• 遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}143話「覇王の魂」レビュー

    2017-02-21 00:18
    今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}143話のレビューをさせていただきます。

    第143話 覇王の魂

    今週は四人のバトルロイヤルで
    遊矢達の記憶がかさぶたが剥がれ落ちるかの如く
    次々と蘇っていって遊矢が自分の前世が
    ズァークであった事を思い出したところ、
    つまり最悪の状況から始まります。

    ズァークの悪夢の記憶は
    観衆の脳裏に刻み付けられており、
    アユに至っては悲鳴をだしチマー。
    そして柚子と零羅がどこにいるのかは
    いきなり日美香がモニター越しに赤ん坊の零羅が
    ここにいると言ってきました。

    赤馬零王謹製の四枚のカード
    覇王龍の構成する四体のドラゴンを
    分離&破壊するだけでなく、
    ドラゴンの使役者及びカードの発動者を
    無垢なる者=赤ん坊に戻す力で、
    ズァークが四人の赤ん坊になって
    各次元に転生したのはその為だそうで。
    つまりモータルコンバットのベイバリティと。

    赤馬の姉のレイも四人の赤ん坊として転生し、
    そして今回零羅は遊矢の悪の心のみを
    引っペがして自分に吸収したそうです。
    アークファイブで歪な形で
    統合されつつあった世界が
    また四つの次元に分たれたものの、
    零羅が四人に分裂しなかったのは
    ズァークの魂をいち早く封印した為だとか。
    よ……よくわからねー!

    取り合えずそれが原因で
    零羅は笑顔をロストしちまっただ。
    舞網チャンピョンシップ再現を試みた理由は
    遊矢のエンタメデュエルで
    零羅に笑顔を取り戻させる為だそうです。
    それは零羅のみならず世界をも救う事になると。

    ゆうれい小僧がやってきた!の
    「毬理男を思い出しました。
    「母親の体内にいた頃に母親の度重なる不運によって
     全く感情を表さくなった為に怖がらせて泣かせる事で
     感情を取り戻させようとする」
    泣かせるコトと笑顔を取り戻させようという
    ところは全くの正反対ですが、
    感情を取り戻させようというベクトルは同じです。

    ズァークの悪の心を吸収した事で
    零羅から笑顔が消えてしまったという事は、
    零羅に笑顔が取り戻されるのであれば、
    イコールズァークの悪の心が消えるという
    ゆで理論的理論がここで展開される事に。
    ついでにやらなければいずれズァークは復活し、
    世界は再び破滅の危機に晒されるとの事で。

    そして父ちゃんもまずこのデュエルに勝たなければ
    世界も柚子も零羅も救えないと厳父モード。
    しかし観客は悪の心は抜かれたと言うけど、
    あいつ次第っていっても
    あんなトマトに期待してダイジョーブかぁ?
    と半信半疑です。
    まあズァークの悪夢を経験したからには
    しゃーないのかも知れませんがね。

    ここでカーチャンが息子に
    マイクを通してハッパをかけます。
    「ウジウジしとる暇があったら
     私との約束を果たしにいけ!
     俺は必ずデュエルでみんなを笑顔にして
     争いをSTOP ITして柚子ちゃんを
     連れて帰るいうその約束は
     まだ一つも果たしてないよ!
     争いの種には残っている、
     笑顔を忘れた赤ん坊はいる、
     柚子ちゃんも帰ってきてない!」

    「母さんは黙ってて!
     これは俺の問題なんだ!!
     俺だって助けたい……
     だけどどうしたら……!?」
    いきなり反抗期が来ました。
    カーチャンの説教が逆効果に!!
    こんなコンディションやメンタルで
    零羅に笑顔どころか
    目の前のデュエルがでけるのか!?

