元ゲーム業界人による「マリオメーカー問題」に関する所感と対策
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

元ゲーム業界人による「マリオメーカー問題」に関する所感と対策

2015-10-04 17:17
  • 356
  • 48
【10/7 追記】なんか凄いことになってる。皆さん、読んでくれてありがとうございます!!いろいろ意見をいただいて、私も凄い勉強になっています。コメントは当初全部にゆっくり返していくつもりでしたが、重複してる意見もあるし、さすがに200件に最初と同じペースで返すと1か月ぐらいかかってしまいます。そこで全部読ませていただきますが、自分が返したい奴だけ返すことにします。ヘタレで申し訳ありません。

「なんかランキングにマリオメーカーの動画増えてるなー」と思ってたらマリオメーカー問題なる言葉が出てきて話題になってたので、それに対する所感と自分なりの対策をまとめてみました。

結論からいうと

  • 私としてはどちらかというと現状を肯定しています。その上で対策を考えました。
  • 抗議動画などが提唱する「対策」には問題があります。
  • バラエティに富んだゲーム実況を楽しみたいなら総合ランキングはあきらめた方がいいのかもしれません
  • 今後ゲームを実況したかったら、可能な限り企業と連携する努力をして欲しいです。

お前は誰やねんという方へ

ShoyoFILMSと申します。マイクラが好きでスティーブの格好してクリスマスに秋葉を散歩した様子をブログにまとめたところ、いつの間にか超ユーザー記者として超会議にタダで参加させてもらったり、公式ニコ生に呼んでもらえるようになってしまいました。

元々ゲーム会社で働いていたので、ゲームの開発側にも少し明るい者です。ただ今は働いていませんし、今回の意見はゲーム業界の代表や一員でなく、ちょっと詳しいゲームファン、ゲーム実況好きのニコ厨の意見として聞いてください

マリオメーカー問題とは

「スーパーマリオメーカー」という1つのゲームの動画がランキング上位にのぼり、ランキングのバラエティが少なくなってしまった、ということらしいです。

もともと総合ランキングはアニメなどがニコニコで配信されはじめてから、ユーザーが作った動画が減ってきており、また、クリエイター奨励プログラムなどでランキングに入った動画からその制作者(以下ランカー実況者)が数万円規模の収入を得ていることや、新作であるマリオメーカーを実況している(ゲーム実況では企業に配慮して最新作はやらない、という暗黙のルールのようなものがある)も不満の一因になっているようです。

確かに私もマリオメーカーの動画自体は割と楽しんで見ていましたが、そればかりで他の動画が少なくなってきているな。というのは感じています。

現状の対策の問題点

現状マリオメーカー問題に対して数名の方が抗議動画を挙げられ、対策をとろうとしています。しかしこの対策には問題点がいくつかあると思います。

1.問題として提起することで逆に注目が集まってしまう

まずこの件を問題として世の中に出してしまうことで、いままで興味がなかったニコニコユーザーおよび外部メディアが抗議をされた対象であるマリオメーカーの動画に興味を持ってしまい、逆に再生数が伸びることでランキングに長期的に留まってしまい、逆効果となる可能性があります。

特に抗議動画の中には「同様の内容の抗議動画を作ってアップしてほしい」とする意見もありますが私は上記の理由でそれはやめた方がいいと思います。

2.著作権違反のコンテンツを使って抗議してしまっている

全てではありませんが、10月3日にあげられた抗議動画3本を最後まで拝見しました。どれも内容に関しては非常にゲーム愛の深い動画ばかりで、元業界人として大変嬉しく感じましたが、残念ながらゲームの画面や音楽をおそらく無断で使ってしまっていると思われる物ばかりでした。当然ですが、こうした著作権違反な動画は権利者により内容の良し悪しにかかわらず、消されてしまう可能性があります。なのでそもそも抗議動画としては不適切かと思います。

