかぁ⇒ねーのかよ!、で、Wiiバーチャルコンソール版を購入。

     ゲーム自体は割とオーソドックスなジャンプと攻撃で敵を倒しながら進む横スクロールアクションゲームでしたが、なにしろ1面の難易度だけが異様なレベルで難しく最初の30分は1面をクリアするどころかボスに行くのに一苦労でした。

     ちなみに1面は宿屋がなく、HP・MPの回復手段がほとんどないにもかかわらず
      ・一度落ちるとノックバックしまくりHPが7割ぐらい持っていかれる水場
      ・ちょっとでも引き返すと忍者龍剣伝のごとく無限に沸いてくる敵
      ・地味に進みづらいダメージノックバック、無敵時間の短さ
      ・攻撃の届かない下り坂で待ち伏せするスケルトン先輩
      ・いつ攻撃してくるか予兆がまったくなく苦労する蜘蛛先輩
     という正気を疑う要素がそろった難易度となっております。

     その30分の間に4人いる主人公(職業別)をとっかえひっかえしていましたが、HP回復魔法がある僧侶がいちばんいいだろうということでこれを選択。

     その後は、斜め下攻撃を発見したため下り坂で待ち構えるスケルトン先輩を無傷で通れるようになったのと、大正義魔法プロテクション(8回ぐらい敵の攻撃を完全無効化+ダメージノックバック無効化・勝手に命名)を覚えたおかげでサクサク進めることができました。

     僧侶で進めてみた全体バランスとしては1面だけが極悪難易度で、それ以降は回復ポイントでしっかりMPを回復しつつプロテクションを切らさないようにすれば問題なく進める難易度でしたので、1面さえ超えられれば、といったところです。なおラスボスは見るからに懐が弱点だったのでほぼ無傷でしたので、進めば進むほど簡単になるのではないかという疑惑が…。

     全体的には慣れてしまえば結構さくっと楽しめるつくりになっていたので、なかなか良いゲームなのではないかと思っています。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。