    「黙ってろか…いつの間にやら
     でかい口叩く様になりやがって……」
    しかしそれは杞憂で、
    そしてカーチャンはどうやら乳離れが寂しい模様で。

    新規チューナーの超重武者コブ-Cで
    ヒッポを殴り倒した後、
    ビッグベン-Kでオペゴンを撃破し、
    そしてダイレクトアターッ……
    ここで安定の回避が入りました。
    てか溶岩の川に浮かぶ岩島にあるとは
    殺意ムンムンなポジションですがな。
    下手したら溶岩に落ちて骨まで……

    そしてコブ-Cの効果で
    追撃のシンクロ召喚!!
    とうとう大台のレベル12!!
    超重蒸鬼テツドウ-Oシンクロ召喚!!

    てか権現坂が列車に乗ってるし。
    てか権現坂が列車で走ってるし。
    という沢渡の突っ込みが秀逸ですな。

    ここで遊矢は二度目の回避です。
    流石に二度目の回避はアレと思います。
    それに対して権現坂が鉄下駄を脱いで
    アクション魔法、ノーアクションを拾う!!
    権現坂がアクションカードを!?
    不動のデュエルはどうなった!?

    「すげえぞ権現坂!!
     鉄下駄を捨ててリミッター解除とはやるぅ!!」
    観客のデュエル脳な解説in。
    ピッコロの重し的なやつですかい?
    しかし遊矢も罠カード、EMシグナルを発動!!
    引いたカードがもしEMモンスターなら
    攻撃を無効に出来ますが、
    魔法・罠や非EMモンスターなら遊矢の負けに……
    当然EMモンスターを引いて攻撃は無効!!

    しかし権現坂も無策ではない!!
    テツドウ-Oは自分の墓地の魔法・罠を除外して
    バーンダメージを与える効果がある!!
    フルモンデッキに揺るぎなし!!
    フトシもしびれるぅ~。

    「不動のデュエルを信条とする権現坂選手が
     モンスターに乗って迫れば、
     エンタメデュエルの遊矢選手が
     イチかバチかのカウンタードローを決めて
     更に権現坂選手がモンスター効果と
     アクションカードを絡めてダメージを与えました!」
    ニコの実況もヒートアッ!!
    「親父さんの様なエンタメデュエリストになりたいのなら、
     今のお前に出来る全力でかかって来い!!」
    権現坂流ハッパかけもヒートアッ!!

    「俺だって全力でやって全力で考えてるだ!
     どうしたら俺のエンタメで零羅と柚子を救えるのかを!!
     無理だとか信用でけないなんて言われても!
     俺を救ってくれた零羅と柚子を助けたい!!」
    零羅が柚子と並ぶヒロインと化してませんか?
    珍しい赤ん坊ヒロインですな。
    テツドウ-Oがレールを作って
    崖を渡ったかと思うと遊矢もそのレールの上を
    ローラースケートで渡ります。

    そして場所は変わってオベフォと初めて
    やりあったエリアに移ります。

    永続魔法、ペンデュラム・イリュージョンを発動し、
    アクションカードをコストに
    オペゴンで戦闘破壊出来ない事と引き換えに
    バトルフェイズの間にテツドウ-Oの攻守を半減します。
    ダメージがたった200に対して
    「あれで全力?大したこたぁねえな。」
    と観客が辛口評価です。
    でもフトシは痺れるぅ~。
    フトシはブレません。流石です。

    返すターンでテツドウ-Oの攻撃、
    しかしペンデュラム・イリュージョンで
    攻撃力は半分になって200ダメージ!
    しかしアクションカードを含む
    手札2枚をコストにオペゴンを破壊し、
    バーンダメージでフルモンを続行します。
    これはまさにチキンレース的な漢勝負!!

    「まさに洋子好みのガチンコ勝負。
     あいつ途中で帰って損したな。」
    ところがどっこい残念ながら
    カーチャンは帰ってねえですよトーチャン。

    ペンデュラム・イリュージョンのデメリットは
    ドローフェイズスキップというかなりのデメリットです。
    遊矢もオペゴンをペンデュラム召喚し……
    イリュージョン発動の為のアクションカードは
    権現坂がランニングデュエルで取らせまいとします。
    てかローラースケートに素足の疾走で追いつくとは
    身体能力がぱねえですよ。

    「権現坂は不動のデュエルを捨てて
     俺を鼓舞してくれてる!
     ならば俺もそれで全力で応える!」
    デュエリストならばそれしか無いでしょう。
    アクションカードをゲットして発動、
    200ダメージを与えます。
    そして氷山に場面が移る!!