また、ゲームというのはどの作品も(たとえクソゲーと呼ばれるようなものでも)、おそらく皆さんが想像されるより遥かに長い時間と多くの会社、そこで働く人の細かな仕事、そして沢山のお金により作られています。私が見た3本の抗議動画やその中で言及されている多くのゲーム実況は残念ながらこれを棄損してしまっている可能性が高いです。これは当然新作じゃないからOK、というわけではありません。むしろ新作ですが、今回抗議の対象はであるマリオメーカー動画はそのあたりのルールを守った動画であり、ルールを守っていない側がルールを守ってる動画を批難するのもどうかな、とちょっと思ってしまいます。

もし本当にゲーム実況の事を大事に考えているなら、ゲーム実況がアウトローな状態を固持することを望むのではなく、企業と一緒にいろんなユーザーがゲームをうまく盛り上げられる方向へ持っていく方が今後のゲーム実況のためにも良いと思っていますし、マリオメーカー動画はそうした方向へ企業やゲーム実況が動いている結果生まれたものだと思っています。

3.企業は利潤を追求する団体

抗議動画をされた方は「抗議によって企業やランカー実況者が考えを改めてくれ、今後はこのようにランキングが寡占されることは無くなる」と期待する方もいるでしょう。しかし少なくともゲーム会社は常に安く広報し、ゲームを沢山の人に買って貰える方法を探し続けています。勿論、そのゲーム内容や広報でファンに喜んでもらえるよう企画内容を練ったり最大限努力しますが、最終的には利潤が目的です。

仮に任天堂が今回の件でゲーム実況を容認しないという大きな経営判断をしたとしても、無数にある他のゲーム会社が同じことをするでしょうし、マリオメーカー動画を上げているランカー実況者全員が今後マリオメーカーと同じような動画を上げることを辞めたとしても、別のランカー実況者が現れるだけだと思います。同様にニコニコも基本的には利潤を追求する企業だと思います。利潤とユーザーからの要望、どちらを取るかといえば利潤である企業の方が多いでしょう。故に、よほどゲーム会社や有効な利益を得られる代案が提示されるか、抗議に賛同したプレミアムユーザーが多数退会してニコニコの財政が大幅に悪化するなどが発生しない限り現状が変わるとは思えません。(万が一そうなってニコニコが消滅しかけたら、ゲーム実況が発展する場を失うことになるので、ゲーム実況を愛する人々も本望ではないと思います)

クリエイター奨励プログラムでランカー実況者が高額な収入を得ていることも、企業が利潤を追求しているなかで下手するとユーザーがゲームを買わなくなってしまう危険性のあるゲーム実況にそれだけの価値を見出している結果と肯定的にとらえることはできないでしょうか。

ちなみに抗議動画に公式系の動画を排除したランキングを別途設けるというのがありましたが、総合ランキングが広告の手段として利用されている以上、新ランキングを設けて総合ランキングを見る人が減った場合、その新ランキングにも何らかの広告機能が設置されてしまう可能性は十分に考えられます。なので代案としてはあまり良いものでは無いと思っています。

私の対策

上記にある通り、マリオメーカー問題に抗議することは、改善される見込みが薄い対策だと思っています。そこで抗議する代わりにゲーム実況を今後も楽しめる状態を継続する私なりの対策をまとめます。

1.総合ランキング以外でゲーム実況を追う

総合ランキングに楽しめそうなゲーム実況がないのであれば、お気に入りの実況者のTwitterなどをフォローしたり、お気に入り登録をしたり、コミュニティがあればそれに入るのはいかがでしょうか。この方法であれば常に好きなゲーム実況を追えるだけはなく、実況者のアップしたての動画を楽しむことができますし、なによりランキングから見るよりも実況者にとってメリットがあります

2.面白い動画を広める

面白い動画があればそれを積極的に広めてみるのも、よい対策だと思います。SNSで広めることは勿論、ニコニコゲーム実況系のまとめブログを作ってみたり、動画紹介動画を作ったり、腕があればファンアートを描いたり。それによって面白いと感じる動画が総合ランキングに載るかどうかはわかりませんが、楽しめる人は確実に増やせます。またニコニコでは面白い動画をここから推薦することができます。こちらはうまく採用された場合、そこそこの確率で総合ランキングに載せることができます。

3.実況者であればぜひ企業と連携を検討して

抗議動画の問題点3で書いた通りゲーム会社は良い宣伝方法を常に求めています。また、ここ最近ゲーム実況との付き合い方を研究している企業も出てきており、総じてゲーム実況による効果を容認する流れになっています。PS4やXboxOneに簡易ながら実況機能が付いたのも、任天堂が新作ゲームの実況動画をOKしているのもこういう背景があるからです。

なお本問題の名前は任天堂のタイトルである「マリオメーカー」問題ですが、実はアリカとバンダイナムコもゲーム動画を容認しています。もしOKされている作品に大好きなゲームがあればガンガンやりましょう!

株式会社アリカ ニコニコ動画対策委員会ガイドライン
株式会社バンダイナムコエンターテインメント カタログIPプロジェクト

もしあなたがその会社のゲームを本当に愛していて、ゲーム実況をしたいと思いながらもゲーム会社にも配慮したいというのであれば、難しいからと言わずに、(まずそのゲーム会社がゲーム実況に対してガイドラインがあるか調べて、なさそうだったら)ぜひゲーム会社に連絡を取ってゲーム実況をしてよいか確認してみてください。もしアカウントがばれて今まで上げた動画が消されるのが怖いというのであれば、動画は見せずに、サブアカウントを使ったりしてもいいと思います。

ゲームによってはシナリオがキモなのでNGをもらうかもしれませんが、ゲーム内容がプレイヤーによって大きく違うゲームだったら、容認してくれるかもしれませんし、企画内容によっては広告価値が見いだしてくれ、公式に支援してくれるかもしれません。企業によってはゲーム実況の意義や隆盛そのものを知らない場合もあると思いますが、そこでランカー実況者の上げたマリオメーカーの盛り上がっている動画を例として送り付ければ、もしかしたらOKがもらえるかもしれませんw

余談ですが、ゲームを開発している人間はどうプレイされたか知りたいので、意外と再生数が少ない動画もちゃんと見ていたりします。あなたが公式にばれてないと思っているだけかもしれません。消されるかどうかを気にしながらゲーム実況を続けるより、企業に一度連絡をする方がはるかに精神衛生上よいと思います。

まとめ



image by pixabay

私はゲーム実況動画を「企業の作品に実況者の面白さや芸術性を載せたアウトロー的動画ジャンル」だと考えています。行ってみれば壁面に描かれたグラフィティようなものです。中には芸術性を認められて街から保存されている作品がある点もゲーム実況と似ていると思います。描く「壁」がなければグラフィティができないのと同じように、動画サイトやゲーム作品がなければゲーム実況はできません。

またゲーム実況は極力容認される作品を目指してほしいと思いながらも、全てのゲーム実況動画が容認されることはないとも思っています。もし容認されないゲーム実況をしたいのであれば、ニコニコやゲーム会社がランカー実況者で宣伝を行っている裏で、つまり総合ランキングなどに載らないようなところでゲーム実況を行うのが筋だと思います。

このマリオメーカー問題に対して出された抗議動画にはどれも物凄いエネルギーを感じました。願わくば、そのエネルギーを「壁」を破壊するのに使わず、ゲーム実況が発展する方向に向けて欲しいと、いちニコニコユーザーとして切に願っています。
広告
他346件のコメントを表示
×
すいません。コメント返したいんですけど珍しく忙しいので土日の空いた時に返します。
14ヶ月前
×
何事も目的と手段を取り違えちゃいけないんだよ
今のご時世、同じような問題はあらゆる分野で起きているけどね
禁止されていない、上手くいく方法を選べば全て良しでいいんなら人間社会なんて作る必要ないんだ
14ヶ月前
×
もはやゲームランキングの上位は金儲けランキングに過ぎない。
もし運営がクリエイター奨励プログラムを撤廃したらどうなるんだろう。クリ奨=実況の容認じゃなければだが。
どちらにせよ実況者の偶像(アイドル)化という障害が邪魔しているがな
14ヶ月前
×
有名実況者とクリ奨問題とかの方が適切だと思う
14ヶ月前
×
長文になると思いますので、お目汚しになることと思いますが、
不肖ながら、コメントさせていただきたいと思います。