    返すターンは前々と同じですが、
    「でも何かスゲー!!」
    と観客も興奮しております。
    あの辛口観客も見入っております。
    人の心を動かしたければ行動で示せ、
    という事を体現しております。
    そしてまた火山に戻ります。

    ここで最後のペンデュラム・イリュージョンの効果が。
    そしてオペゴンの攻撃で〆ます。
    権現坂もその攻撃を真正面から受け止め、
    その漢気に応えます。

    「これがエンタメだと?ふざけるな!!
     お前のエンタメはまだまだこんなものじゃない!!」
     柚子と零羅を助けてそれを証明して来い!!」
    ここで権ちゃんが最後の喝をかけます。
    会場も満面の拍手に包まれ、
    遊矢はジュニアユースからユースへの昇格を…

    「まだ認められない。」
    え?赤馬何をゆうちょるばい?
    アカデミア軍の急襲によって中断された
    チャンピョンシップの続きとして行われたので、
    中断時点で残ったのはランサーズとして
    認めたデュエリストであり、
    残りのデニスとセレナと隼に勝たなければ
    認められないとか言っております。

    そして何の脈絡も無く
    唐突に次元回廊のゲートとか
    四つの次元に戻った時に
    その中心にアークファイブの残滓が
    存在しているとか言っております。

    アークファイブは四つの次元とワームホール、
    即ち次元回廊と繋がっており、
    次回にエクシーズ次元詣でして
    隼とデュエッします。
    しかしセレナは他の柚子シリーズと一緒に
    アークファイブ内に入れられており、
    柚シリーズ救出の為ならば
    相手が誰であろうとデュエッ!!
    エンタメデュエルで世界を救う為に
    来週エクシーズ次元に移ります。
    てか残り放送週は大丈夫なんですかい?
    と思ったら何故かデニスがいます。
    隼じゃないんですか?

    来週は……復興中のエクシーズ次元で
    隼ではなくちょっと濃い顔のデニスと
    デュエルをする事に。

    悪人面のデニスは融合カードを使い、
    Em融合モンスターを駆使する模様。
    デニスによれば隼は融合次元に行った模様。

    融合次元に行くにはデニスに勝利しなければ
    ならない模様ですが……
    呪われし機械仮面{ギア・マスク}とは
    デニスがアンティークデッキを使うのか、
    それともロジェが再生怪人として乱入……
    先が読めねえですぜ。
    ところで「柚子を救い、レイラに笑顔を…!」
    前回までは零羅と漢字で書いてあったのに
    急にレイラと片仮名になった理由は?













    詳しいレビューは下をご覧下さい
    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn143.html
  • 広告
  • 遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}142話「あふれる記憶」レビュー

    2017-02-14 00:59
    今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}142話のレビューをさせていただきます。

    第142話 あふれる記憶

    今週は遊矢・権現坂・沢渡・月影の
    バトルロイヤルの途中から始まります。
    修造は朧気ながら湧き出る記憶を
    探ろうと暗中模索し、
    遊勝&赤馬は遊矢を追い込む事で
    真のエンタメデュエリストに覚醒させ、
    ベイビー化した零羅に
    笑顔を取り戻させようとしております。

    「この子がこうなったのも全てわたくしのせい……
     わたくしがこの子を赤馬零王への
     復讐の道具としてしか見ていなかった……
     その結果この子は笑顔を無くしてしまった……。
     わたくしが間違っていたわ…許して零羅!」

    日美香がキッツーい性格になったのは
    127話で赤馬零王が家庭の事情を顧みなかったので
    その重圧を独りで受け止めなければならず、
    それが日美香を変貌させたという事でしょう。
    つまり今の日美香は変貌以前の日美香という事で。
    ついでによりが戻ればもっといいんですが。

    ゲツガ(貫通付き)の強襲に対してピッポが囮になり、
    その隙に遊矢は定番の奇跡で破壊無効&戦闘ダメージを半減し、
    沢渡は罠カード、魔界即興劇インプロを発動し、
    期せずして月影&沢渡コンビが結成されます。
    それに対して権現坂は超重武者-オタスKの効果で
    遊矢を援護してインプロの効果が逆に仇となります。

    「勘違いするな。別に助けたわけではない!
     遊矢!お前を倒すのはこの俺だという事だ!」
    ベーシック!実にベーシックでクラシックななツンデレです。
    ここまで基本に忠実だと逆に骨太さを感じさせます。
    遊矢&権現坂VS月影VS沢渡の擬似タッグ戦に
    フトシもノルマのしびれるぅ~しております。

    返すターンで遊矢は
    星読み&時読みのペンデュラムで
    オペゴンをペンデュラム召喚し、
    カーテン・ライザーを撃破……
    と思ったら遊矢の脳内にランサーズとして
    シンクロ次元に遠征した時の記憶が……

    何故そこでシンクロ次元の記憶が?
    贅沢を言うならシンクロモンスターの召喚を見て
    連想するとかしてほしかったところで。
    オペゴンとヒッポの連続攻撃で
    沢渡に大打撃を与えます。

    そして遊矢は何の為に
    シンクロ次元に行ったのかと自問自答し、
    柚子の事を朧気に思い出そうとします。

    「天才デュエリスト赤馬零児程の男が
     期待を込めてアカデミア討伐を託した
     この俺・沢渡シンゴが!!
     最高のエンタメデュエルを魅せてやるぜ!!」
    「それはどうかな?
     最高のエンタメデュエルを魅せられるのはお前じゃない!!
     エンタメデュエルの創始者・榊遊勝の息子のこの俺さ!!」

    さて、どっちが真のエンタメデュエリストか!?
    沢渡が魔界劇団ペンデュラムで
    ビッグ・スター&カーテン・ライザーを呼べば、
    遊矢は罠カード、エンタメ・ドラゴンズ・シャドーを発動!!
    ……ここで破られたスマイル・ワールドとエドの記憶も蘇ります。
    エンタメ・ドラゴンズ・シャドーではなく
    エドと関係の深いスマイル・ワールドで
    記憶が蘇るのならまだ話はわかるんですが。

    取り合えずは遊矢を乗せたヒッポが
    オペゴンに乗るという、
    オペゴンの腰に悪そうな
    三段ドラゴンフォームになります。
    沢渡は乗っかっただけと言いますが……
    竜騎士ガイア涙目。

    それに対して沢渡はビッグ・スターをパンプアップし、
    永続魔法、魔界台本天邪鬼を発動します。
    その効果でヒッポの攻撃力は800までダウン!!
    ビッグ・スターの攻撃に対し、
    しかしヒッポの鼻がアクション魔法をサーチ!!
    カバがここで大活躍するとは……。

    アンコールで墓地の回避を発動します。
    回避は発動条件があってもいい位だと思います。
    ここで朧手裏剣の効果でバーンダメージ。
    流石忍者有能。

    その頃修造は気合で思い出そうとしますが、
    ハリセンの出処も何も思い出せません。
    そのうち修造はやけを起こして
    ハリセンを物置部屋にしまって
    遊矢のデュエルを見に行こうとしますが……
    脳内に柚子の声が!
    修造の脳内には
    ベイビー柚子
    幼稚園柚子
    小学校柚子
    今の中学校柚子
    の姿が。

    「この部屋は物置なんかじゃない!!」
    でオープンザドアーをすると……
    柚子の部屋が。
    一方デュエルでは、
    沢渡が速攻魔法、魔界パフォーマンスを発動!!
    ビッグ・スターは攻撃力を半減してもう一度攻撃だ!!