私は始め、マリオメーカー問題と呼ばれている現象について、
そもそも問題と呼ばれるほどのことでもない物だと思っていました。
ランキングが同一タイトルで埋まってしまう現象も過去に何度もあったことだし、
スプラトゥーン、マリオメーカーがランキングを占めるほど魅力的なコンテンツであり、
クリエイター奨励プログラムの存在抜きにしても、今回のようにランキングの独占は起こっていたと思っています。

また、有名実況者の方達に関しても、マリオメーカーが実況にも適していて、
公式に実況を認められているだけに、やりやすいタイトルであったんだとも思っています。
ここは完全に主観なので賛同しない方が多いところだと思うのですが、
私は、有名実況者の方達が、単に「お金稼ぎ」目的でマリオメーカーをやったというわけではなく、
ふつうに実況もしやすく、面白いコンテンツだから、こぞって実況したんじゃないかと思うんです。
私個人、それなりに面白く動画を拝見させていただきまして、みな純粋にゲームを楽しんでるんだな、
という印象を受けました。
現に、クリエイター奨励プログラム作品を手当たり次第やってるわけではなく、対象外の動画も上げているあたりを見ても、基本的には「実況してみたい」と思った作品をプレイする、というスタンスで各々やってるんじゃないかな、という風に思っています。
この点に関しては完全な主観なので、認識が甘い、何も分かってない、といった批判は甘んじて受けるつもりです。
たぶん楽観的すぎるのかな、という風に自分でも感じてはいます。


個人的な意見を言わせていただきますと、たった今の状況は、まだ問題が少ない状況だと考えています、今は、です。
というのも、現段階はクリエイター奨励プログラムの対象作品が少なく、マリオメーカーくらいしか、飛びつくタイトルがない状況です。
しかし、今後、「お金がもらえる」クリエイター奨励プログラムの作品がどんどん増えたらどうなるでしょうか。
マリオメーカー問題を取り上げた一動画で、「企業がどんどん参加して、奨励プログラム作品がたくさん増えれば、逆に多様性が生まれてくる」と主張している方がいましたが、私は、逆効果だと感じました。

今後、どのような問題が出てくることを私が危惧しているのかというと、
「動画を上げれば少なからずお金になる」ゲームと、「動画をあげても一円にもならない」ゲームの層が生まれてくる、ということです。
私は実況者の方達が、ただおもしろそうだと思ったゲームを動画として投稿しているだけで、
別にお金儲けが主目的ではないのでは?と思っているので、有名実況者が一様に同じゲームをやるというようなことを危惧しているわけではありません。
仮にお金目的だとしても、そもそもが、「お金が稼げる」というほど再生数を稼げる人が限られているんだから、
大きな問題ではないんじゃないかと思っています。