    ここで遊矢はエクシーズ次元を後にして
    デュエルアカデミアに殴りこんだ記憶を思い出します。
    しかし柚子の事は思い出せません。
    エンタメ・ドラゴンズ・シャドーの効果で
    破壊は免れますが、切れ味は受けてもらう。

    続く権現坂は新規超重武者のカク-5を出し、
    ダブル・ホーンでビッグベン-Kをサポートします。
    「イマイチ盛り上がらなかったこのエンタメデュエル、
     権現坂選手のターンに期待がかかりますが……」
    ニコ……イマイチ盛り上がらなかったんですね。
    ちょっとニコの辛口ートークでした。
    と思ったら修造がニコのマイクを
    装備魔法強奪して乱入!!
    何をするだぁーっ!!

    「柚子が!柚子がいない!!」
    思いっきり思い出しております。塾長。
    アユ達も母ちゃんも沢渡も権現坂も、
    それに伴って思い出します。
    個人的には柚子の記憶は
    遊矢自身により想い出してほしかったところで。

    140話の時零羅は自らの意思で
    レイの魂を体内から追い出し、
    ズァークの悪の心を奥底に封じ込めたとの事。
    追い出したって表現は
    ちょっとヒドくねえですかい?
    まるで悪霊みたいじゃないですか。
    てかそうならレイは今どこ?

    そして赤ん坊に転生した零羅は
    笑顔をロストしちまいました。
    しかし赤馬と日美香は
    いつか必ず零羅が優しい笑顔で
    微笑む日が来ると信じております。
    ……ていうかベイビー零羅の顔がちょっとホラー。

    その為に赤馬や遊勝は記憶を取り戻したそうで。
    遊矢の本当の試練はこれからだと遊勝は言いますが、
    後10話にも満たない回数でこなしきれるのでしょうか?
    それとも3月一杯で終わらないとか?

    「このデュエル!このターンで終了らせる!!」
    カク-5のライフを切る効果で
    ビッグ・スターの攻撃力を激下げします。
    まるで権現坂が重力場にいる様なエフェクトです。
    超重武者だからでしょうか?
    「E~!?」
    一方沢渡は文字通り涙目です。

    一方遊矢は柚子を探しているという目的を思い出し……
    柚子の隣にいるセレナも忘れないでくだしゃあ。
    てか柚子シリーズを洗脳したドクトル野郎は
    今頃何をしちょるのでしょうか?
    んでもってハゲフェッサーとのデュエルで
    暴走状態で柚子に止められているところも。

    弁慶一閃、沢渡撃破。
    返す刀でカク-5の効果も相まって
    二連打で合計サンレンダァで
    月影も撃破します。
    「これにてお役御免!」
    流石仕事人、スピード月影はクールに去るぜ。
    そして権現坂も有言実行です。

    ここで遊矢が思い出したものは
    最悪の記憶である自分がズァークであり、
    アカデミア内でヒャッハーしまくった記憶です。
    「俺は……ズァーク……!!」OTZ
    と何気に最悪な状況で来週に移ります。
    え~と……もう遊矢を曇らせるのはやめて貰えませんか?
    ホント、流石に見ていて苦痛です。
    観衆だけでなく遊矢自身も笑顔にしてくだしゃあ。
    ここから来週どうやって立ち直る!?

    前にペンデュラム創始者がズァークという事で、
    遊矢のアイデンティティが全くなしと言いましたが、
    ペンデュラムが邪悪な召喚法ならば、
    遊矢はその邪悪な召喚法であるペンデュラムを
    エンタメデュエルで人を笑顔に出来る善き召喚法に
    昇華する事で新ペンデュラムの創始者になればいい、
    と思いました。
    それこそが遊矢のアイデンティティになる、と。