問題なのは、「動画をあげればお金になる」ゲームが増えることで、「動画を上げてもお金にならない」ゲームをやるモチベーションを削いでしまうことにあると考えています。
対して変わらないじゃないか!と思う方もいるかもしれませんが、個人的には大きな違いだと感じています。
これから新しく動画を上げようと思っている方で、「少なからずお金になる」ゲームと「一円にもならない」ゲームが並んでいるとして、いったいどれくらいの層が「一円にもならない」ゲームを選択するでしょうか?
このモチベーションは案外ばかになりません、一円でも入るなら、そっちにしようかな、と思ってしまうのが人の性だと思います。
この「一円にもならない」ゲームはあまりやろうと思えない、というマイナスのモチベーションは、これからアップされる動画すべてに波及していく現象だと私は思っています。
その結果、昔の隠れた名作であったり、おもしろいフリーゲームなどが投稿する動画として選ばれることが、今後減っていくでしょう。そういった動画の絶対数が減ってしまうのです。
動画サイトの空気というものは、私は結構大事だと思っていて、今はまだ、奨励プログラム作品が少なく、
フリーゲームであれ、昔の作品であれ、みな自由に投稿していると思います。
しかし、奨励プログラム作品が今後、相当な数になったとき、新しくアップされる作品の多くが、
奨励プログラム作品ばかり、という状況になったとして、そういうゲームで埋め尽くされた状況の中で、
自分はフリーゲームが好きで、気に入った作品に出会ったから、動画を投稿しよう!という殊勝な心を持った人が、
どれくらい残るでしょうか?奨励プログラム作品の勢力が強すぎて、自分がほんとに気に入った作品であるにもかかわらず、ほぼランキングに載る可能性が皆無、そんな状況でも自分の好きな動画をどんどん上げていくような人が、どれくらい残るでしょうか?

最後の方は、自分の想像での話になってしまい、あまり賛同されないかもしれませんが、
それでも想像してみて欲しいな、という風に思います。
クリエイター奨励プログラム作品ばかりが並ぶランキングに、
潮流に会わない、需要が薄いだろうな、と思うような動画を投稿する場面が、
動画をつくるモチベーションをどんどん下げていってしまうだろうということをです。
ランキングに入ることだけがモチベーションでみんな動画上げてないだろ、という批判もあろうかと思いますが、
動画サイト全体の潮流が与える影響の大きさは、少なからず、そういった人たちにも影響があると私は思います。
(この辺も想像の話で、突っ込みどころは多々ありそうな感じですが・・・)



主観的な思考が入りすぎた気がして、反省しています。。。
長文、駄文、失礼しました。
今後の未来を想像してみたら、いてもたってもいられなくなり、こんなコメントを書いてしまいました。
自分の想像が的外れであったらいいな、、、と思います。
それでは失礼します。
14ヶ月前
×
クリ奨のラインナップ増やしてくれというならともかく、犯罪すれすれの動画をランキングという露出の多い場所へ進出させるのはどうなの? って事ですかね。
もともとアニメの違法配信で成り上がったサイトの住民だけに、著作権など小指の垢ほども重視していないようですから、なかなかこの主張が受け入れられるのは難しいかもしれません。
14ヶ月前
×
他の視点での危惧も恐らく正しいのだと思います。
特にフリーゲームはアップロード者自身がゲームを作成して無料で提供という形で・・・。資金が発生しない形ですよね。
たしかにフリーゲームでも現在の市販の作品と同等かもしくは面白い作品も星の数の一部ですがあります。
クリエイターとは本来そういった方々(無から有を作り出す)を指しているのだとも思いますが・・・。
あくまでニコニコは動画の作成を支援というスタンスなのだと思います。
ようするに映像業ですね。

のちのちそのような問題も起こると思います。いや起きますね。
ですが、その問題よりもまず、動かなければならない問題があります。
それが、”二次著作文化の保持”です。
現在は親告罪の為、企業側が暗黙の了解としているグレーな文化、いわゆる犯罪予備軍とでも言いましょうか。
捕まえれるけど、企業側にメリットがある為とりあえず放置という形ですね。
それが、昨今の時代の流れによって今現在かわりつつあります。
同人誌・ゲーム実況・二次小説もこの問題に深く関わります。
ぶっちゃけゲーム実況動画自体が全部消されます。
もしかしたら、同人即売会の参加者は逮捕という事も予想されます。
アンダーグランドの古きよきニコニコなんてものは存在しないんです。
あげたら即消されあまつさえ罰金刑に・・・。
楽しければ法を無視なんてのは許されないんです。
無視し続ければさらに罰則の厳しい世界になりかねないんです。
この問題を敢えて名前をつけるなら”二次著作権問題”とするべきかもしれませんね。