    元々は戦争用の軍事兵器技術として作られた
    パソコンやナビゲーションシステム等の技術が
    今や人々の生活に無くてはならない
    平和な技術として存在している様に。
    来週は零羅の心の中にズァークの悪の心が
    有ると知った遊矢は、
    零羅に笑顔を取り戻させるイコール
    ズァークの悪の心を浄化すると判断します。

    てか遊矢がモニター越しに
    零羅を抱き抱えている日美香を見ている姿が
    非常にシュールです。

    んでもって母ちゃんがマイクパフォーマンス。
    遊矢がウジウジ君しているのなら、
    権現坂が柚子も零羅も
    レスキューすると息巻いております。
    ビッグベン-Kとオペゴンがぶつかる
    このデュエルの勝敗や如何に!?













    詳しいレビューは下をご覧下さい
    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn142.html
  • 遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}141話「ジュニアユース選手権」レビュー

    2017-02-07 00:54
    今回は遊戯王ARC-Ⅴ{アークファイブ}141話のレビューをさせていただきます。

    第141話 ジュニアユース選手権

    今週はアカデミアの地で零羅inレイが
    自分の命をかけてズァークを封印し、
    遊矢が零羅の名前を叫んだ後から始まります。
    そう言えばOP前の向上が1期のものに戻っています。
    柚子の開幕全裸とはこれまたたまげた開幕です。
    てかまだOPのレイとズァークは
    光のシルエットで覆われているんですな。

    と思ったら今週はいきなり遊矢が
    寝坊した~と母ちゃんに言いながら現れます。
    日曜日ですが、今日は塾で熱血指導があるとの事。
    いやおかしい……日曜日とかそういうのではなく、
    先週零羅の名を叫んだ遊矢で終わったのに
    なんの脈絡もなく日常パートになるというのはおかしい。
    これはもしかして一巡後…いや二巡後の世界か!?
    記憶がリセットされちまったんですか?

    塾通いする遊矢の足にはアレンに貰ったスケートが。
    これは一体どういう事なのか?
    遊矢が闊歩する舞網市は先週までの
    あの騒動がまるで最初からなかったかの様に
    平常運転をしております。
    その中にはストロング石島の
    バーバリアンデュエル塾の看板も。
    てか二巡後(仮)の石島は
    遊勝とデュエルをしたのでしょうか?

    ともあれ遊矢は滑り込みセー……
    「じゃない三分遅刻だ!!」
    ……ハリセン叩きの刑に。
    ん?ハリセンの持ち主が柚子じゃない?
    修造じゃないか。まさか柚子がいない時間軸!?
    遊矢も修造もハリセンの由来が何なのか知りません。

    ついでにタツヤも最初からいますし、
    遊矢がアレンから貰った電動スケートも
    遊矢は誰から貰ったのか覚えておりません。
    それはそうとフトシのしびれるぅ~も
    久々に聞けて安心ですな。

    そして今日の塾のデュエルの内容は
    遊矢相手にアユタツヤフトシの三人が相手になる
    3or1の変則デュエルです。
    ここいら正統派のタイマンデュエルを

    遊矢は早速星読みと時読みで
    オペゴンを含む三体ペンデュラム召喚をかましてきます。
    てか何気に1話の対石島戦の布陣です。

    それに対してタツヤはブンボーグ008と
    ブンボーグ007をペンデュラムゾーンに……
    ちょいと待てい!!
    いつからタツヤもペンデュラムする様になった!?
    てかE・M{エンタマシン}はどうしたエンタマシンは!?
    E・M{エンタマシン}新カードとちゃうんですかい!?

    一方赤馬サイドでは赤馬が日美香に
    スタンダード次元だったこの世界は
    ペンデュラム次元として新たに生まれ変わった、
    とか説明しております。
    てか日美香の後ろには赤ん坊を乗せたベビーカーを
    ベビーシッター役(?)の中島が押しております。
    しかし赤ん坊の顔はシルエットでよく見えません。

    「今では誰でも当たり前の様に
     ペンデュラム召喚を行える。」
    え?何当たり前の様に驚愕の事実を
    サラリと言っているんですかいシャッチョサーン。
    てこたぁタツヤがペンデュラムったのも……

    一方変則デュエルでは……
    遊矢の第二ターンでデュエルも面白くなり始め……
    ここで修造んところに何かメールが来ました。
    レディースアーンドジェントルメーン……
    オペゴンのリアルソリッドビジョンが消え、
    それに乗っていた遊矢がヒューストン。
    ていうかこんな事を言いたくありませんが、
    デュエルの中断は少々
    控え目にしていただきたいもので。

    どうやらメールは遊矢宛で、
    ジュニアユース選手権の案内状だそうです。
    昨年のジュニアユース優勝者で
    現在ユース8強のラッキーボーイ、
    桜樹ユウが頭に浮かびました。

    これに勝てばユース昇格、
    つまりプロデュエリストになるチャーンス到来です。
    そして遊矢だけではなく権現坂と沢渡のところにも
    赤馬から招待状が来たとの事で。
    そしてここで赤馬が直々にやって来て
    舞網市内でのバトルロイヤルで
    デュエルをする様に通達してきました。

    ジュニアユース選手権では
    ニコによる実況から始まります。
    今見ますと、まるでアニメ版ピコ太郎氏です。

    観客には刃や真澄や北斗、
    ミエルやミッチーや大漁旗がいます。
    遊矢と権現坂と沢渡と……
    そして最後の一人はシークレットとの事。
    まさかズァークの転生?それとも新キャラ?

    あ……修造が観客席にいない事に
    洋子がプンプン丸状態です。
    ていうかタツヤが修造は気になる事があるから
    欠席すると言っていますが……!?
    とりあえずはフィールド魔法、
    ワンダー・カルテットを発動してデュエッ!!

    ここで遊矢がデジャヴで
    見た事がある光景と言います。
    てか四人目はいつくるのか?
    「拙者ならここで御座る!!」
    頭の上の橋から……月影が!!

    「拙者風魔の月影と申す者。」
    え?一巡後の世界ではまだ
    月影とは面識が無い模様。
    とりあえずはデュエッ!!

    まずは遊矢がヒッポを召喚して動いた頃、
    修造が家でハリセンを見ております。
    「これ見た覚えがあんだけど……
     何だっけか…みかん?いや何か違うな……」
    ハリセンの取っ手には
    柚子を模したオブジェがつけられています。
    アイハブアシトロン!アイハブアハリセン!
    ンー!柊柚子!

    続く沢渡のターンは新カード、
    魔界劇団カーテン・ライザーの登場だぁ!!
    攻撃力倍の効果をかましますが……
    はいはい、回避回避。
    もうちと、新アクションカードをですね……。
    回避はちょっと強すぎるんですよ。
    今まで気づきませんでしたがm
    ヒッポはアクションカードを感知する
    嗅覚が優れているんでしょうか。
    OCGにも活かせていればいいんですが……。

    続く権ちゃんはビッグベン-Kを出しますが、
    カバーカーニバルを発動され、
    カバートークンが盾になります。

    「各々!方思い出されよ!!
     かつて我々が決闘ったあの大会、
     舞網チャンピオンシップを!!」
    つ…月影がいきなり思い出されよとか言い出した。
    ていうか月影は覚えている側の人ですか。
    流石忍者有能。

    観客もそう言えばあったなとか言っています。
    何で忘れたのかとかも言っております。
    てか思い出せと言えば思い出すんかよ。
    このデュエルの目的は記憶を戻す為の決闘ですか。
    「そういやあミッチーが出てたんだわ!ミッチーが!」
    おっかさんはブレませんなぁ。
    沢渡は遊矢とのデュエルを、
    そして敗者復活で戦線復帰した事を思い出し、
    遊矢は素良と日影のデュエルを思い出します。
    遊矢は素良の相手が月影だと勘違いしており、
    月影が日影だと訂正します。
    あ……後ろに数瞬日影が現れた。日影も復活!!