楽しいそして法を厳守した動画作りそういう方向性に変わる時代が来ているのかもしれませんね。
また、フリーゲームの部門ランキングとか市販と無料で組み分けしてもいいですし。
フリーゲームの実況なら制作者も個人ですので”貴方のゲームは面白いので実況動画として宣伝させて欲しい”という活動もしやすいかもしれませんね。
まずは、ゲーム内容の確認⇒投稿する動画を作る際には著作権者への許可申請⇒投稿
という流れが出来る事が政府の介入を遅らせる第一歩ではないでしょうか?
二次制作とは銭金ではなく一ファンとして著作権者または作品を応援する事のはずです。
古き良き文化をというのであれば、根本を見直し確認し楽しい二次制作ライフを楽しみましょう。

私は思います。著作者・二次制作者・そして視聴者皆が気軽に作品を愛し楽しむ事が出来る時代が来ればいいと。
頭で理解っていても……。願ってしまいますね。
長文失礼しました。
14ヶ月前
×
コメント全部読み終えました。気になったものだけ返します。

>マリオメーカー問題はゲーム実況でなく、ランキング全般の話なのでは
確かにランキングの問題とも関わりのある内容ですが、この記事では10月3日に上げられていた抗議動画3本の抗議の問題点とそこで語られていた「ランキングが寡占されてる。新手のゲーム実況がランキングに入ってこない」という点について自分なりの考えを書きました。書き方があれなのでわかりにくかったかもしれませんが、最初からゲーム実況の話になっています。

記事の趣旨とは違いますが、ランキング全般の話をするのであればいろいろな解決策が取れると思います。鋼兵さんが新作動画で語っていたプレミア会員全チャンネル可能とかもそうですね。
14ヶ月前
×
>>396
「個人的な意見を言わせていただきますと、」より前までは完全同意です。

私も解決策の3で書いた通り、「企業がどんどん参加して、奨励プログラム作品がたくさん増えれば、逆に多様性が生まれてくる」に賛成ですね。確かにおっしゃる通り、クリ奨で入ってくる額でやる気をなくすというのはあると思いますが、金関係なく、好きだから容認されてればやりたいという方もいるでしょうし、オールジャンルのゲームを実況プレイして人気とれる人は、結構まれだと思います。大体は自分のやりたいゲーム、得意なゲームジャンルや他の人がどれだけやっているか(競合がいないか)、で自然に選択肢が絞られていくんだと思ってますよ。
14ヶ月前
×
マリオメーカー問題の問題って別にあると思うんですよね
ゲームは違えど同じ投稿者ばかりでみなうんざりしてるのは同じなので
ランキング制圧が問題ならマリオメーカーだろうがフリーゲームだろうが昔のゲームだろうが大差ないと思います

んでマリオメーカーの真の問題ですけど宣伝どころかネガキャン効果が強い事です
投稿者自体が余りニコニコで良いイメージを持たれていない為起こります
マリオメーカー以降大っぴらにクリ奨許可したソフト、メーカーはあんまりないはずです
メーカーと協力してっていうのは理想的ですけど、主力の生声実況はファン以外嫌悪の対象で、その人達以外は碌に再生されてません
ゆっくり実況もクリ奨するなら営利のライセンス料が必要で敷居は高いです

非営利でなら自己責任で自由にうpしていいよて位ゆるゆるなら良いんですが
制限設けると逆に違反して騒ぐ輩が出てきて荒れるんですよね
キャサリンとか酷かったですし
メーカー側にメリットが無さすぎな以上下手に企業が関わるのは危険なサイトだと思います
なんかこうユーザー刺激しない形でまったりやって欲しいですね、公認化は
6ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。