    オベフォとのデュエルやオベフォや赤馬零王の目的、
    そして仲間の隼の事やランサーズの事も。
    ちょっとした総集編ですな。
    しかし肝心の柚子の記憶が無い!!
    「その調子だ月影」と赤馬は
    記憶を取り戻させる為に
    手加減なしのデュエルを続行する様に指示します。

    月影が有能なのはいいんですよ。月影好きですし。
    しかし展開的には日常生活の中で。、
    ところどころに違和感を覚えて
    徐々に徐々にかさぶたが剥がれていく様に
    記憶がよみがえっていく様な展開の方が
    いいと私は思うんです。
    もっとも10話に満たない放送時間で
    それをやるのは少々難しいとは思いますが。

    「零児さん…本当にこんな事でいいんですか?
     このデュエルであの子の……
     零羅の笑顔を取り戻せるなんて本気で……」
    ここで赤ん坊が零羅の転生である事が判明します。
    赤馬はこのデュエルで零羅に笑顔を取り戻すつもりです。
    まるで幽霊小僧がやってきたの最終回を思い出させます。

    ここで遊勝が何の脈絡もなく現れ
    「遊矢は大きな壁を乗り越える必要が有る。」
    と言います。

    一方月影は新忍者のジョウゲツとカゲツを
    ペンデュラムすゾーンにセッティングし、
    シンゲツとゲツガをペンデュラム召喚。
    ペンデュラム召喚に入門しておりますぜ。
    おまけに永続魔法、幻影忍法朧手裏剣まで。
    遊矢が取ろうとしていたアクションカードを
    「ヒッポ破れたり!」と武蔵みたいな事を言って
    横から取ってバーン効果でダメージをかまし、
    ペンデュラム効果の貫通ダメージで遊矢を攻めます。
    てか今まで攻撃されているの遊矢だけでっせ。
    赤馬も遊矢を徹底的に攻めろと指示しておりますし。

    「零児さん…そんな事をしたらあの子は…」
    「それで敗北するようであれば、
     遊矢は所詮そこまでのデュエリストという事。」
    遊勝が千尋から我が子を突き落とす
    厳しき親獅子になっております。
    獅子は名前的には赤馬零王、レオなんですがねぇ。

    「母様、その時は申し訳ございませんが、
     零羅の笑顔は諦めて下さい。」
    ここで日美香がショックを受けております。
    日美香が零羅想いのママンになっております。
    随分柔らかくなっております。ヒロインっぽいです。
    は~とふるママンです。日美香。

    そして月影の貫通効果による追撃はまだ終わらない。
    パンプアップ効果でゲツガの攻撃力は500アップ。
    これで攻撃されれば遊矢はおしまいだ!!
    いや、もう1枚の伏せカードが存在る!!
    謎が謎を呼び、来週に移る。

    今ふと思ったんですが、
    ズァークはドラゴンクエストビルダーズの
    竜王の「世界の半分をやろう」という誘いに乗って
    悪堕ちした勇者と被るところがあると思います。

    今まで真面目に過ごしてきて、
    周囲から勇者である事を持て囃され続けた為、
    自ら自立した意思で行動を選ぶ事がなく、
    自由に自分の道を進む事を知らなかった為、
    竜王の問いに純粋な好奇心を動かされ、
    どうなるかを知りたくて選択したのではないか、
    とビルダーズで語られていますので、
    観客から最強デュエリストである事を
    持て囃され続けたズァークとちょっとかぶると
    思ってしまいま。

    来週はミニ総集編…もとい回想シーンで
    ジャックやエドや半分になったスマイル・ワールドを
    思い出します。
    そして3つの次元をまたにかけ、
    アカデミアの野望を阻止しようとしていた事も。

    一方修造は柚子の部屋に入ります。
    修造自身も何故柚子の部屋が存在るのかは
    理解らないのでしょう。
    果たしてこのデュエルはどうなるのか!?













    詳しいレビューは下をご覧下さい
    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5Review.html

    http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohARC5ReviewTurn141.html